« キマダラカメムシ | トップページ | シマアジ? »

2020年9月22日 (火)

カラスウリとキカラスウリ

一か月くらい前のこと、キカラスウリは一色町でいくらでも咲いているので、久し振りにカラスウリのあの繊細な花を見たくて、いつものフィールドへ行ってみました。

いつもよりかなり早く出て、五時前に現場に着いたのですが、もう花は萎れていてあの繊細なレースのような花は見られませんでした。キカラスウリなら、早朝でなくても8時くらいまでは、花が開いていますが何とも繊細ともはかなげともいう言葉とはかけ離れているので、あまり魅力は感じません。

そこで昔の写真を探すために、このブログをひっくり返したところ、2007年に実家の掛川で写真を撮っていました。その時の苦労も書いてあります。
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d54f.html

この時の教訓があったためか、今回も懐中電灯は持参しました。

しかし、記録によると夜の8時半らしいです。

私は今回、夕方6時くらいに行けば撮影できるかもしれないと思っていたのですが、ちょっと無理ですね。

子供のころ見た記憶があるのは、台所の明かりで外の木に絡まって咲いている花を見たのでしょうね。

ただ、その時の画像はなくなってしまっているので、このブログで確認していただくしかありません。実に美しくも繊細な花だと思いませんか?

|

« キマダラカメムシ | トップページ | シマアジ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キマダラカメムシ | トップページ | シマアジ? »