« 新年会の珍事 | トップページ | ミミイカの刺身 »

2020年1月 7日 (火)

oyster

暮れにシェル牡蠣をいただきましたが、「あまり身が良くない」と言われました。実は三重県の浦村産の牡蠣は、この時季まだあまり身が良くないのです。
Oyster2
早速帰ってから剥いてみましたが、やはりグリコーゲンの大きさが今ひとつ。中には痩せて「水貝」に近いものもあります。牡蠣にはうるさい次女が食べてみて「塩辛い」とのこと。塩辛く感じるときは、痩せているということなんですよ。
Oyster1 
本来牡蠣の美味しい時期は、月の英語でRが付く月と言われ、9月から4月までとされていますが、本当に栄養をしっかり貯め込んでいるのは1月以降ではないでしょうか。

その昔、広島県の西沖水産さんで牡蠣を購入していたことがありましたが、あの牡蠣は立派な牡蠣でしたね。1年だけ身入りが不揃いの年はありましたが、天然のものですから毎年同じという訳には行きません。

懐かしくなって、取り寄せようとネットを探しましたが見つかりません。牡蠣事情に詳しい隠岐の中上さんにうかがった所、西沖水産さんは今年の春で廃業したとのこと、色々な事情がありますから仕方ないですね。

|

« 新年会の珍事 | トップページ | ミミイカの刺身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年会の珍事 | トップページ | ミミイカの刺身 »