« 梅雨明け | トップページ | イカの刺身 »

2020年8月 7日 (金)

鰻ボーン手抜きバージョン

先日、このブログでは恒例の鰻BBQに招待されたので行ってきました。このBBQは鰻だけを好きなだけ食べて下さい、という主催者のありがたいお志で、次から次へと主催者が開く鰻を私たちが、炭火焼きするものです。ですから、タレをはじめ。ニンニク味噌、バジルソース、ネギや岩塩などあらゆる調味料が揃っています。そして、帰りには長白焼きのお土産付きです。

そこで今回、骨を取っておいていただき、家に帰ってこんがり焼いてから、タレの中に入れ煮込みました。そう、タレ丼用の特製ダレを作ったのです。

旨味と脂をタレに移動した骨たちはお役御免でレッコ(船の中では捨てることを意味します)ですが、食い意地が張っている私は、これをもう一度干して、鰻ボーンを作ってみようと思ったわけです。
Born1
これが干し上がった骨ですね。タレが付いているので、ここから焼き上げるには焦がさないようにしなければいけません。
Born2
これが再度焼いた、出来上がり状態。焦げているように見えますが、これ以下ではパリパリになりません。これはやはり、最初の下ごしらえが拙い、つまり鰻ボーン=骨せんべいを作る際は、たわしやブラシで極力骨をこすって、筋肉部分を落としてから、最初に干して、その後オーブンで焼かなければいけないのです。まあこれでも食べられないわけではありませんから、油焼けしないうちに少しずついただきましょう。

|

« 梅雨明け | トップページ | イカの刺身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け | トップページ | イカの刺身 »