« ポケモンgo | トップページ | 赤いダニ »

2017年5月15日 (月)

ラ・ラ・ランド

いつも行く大型集合映画館(これ正しい言い方じゃないよね)での上映が終わってしまい、DVDで観るしかないかと思っていたら、なんとウォーキング中に徒歩5分のパチンコ屋さんの5階で上映が始まっていました。

座席数100人ほどの小さな映画館で、観客はアベックが二組と、私のようなお一人様がちらほら。大型の映画館ではシニア料金は1,100円ですが、ここは1,000円と百円もお得。しかも5回行くと一回が無料になるサービス付き・・・ただし観たい映画がなかなか来ないという難点もあります。

さて映画ですが、ストーリーの組み立てが上手いですね。ハッピーエンドを彷彿される映像が流れながら、ほろ苦い結果となりしかしそれもハッピーエンドなんだと納得させてくれます。

またハリウッド映画の特徴ですが、たった2時間の間に主人公のエマ・ストーンさんが見事に洗練されて美しくなっていく。メイクだけでなくこれが演技ってものなんでしょう。

リース・ウィザースプーンさんがオスカーを取った時も、普段ラブコメの映画しか観てなかったから、驚きましたが素晴らしい演技でしたものね。

日本の役者ってのは・・・・

|

« ポケモンgo | トップページ | 赤いダニ »

コメント

 いつまでも存在してほしい映画館のひとつですね

 ヴィスコンティ 3作品 観ます

投稿:  k | 2017年5月16日 (火) 21時13分

昔はちょっとした街に『名画座』というような往年の名作を上映してくれるところがありましたね。長崎にも駅前にそういった映画館があり、貧乏学生はよく観に行ったものです。

投稿: からっぽ親父 | 2017年5月18日 (木) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケモンgo | トップページ | 赤いダニ »