« アケビの新芽 | トップページ | 素朴な疑問 »

2017年4月19日 (水)

オオアサリ

 オオアサリの本名は『ウチムラサキガイ』です。英語で言うと、I'm purple shell・・・関西弁です・・・うそうそ、

Shell3  殻の内側が紫色という意味です。
Shell1  昨日、なんにもないさかな村で、ある魚屋さんにこれが600円で出ていたので買ってきました。支払いの時に100円まけてくれました。オオアサリにしては小ぶりの方です。
 オオアサリは三河湾ではフェリー乗り場で良く焼かれていて、その醤油と貝の焼ける匂いが非常に良いので、観光バスのお客さんがビール片手に、焼きオオアサリを食べています。ただ地方によっては食べないところもあるようで、一般的とは言えませんね。ただ昔より高くなったことは確かです。
Shell2  オオアサリは調理する時に、包丁を口に入れて身を2つに切ってしまいます。直火で焼く場合は、ちょうつがいをキッチンバサミで切って焼きます。焼きオオアサリはさらに二個載ってきますが、実際に食べるのは一個という訳です。
 今が旬なのでグリコーゲンも貯まってとても大きいですね、おそらくかなり柔らかいと思いますよ。

|

« アケビの新芽 | トップページ | 素朴な疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アケビの新芽 | トップページ | 素朴な疑問 »