« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

時計

 プリウスのフロントにある液晶画面は、スピードメーターや燃費などが表示されるようになっていますが、そこに時計も表示されています。

Watch1  今11:55と表示されていますが、カーナビの時計表示は11:49となっていて、これはカーナビの方が正確です。車の時計は何ヶ月か前に正確に表示するように修正したのですが、少しずつ進んでいきます。そしてこの修正なんですが、全くおかしな事に進めて修正する事はできるのですが、遅らせて修正する事は出来ない仕組みになっているので、1分の違いを修正するのに1時間分動かさないといけないのです。一番いいのはずっと放っておいて、今から54分進めば「分」の単位だけは合う事になります。
 このような不正確な時計なら、初めから付けなければ良いのでは、と思いますし、今はそんなに高くないんですから、電波時計にすれば良いと思うのですが・・・・・もしかしたら、グレードの高いモデルはそうなっているのかもしれません。

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

ブーメラン

 

左翼の方の特徴なんですが、追求された事を別の事にすり替えて、自分が被害者になろうとする事ですね。ご自分の嘘や、すり替えを差別だの人権侵害にすり替えていますが、国民の殆どがもうそんな手は喰わないって事です。結局、この手の方々は東京都知事選でも同じで、手っ取り早く見栄えが良い候補者を立てて乗り切ろうとする事、そうなったら多少胡散臭い事がある、例えば女子大生を別荘へ誘ったり、二重国籍問題や覚醒剤犯罪者と親しかったり、することは蓋をしてしまって、つまりなかった事にして大合唱する、普段ご立派な事を言っている人達が大合唱で、東京都知事選があの体たらくでした。

 民進党の代表選で一番喜んだのは自民党ですよ、前原さんなんかこれまた偉そうな事を言っているなら、党を割って志を同じくする人と新たな政党を作るべきでしょう。モナ男君は相変わらずコウモリ男だから駄目ですが。それをやらないのは、とにかく選挙に落ちたくないから、寄らば大樹の陰・・・大樹じゃないけど。
 もう野党は政権を取る気は全くありませんね、サラリーマン的に代議士のバッジが欲しいだけ。野党がだらしなければ、与党の質もますます落ちていくばかり、おかしな月給泥棒が増えたものです。
 しかし、このyoutube良く出来ていますね。と言う事は、それだけ今までおかしな発言を繰り返したって事です。

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

キノコ

全国的に日照不足だそうでして、こちらも小雨が降っていて蒸し蒸しして気持ちが悪いくらいです。野菜が不足で値段が上がっているんだそうですね、困ったものです。

Kinoko7 公園の草むらや木の下にはこの時季らしくいろいろなキノコが顔を出しています。
Kinoko2 キノコの産地の山に近い所では、キノコに詳しい方がいて美味しいキノコに舌鼓を打つ季節なんでしょうね。
Kinoko1 私にはキノコもさっぱり分かりませんので、写真を撮ってみるだけです。帰ってから、小さなキノコの図鑑で絵合わせをしても、さっぱり名前が分かりません。
Kinoko4 これなんかかなり特徴的なんですがね~マッチ棒くらいの大きさで密生しています。
Kinoko3 これは大きい塊状、右側の小さいものも同じ種類でしょうか、木の根っこはスダジイです。
Kinoko6 これも塊状、
Kinoko5 これは恐らく、上のキノコのなれの果てだと思います。
美味しいキノコが食べたいですね。

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

パエリア

これは私としては珍しく、本格的に近いような料理だと思いますよ、あくまでも近いですが。

Paella  そうそう、スペイン料理でお馴染みのパエリアです。もう作り方を忘れてしまいましたが、クルマエビの頭とホウボウのアラを炒めてからダシスープを作り、タマネギのみじん切りとニンニクをオリーブオイルでゆっくり炒めます。そこへ洗っていない米を入れて、さらにゆっくり炒め、米が透明になったらダシスープを入れ、具のイカ、クルマエビ、ムラサキイガイを並べパプリカも飾ります。緑色がなかったので、出来上がる直前にブロッコリーを乗せてみました。おまけに、出来上がってからウツボの干物を焼いて、ぱらぱらっと乗せてあります。
 これは私、非常に美味しく出来上がったと思いますね。米2合に対してスープが400cc見当でしたがもう少し増やした方が、芯が出来ないと思います。最後は目と耳の感で火を止めましたが、お焦げもしっかり出来上がって良い具合だったと自画自賛です。食べてくれた人がどう思っているか分かりませんが。
 実はパエリア鍋を以前買ったのですが、どうも深さの関係でフライパンの方が良さそうでしたので、それを使いました。
 これね、作るのにかなりのエネルギーとお金がかかるので、もう一度作れと言われると考えてしまいますね、スーパーマーケットの素材なら簡単なんでしょうがね~。

| | コメント (0)

2016年9月26日 (月)

アルツハイマー

 ゆずちゃん一家に魚を送ろうと、クロネコヤマトの営業所へ行きました。ヤマト運輸ではメンバーになり、住所を登録しておけば、店頭のパソコンを使い、伝票を印刷する事ができます。

1474861055537  
 この日もカードを使い伝票を印刷しようとしたのですが、パスワードを打ち込んでも認識しない。何回やってもダメ。するとパスワードを忘れた場合というボタンがあったので、押してみると、電話番号をと出てきた。それを打ち込むと、次は干支を尋ねてきたので「巳年」を選ぶと何と「違う」と言ってくるのです。  
 すると、見かねた店員さんが「どうしましたか?」と近寄ってくれたので、これこれこういう訳でログインできないんですよー。と言うと、もう一度やってみましょう、カードをかざして起動して、パスワードを打ち込みます「数字4ケタの」エエッ~!!数字4ケタ?今までパスワードを数字で打ち込んだ記憶がない!店員さんに、それって前からずっと数字4ケタでしたか?と聞くと、「そうです」との事。もう私、頭がパニックにっなってしまって、前は伝票を印刷できたんだけど、もうその記憶がない……あああアルツハイマーになってしまったんだろうか?とりあえず動揺を隠しながら伝票を手書きし、帰途についたのですが、どうにも腑に落ちない・・・・・そこで帰ってからパソコンに向かって、クロネコのマイページへログインしてみると、ちゃんと出来るではありませんか、しかも数字4ケタではなく私が記憶しているパスワードで。
 これは一度サポートに確認してみなければいけないなと、電話を入れて見たところ「前に操作した人がきちんとログアウトしていないと、お客様を前の人と勘違いしてログインできない可能性がある」「パスワードは数字4ケタとは限らず、お客様の選んだ任意のアルファベットまたは数字、またはその組み合わせである」とお返事をいただきました。ご丁寧にお詫びをしていただきましたので、私も怒っているのではなく、自分がアルツハイマーになってしまったのではないかと不安になって伺っただけですから、気にしないで下さいと電話を置きました。  

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

鰻の肝

 来月ちょっとした集まりがあるので、何を着ていこうかということになりまして、まあそんなに堅苦しい集まりではないのですが、どこかへ洋服を見に行こうかとなりました。すると、女房は例によってユニクロへ行こうかと言います、いや別にユニクロを馬鹿にするわけじゃないんですが、自分のものはは名古屋のデパートで買うのに、なんだかシラけてしまって買い物は中止です。

Eel1  鰻の白焼きをいただきました。わざわざ炭火で焼いてくれたもので、ふんわりと柔らかく仕上がっています。おまけに肝焼きも付いていましたので、塩を振ってかぼすを搾って日本酒で。
Eel2  肝をいただく場合、胆嚢をとって苦みをなくしたものと、そのまま焼いて苦みが残っているものがあります。日本酒にはやや苦みが残った方が良く合うようです、

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

甘エビ

 アマエビの正式な名前、つまり標準和名が『ホッコクアカエビ』だと知っている方は少ないと思いますが、どうもこのホッコクアカエビにも2種類あるらしいです。日本で捕れるのはホッコクアカエビでいいようですが・・・

Amaebi  土曜日、スワカネさんにこの大きなアマエビが出ていて、30尾以上あったと思うのですが、1,000円だというので買ってきました。スワカネさん曰く「冷凍物じゃないでね」と言っていましたから、本当ならホッコクアカエビですね。
 とにかく大きいし、卵もあるしで日本酒を買って来ちゃいましたよ。

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

面白かったですよ。

昨日薄暮の碧南市を大相撲の実況を聞きながら進んでいたら、赤信号でパトカーと隣り合わせになって停止しましてね。すると、右側から次々と右折車が信号の中に入ってくる、流石にパトカーも我慢が出来ずにサイレンを鳴らしましたね。

 これね、パトカーは2台捕まえたかったんじゃないですか?それくらいいい加減な運転ですね、信号無視もいいところです。

 運転者は女性でしたね、この地区では「信号無視」「あおり運転」「駐停車違反」などは男性より女性の方が多いですね、かなり運転マナーは悪いです。
 信号無視は減点2点、反則金9,000円だそうです。ご苦労さんでした。

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

ツルボ

今年もまた公園でツルボが咲き始めました。

Turubo1  ここは夏草で大人の膝以上の草丈になるのですが、公園管理のシルバーの方々が草刈り機で草を刈ってくれるので、その後すぐにツルボの花が咲き始めて、真にタイミングが良いです。
 ただこのツルボ、ここの公園でもこの一角だけに咲くのであって、他の所では見る事が出来ません。また私自身も、ここでツルボを見るまで、他の所でツルボを見た事がなく、このブログで教えていただいたような記憶があります。
Turubo2  以前はユリ科に属していましたが、最近キジカクシ科のツルボ属に分かれたようですね。求婚が食用になるそうですが、なんだかちょっと危険みたいなので食べるのはやめておきましょう。

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

恒例のスダチ

台風16号が近づいています。

Taihu  今のところ雨も風もたいしたことはありませんが、変える頃が一番酷いのではないかと思います。宮崎県は大変な降雨量だったようで、現在も四国や淡路島、三重県でなかなりの雨が降っていると推測されます。今後の雨雲の動きを見ながら、早く帰ったり逆に動かなかったり、お気をつけ下さい。
 さてこの時期になると恒例になっています、徳島県のスダチを沢山いただきました。使い切れないので色々頭を絞って、スダチを搾っていますが、この日はサンマの刺身。
Sanma 今年は公海で台湾が大漁にサンマを捕っているため、サンマが不漁・・・高値が続いているんだそうです。その昔は秋になるとサンマが安く出回るので、鰻が売れずに値崩れすると言われていましたが、いよいよサンマも高級魚の仲間入りかとちょっと残念な気分ですね。他にもクジラが丸呑みしてしまう分も大きいと思いますね。
 そう言えば、鰻が値崩れするって話ですが、以前、ニジマス業界の方と話していたら、そちらの業界でもサンマが出回る秋は、ニジマスが安くなって売れないとぼやいていました。ニジマスなんて殆ど見かけないけど、日本も広いんだなぁと変に感心したものです。
 さてこれは昨年もお伝えしましたが、なしにスダチを搾って食べると非常に美味しい。しかしこれは、梨が甘くて美味しい梨でないといけませんね。スダチの香りと酸味が、梨の甘さと合わさった時、何倍もの効果が出ると思います。

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

築地直送?

 築地市場の豊洲移転問題が大変なことになっていますね~。実は勉強不足で、はっきりしたことは分からないのですが、批判している方のかなりの方が分からないんじゃないかと思ってます。

 昨日中日新聞のコラムを見ていたら、こんな事が書いてありました。
Toyosu  何気なく読んでいて、何か違和感があるなあと思ったので読み返してみました。
「築地直送」と言えば新鮮な食品の代名詞ですが・・・・・とありますが、そもそも産地直送なら分かりますが、築地直送ってのはなんでしょうね?築地は生産地や水揚げ地ではないし、確かに新鮮なものが集まってくることは一部認めますが、それをまたどこかに直送しているって言うのでしょうか?
 さてその豊洲の埋め立て地、地下室に貯まった水から基準値の4割のヒ素が検出されたって話ですが、WHOの水道水の基準値が0.01ppmだそうですから、0.004ppmって事でしょうか。まさかこれについては、文句を言っているんじゃないと思いますが、ヒ素ってのは天然界にかなり含まれている物質でしてね、特に魚介類に多い。ヒジキなんてかなり入ってますから、妊婦さんは頻繁に食べない方が良いと言われています。ただ他の栄養も多いので、全く食べないってのもどうかと思いますけどね。
 その地下水ですが、移転した方々が飲んだり、魚を洗うって事じゃないんですよね。

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

雷の置き土産

 先日の雷騒動、コメント欄でも書きましたが、被害がないと思ったら、倉庫の電動シャッターが降りない。ブレーカーかと思ったら、案の定落ちていました。セットしてやり直しましたがダメ、では本体のブレーカーではとこれまたリセット・・・・またダメ。

 翌日、業者に見てもらったところ、雷の影響で本体がいかれているとの事でした。

1474079522937.jpg
当然それ以降シャッターの開け閉めは手動です。チェーンで上げるのは大変な事です。まだきょうも直ってないので、来週もやらなければいけません。上半身が鍛えられていいかな?

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

このちゃん

お盆の時の動画です、とにかく良く動きますね。手も素早く伸びますので、油断が出来ません。

この袋がお気に入りです。

 あと一ヶ月ちょっとで一歳の誕生日が来ます。
Kono

| | コメント (3)

2016年9月15日 (木)

またウツボ

 歌舞伎界ってのは不思議なところですね、マスゴミも報道に関しては気を遣ってくれるし、これでもかってほど善意で包んでくれます。しかしやっている事は本当に小汚い事で、女性問題だけでなくかなり反社会的な事も「若気の至り」「芸の肥やし」でごまかしてくれます。

 とにかく下半身がだらしない、何人が婚外子を作って、不幸か不幸でないか知りませんが、その後父親としての役目(金以外にね)を果たしているんでしょうね。
 私しゃね、前から言っているんですが、歌舞伎の家に生まれた男子は小学校低学年から、性教育を受けさせるべきだと思いますよ、避妊のね。何故低学年かって言うと、高学年ではもう遅いかもしれないからです。
 shrimp蔵だって今は美談仕立てにしてますが、いつどうなるかわかりませんよ。他に子供もいることだしね・・・・・
Utubo1 深谷さんの水槽にウツボが泳いでいました、500円だって言うので買ってきました。以前の高橋さんでもそうでしたが、危険なので締めたくないというので、活かしたまま持ってきましたが、ウツボは「海のギャング」って言うほど危険な魚ではありません。顔は怖いですが、締めるのに包丁を入れても大暴れして噛みついてくる事はありません。
Utubo2  今回はとにかく、刺身に挑戦。
 骨の内部分を薄く薄く切っていきます。フニャフニャなのでとても難しいです。それでも何とかこれだけ造ってみました。
 さて試食、これは凄い弾力!噛みしめた奥歯を跳ね返すような歯ごたえです。しかし、味は上品かつほのかな脂がのって非常に美味しい。刺身にした部分の皮は干してから焼いたところ、これまた美味しい。ちょうど来ていたみちさんがたくさん食べました。他には唐揚げ、骨の多い尻尾は干物にして、細かく切ってまた干してあります。孫達が食べるでしょう、カルシウム補給にちょうど良いです。

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

頑張れ ~れんほ~ちゃん!

もうこうなったら何が何でも民進党の代表になって下さい!

蓮舫氏の台湾籍 「二重国籍」への認識が甘い

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160914-OYT1T50003.html

国会議員が自らの国籍を正確に把握できていないとは、あまりにお粗末と言うほかない。

 民進党の蓮舫代表代行が記者会見し、台湾籍を保有していたことを認めた。台湾は父親の出身地だ。

 蓮舫氏はこれまで、1985年1月に日本国籍を取得した際、台湾籍を放棄した、と説明してきた。党代表選への出馬後、二重保有ではないかとの指摘を受けて、台湾側に確認し、判明したという。

 結果的に、30年超も不正常な状態を放置してきたことになる。蓮舫氏は「私の記憶の不正確さによって様々な混乱を招いた」と陳謝し、改めて放棄手続きを進めるというが、遅きに失した対応だ。

 日本政府は「二重国籍」を認めていない。国籍法で、原則22歳までに、自らの国籍を選択しなければならない、と定めている。

 外国籍保有者が国会議員になることを排除する規定はないが、外交官への採用は禁止されている。外交・安全保障などの国益を担う国会議員が、自身の国籍を曖昧にしておくことは論外である。

 蓮舫氏は、17歳当時、台湾の大使館に当たる台北駐日経済文化代表処で行ったとされる放棄手続きの完了を確認しなかった。2004年参院選の出馬時にも、その作業を怠った。政治家として認識が甘く、資質が問われよう。

 台湾は親日的とはいえ、尖閣諸島の領有権を主張するなど、日本の立場と相反する問題もある。台湾籍があれば、台湾との関係であらぬ疑念を招きかねない。

 見過ごせないのは、蓮舫氏の説明が二転三転したことだ。

 当初は「台湾籍は抜いた」と断言し、「うわさの流布は本当に悲しい」と不快感さえ示した。その後、手続きをした年齢が18歳から17歳に変わったり、台湾籍保有に言及した約20年前の雑誌インタビューが発覚したりした。

 参院選の公報に「台湾籍から帰化」と記したことが公職選挙法に抵触する、との指摘もある。

 蓮舫氏は「違法性はない」として、代表選から撤退しない考えを強調した。事実関係をより明確にし、説明責任を果たすべきだ。

 岡田代表は、「父が台湾人だからおかしいという発想が一連の騒ぎにあるとすると、極めて不健全なことだ」と主張している。

 民進党内に、蓮舫氏への批判が民族差別であるかのような曲解があるのは理解に苦しむ。問題にされているのは、あくまで蓮舫氏が法に基づく手続きを適切に行っていなかったことだからだ。

2016年09月14日 06時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| | コメント (0)

もうかの星

 以前から一度食べてみたかった『もうかの星』を取り寄せて食べてみました。これは気仙沼名物で、モウカザメ(ネズミザメ)の心臓を主に刺身にしていただくのです。

Moukanohoshi1 魚は一心房一心室と教わったので、心房と心室だけに別れていると思ったら、袋状の組織がくっついていました。右側の大きいものが心室で、左の棒のようなものが心室ではないかと思います。心室らしきものの下にあるものが何なのか分かりません。カツオなどの硬骨魚類ではないと思いますね。
 袋状の組織に穴が開いているので、そこから水を入れて心房らしき部分から出す、こうやって中の血をあらかた抜いてから、各組織に分けて解体します。その後、中を開いてから、キッチンペーパーで血液を良く拭って、お刺身にします。
Moukanohoshi2 心房の部分はコリコリ、袋状の部分はシャキシャキ、寝室の部分はネットリ、レバーのような心臓のような。
 臭みは全くありません、味も良いです。生姜醤油と塩ごま油+ニンニクってのが一番美味しかったです。
 価格は500グラムで2,700円送料税別。ですから、結構高いようですが、捨てる部分がありませんので、そんなに高価とも言えません。ただ大きさはまちまちなので、1個で500グラムって場合もあるし、4個で500グラムってこともあるようです。
 今改めてサイトを見ていたら、袋状の部分は食べないようですね、もう食べちゃったけど。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

やっぱりねぇ~

 

1.もうと言うかやっとと言うか、一斉にニュースでれんほ~ちゃんの二重国籍問題で、疑惑通り二重国籍だったと報道されました。メディアっていったい何なんでしょうね、何が怖いんでしょうか、今の日本のメディアは左側の批判をしたり、報道をしたりする事を非常に恐れているように感じますね。

 二重国籍に何が問題があるのか、という暴論もあるようですが、確かにね考えてみればそんなに問題があるようには思えません、しかし日本を運営していく国会議員が、コウモリではね・・・・・いざという時にどちらの国民にもなれるってことで、パスポートだって2つの国で取れる。いくら口で日本のために働いてきたと言ったって、踏み絵があるわけじゃなし、どちらの国のために動いているかは分からない。いざとなったら、党首ですよ、総理大臣ですよ。
 この問題がないと言ったのは、共産党の幹部ですが、さあこの二重国籍の1つがアメリカだったら、同じ発言をしたでしょうかね~れんほ~ちゃん台湾籍だと言っても、どうやら大陸寄りの方みたいですからね~共産党が好きな。
 2.女優さんの息子、不起訴で釈放だそうですが、弁護士が偉そうな事を言ってますね。確かに事実がどうかはうやむやになってしまいましたが、示談金を払って示談となったんでしょ。それを「合意があった」だの「裁判になったら無罪を主張したかも」だの負け惜しみの言いたい放題。じゃあ示談金を払わずに裁判をやって、堂々と勝てば良かったということです。まあここまで息子を甘やかせば、将来も推して知るべしって事になるんでしょうね、今から反省もせずに、無職の人間をしかも遊ぶ癖の付いた、あまり質の良くない人間を、母親が飼っていかなければいけない、親っていうのはね、高畑さん殆どの場合が子供より早く死ぬんですよ。

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

早朝ウォーキング

 早朝ウォーキングは刈谷市総合運動公園まで行ってきました。14,000歩くらいですね。公園内はジョギングしている人、ウォーキングしている人、ポケモンをしている人、いろいろですがポケモンもそろそろ飽きてきたのか、4~5人しかいませんね。

Kariya  公園は逢妻川沿いにありまして、歩いていると河川敷に、このようなコンクリートの半円形のものが・・・直径1メートル以上ありますね、いったい何でしょうか?帰ってからネットで調べてみましたが分かりません。
 きょうは新しいウォーキングポールの試運転です。
Poll2 今回はSINANO製のポールです。一番の売りは、短く折りたたむ事が出来る事。
Poll1 これならバッグやリュックに入ります。
 そうそう、この日はノルディックウォークをやっている方を二人見かけました。少しずつ広がっていくんでしょうね。

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

『KANO』

台湾映画『KANO』をDVDで観ました、本当に感動的な映画で、制作者スタッフの情熱が伝わってきます。映画を観るだけで、作り手の素晴らしさがよく分かりますね。

戦前の日本統治下の台湾で、その田舎と言っても良い嘉儀市にある嘉儀農林、略して嘉農の弱小野球部は一度も勝ったことがないのですが、日本人監督のスパルタ指導の下、台湾で優勝して甲子園に進み快進撃・・・って話で、実話です。

 高校の生徒は日本人と台湾人、そして台湾の原住民の混成チーム、もちろん日本統治下なので籍は日本人です。偏見や差別もある時代ですが、実に上手く映画を仕上げていますね。このチームがあれよあれよという間に、甲子園の決勝まで進んでいく、そしてアクシデント、スポーツ根性の感動が第一の感動を呼びますが、第二の感動は映画全般にわたる、礼儀正しさです。その当時日本人監督が教えたんでしょうね、グラウンドへ入るときの一礼、審判への敬意、いろんな所に垣間見られました。
 また台湾の治水工事に貢献した八田與一さんも出てきますが、この方は未だに台湾で非常に尊敬されている方だそうです。こういった話を挿入するということに、制作者の日本への好意を感じます。
 工事が完成した現場、つまり池か運河のほとりに、小さな祠が作られていましたが、水神様なのか龍神様なのか、この辺も良く研究されていたと感心してしまいました。

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

れんほ~ちゃん

2ちゃんねるに面白い投稿がありました。

れんほ~ちゃんのいわゆる台湾籍は抜いてあるという発言に対しての反論というか、そんな事はあり得ないという指摘と言いましょうか、嘘でなければ結構まともに調べてありますね。こういった手続きは、官報のようなものなので誰でも閲覧できるようになっているんですね。確かに投稿にもあるように、台湾籍を離脱したという事が確かなら、それを提示する事は難しい事ではなさそうです。
(ここから)
■調査結果
2016/09/10 4:30までで、以下の時期の「總統府公報」(官報)「?政部核准喪失中華民國國籍一覽表」を全て調査
「謝蓮舫」なる女性が中華民國國籍を喪失したとの記載はありませんでした
1985年(民國74年)1月21日-12月末日
1987年(民國76年)11月27日-12月末日
1988年(民國77年)全て:(前スレ380さんの調査による)
1989年(民國78年)全て
1990年(民國79年)全て:(前スレ380さんの調査による)
※1985年1月21日:蓮舫さんが父と臺北駐日經濟文化代表處で手続きしたと主張している日付
 中華民國國籍法では國籍の離脱手続きは(親の国籍離脱に伴い子が離脱する場合を除き)
 20歳以上でなければならず、蓮舫さんの父上はのちのちまで中華民國籍であったとのことなので、
 手続きが行われた可能性は低いですが、念のため確認する、という趣旨です
※1987年11月28日:蓮舫さん滿20歳、中華民國國籍法で国籍離脱手続きがが可能となる
 1989年11月28日:蓮舫さん滿22歳、日本の国籍法で国籍の選択する期限
           (国籍選択届けを提出後、他国の国籍から離脱する必要がある)
すなわち、蓮舫さんが中華民國國籍法で国籍離脱手続きが可能になる滿20歳の1987年12月末から
日本の国籍法で国籍の選択する期限滿22歳を1年過ぎた1990年末まで、謝蓮舫なる女性が
中華民國国籍を喪失したという記載はありませんでした
また、蓮舫さんが父と臺北駐日經濟文化代表處で手続きしたと主張している
1985年1月21日から同年12月末まで、やはり謝蓮舫なる女性が
中華民國国籍を喪失したという記載はありませんでした
蓮舫さんは日本の国籍法に定められた通りの時期に適切に中華民國国籍を離脱していなかった
可能性が非常に高いと思われます
■今後について
一応ここまでの調査でも「蓮舫さんは日本の国籍法に定められた通りの時期に適切に
中華民國国籍を離脱していなかった」と言えると思いますが、1986年1月-1987年11月、
1991年以降についても確認すればより強い証拠になると思われます
時間と志がおありの方は上記調査方法を參考にお調べ下さればありがたく存じます
また、「蓮舫さんはちゃんと離脱手続きをしたのだ」と考える擁護派の人は
「總統府公報」で蓮舫さんが記載されている箇所を見つけて提示すれば良いと言えます
※蓮舫さん本人であれば、「喪失國籍許可證書」の発行を申請すれば済む話ではあるのですが……
■その他
・「中華民國国籍を離脱することはできない」等は妄言で、手続きを経て離脱(喪失)する人は少なくありません
・國籍喪失許可のリストでは、日本国籍を取得して中華民國国籍を放棄する人が圧倒的に多かったです
 (次いでシンガポール、韓国、(西)ドイツ、オーストリアなど)
・中華民國側の文書では、日本国籍取得の人について、帰化(中華民國国籍単独→日本国籍単独)か、
国籍選択(日本・中華民國重國籍→日本国籍選択)かはわかりませんが、
少なくとも日本人との婚姻を理由としている人は帰化と考えられ(相当数います)、この人たちのケースでは
日本政府が中華民國発行の證書を有効な書類として受理していることが明らかです
「中華民國は国ではないから中華民國籍は外国籍じゃない、だから二重国籍でもないし手続きも不要」
といった論も成り立たないことがわかります
(ここまで)
まあ一番の問題は、台湾籍が残っていたかどうかより、れんほ~ちゃんの発言がころころ変わっていくし、嘘が多いってのが問題だと思いますね。それじゃあ民主党の党首にピッタリじゃんとも言えますが。
 私がいつも言っているように、真実ってものを知りたい人間が多いと思いますよ。そして、高いところへ上ろうとする人間は目立つんですから、普段から気をつけなくちゃね。そういったリスクを背負ってまで、高みを目指すんだから、父親がどうのこうの、子供がどうのこうの、泣き言言っちゃいけないいけない。
 「ごめん、私の勘違いでした」、テヘ、ペロッ!ってやっちゃえば良かったと思いますよ。

| | コメント (0)

『後妻業の女』

 映画、『後妻業の女』を見てきました、まさしく見てきましたです。


 まあはっきり言って、尻切れトンボで面白くありませんでしたね~、映画館で見るほどではありませんでした。大竹しのぶさんはなかなか熱演してましたがね、誰が悪いという訳でもありませんけど………

 邦画ってのははずれが多いです、外国の映画でも全ていいとは言いませんけど、そこそこのレベルになっているものが多いです。『シンゴジラ』は良かったですよ。

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

ネズミゴチの刺身

ちょっと前ですが、魚兼さんに「刺身がお薦め」と書いてあるネズミゴチが、なんと800円という値段で出ていたので

Megochi1 冷やかしに「刺身ってどうやって作るの?」と聞いてしまいました。そうするとお坊ちゃまが奥から「今作っているから見ていって」おっしゃるので見てきました。そうすると買わなきゃいけなくなるので、買いましたよ・・・800円。先日のガザミが900円で、このネズミゴチが800円・・・・・
 さて気を取り直して刺身ですが、軽く洗って裏返しにして、臀鰭を尾側から前に剥いていきます。
Megochi2 肛門付近で縦に出刃を入れて、背骨を切ります。この時背側の皮は一枚残っていなければいけません。
Megochi3 頭を持って尻尾の方へ引っ張ると、きれいに皮が剥けます。
Megochi4 これを三枚におろせば刺身の出来上がり。
Megochi5 マゴチと比べると味が濃くて、食感も良く美味しいです。

| | コメント (0)

2016年9月 8日 (木)

今やっと激しい雷雲が通り過ぎていきました。

Large  12時頃から雷が鳴り始め、パリパリという乾いた雷鳴と稲光が轟き渡り、空気の振動がはっきりと伝わってきました。途中で停電があり、いまやっと電気が復旧したばかりです。
 子供の頃、夏の雷は蚊帳を吊って中に入っていましたが、これは人間を家の中央に集めるためだって説が有力ですね。柱や壁の近くは、屋根に雷が落ちた際に電気が伝わってくるから危ないんだそうですよ。また我が家では線香に火を点けましたが、これには科学的な説明がつけられないようです。ただ全国にこの風習はあるようです。皆さんの所はいかがですか?

| | コメント (3)

2016年9月 7日 (水)

久し振りにイチビのシードバンク

 れんほ~ちゃん、だから言ったじゃないの。トップを目指せばね、それだけの本人に資質が必要。馬鹿発見器になっちゃうよって。そりゃまずいでしょう、まかり間違えれば国のトップ、つまり総理大臣になるかもしれない(絶対にならないと思うけど)民進党の党首が、外国籍を持った人じゃね、しかも過去の発言を見れば日本に帰化した事を後悔しているみたいだし、半日発言も多い人です。イコール親中発言は多いです。

 今朝のラジオで「しかし台湾は親日だから」と言う方がいましたが、台湾の歴史を良く考えて下さい。現在の台湾の人は二通りあるんですよ、戦前から台湾に住んでいた本省人、戦後大陸から逃げてきた外省人、内省人の皆さんは親日の方が多く、礼儀正しくて道徳的、外省人は中国人そのもので、1947年に大規模な弾圧や虐殺を行った2.28事件がありましたが、残虐だったらしいですよ。これは今でもその恨みが本省人に深く根付いているようですね、今から25年ほど前に台湾に行った時に、タクシーの運転手が唇を震わせながら語ってくれました。
 ですから台湾=親日というのではありません、ただ本省人の方が数が多いので、台湾へ行った時に親切でとても良い印象を持つ事が多いのだと思います。
 それとねれんほ~ちゃん、今回の事で「心が折れそうな書き込みもあった」ってのはツイッターの事かな、こんな事でくじけていたらとても日本のトップは目指せません。安倍さんなんか、ヒットラーにされちゃってましたからね、幸い安倍さんには子供はいませんが、子供がいてそれを見たらどう思いますか?れんほ~ちゃん、あんた達の友達がやっている事ですよ。良く考えてみなさい、自分が聞いて嫌な事は相手も嫌なんだからね。
 それにしても追求する時は鋭いけど、追求されると実に弱いな~・・・・・
Ichibi1 時々自然観察しに行く大豆畑、近年イチビが少なくなったと思っていたら、この大豆畑では半分以上がイチビの色です。薄い緑がイチビ、濃い緑が大豆です。前も触れましたが、イチビの種は20年くらい発芽可能で、耕す事によって深く潜ってしまった種はその年は発芽しません、しかし翌年以降耕す事によって浅いところに出てきた種は発芽できるのです。その深さは最新11cm最も多いのは4cm以内だと言います。(日本帰化植物写真図鑑:全国農村教育協会)
 ここも耕す時に下の種を上に上げてしまったんですね。これが種の銀行『シードバンク』なんです。
 違う意味のシードバンクもありますけどね。
Ichibi2 イチビはアオイ科です。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

嘘です

みちさん、お盆にはゆずちゃんと会う事が出来て、とても嬉しそうでした。もうやることなすこと、すべてゆずちゃんと一緒でなければいけない。何でも真似したがるんですが、なにしろ一歳四ヶ月違うんですからね、無理な話です。でもおかげでこの一ヶ月、言葉がはっきりしてきましてね。いつの間にか大人と会話が出来ています。

ゆずちゃんの真似ですから、三歳と言っていますが、この子はまだ二歳になったばかり。好きな食べ物がメロンと言っていますが、なあにメロンなんてまともに食べた事はないはずです。

| | コメント (0)

2016年9月 5日 (月)

早朝ウォーキング

 日曜日なので早朝ウォーキングに出かけてきました。毎週ウォーキングへ出かけていると、行くところに困るんですよね、同じ所では飽きてきますからね、結局この日は隣町の東浦町緒川、於大公園へ行ってきました。

 ご存知のように徳川家康の生母が産まれた所ですから、その名前を取った公園がある訳です。結構広くて、ウォーキングコースもあるし、木や花も豊富で歩いていて気持ちが良く飽きません。
Kouen1 ただこういった所は「蚊」が多く、ベンチで一休みしていると集中攻撃を食らってしまいますので、ゆっくりできません。
Kouen2 東側の狭い出口から出たら、このような立派な門構えのお宅がありました、お宅なのかな?寺ではありませんね。門には
Kouen3 三つ葉葵が掘られていますね~家に帰ってから調べたのですが、調べ方が悪いのか分かりませんでした。まあ当然、於大の方関連でしょうね・・・・・

| | コメント (0)

2016年9月 2日 (金)

今年初めてのカニ

 どうでも良い事なんですが、あの女優さんの会見で「被害者といわれる女性」って言葉を二回ほど使いましたが、ああこの親子の闘争は既に始まっているんだな、と納得してしまいました。明らかに弁護士に言われて、まだ被害者じゃないよ、被害者って確定した訳じゃないよ、と言う気持ちがよ~~~く見えましたね。しかしこの手の事件ってのは、足掻けば足掻くほど深みに嵌まってきますからね、女優さんも芝居じゃなくて本心から、自分の娘が被害に遭ったんだと思わなくちゃね、まだまだ「子供が可愛い」ってのが見え見えですよ。

Gazami 高い事もあるんですが、今年まだ一度もカニを食べていない事に気が付いて、アヤメの雌が安いから買っていこうかなぁ~でも小さくて面倒だなぁ~と考えていたら、「これちょいブカだけどお値打ちだよ」と魚兼さんのおねばさんが言ってくれたのでこれ買っちゃいました。まともなものなら、1パイ2,000円位してもおかしくないです。でもちょいブカですから、2ハイで900円。もちろんまだ生きていますので、氷で弱らせてから蒸しました。
 やや身は少なかったですが、大きなガザミなので充分食べ応えはありました、ことに遊泳脚の付け根はたっぷり身が詰まっていたので、ありがたくいただきました。やっぱりガザミですね~ちょいブカでも。

| | コメント (3)

2016年9月 1日 (木)

お下がり

Yuzu1初めてのお使い、なんだそうです。何故か急いでいるように見えますね。

 我が家の孫達は、親戚も含めて着るものは融通し合って、つまりお下がりが当たり前になっています。このゆずちゃんが着ている黄色のムームーは実は母親のお下がりなんです。つまり約30年前のムームーという事です。
 その頃は志摩の鵜方という所に棲んでいまして、そこの真珠兼アオサ屋さんのおじさんと仲良くしていました。当然我が家の娘も可愛がってくれて、どこかへ旅行へ行った時にお土産に買ってきてくれたと記憶しています。我が家の娘二人が着て、その後とっておいたものなんでしょうね。
Yuzu2 生地もしっかりしていますし、とても30年前のものとは思えません。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »