« 花見 | トップページ | 潮干狩り »

2017年3月26日 (日)

またやるよ

 名古屋大学の女子学生が知り合いの女性を殺した事件で、一審にて無期懲役が言い渡されました。無期懲役は無期であって、終身刑ではないのでいつか出所してくる可能性はあります。30年を経過すると、仮出所の申請が出来るとかで、許可が下りるのは非常に少ないそうですが、年間何人かは出てきていますから、出てくる可能性はあります。

 そうなれば罪を償ったということで、大いばりで出所出来るわけですから、ある程度普通の生活が出来ます。あくまでも仮出所の範囲ですが・・・
 しかしね~ほとんどの方が思っていることですが、出てきたらまた必ずやりますよ、人殺し。弁護士の先生も、心神喪失で無罪、なんていうことで短期間で社会に出てきても、かならずやりますから、その時に後ろめたい気持ちにならないものでしょうか?ああいう職業の方はそんな気持ちにならないんでしょうね。
 ですから無期懲役にしちゃった方が、責任逃れ出来て良いと思うのですがね~。
 私が一番良い方法だと思うのは、絶海の孤島にそういった人間だけ集めて、共同生活を送らせるってのはどうでしょうね。野菜などの種や魚を釣る道具を与えてね。仕方ないから米や小麦粉、食器など最低限の道具は支給してね。もうこの社会には二度と戻って欲しくありません・・・そうそう、少し前のストーカー殺人未遂の男も送ってしまった方が良いです。

|

« 花見 | トップページ | 潮干狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花見 | トップページ | 潮干狩り »