« ノゲイトウ | トップページ | 大根の即席漬け »

2020年10月25日 (日)

噴飯もの

時々ネットに出てくる、噴飯ものの話ですが、社民党(旧社会党)が絶滅危惧種だと言われて久しいですが、どうも最近それが現実味を帯びてきているようですね。これ、フェイクではないと思いますよ、あの方ならこう思っていてこう発言して当然だと思います。

久し振りにネットで見つけたから、保存しとかなきゃね。

福島みずほ「ですから、日本はスイスのような平和中立国を目指すべきなんです。」
田原「スイスは国民皆兵制で、一般家庭に自動小銃が有る国だよ。」
福島「いえ、例えばスウェーデンみたいな中立国もあるわけですし…」
田原「スウェーデンはナチに協力して中立を守った国だし、今では武器輸出大国だよ。」
福島「えーと、ベルギーのように歴史的に中立を貫いた国もあるんです。」
田原「ベルギーみたいに何度も外国軍に蹂躙されてもいい?」
福島「え~?でも~、侵略するより侵略される方がイイですし~…」
田原 「有事立法というのは、どこかがもし攻めて来たらどうするのか、
   どう対応するのかという法案ですよ。
社民党はこんな物いらないって言う訳?」
福島 「戦争の為の法律は要らないと思います。」
田原 「そうじゃない、どこかが攻めて来た時のために…」
福島 「いや戦争の為の法律ですよ。」
田原 「ちょっと待って、じゃぁもしどこかが攻めて来たら、殺されりゃぁ良いっていう話し? 降伏する?」
福島 「うーん…、戦争が起きないように努力する事が、政治の責任じゃないですか~」
田原 「いやだから、日本が戦争する気は全く無いでしょ、今でもない!」
福島 「ただですねぇ有事法制はそんな単純な法律ではない訳ですよ。
   米軍の活動を円滑にしたり、国民保護法制という名でいろんな人の権利を制限する…」
田原 「ちょっと待ってよ、
   敵が攻めて来た時にね、国民の人権自由とかでどこ動いて行っても良いですよ。
   とはならないし、そりゃ規制もしますよ、当然。」
解説者 「福島さんじゃあね、万が一攻められた時に、
   社民党は国民をどうやって守るのかという具体的な案が無いじゃないですか? どうするんですか?」
福島 「うーん、ただ…例えば…非核構想をやるとかですね…」
田原 「ちょっと待って! つまり敵が攻めて来るなんて事は有りえない!
   こんな夢みたいな事を自民党は言って、どんどん日本を軍国主義化してると、こういう事?」
福島 「…そうですね、私は北朝鮮などを仮想敵国にしながら、
   どんどんどんどん軍事国家の道を歩んでいると思います。」
田原 「北朝鮮と仲良くするんだって…」
福島 「そうです。そういう努力が必要だと思います。」
田原 「っとなると社民党いらなくなっちゃうよ」
福島 「ぃやそんな事は無いですよ、だって憲法9条を改憲したいと言うのが今強く出ていて」
解説者 「あの福島さんね、僕は社民党に頑張ってもらいたいと思う。でもとてもついていけない…」
福島 「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども人権はある訳ですし、
   犯人には傷一つ付けてはいけない。
   たとえ凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」
田原 「そんな事して、警察官が殺されたら?」
福島 「それは警察官の職務ですし~」
   (「ええっ~」と言う驚きの声が怒濤のように スタジオ中に響き渡る) 
   その声にまずいと思ったか福島が続ける。
福島 「それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する必要は無いと思うんですよ、
   逃がしても良い訳ですし~」
田原 「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」
福島 「それはそれで別の問題ですし~」
   この人、日本や日本人を守るっていう発想が全くないんだなあ

何回読んでも面白い。

|

« ノゲイトウ | トップページ | 大根の即席漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノゲイトウ | トップページ | 大根の即席漬け »