« 灰干しさんま | トップページ | ギマの続き »

2019年6月 4日 (火)

ギマ

好き嫌いが別れる魚、ギマを買ってきました。美味しい魚なんですが、粘液がトロトロ流れ出ることと、下拵えが面倒なのが嫌われる所以なのかもしれません。粘液は新鮮な証拠だと思えばよろしい。
Gima1
調理は確かに難しい、素手でやろうとすれば指紋がなくなります。一番簡単なのはキッチンバサミで、背と腹の棘を取り去りますが、間違っても切ろうと思ってはいけません。挟んでテコの要領でねじ曲げて抜き取ると良いです。あとは口を切り、背と腹の鰭を深く切って頭の方から、皮を剥きます。残すと食感が悪いので、きれいに取り去りましょう。

その後腹の中から、胃腸管を肝が崩れないように抜き去ります、この時胆嚢も取った方が良いです・・・苦いから。餌を食べるときに砂も一緒に食べていますから、腹の中をきれいに洗って出来上がり。
Gima2
肝と卵巣が残っていますので、そのまま煮付けます。きょうは日本酒が良いですね。

|

« 灰干しさんま | トップページ | ギマの続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灰干しさんま | トップページ | ギマの続き »