« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月30日 (月)

コロナウィルス

驚きましたね、志村けんさんがコロナウィルスの肺炎で亡くなったそうです。テレビはこの事で大騒ぎです。明日からは追悼番組で、これまた大騒ぎではないでしょうか。こういった有名人が亡くなると、また予防活動が活発になるんでしょうが、先日のテレビでもありましたが、若者の意識が低過ぎますね、自分たちは若いから罹らない、罹っても酷くならないと本気で思っているようですし、公のインタビューでそれを公言する馬鹿が多いことにビックリです。顔を出して言っていますからね。若者にも家族が居るはずですし、周囲にも持病がある方がいらっしゃるかもしれませんしね。

志村さんの人生が幸せだったかどうかは分かりませんが、結構大きい病気にも過去に罹っていると聞いています。また夜な夜な銀座などのおねーちゃんの居るところで深酒をしていたとも聞きます。深酒は確実に、体の抵抗力を落とし免疫低下するのは間違いなかったと思います。そういった意味では、ある程度の覚悟があったのかもしれません。

と言っている私が、次に罹って旅立つかもしれません。まあとりあえず、志村さんに合掌。

| | コメント (2)

2020年3月29日 (日)

メカブの佃煮


食べるシーンと言えば、このブログでは必ずこの子が出てきます。

 

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

乾燥めかぶ2

乾燥めかぶは熱湯で戻さなくても、たっぷりの水に浸けておけば簡単に戻ることが判明。今回はそれを佃煮にしてみます。戻してから、小さく切るのはヌルヌルで難しいことが判明しました。乾燥しているときに、ハサミで適度な大きさに切っておけば、それが良いでしょう。まな板や器具がヌルヌルになりませんからね。
Mekabu4

醤油、酒、味醂で味付けて煮込みます。例によって孫たちが食べるので、塩分控えめです。
Mekabu5
先ほど、ののちんに食べさせたところ、気に入ってくれたようです。今夜の夕食で食べてくれると思います。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

乾燥めかぶ

いわゆる三重県で言うところの、めひびですね。めひびは細く切ってありますが・・・

その乾燥めかぶが売られていましてね、
Mekabu1_20200325153001
これだけで200円ですから、生のめかぶよりだいぶ安い。ただ、生の時は売れ残るようなコンディションですね。

沸騰させた鍋にしばらく入れてから、湯を良く切りまな板の上で細かく叩きます。
Mekabu2_20200325153301
しっかり粘りが出てきます。

オリーブオイルを入れてさらに混ぜ、ポン酢醤油で味付けします。
Mekabu3
卵の黄身をのせて出来上がり。よく混ぜて、温かいご飯に沢山かけていただきます。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

シジミの季節

本来なら今頃の時期はアサリの季節と言うべきなんですが、三河湾でアサリが獲れなくなって何年になるんでしょうね。アサリが獲れていた時は、潮干狩りであちこちから家族連れが沢山集まってきて、狭い海岸の道路も混雑したものです。
Sijimi
というわけで、アサリも高価になったのでシジミを買ってきました。さかな村ではスーパーマーケットのように砂出しをきちんとしているとは限りませんので、必ず家に帰って砂出しをしましょう。何回かやった方が良いですね、我が家では孫たちが身を食べますので特に念入りに砂出しをします。

今回大きいものだけを選んで、醤油漬けを作ってもらいました。

蜆の味噌汁は長女の家の孫たちが気に入り、何度かおかわりをしてくれました。

季節的に身がたっぷり詰まっているかと思ったのですが、それほどでもありませんでした。それでも、味噌汁は良いダシが出ていました。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

なまこ

今年はまだなまこを食べていないと言いましたら、大きな赤なまこが出ていましたので最初で最後と買ってきました。二つで1,000円ですから、安いとは言えません。
Namako2_20200321155201
早朝の仕事を終え、下ごしらえをして酢醤油に漬け込みました。赤なまこは固いので出来るだけ薄く切りました。長崎ですと、酢は橙酢を使うんですがね。

今回のなまこは、二つとも内臓が入っていました。
Namako3
愛知県、特に三河湾はこのわたが有名ですし、文化がありますので「一の腸」「二の腸」と分けていますね。どの部位が一で、どの部位が二なのか何回聞いても分かりません。黄色く見える麺のようなものが生殖巣なんでしょうか、なら「このこ」ですね。この部分を塩漬けして保存してみました。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

年金

少し前の日曜日の昼、固定電話が鳴って私が出たら「××銀行です、○○子さんいらっしゃいますか?」と女房のご指名。女房に代わると、女房が何やら弁明のようなことをしています。「私もう、貰っちゃってるんです、厚生年金の方を」と言っている。終わってから、何の電話か聞いてみると「銀行から年金の受け取りをうちにして欲しいとの勧誘」とのこと。そう言えば、あと一ヶ月で誕生日が来て、国民年金を貰える歳だから、うちの銀行を窓口にして欲しい、ということらしいのだが、そのような争奪戦があったとは知らなかった。

後で良く考えると、その銀行の方私には何も言わない・・・私は女房より二つ年上だから、当然うちの銀行以外の所が窓口になっているという判断だったらしい。

ところがどっこい、私まだ年金を受給してないんだよね。仕事を辞めたら当然収入がなくなるから、それからと思っていたら、ずるずる仕事をやってるしね。

だから、銀行さんも交渉するのなら私に交渉しなきゃいけなかった。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

海鼠腸

シーズンに一回は食べなくてはいけないのですが、今年はまだナマコを食べていません。同じくナマコの内臓「海鼠腸」も正月明けの安くなってから、一度はいただきたいものです。例年、深谷さんに良いものが出てくるのですが、今年はやっときょう見つけました。
Konowata_20200319131301
一つ1,500円だというので、一つは友人に送るように二つ買ってきました。

佐久島の海鼠腸は日本三大珍味の一つで、その昔は将軍に献上されたとか、独特の磯の香りが苦手な方もいらっしゃいますが、私は好きですね~。温かいご飯にまぶして、焼き海苔で包んでいただくとこれは絶品です。

ナマコも最後ですから買ってきたいですね、しかし暖かくなるとナマコのコンディションが悪く、傷んでいるものを掴まされるのが怖くてね。ビニール袋の入っているので、良く見えないんですよ。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

自然観察2

花が少ないとは言え、冬でも咲いている植物がある訳ですから、少しずつ教えていきます。
Flower2_20200318132901
ホトケノザについては、春の七草は言えるようですから「春の七草のホトケノザじゃないよ」あれは「コオニタビラコ」と言うのが七草のホトケノザと教えなければいけません。
Flower1_20200318133101
そのホトケノザに良く似ている、ヒメオドリコソウ。これは外国から来た植物「外国ってどこの?」と聞かれても「ヨーロッパ」と言っても理解できないしね~。これはジョウビタキにしても同じ「もうじき外国へ帰ってしまう」と言えば「どこへ?」と言う。小さい子に教えるって難しいんですね。

それでも我が家には実体顕微鏡も、位相差の付いた光学顕微鏡もありますから、花粉を見たり葉裏の気孔を見たり、まだまだ教えなければいけないことは沢山あります。そうそう、プランクトンも見ましょうね。

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

自然観察

昨年、一番上の孫ゆずを連れて私のいつものフィールドへ自然観察に行きましたが、コロナウィルス騒動で退屈しているだろうと、今年も誘ってみました。案の定すぐに乗ってくれましたが、妹のののちんも行きたいというので、二人連れて行ってきました。
Yama1
ウグイスの声を聞きながら、小さな池ではオオバンやカモの仲間を観察し、ツグミやジョウビタキの雄も観察できとてもラッキー。「ちょっとこい、ちょっとこい」というコジュケイの声も聞くことが出来ました。この辺にある花の名前は殆ど分かりますが、春とは言えまだそれほど多くが咲いてはいません。カンアオイももう終わりのようですが、どんな所にあるか見せてきました。タンポポの見分け方、ホトケノザは春の七草とは違うこと、雑木林の木も色々教えなければいけません。ネズミモチの名前に興味を持ったようです。

しばらくするとこの子たちの母親から電話があり、従姉妹のみちとカプチンも連れてくることになりました。

こうなると自然観察ではなく、単なる山遊びになってしまいましたが、まあそれも楽しいんでしょうね。
Yama2
ゆずはさすが小学生、すぐに色々覚えますが小さい子どもたちはまだまだ。野山ですから、一週間違えば違う動植物が見られるはずです。また4月になったら来ようねと約束して我が家で昼食を摂りました。

昨日、百円ショップでゆずのためにフィールドノート用の手帳を買ってきました。

| | コメント (3)

2020年3月15日 (日)

スマートウォッチ

歩数計をいくつか洗濯で水没させてからスマートウォッチに切り替えて何年かなります。最初はSONY製のもので気に入っていたのですが、充電のピンが折れたようで2台目。これは一時話題になったファーウェイのもの。中国製だから、自分の情報が抜き取られているのでは?という疑いは最初に持ちましたね、中国に対する疑惑ってのは当たり前ですね。しかし、これはいつの間にか充電しなくなりましてね、次が3台目。
Watch1
やはり中国製。電話やメール通知、歩数やカロリー消費はもちろん心拍数や血圧までも自動的に測定してくれるという優れもの?しかし、通知と言ってもSMSのみ、ラインは入るらしいのですが、夜中にスタンプの売り込みで起こされるのも嫌なのでオフに。一番馬鹿なのは、スマホとの連携でBluetoothと連携させても、少し離れると切れてしまい、近づいても自動接続されない。従って、スマホで手動再接続。再接続しなければ、電話があっても通知はしないので全く意味がない。

そしてもっと間抜けなのが、心拍数、血圧は危険数値を測定すると、バイブレーターで知らせる設定があり、1分間100を越えた心拍数を設定しているのですが、充電や風呂で時計を外していたときにこの警告音が出る始末。全く信用出来ません。

今は歩数計とアラームにだけ信頼を置いていますが、すぐに壊れるでしょうね。しかし、国産のものは高すぎますしね、その割には長持ちしないことが分かってしまった。また歩数計に戻るんでしょうか?
Watch2
こんなものでもメーカー希望小売価格25,580円と付いていますし、レビューもいい加減なちょうちんレビューばかりで全く信用出来ませんでしたね。

皆様呉々もお気を付けて。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

ウナギ

昨日のウナギは蒲焼きにして、小さく切り温かいご飯に混ぜ込んだウナギ飯にしてもらいました。美味しかったですよ。
Unagi1
さてこれは、ウナギの養殖池の餌籠です。ウナギがびっしり架かっていますが、ウナギは特定の時期以外はあまり泳ぐ魚ではありません。餌を食べ終わるとどこかで休んでいるのが普通です。良く言われる「鰻の寝床」ですね。養殖ウナギは警戒心が少ないので、穴に潜らずに楽なところに架かって休みます。もちろん塩ビパイプなどを切って入れておけば、その中には必ず入って休みます。

この餌籠での架かり方も、健康なときとそうでないときの架かり方は違いますので、業者さんは健康チェックのバロメーターにしています。この架かり方は非常に健康状態が良いときの架かり方ですね。鰓病などが出ているときは、もっと架かり方が乱雑です。
Unagi2
ここの養殖業者さん、ちょっと訳があって入院中なので、日中暇なときに覗きに来て、私が健康チェックをしているというわけです。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

シラスウナギ豊漁

今年はいつになくシラスウナギが豊漁なんだそうです。養殖業者の池入れ価格も、五分の一から六分の一まで下がったようですね。高く入れた方々が大損かと言うと、そうでもなく昨年のしらすが不漁でたくさん入っていないため、土用丑までに売ることが出来れば、高値で売ることが出来るでしょう。
Eel3_20200313094801
逆に昨年のウナギを土用丑近辺まで持ち越すと「二歳」と言うことで買ってくれなくなる恐れがありますから、今、昨年のウナギを持っている方は五月までに何とか片付けてしまわなければいけません。

そんなわけで、鰻屋さんから電話がありいただくことになりました。
Eel2_20200313095101
これはもう特大サイズですね、3Pというやつです。生のウナギで三尾で1kgあるということです。
さっそく、白焼きでいただきましたが外はパリッと中はフワフワで、本当に美味しい。
Eel1_20200313095301
一人前半分で上等です。今夜は蒲焼きでいただきましょう。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

ニギス

先日facebookを見ていたら、以前ここへ良く来ていただいた「越後屋さん」が大府の元気の里でニギスを買ってきて、塩焼きにしたら美味しかったと書いてありました。

その翌日、偶然さかな村でも新鮮で大きなニギスが出ていたので買ってきました。越後屋さんには「塩煮」も美味しいですよ。とコメントしたのですが、塩煮や丸で鍋に入れるには、内臓を出す必要はありませんが
Nigisu1_20200312080501
腹鰭だけを取っておくと食べやすいです。
Nigisu2_20200312080601
銀の爪で根元まで引っ張り、むしってしまいます。
Nigisu3_20200312080801
また新しいと鱗が気になる場合がありますので、水洗いしながら指や爪でこすって取ってしまいましょう。

今回は鍋と塩煮でいただきましたが、煮すぎるとバラバラになりやすいですから、火が通ったらすぐいただきます。今は産卵期なのか卵や精巣が発達していますので美味しいです。

日曜日に元気の里へ行ってきましたが、この半分くらいで500円でしたから、倍くらいの値段ですね。テナント料が高いのでしょう。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

サトウガイ2

サトウガイの学名はScapharca satowi DUNKERだそうです。属名にサトウが出てきます。明治時代、東京に居たイギリスの外交官アーネスト佐藤さんのことだそうです。その方の名前が二枚貝に付いた経緯までは書いてありませんね、手元の図鑑にも載っていません。
Satougai_20200311072001
調理して、まな板に打ち付けると、せり上がるように硬直します。新鮮な証ですが残酷と言えば残酷です。

味は素晴らしいですね、色が写真ではきれいですが実際には赤貝より薄く感じました。

二枚貝の旬ですからね、美味しいはずです。

4つしかないのが残念、女房が帰る前だったので全部食べてしまおうかと思ったのですが、半分ずつしました。食い物の恨みは恐ろしいですからね~。

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

サトウガイ

サトウガイなんだそうです。

Satougai
アカガイと比べると白っぽいですが、放射肋がアカガイより少ないとか、興味のある方はぼうずこんにゃくさんのサイトをご覧下さい。

なんでもアカガイよりは外洋に棲息するそうですが、日本人って偉いですよね~アカガイとサトウガイを区別して、採取しているんですから。英語ならArkshellかBloodyclamで済ませちゃう所です。まあそれだけ、日本人が海洋民族で狩猟より漁業を重要視していたと言うことですね。

前にも言ったかもしれませんが、鱧はその昔・・・・半世紀以上も前だと思いますが、学会では1種類と思われていたんだそうです。しかし、漁師さんの間ではスズハモってのが存在していて、今ではその2種が認定されていますね。

食べ方はアカガイと同じだと言いますから、今夜食べてみますね。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

カウントダウン2

昨日、4,000回のカウントダウンと言いましたが、孫からテレビ電話があり「結婚記念日おめでとう」とお祝いの言葉をもらいました。「明日じゃないのか?」と言ったのですが、確かに三月七日。結婚記念日に間違いありません。それこそ、うん十年前のことです。

夕方は長女の家でたこ焼きパーティーだというので、お呼ばれに行ってきました。

我が家か二女の家に集まることが多いので、長女の家の孫たちが寂しい思いをしていたと言うことです。

やはり何事にも平等に扱ってあげなければいけませんね。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

カウントダウン

ブログを始めて十ウン年、調べてみると今まで3,995の記事を書いているようです。平成6年からですから、4月になると丸14年になるわけですか。何事にも飽きっぽい私にしては珍しいことです。

カウントダウンしなければいけませんね。これが3,996かな?

| | コメント (0)

めかぶ美味しい

ののちんがめかぶが好きなので、取りにおいでと行ったのですが、お互い忙しいのでなかなかあげられませんでした。

この子は本当に魚や海藻などの魚介類が好きです。見ていて面白くなるほどです。
Nonochin
他のおかずも、ブリの照り焼きかな?私が上げたものではありませんが・・・

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

しめ鯖

例によって碧南の魚屋さんに寄ったところ、大きなマサバが売られていました。1尾650円だそうで、はいはいおじさんの所では1,000円位します。
Simesaba1
リモコン二つ分位あります。最近、孫たちがしめ鯖を食べるようになったので、今回もしめ鯖を作りました。孫の一番大きい子が7才ですから、ちょっと早くないかな?ただ、大きな鯖はほとんどが冷凍で運搬されるので、アニサキスの心配はないでしょう。それでも、念入りにチェックして腹を削ぎます。
Simesaba2
1時間塩をしても、水分がこれだけしか出てこない、ということは脂がのっている証拠です。こういった鯖は酢も利きにくいので、同じく1時間締めました。
Simesaba3
生が好きな方は、酢から揚げてから2~3時間でいただきます。少し締まった方が良い方は揚げたまま翌日まで待った方が良いかもしれません。

孫たちが喜んで食べてくれましたよ。

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

新型コロナウィルス騒動

トイレットペーパーの次は食料品がないんだそうです、しかも米とかカップ麺。良い機会だから、インスタント食品なんか食わないで、可愛い子供に一生懸命ご飯作ってやれば良いのに。え?仕事でその時間がない?私、今パソコンに向かっていますが、鯖の頭でダシを取って鍋にします。休日に作ったワカメの茎の佃煮、イワシの梅煮。スマホをいじっている暇があるなら少しは動かなきゃね~非常時なんだから。

毎日、感染の専門家や大学病院の先生が、いろんなことを言ってます。マスクだって、効果があるとかないとかバラバラ。

アベさんの一斉休校にもあちこちから批判が、急すぎるとか突然とか、いや災害は急に起こるんです、突然に起こるんです。番組では北海道や千葉県市川市の例も挙げて、批判していますが、それらの地域は今回の通達を受けてではなく、独自に判断したことだと思います。強制的に休校をさせざるを得なくなるより前もって、そのような事態にならないようにというのが今回の措置だったのではないでしょうか、政府の一番の失敗はそこではなく、中国人の入国を非常時にもかかわらず忖度して停めなかったことにつきます。

野党のクラリオンガールがまたヒステリックな顔で出ていますが、町中の庶民ならともかくいやしくも国会議員ですから、対案を示すべきでしょう。学校の休校を止めて、中国からの入国をストップしろとかね。言えないよね、中国大好きだから。
Corona
これはイタリア北部の措置だそうですよ。病院も閉鎖、感染者は家にこもって治るのを待つしかなし。日本だって酷くなればこうするより仕方ないんです。病院だって、受付不可能になるはずですからね。

日本は甘すぎるし、好きなことを言い過ぎる。

それよりも、肝心なことは陰性になった大阪のバスガイドが再び陽性になったこと。再感染したか、体内にウィルスが残っていて再び活発化したか、だそうです。ってことは、抗体ができてないってこと?抗体が出来てない、意味がないって事は、この先、ワクチンが意味がなく使えないって事ですよね。そう言えば、検査方法だけ報道していて、ワクチンの開発ってあまり聞かないもんね。この先、風邪と同じように普通の病気名なるんだね。

| | コメント (1)

2020年3月 2日 (月)

ひな祭り

昨日は長女一家が二女の家に行き、ひな祭りのパーティーだとかでついでに行ってきました。ただ一緒に夕食を食べるだけです。
Hinamaturi
あり合わせのものを持ち寄って、早めに集まって早めに会食、早めに解散です。不要不急な集まりは止めましょう、という昨今ですが外食に行くよりずっと安全。私はマグロの刺身としめ鯖を持って行ったのですが、小さな子どもたちが沢山食べてくれました。

| | コメント (2)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »