« 新緑と開花 | トップページ | 猛禽類 »

2017年5月24日 (水)

セッカニワゼキショウ

 掛川に向かう新東名で5ヶ月の孫みんみんがぐずりだしたので、浜松SSへ寄ることになりました。建物まで上の孫の手を引いて歩いている時、植木の根元に白い小さな花を発見。

Sekka1  私の前を歩く年配の女性も「???」という表情で屈んで見ていたので、この方も植物には興味がある方と推察されました。こういった生物・・・植物を含みますが、直感で何か違うと思うものなんですね。
Sekka2  そうこの花、普通に見れば白花のニワゼキショウです。しかし、何か雰囲気が違いますね、小さいだけじゃなく葉や花の配置がニワゼキショウと違う。もちろん仲間は仲間なんでしょうが・・・ちなみにアヤメ科。
Sekka3  調べてみるとこの花は『セッカニワゼキショウ』らしいです。まだごく最近発見された種類で、学名など不明。私も初めて見ました。高速道路ですから、人の靴やタイヤに種が付着して、拡散されるのが早いんでしょうね。
 ちなみに「セッカ」とは「雪花」だそうです。「シロバナニワゼキショウ」にしようと思ったら、ニワゼキショウの白花と紛らわしいと判断されたとか。

|

« 新緑と開花 | トップページ | 猛禽類 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑と開花 | トップページ | 猛禽類 »