« ユメカサゴ | トップページ | キショウブ »

2019年5月13日 (月)

エゴノキ

暇になったので、日曜日の早朝は例のごとく、隣町の山の中を徘徊しています。季節は進んでいるので、たった一週間でも季節の移ろいがとても面白く、ある意味感動しています。

昨日嬉しかったことは、この地区で初めての植物を発見したこと。
Egonoki1
上を向いて歩いてる訳ではないので、下に落ちた花を発見して、初めてああここには、このような木があったんだなと感動することが多いです。この植物は私が大好きな『エゴノキ』ですね。以前このブログでもお知らせした、幸田町の山の中、林道の両側に大きなエゴノキが生えていて、花の時期はエゴノキの花のトンネルのようになります。この花は全ての花が、垂下してぶら下がっているので、下から眺めるととてもきれいです。
Egonoki2
公園などで見かけることはありますが、自然な状態で発見することはとても嬉しいものです。しばらく足を止めて、仰ぎながら撮影に夢中でしたよ。
Egonoki3
華やかさはないのですが、私の中では桜以上に美しい花だと思っています。

この日はまた違う花を発見しましたが、それはまた今度紹介します。

|

« ユメカサゴ | トップページ | キショウブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユメカサゴ | トップページ | キショウブ »