« ハッカ | トップページ | クルマエビの刺身 »

2018年8月20日 (月)

オオオニバス

 テレビで安城市にあるテーマパーク『デンパーク』の中にオオオニバスが有り、小さな子供をその葉に載せてくれるというイベントをやっていると言っていました。野次馬精神の旺盛な我が家の娘達は早速行ったようです。

Onibasu1  安定性がないためか、一応敷物が敷いてあるようですが、一番重いゆずでも乗ることが出来ます。
Onibasu2  次はみちですがこれは楽勝。
Onibasu3  このちんは余裕ですね。
Onibasu4  あばちんは大泣きです。
私が子供の頃は良く本などで『オニオオバス』という植物が紹介されていましたが、それが実際に日本で栽培されるとは夢のようです。正しくはオオオニバスはアマゾン川のもので、デンパークのものは公式サイトでは『パラグアイオニバス』とされています。これも正しくは『パラグアイオオオニバス』だと思います。オオオニバスとオニバスでは属が違うようで、オオオニバスはこの2種しかないそうです。つまりオオオニバスとパラグアイオオオニバスには交雑が可能で、交雑種が栽培されている例もあるそうです。
 そしてオニバスは日本でも分布しているそうです。しかし近年、環境が悪くなり減ってきているようですが、偶然私の徘徊縄張りの東浦町の公園で栽培されていたので写真を撮ってきました。
Onibasu5 日本のオニバスはとても子供が乗れるようなものではありませんね。

|

« ハッカ | トップページ | クルマエビの刺身 »

コメント

野次馬1号です(^^;;我が家の図鑑にもオニバスは載っていましたが、パラグアイオニバス、オオオニバスは載っていませんでした。

投稿: からっぽ娘1号 | 2018年8月20日 (月) 18時54分

パラグアイオオオニバスです。オニバスは一応国産だしね。

投稿: からっぽ親父 | 2018年8月21日 (火) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハッカ | トップページ | クルマエビの刺身 »