« ブログ | トップページ | 先日のアジフライは・・・ »

2017年4月11日 (火)

貧乏生活マニュアル コノシロ編

皆様、激励のコメントありがとうございました。 

金曜日、魚は少なかったんですが、このコノシロが10尾で400円と非常に安かったです。
Konosiro1  おそらく大きさが中途半端なためではないかと思います。つまり酢の物にするには骨が目立つのではと・・・そこでなるべく小さいもの5尾を酢の物にするために、塩をして、大きな5尾を骨切りしておきました。
Konosiro2  背骨に当たるまで切れば良いのですから、これは簡単。幅は2mm位で良いです。
 最初の日は塩焼きです。
Konosiro3  これがまた美味しい、癖も全くありません。ただ腹の部分の肋骨が、切れ目と平行なので骨切りされていません。これは当たり前で、骨切りの目的は肋骨以外の躯幹部の小骨を切るためだからです。そちらはばっちりで、小骨は気になりませんでした。
 翌日は同じものを唐揚げにしてもらいましたが、これまた美味しい。孫のみちたんがとても気に入ってくれました。
 そして酢の物ですが、キュウリとワカメとコノシロです。
Konosiro4  これはみちたん用ですから、小さく切ってあります。どれもこれも美味しかったので、また出ていたら買ってこようと思っています。しかし、こういった再挑戦は得てして外れることが多いですね。

|

« ブログ | トップページ | 先日のアジフライは・・・ »

コメント

はじめまして。今まで読み逃げして申し訳ありません。私は名古屋人ですが門前市などでこのような大きめのコノシロを見ることがあるのですが、処理が分からなくてスルーしていました。ご教授、ありがとうございました。

投稿: マラソンおばさん | 2017年4月11日 (火) 21時01分

はじめまして、書き込みありがとうございます。一色では「どうやって食べる?」と聞くと「焼いて生姜だまりで」という答えが多いのですが、小骨が気になりますね。やはり骨切りした方が良いと思います。

facebookの友達は「昔、母が腹に味噌を詰めて焼いてくれた」とのこと。これも美味しそうですね。この方は生まれが島原の方なので、麦味噌だったんでしょうね。一度やってみたいと思います。

投稿: からっぽ親父 | 2017年4月12日 (水) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ | トップページ | 先日のアジフライは・・・ »