« 炎上 | トップページ | フグ »

2019年12月16日 (月)

カモ

寒くなると共に、カモ類が渡ってきて海岸や池には彼らで一杯になってきます。そうなると、猛禽類も獲物を求めてやってきてオオタカが木に停まっていたり、チョウゲンボウが飛翔しているのをよく見かけるようになります。

また猛禽類に襲われたカモやサギの痕跡もよく見かける季節です、このブログでもそういった痕跡を紹介してきました。

Kamo1_20191216130401
これは海岸の防波堤に落ちていたカモの仲間です。胸部が鋭くえぐられていて、猛禽類に襲われたのではないかと推測されます。ただ、オオタカなどは結構人目に付かない所で獲物を食べますので、生きているときに襲われたのかははっきりしません。

死因が別にあったものを、トンビがついばんだのか?実は低い位置の水路から、飛び立ったカモが自動車に当たってお亡くなりになるってことも良くあるのです。先日のキジが跳ねられたものもそうです。
Dsc_4853
さてこのカモは何という名前でしょうか?生きているときでも分からないのですから、お亡くなりになった今はもっと分かりませんね。一応素人ですがスズガモではないかと?

|

« 炎上 | トップページ | フグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炎上 | トップページ | フグ »