« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

今年は台風の当たり年なようで、今回の21号は非常に危険な進路(この地区にとって)になりそうです。現在915hpaと言いますから、この暑さではまだ発達するかもしれません。

Taifu21 米軍の予報では、潮岬辺りに上陸し、その後国道42号線を紀伊半島に沿って進み、名古屋の西に抜けるように予想しています。日本にとって最善なのは、太平洋上で急カーブして東に行ってしまうってのが理想的です。ただジェット気流が東北地方上にあるのでそれは期待できない。西から大陸の高気圧がじゃんじゃん張り出して、東に押してしまうってのもありがたいのですが、それもなさそう。今ある高気圧の縁を進むなら、上陸は必至かな。
まあ自然のことなので、どうなるかは分かりませんが、十分な準備だけはしておきましょうね。

| | コメント (0)

2018年8月30日 (木)

刺青

この人、脳科学者だっていうんだけど、刺青の染料の体内への影響について言ってから、批判して欲しかったな~。

またこの方ニコチン中毒ですから、嫌煙運動を大批判。
恐らく体内のニコチンがそう言わせているんでしょうね。
国際的恥なんて言ってますが、文化なんだからどうしようもありません。
そのうちに、蕎麦を音を立てて食べるのは「国際的恥」なんて言い出すんでしょうね。
折しも、格闘家で体中刺青だらけの山本なんたらって方が、癌でグァムの病院に入院しているとネットニュースで見ました。
山本さんの刺青と癌の因果関係は不明ですが、科学者であるならそこに踏み込んで欲しかった。
体に良い訳ないじゃないの~。
茂木氏、タトゥー差別に問題提起「日本の国際的恥」

脳科学者の茂木健一郎氏が、タトゥーを入れている人が温泉やプールの利用を制限されることを「差別」だと批判し、「撤廃するべきだ」と訴えた。

かねてタトゥーへの偏見に反論してきた茂木氏。タレントのりゅうちぇるが家族の名前を刻み入れたタトゥーを披露して一部から批判を浴びている騒動を受け、24日更新のツイッターで再びタトゥー問題に言及した。

茂木氏は、タトゥーを入れている人が温泉やプールの利用を制限されている現状について「いわれなき差別は撤廃するべきだ。インバウンドのお客さんも増えている今、放置すれば日本の国際的恥である」と指摘。タトゥーと反社会的勢力を結びつける見方について「すべてのタトゥーの方がそういう行動に出るということは、集合論としてもちろんならない。ベン図を書けば、小学生でも理解できるだろう」と否定した。

タトゥーを不快だと感じることを理由にプールなどの利用を制限するべきだと主張する声については、「これは、(おそらくは偏見と無知に基づく)自分の感性を、パブリックな場の運用のルールにせよ、と主張していると解釈できる」との見解を示し、「自分の感性に基づいて、公のルールを決めろ、という主張が、論理的にどのような構造をしているのか、少し冷静に振り返ってみれば、誰でもわかるはずだ(と私は信じる)。個人と集団の関係。その意味で、タトゥーの方の入浴、プール利用の禁止はナンセンスだということは自明だろう」とした。

また、タトゥーを「親からもらった身体を傷つける行為」などとして温泉等の利用制限を主張する声もあるが、こうした意見は「ことごとく論理的に脆弱であって、批判的思考の深刻な欠如を示唆している」と切り捨て、「世界的に見た、タトゥーの文化的、社会的意味合いの広がりを考えた時に、この現代の日本で、タトゥーの方の入浴、プール利用の禁止という奇妙なルールが温存されているのは、ひるがえって、日本における批判的思考の風土の欠如というより深刻な一般的問題の表れだと私は考えている」と問題提起した。

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

ガガイモとボケ

 東浦町を歩いていたら見慣れない花を発見しました。

Gagaimo1  五弁の花びらが有り数個の花がまとまっています。蔓性の植物です。後で名前を調べようと、すぐに写真を撮りました。撮り終わって、スマートフォンを出し何故か「ガガイモ」と検索したら一発で当たり。おかしいなぁ~初めてのはずなのに・・・超能力じゃないの?と喜ぶのは若い人、私のような年寄りになると「いよいよボケが始まったか」と思わずにはいられません。私のこれまでの人生で、このガガイモと何らかの関わりを持っていたことは間違いありません。その記憶がない・・・・・
Gagaimo2  このガガイモは実が熟すと中から綿毛の付いた種が出てくるそうで、それがケサランパサランと言われるものだとか・・・・それはまた探しに行かなければいけません。このことが記憶にあったらですが。

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

アベガー症候群

西日本豪雨の時のニュースですが、典型的なアベガー症候群です。
人間ですから、好き嫌いがあっても構わない。私も、私ぐらいの歳なら誰もが好きだという国民的な女優さん吉永某さんは嫌いです、女性として何の魅力も感じない。しかも大根だし。
しかし嫌いだからといって嘘をついてはいけません。このニュース安倍さんが来るからと言って慌ててエアコンを付けたと言っていますが、全く失礼な話で災害援助の仕事ってのはそんなもんじゃありません。
この場合、安倍さんが帰ったらエアコンを取り外して持って帰った、というならニュースになるでしょう。
嘘がいけないのは、この次にもし本当のことを言っても「また嘘だろう」と思われる狼少年になってしまうからです。事実これを発信した女性はその様になっているようです。まあこの女性は意図的に嘘をついているので、裏を取ったりするようなことはなく、これからも嘘を突き通すと思います。
安倍さんが嫌いで総理、国会議員から落としたいなら、選挙という方法がありますから、安倍さんの選挙区へ引っ越していくなり、自民党員になって総裁選の選挙権を手に入れるしかないのです。(議員になるって手もあります)
繰り返しますが嘘はいけません、嘘をつくと朝日新聞みたいになっちゃうよ。
リンクはニュースなのですぐに消えてしまいますから、全文コピペしました。
「安倍総理が視察に来るから避難所にエアコンがついた」災害に乗じたデマ拡散 世耕経産相が否定「無責任な情報を流さないで」
西日本を中心に襲った豪雨災害に乗じて不確かな情報がネット上に氾濫している。11日には、避難所に急に風呂やエアコンが設置されたのは安倍首相が視察に来るためという情報が拡散。この情報はデマだとして世耕経産相は「全く無関係」と否定した。
Twitterに投稿された内容は、「倉敷の友達が言ってた。急に避難所に自衛隊が来てお風呂が設置された。クーラーがついた。ここは比較的被害が少ない地域なのになぜ優先的に?警備体制がやたら凄くて、今日から学校も再開なのに何があるのかと思ったら安倍総理が来るんだって。あれアピールのために慌てて準備したんだよ。と。」というもの。この投稿には不確かな情報だと批判も寄せられたが、1万8000回以上リツイートされるなど拡散している。
世耕経産相は、この情報を引用し「安倍総理視察とエアコン設置は全く無関係。設置の指揮を取ってきた者として明確に申し上げます」と否定。「熱中症回避のため人の多い避難所優先でエアコンを配備しています。総理が視察した岡田小以外の倉敷真備地区・水島地区、広島県、愛媛県の避難所複数にもエアコンは設置され、被災者から喜ばれています」と説明した。また、「こんな時に無責任な情報を流さないでいただきたい」と求めた上で、「現場で懸命に突貫工事でエアコン設置をしてくれているメーカー、電気工事会社、電力会社社員など関係者に申し訳ない思いです」と心境を吐露した。
今回の情報をSNSに投稿した女性は、過去に安倍首相を弾頭に据えたミサイルのオブジェや憲法9条改正に反対するTシャツを着た姿などを投稿していた。
そう言えば、安倍さんの一族が旧華族で公的年金を貰ってるという投稿がありましたが、その後お返事がありません。安倍さんの一族って旧華族だったんですか?

| | コメント (0)

スパムコメント

このところコメント欄に「ぴのきし」という輩もしくは関連のスパムが毎日投稿されて、迷惑をしていたのですが、書き込み禁止にしてしまったら表には現れなくなりました。

 しかし、スパム投稿は続いているようだし、削除したことに腹を立てているようなコメントを残しています。これは書き込みした物がスパムではない場合に、私だけがサルベージすることが出来る措置です。
 このように書いています。
これを二つ続けて、書き込めないのが分かったのか。このようにも・・・・・
世の中には暇な人がいる物ですね~。
書き込み禁止にしたものをブログで書いている私も随分暇な人間です。

| | コメント (1)

2018年8月26日 (日)

マムシ

お馴染み隣町の東浦町徘徊。田園地帯を歩いていると、マムシの死骸発見。

歩いていると、小さなカエルが多いのでマムシも多いんでしょうね。

Higasiura1


畦道の草むらに片足を突っ込みながら写真を撮っているので、かなり危険なことをしているんだな、とちょっと反省。


その田んぼに多いヒレタゴボウは外来植物です。

Higasiura2  途中カラスウリの仲間を発見、通常のカラスウリなら6時前にはかなりしぼんでしまっているはずですが、これは比較的コンディションが良いです。

Higasiura3  しかしキカラスウリは花びらがこんなに細く分かれてはいませんし、葉っぱも厚いのでカラスウリに決定。

| | コメント (0)

2018年8月25日 (土)

マンマミーア・ヒア・ウィー・ゴー

『マンマミーア・ヒア・ウィー・ゴー』を観てきました。当たり前ですが、吹き替え版はありません。一応、前作の続きでしょうが突っ込みどころが満載で、設定は引き継いでいますが、違う映画と思っても良いのかもしれません。

まあ楽しければそれで良いじゃないかという映画ですね。しかし「歌って踊れて芝居が出来る」と言いますが、ハリウッドスターというのはたいしたものです。アマンダもとても良い声で上手ですね。一作目を超えるのはとても無理ですが、きれいな景色と歌声を聞くだけでも満足です。

| | コメント (0)

2018年8月24日 (金)

フグの唐揚げ

フグって魚は調理免許が必要です。毒があってもなくても必要だそうです。都道府県で試験が行われ、免許が発行されるようですね。と言っても、全くの素人が試験を受けることは出来ません。私が思い立って試験を受けることは出来ません。愛知県では一応受験資格ってものがありまして「出願日までにふぐの処理の業務に2年以上従事した者。
※ふぐ料理の季節(おおむね11月から翌2月まで)を2回含む2年以上であること。」免許がないのに2年以上ふぐ処理の仕事をして良いのかよ。という突っ込みが入りそうですが、免許がある人の元で2年以上修行したという意味なんでしょうね。この時点で既に私無理ですし、今からやるつもりもありません。まあ全員、こういった修行をしているとは思いませんがね。

Fugu1  魚兼さんに小さなシロサバフグが出ていました。ここはお坊ちゃま2が免許を持っています。これくらいのサイズは唐揚げが最高に美味しいですね。
Fugu2

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

イチビ

お馴染み、シードバンクで有名なイチビ・・・アオイ科と言いますからハイビスカスと同じfamily。
Ichibi1
種子が畑を耕すことによって、地中深く潜っても、翌年以降11cmより浅いとこに掘り出されれば発芽することが出来るというイチビのシードバンク。その預入期間は20年に及ぶそうです。つまり20年間は耕すたびに発芽のチャンスが巡ってくるのです。
Ichibi2
実を見ると飛行機のエンジンのようで、熟すと黒くなるようです。熟した実をほぐして種子を出してみたら、一つの実から20個前後の種子が出てきました。
Ichibi3
一本のイチビには数十個以上の花が咲きますから、その数は莫大な物になるでしょうね。
Ichibi4

| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

イトヒキアジ

イトヒキアジ、成長すると1~1.5メートルになるそうですが。これくらいの大きさはまさしく稚魚、背鰭と臀鰭の一部が長く伸びていますが、成魚は短くなるとか。
Itohikiaji1
この手のアジ科の魚は刺身で食べても、熱を加えても固く感じるものがあります。この魚もそうです、一番美味しい食べ方はムニエルでしょうね。
その点、アジ科の魚でもマアジやブリ、カンパチなどはいついかなる時も美味しいです。
今回気が付いたのは、肛門の位置が思ったより前方にあるんですね~。
Itohikiaji3  三尾で300円ですから、一尾100円です。
 家に帰ったら、なんとまた長女の子どもたちがご飯を食べていましてね。結局、ムニエルにして貰ったんですが、食べられてしまいました・・・・・。

| | コメント (2)

2018年8月21日 (火)

クルマエビの刺身

 土曜日、久し振りに市場が開き、しばらく美味しいものを食べていなかったので、清水の舞台から飛び降りたつもりで、活けのクルマエビを買ってきました。これだけで2,000円ですから、役一尾200円。いやちょうど200円。

Ebi1  老夫婦二人なら、塩焼きにして、刺身にしてちょうど良いと思っていたら。・・・・・・長女一家が次女の家に花火見物に行くと寄っていき、結局一緒に食べることになりました。なにしろ10尾しかありませんからね~それをおちびさんとは言え、6人で食べるのは難しい。
 結局、背わたを取って殻を剥き、身をサッと湯通ししてから氷水で冷やし、水分を良く拭って刺身にしました。
Ebi2 一尾ずつにするとあっという間になくなってしまうので、一尾を三つくらいに切り織部の皿に載せました。これが予想通り好評でしてね、おちび達が殆ど食べてしまいました。鳴かれるといけないので、一番最後の一切れはチビ達に食べさせました。
 頭はcarapaceを外し、唐揚げですが二度揚げにしてあるのでカリカリ。これも残念なことに子どもたちが非常に気に入ってくれました。

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

オオオニバス

 テレビで安城市にあるテーマパーク『デンパーク』の中にオオオニバスが有り、小さな子供をその葉に載せてくれるというイベントをやっていると言っていました。野次馬精神の旺盛な我が家の娘達は早速行ったようです。

Onibasu1  安定性がないためか、一応敷物が敷いてあるようですが、一番重いゆずでも乗ることが出来ます。
Onibasu2  次はみちですがこれは楽勝。
Onibasu3  このちんは余裕ですね。
Onibasu4  あばちんは大泣きです。
私が子供の頃は良く本などで『オニオオバス』という植物が紹介されていましたが、それが実際に日本で栽培されるとは夢のようです。正しくはオオオニバスはアマゾン川のもので、デンパークのものは公式サイトでは『パラグアイオニバス』とされています。これも正しくは『パラグアイオオオニバス』だと思います。オオオニバスとオニバスでは属が違うようで、オオオニバスはこの2種しかないそうです。つまりオオオニバスとパラグアイオオオニバスには交雑が可能で、交雑種が栽培されている例もあるそうです。
 そしてオニバスは日本でも分布しているそうです。しかし近年、環境が悪くなり減ってきているようですが、偶然私の徘徊縄張りの東浦町の公園で栽培されていたので写真を撮ってきました。
Onibasu5 日本のオニバスはとても子供が乗れるようなものではありませんね。

| | コメント (2)

2018年8月19日 (日)

ハッカ

 お馴染み、東浦町の田園地帯を徘徊していたら、あぜ道に何やら見たことがある植物が密生。

Mint1  ミントだろうと葉を揉んで匂いをかいでみると、独特なさわやかな匂い。しかし、なんでこんな所に在来の植物を押しのけて増えているのでしょうね、確かに最近他の所でもミントの帰化が目立ちます。
Mint2  食いしん坊な私でも、ミントがこのまま食べられるとも思わず、採取しては来ませんでした。
 帰ってから調べてみると、やはりお茶などの飲み物、スイーツのあしらいくらいしか使い道はありませんね。山を歩くと目の前に小さな虫「めまとい」が来ますが、ハッカ油が有効だと聞きましたから、顔のまえにぶら下げて歩くと効果があるかもしれません。

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

イヌマキの実

 お客さんの所でお客さんを待っていたら、隣の畑の周囲にイヌマキが植えられていて、赤紫色の実がなっているのが見えました。

Inumaki  早速採っていただきます。ネットリとした控えめな甘さの実です。中心に芯があり、それを噛むと末脂臭いです。私が子供の頃は『やぞうこぞう』と言って、子どもたちのおやつになっていました。赤黒くなる果肉の上に卵形の緑色の実が付いています。どちらが『やぞう』でどちらが『こぞう』か?緑色の卵形の物が、種子になるとか、これは毒があって食べられないそうです。私も食べたことがありません。
 イヌマキは私の故郷掛川では生け垣として利用されることが多く、親しまれていましたね。近所に比較的大きなイヌマキの木があり、その一番上が枝が広がって鳥の巣のようになっていたので、何人かで登って遊びました。今見てみれば小さな木なんでしょうけどね。

| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

アユ

 私はかねてより、アユ釣りの上手な方と、蕎麦打ちを趣味とする方をご近所の友人に欲しいと言っていました。新しい友人が出来た訳ではありませんが、取引先の方より岐阜県の天然アユをいただきました。なんと偶然にも私の大学の後輩だというのです、これを機会に先輩風を吹かして、アユをたかろうかと思っています。

Ayu1  私アユって魚は大好きでしてね、もちろん天然アユに限ります。養殖アユなら鰯を買ってきた方がずっとまし、しかも最近養殖アユにかび臭いアユが出回っていて、これはお気の毒です。
 どうやっていただこうかと思ったのですが、やはりアユの美味さは塩焼きだと言うことで、塩焼き&鮎飯にしてみました。
 鮎を塩焼きにして、ご飯に炊き込む。炊きあがったら、骨を取って混ぜ込めば出来上がり。今回気を遣ったのは、一歳の孫のみんみん、魚を嫌いになっては困るので細かい骨と、鰭はきれいに取り除きました。
Ayu2  飯に入れなかった頭や鰭は私の酒の肴です。身をほぐしながら、孫に与えたところ非常に気に入ったようです。もちろん鮎飯もよく食べてくれました。
 次は落ち鮎かな?

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

じゃんけんぽい

 この子の母親の頃は、花が咲いたらじゃんけんぽいだったような気がしますが、今は随分長くなっていますね。

 地方や年代で色々なバージョンがあると思います。

 そう言えば、瀬戸内海の島で行方不明の男児が無事発見されたそうで、良かったですね。一時は猛禽類にさらわれた、という説も出たようですが、日本でその危険がある猛禽類はイヌワシくらいじゃないでしょうか?トンビやミサゴでは元々、子供であっても生きた人間に近づかないと思います。

 それにしても、2歳ですからね~我が家にもそれに近い子がいます。私なら、それくらいの子供は数メートルも離れませんね。とにかく小さな子供は何が起こるか、何をするか全く推測が出来ません。皆さん、本当に気をつけましょう。

| | コメント (0)

2018年8月12日 (日)

カンパチ

 深谷さんに小さなカンパチが活かされていました。もう瀕死の状態のものもありましたので、2尾買って締めて貰いました、今流行の神経締めってやつです。

Kanpachi2  この程度の大きさのカンパチは獲ってはいけないんですが、大きくなったらこの近くに寄りつかないことも確かです。大きさからすれば、養殖種苗と言っても過言ではありません。
Kanpachi1  盛りつけがへたくそですが、これだけできました。
 実は刺身の最後の一切れを母親が食べてしまったと、この子が大泣きしましてね。
Kanpachi3  本当に刺身が好きな子です。ですから、アニサキスなどの寄生虫は充分気をつけて観察しています。

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

しじみが安い

 土用が終わったからか、しじみが非常に安く売られています。孫達が好きなので、沢山買ってきました。

Shijimi  市場の魚やさんで買ってきたものは砂出しをしていないため、自分でしっかり砂出しをしなければいけません。しかも、この暑さですから、温度に気をつけないと全滅って事になりかねません。エアコンの効いた部屋で、温度の低い水を使って薄暗いところで砂出しをし、何回か水替えをしてやります。
 あとは小分けして冷凍すればよろしい。もちろん、冷凍する時は合掌を忘れずに。
 肝臓に良いと言われるしじみですが、逆に肝臓に障害のある方は食べない方が良いと言いますからお気を付け下さい。

| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

いかそうめん

 ケンサキイカが出ていたので、イカそうめんを作ってみました。今までの物と何が違うかとおっしゃると思いますが・・・既につゆがかけてある。

Ikasoumen  つゆは市販の物を薄めただけ、おろし生姜は新生姜を使って刺激を少なくしました。これが実に美味しい、是非お試し下さい。

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

強烈なキャラクター

 いやはや、強烈なキャラクターの持ち主が出てきたものです。ちょっと、これは冗談かやらせではないかと疑ってしまうような方ですね。誰と言わなくても分かると思います・・・・・ボクシングの会長さん。しかも『終身会長』だそうで、一体誰が決めたんでしょうか?自分で家の表札に書いちゃうことがとにかく凄い。口を開けば、凄いネタがポロポロ。こりゃマスゴミにとっては宝の山を掘り当てたようなものです。しばらくは楽しめそうですね。そうこうしているうちに、妹とか言う人も出てきて兄を擁護する・・・マスゴミまたいただきますだよね。

 きょうは、沈没前の船よろしく、連盟の理事達が逃げ出す支度をしているとか。これって、もっと巨悪が居て上手い具合に会長さんを踊らせたんじゃないかと疑いたくもなりますよね、でないとあまりに馬鹿すぎる・・・会長さん。
 そう言えば、切腹宣言も出ているようですが、この手の方で切腹すると言ってした方はいませんよね、前はカメ2だった?同じボクシング界で、切腹好きだよね~。
 893とのつきあいが判明した時点で、アウトって事が分からないし、奈良判定はないって言いながら、オリンピックで影響力を見せると言ったり、もう支離滅裂。
 これはね、簡単に辞めてはいけません。もっと面白いことがいっぱい出てくるでしょうから、楽しみにしていましょう。

| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

もう一つ面白かったのは、この畑・・・この一畝だけ作物が作ってあるように見えますが、実はこれスベリヒユです。良く庭や校庭などに生えているやや他肉質の雑草の部類に入るものです。
Suberihiyu1
実はスベリヒユ、食べられるんだそうで、この畑の持ち主は食用、出荷用に栽培しているのでしょうか。スベリヒユの両側は見事に草取りしてきれいになっていますから、考えられますね。
Suberihiyu2
これこそ持ち主に聞いてみたかったのですが、やはり近くに人はいませんでした。
スベリヒユを食べた方がいらっしゃるかfacebookでお尋ねしたところ、隠岐の中上さんが食べたことがあるそうで、感想としては「中上 光 一度だけ和え物にして食べました。ほのかな酸味がありますね。大根の葉っぱのほうがはるかに美味しいと思います。」だそうです。

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

 チコちゃんが歳をとると一年が早く感じるのは何故か?というのをやっていまして、答えは歳をとる「ときめかなくなるから」なんだそうです。子供の頃は遊ぶにも、食事するのにも常に興味を持ってときめいていたんだそうですね。なるほど~・・・

 ということで、わたしもときめくためにウォーキングコースを常に変えているわけです。隣町東浦町の田園地帯を歩いていたら、この田んぼだけ葉っぱの先が茶色く変化してしまっています。
Ine1  これは今年の猛暑で・・・とすぐ関連づけしたくなりますが、ここの田んぼだけですし、最近の田んぼの水事情は用水が張り巡らせてあり、お金で水を買っているわけですから、そのようなことはないはずです。
 考えられるのは病気や、害虫で周りの田んぼは全て農薬を散布しているが、ここだけ散布していないとか?私、百姓の息子ですが、知識がないものですから・・・
Ine2  稲は既に穂が出かけていますが、黒くなっていますので被害はあるでしょうね。早朝で聞く人が居なかったので残念でした。

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

商品表示

 以前から言っていた、商品表示ですが、コンビニで買ってきたインスタント味噌汁。

Aosa1  伊勢志摩あおさとなっていますが、これは正しくはヒトエグサだと言ってきました。所が今回の味噌汁は、裏書きが「ヒトエグサ」となっています。偉い、進歩したね。まあ本来、アオサという物がとてつもなく価値があり、その名前を詐称するようなものではなく、実はあまり価値のないもので、本来お好み焼きやたこ焼きの彩り位にしか使えない物なんですけどね、消化もしないから、そんなに栄養的な価値もないし。
Aosa3  その点、ヒトエグサは優れていますよ、味噌汁や吸い物に入れても良いし、佃煮にもなります。これも何度も言っていますが、桃屋の江戸むらさきやブンセンのアラなど・・・・・・と書いて、ちょっと疑問に思ったので調べてみたところ、桃屋のホームページでは[江戸むらさき」の原料が「国産(主に三河湾周辺で収穫)の板のりを使い、」と書いてあり、ヒトエグサには触れていません。一方、wikipediaでは「原材料となる海苔は、三重県・伊勢湾で採れた青海苔(ヒトエグサ)を発売当初から使用し」wikiが全て正しいとは言いません、現に伊勢湾とありますが主たる産地は英虞湾のはずです。
 しかし、私は英虞湾近くに暮らしている頃、ヒトエグサの養殖業者に「一番のお得意さんは桃屋とブンセン」だと聞いていました。
 桃屋のホームページに問い合わせフォームがありましたので、質問を送ってみました、さて返事は帰ってくるのかな?

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

バイ貝

 地元のバイ貝が出ていたので買ってきました。(大浜かな?)

Bai1  これは昔、浜島の磯料理店『ヨット』で直火で焼いた物を、金槌で割って出してくれましたがあの食べ方が最高に美味しかったですね。
 今回はニンニクバターで炒めた、エスカルゴ風です。いや、エスカルゴってものを一度も食べたことがないので、全く分かりません。ニンニクバターに乾燥バジルを振りまき、いただきました。味は良いのですが、ちょっと固かったかな。
 この手の巻き貝、その昔は『新腹足目』と言いまして蓋がサザエのような石灰質ではなく膠質、この仲間は肉食のものが多いですね。このバイ貝も、魚のアラなどを入れたバイ篭という籠で採る方法があるそうです。
 産卵期などに中腸腺に毒がある場合があるというので、内臓は取り去ってあります。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »