« サトウガイ | トップページ | ニギス »

2020年3月11日 (水)

サトウガイ2

サトウガイの学名はScapharca satowi DUNKERだそうです。属名にサトウが出てきます。明治時代、東京に居たイギリスの外交官アーネスト佐藤さんのことだそうです。その方の名前が二枚貝に付いた経緯までは書いてありませんね、手元の図鑑にも載っていません。
Satougai_20200311072001
調理して、まな板に打ち付けると、せり上がるように硬直します。新鮮な証ですが残酷と言えば残酷です。

味は素晴らしいですね、色が写真ではきれいですが実際には赤貝より薄く感じました。

二枚貝の旬ですからね、美味しいはずです。

4つしかないのが残念、女房が帰る前だったので全部食べてしまおうかと思ったのですが、半分ずつしました。食い物の恨みは恐ろしいですからね~。

|

« サトウガイ | トップページ | ニギス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトウガイ | トップページ | ニギス »