« マツバゼリ | トップページ | ヒメイワダレソウ »

2018年6月 4日 (月)

いもかわうどん

 刈谷市の北部、運動公園近くに『きさん』という、うどん屋さんがあるので食べに行ってきました。ここでは江戸時代に「いもかわうどん」という平打ちのうどんが出されていて、一時途絶えていたものを2007年に地域振興の方々が復活されたとのことです。

 愛知県では平打ちうどんと言えば『きしめん』が有名ですが、言わばその元祖だと言われていますし、関東地方で『ひもかわ』と呼ばれる平打ち麺も、「いもかわ」がなまったものだと言われています。
『東海道中膝栗毛』や『好色一代男』でも紹介されているそうです。ちなみに「いもかわ」とは芋川という地名だそうで、近くに芋川遺跡という縄文時代の遺跡があります。
Kisan1  私と女房は味噌煮込みのいもかわうどんを頼みました。ちょっと、麺から出してみましょう。
Kisan2  見た目は完全にきしめんですね。まあ食べてみても明確な違いがあるのかは分かりません。しょせん小麦粉で作ったものですからね、こういう言い方は研究して復活させた方には申し訳ありません。ただ、とても美味しいことは確かでした。特に八丁味噌とは良く合います。
Kisan3  孫のみちたんが前日にさりげなく「一緒に行こう」という私の言葉を覚えていたので、一人だけ連れて行きました。みちたんは子供うどんと、フライドポテト、いもかわうどんを食べました。いも川うどんも気に入ったようです。

|

« マツバゼリ | トップページ | ヒメイワダレソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツバゼリ | トップページ | ヒメイワダレソウ »