« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月31日 (木)

大晦日

テレビやラジオで散々数年に一度の寒波だと脅かされたので、ビクビクしていたのですが4時前の外気温2度、雪も積もっておらず安全に仕事に行ってきました。一色町に近づくと、やや車は多いものの例年のように到着が著しく遅くなるような混雑ではありません。ただし、市場近くには近寄ってはいけません。

お客さんのところで仕事が終わったら、牡蠣を少し持って行ってくれと言われたのでありがたくいただいてきました。
12311
毎年、この時期に浦村の牡蠣をいただくのですが、今年は兵庫県室津産と書いてあります。調べてみると兵庫県のたつの市という瀬戸内海に面した場所のようですね。何でも魚屋さんに頼んだら、浦村のものより身入りが良いので仕入れを変えたとか、帰って一つ開けてみると、確かにしっかり身が入ってグリコーゲンたっぷりです。
12313
味ももちろん上々、今夜が楽しみになりました。

これに味をしめたわけではありませんが、他のところで海苔をいただき、またもう一カ所でたこ焼きをいただきました。
12312
相変わらず頂き物で暮らしていますが頂き物で年を越すことになりそうです。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

ビンナガマグロ2

ビンナガマグロはとても美味しかったです。クロマグロの大トロよりもあっさりとした脂がのっています。
Tuna3_20201230083401
薄く切ってあるので、筋もそんなに気になりません。

さてきょうは、朝から雨なので歩きにも行けず、松前漬けを漬けようと人参の千切りを作り、熱湯にくぐらせたのですがそれがなかなか乾きません。数の子の塩抜きは出来ていますし、昆布もスルメも切った、調味液もアルコールを飛ばして、あとは混ぜるだけです。今日中には出来るでしょう。

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

ビンナガマグロ

今朝はマグロのブロックを買いに、市場へ行ってきました。

冷凍のキハダマグロをスワカネさんで買ったら、『ビンチョウマグロ』と書かれた、生(解凍かもしれません)がありましたので、今夜の肴に買ってきました。
Tuna1_20201229164101
あまり大きくならないマグロで、本来刺身にすることは少ないですが、腹の部分は脂がのっていて『ビントロ』として、刺身で食べることもありますね。小さいので、皮下の血管に血液が溜まっているのが目立ちます。爪楊枝とティッシュで血液を拭い、切り分けますが筋が密なので切りにくいです。
Tuna2_20201229164401
脂はよくのっています、実はまだ食べてないんですよね。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

年の瀬

今朝は月曜日でもあるし、まだ本格的な年の瀬の買い出しはないようでしたね。船は出ていませんので、近海の魚はなく送りの浮き魚が並んでいる魚屋さんが多かったですが、送りの荷を扱わない魚屋さんもまだおせち料理戦線は明日からでしょうか。

それでも、蒲鉾はいつものお店で購入、やはり蒲鉾は美味しいものが良いですね、高いと言ってもしれたものですし、正月にうどん粉臭いふわふわの蒲鉾は食べたくありません、食感のしっかりした蒲鉾は雑煮に入れても美味しいです。

マグロのブロックも欲しいのですが、まだスワカネさんにも出ていませんでした。カニも、高いのか5kgのカナダ産はありませんでしたので、3kgのものを買って、すぐ近くのお客さんが持っている冷凍庫に入れさせてもらいました。我が家がカニを食べるのは1月2日ですから、大晦日に出しておかなければいけませんが。

松前漬けは30日に仕事を休んで漬け込みますが、前に言ったとおり昆布とスルメは切ってあり、調味液は沸騰させてアルコールを飛ばしてありますから、後は人参を切って熱湯にくぐらせ調味液に浸けるだけです。
005_20201228172501
例の即席漬けは毎日のように作っていますから、正月用ではありません。今回のものはいつもの野菜に、セロリとパクチーを入れたもの。冷凍鷹の爪を2本入れたもの、これが実に良いアクセントになり、素人には辛いくらいですから、途中で鷹の爪を探して排除しておかなければいけません。

後は何を作りましょうか?

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

碧州

西尾市に本社を置く『相生ユニビオ』の作る、いわゆる地ウィスキーです。以前から、このメーカーが作るウィスキーがあることは知っていましたし、一度いただいたこともありますが、最近はあまり見かけなくなっていました。
003_20201227163401
名前は『碧州』。本社は西尾市ですが、このウィスキーを製造しているのが、碧南市だからでしょうか、この地区は旧碧海郡と呼ばれていましたから、その名前を付けたのかもしれません。

長期樽熟成させたカナディアンウィスキーとスコッチモルト(12年樽熟成)・アイラモルト(5年樽熟成)等を厳選し、当社碧南蒸留所にて独自ブレンドした”愛知県発”本格派ブレンデッドウィスキー。だそうです。

昔の日本のウィスキーは水割りを作るのが、目的で色が濃く作ってありましたが、これはスコッチなどと同じく非常に薄い色をしています。
002_20201227164701
味は残念ながらアイラモルトの癖はあまり出ていませんが、あっさりとしたカナディアンウィスキーの風味が一番よく出ているのではないでしょうか。価格はどこで買っても3,000円前後ではないでしょうか。地元の人間としては一度は飲んでみなければいけませんね。

金曜日に魚兼さんにマグロを買いに行ったら、マグロがなくてメアジが売っていました。いつも、碧南の魚屋さんに出ているメアジが気になっていましたが、この箱を見て漁獲地が分かりました。
001_20201227165201
三重県の阿田和というところらしいです、調べてみると南牟婁郡御浜町にある魚屋さんのようですね。熊野と新宮の間ですが、ここには漁港がないので、この近辺の巻き網漁船が漁獲したものでしょう。

残念ながら、あまり美味しくはないので買っては来ませんでした。

阿田和

| | コメント (2)

2020年12月26日 (土)

徘徊

あまり早朝ではありませんが、徘徊してきました。

今朝の徘徊コースには二軒のパン屋さんがあり、良い匂いをさせていました。特に、例の美味しい食パンを売っているパン屋さんは、ミルクの甘い香りが漂っていました。しかし、開店している日中は以前と比べてお客さんが少ないですね、やはり私の言うとおり、甘いパンは飽きが来るのが早いのではないでしょうか、一度食べたときに美味しいね~でお終い、毎日食べようとは思いませんからね、特にサラダやシチューとともに食べるなんて事はあまりピッタリではありません。
Asa3_20201226091901
これは以前も紹介したかもしれませんが、同じ市内にあるパン屋さんの実に固いパンです。これが実に味があって美味しいし、前述のおかずと共に食べるには実にピッタリで、我が家の孫たちもトマトの炒め物をパンに付けて食べてくれます。
Asa4
下に見えるチーズが入ったものは、今回初めて買ってみましたが、表面にスイカかカボチャの種がまぶしてありますね。上のものは我が家では定番のクルミ入りのパンです。両方とも、オリーブオイルにもピッタリですし、カレーにも合いますね。

我が家からは少し遠いのですが、定期的に食べたくなるパンです。

Asa1_20201226093301
隣町の養鰻場横の道が私の徘徊コースですので、通ってきましたがまだシラスウナギは入っていないようでした。水車が回っていませんから、分かります。またシラスウナギが高いのかな?昨年は今頃キログラム当たり300万円を超えるという話がありましたからね、鰻屋さんも大変です。
Dsc_1604
刈谷の街が少し明るくなってきました、夜明け前確かにこの時間が一番温度が低いですね。手袋をしていても、指の先が痛いです。

少し歩いて、例の無人販売でシイタケを買って帰りました。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

お休み

きょうは水曜日なので、一色のさかな村はお休み。さかな村の近くの自動販売機にお茶を買いに行ったら、Tカンパニーの社長とお会いした。社長は久しぶりだね〜と言い、その後黙ったので、私が死んだと思ったんじゃないの?と聞いたら、それに近い噂をしていた。とか。

なんやかんやと、取り留めのない話をしていたら、向いの深谷さんのマーちゃんがシャッターを開けて出てきた。マーちゃんとは久しぶりではないので、通常の挨拶だが、「からっぽさん、明日は休みだでね。」とおっしゃる。えーなんでー?と言う私に「クリスマスだから」との答え。

要約すれば、クリスマスはチキンだビーフだと肉は売れるが、魚は売れない。しかも、漁師の若い子はクリスマスを楽しみたい。との事らしい。確かに世の流れだよね。

マーちゃんはウチは寿司屋とか割烹の客より、洋風料理のきゃくが多いからやりたいんだけどね。と言ってました。

| | コメント (2)

2020年12月22日 (火)

もう一カ所

facebookには書いたんですが、このツルウメモドキは蔓性の木ですから、当然しっかりした木に巻き付いて、上へ上へと成長していきます。植物としてはごくごく当たり前のことです。

したがって植物の数自体は沢山ありますが、観察しやすい場所は限られてきます。前述の場所は道沿いの低い木に巻き付いて、比較的大きくなったものなので、観察は実にしやすく実の付き方も豊富でゴージャスでした。

実はもう一カ所、観察しやすく実付きの良い場所があって楽しみにしていました。
Turu5
ここも西側が開けた場所で、大きな木に巻き付いて上に伸びていますが、それが垂れ下がって風情がありますね。葉が一枚ずつ落ちて、真っ赤な実を見せてくれるのを楽しみにしていたのですが、先日行ったときに
Turu1

巻き付いた木が根元から切り倒されていたのです、おそらく生け花などに使うためツルウメモドキを採る目的だったと思われます。ただ、こんなことをすれば来年からこの美しさを楽しむことが出来ません。
Turu2
ツルウメモドキの木も根元から切られていますので、他の木に伸びた部分も枯れてしまっています。

世の中には馬鹿なやつがいますね、
Turu3
採取する時期が良くないので、葉が不自然に枯れあまり美しくはありません。しかも、一番コンディションの良かったこの枝は残ってしまったのですからね。

人間も鳥も楽しみにしていたものを、個人的な欲望で台無しにしてしまった、本当に情けないやつです。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

ツルウメモドキ完成

昨日昼前に先日のツルウメモドキの観察に行ってきました。早朝の、感度を上げた撮影では解像度が悪すぎて不満だったからですが、昼間撮影したとて腕前が上がるわけではありません。
Bird3
はまた解像度を落としているので、とてもきれいとは言えませんね。

さてこの遠景、小鳥が一羽隠れているのがお分かりでしょうか?
Bird2
これがアップしてトリミングしたものです。
Bird 
ホウジロかと思ったら、ホウアカなんだそうです。

 

 

 



| | コメント (1)

2020年12月19日 (土)

知多牛

私、あまり肉というものを食べないと言っていますが、嫌いなわけではありません。今はコロナ禍で行けませんが、年に何回か焼き肉を食べに行くこともあります。ただ、何故か家ではほとんど食べないので、食卓に上ることも非常に少ないです。

先日お客さんのところで、こんなものをいただきました。
Miso1
 にんにく味噌だそうです。辛口と甘口があるようで両方いただいてきました。
パッケージに焼き肉の写真があり美味しそうです。

翌日、東浦イオンに用事があって出かけたら、テナントで肉屋さんがありますよね、そこに美味しそうな牛肉がありましたので買ってきました。知多牛のネクタイという部位だと表示してあります。
Meat1
これだけで200グラム、1,280円のところ200円引きとも書いてありました。高いのか安いのか分かりませんが、頭の中はにんにく味噌に洗脳されていますので買ってきました。

まずイタリアンハーブをたっぷり振りかけ、塩はその中に少量入っているので特に使いません。味噌の味もありますしね。
Dsc_1571
フライパンで焼いて、オイルは最近凝っているマカダミアオイルです。レタスの上にのせ、辛口のにんにく味噌を巻いていただきました。

これがとても美味しい、早速、いただいたお客さんに写真を送りました。
Meat3
付け合わせは、クレソンと肉を焼いた残りの油で焼いたエリンギです。

| | コメント (2)

2020年12月18日 (金)

年末

二日ばかり雪が降っていたので早朝徘徊はなしでした。遭難してどこかで死んでたということになったら、ちょっとシャレにはなりませんしね。今朝は風も少なかったので、ちょっと刈谷駅まで歩いてきました。正確には刈谷駅周辺といったところで、もちろんセントラルパークも2周ばかり歩いてきました。

例のホームレスの方々三名はご健在でしたが、雪の朝も乗り切ったのでしょうね。暑いのも寒いのも腹の減るのも苦手な私では、とても無理です。

カメラは持っているのですが、特に面白い題材はありません。
Hekuso
ヘクソカズラの枯れた実、シャリンバイの上で密生しています。こんなもの写真に撮る人間はいないよね。

松前漬けの下ごしらえ、一番時間のかかるスルメと昆布の千切りをやっておきました。我が家では三軒分なので、昨年のレシピを覗いてみると

昆布 150グラム

スルメ 240グラム

人参 三本

数の子 適量これはお好みですからどうなりますか?

醤油 400CC

酒  400CC

みりん300CC

ですね、昨年は干し貝柱も入れましたが、今年はどうしましょうか。

お正月用なら、もう少し年末ギリギリに作らなければいけません。
Matumae
十時から孫二人を歯医者の定期検診に連れて行き、今も隣で遊んでいます。

来週はちょっと忙しくなるので、土日は真面目に歩きましょうか。

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

リンゴ

きょうは寒いですねぇ~白いものがちらほらしていました、明日の朝は雪が積もっているかもしれません。一応、タイヤはスタッドレスタイヤに交換してきましたが、今日出勤したので明日の危険な日の出勤はありません。今日は火曜日なので、さかな村も開いていて良い魚を期待したのですが、やはりこの天気では無理でしたね。シャッターが閉まっている魚屋さんが多かったです。
Apple
昨日、信州からリンゴが届きましてね、早速いただきましたがこれがまた本当に美味しい、蜜と呼ばれるソルビトールがたっぷり。このソルビトール自体が甘いのではありませんが、これがたくさん入っているリンゴは甘くて美味しいのだそうです。しかし、流通のことを考えてもスーパーマーケットで売っているものもあまり変わらないと思うのですが、これは本当にジューシーで美味しい、単にイメージだけかとも思いますが、いやいややはり違うと思いますよ。

孫たちも一人前に食べるようになりましたので、これは大助かり昨夜早速、触れを出しました。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

鬼滅の刃

もう社会現象になっていますから、皆様ご存知でしょうが『鬼滅の刃』が大ヒットして、あちこちを賑わわしているようです。

我が家でも、特に一人が鬼滅の刃が大好きでキャラクターのまねをしたり、名前を連呼したりでビックリですね。
Kimetu1
これは竈門禰豆子の真似をして、竹(のつもり)を咥えているところ。この頃はまだ三歳なのに、登場人物はほとんど覚えていましたね、小さい子供ですから漢字としてではなく、耳で聞いた音として覚えていくのですね、ですからフルネームで覚えます。時として間違いはありますが、「柱」だからね、という声も聞こえます。最強の剣士何人かが柱と呼ばれているという意味です。

時として、好きなキャラクターが変わるのも面白く、つい先日までは誕生日のケーキは禰豆子が良い、と言っていましたので
Kimetu4
禰豆子のケーキを作ってもらったようです。ケーキ屋さんも大変ですね、このようなリクエストに応えていかなければいけないのですから。
Kimetu3
ほぼ一瞬で消えて行くもので、個人的なものなので著作権に触れるかどうかは知りませんが、今年は要望が多かったのではないでしょうか、尚それなりの料金は取られるようです。

昨日は絵を描いていましてね
Kimetu2
チコちゃんかと思ったら、『カナヲだよ』とのことです。しつこく聞くと叱られるので調べてみると『栗花落カナヲ』という女剣士だとか、

https://dic.pixiv.net/a/%E6%A0%97%E8%8A%B1%E8%90%BD%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B2

読み方は『つゆりかなを』だそうです。顔や姿は似ていませんが、手本なしの空で描くにしては髪飾りや剣、胸元のマントを留める飾りなど特徴は捉えています。

| | コメント (0)

12月14日

きょうは吉良さんの命日ですね、華蔵寺では盛大な法要が営まれていることでしょう。

先週の一週間前の土曜日に、足首を痛めて2~3日動きがとれず、当然ウォーキングも出来なかったのですが、やっと良くなってきたので今朝は歩いてきました。年寄りの冷や水と笑っている方もお有りと思います。

あまり無理をせずに半分くらいにしておいたら、と前日言われたのですが、10,000歩強歩いてきました。

途中、ご無沙汰の野菜無人販売所でシイタケと里芋を購入、里芋は親芋混じりではないかというようなものでしたが、100円なのでダメ元で買ってきました。
Ume
川沿いのツルウメモドキはきれいに実をはじかせていました。別に珍しい植物ではなく、鳥があちこちに広げていきますが、この木は雄と雌があり、当然雌しか実がなりません。手近なところでこのように鑑賞したり写真を撮ったり出来るところは案外少ない物です。

まあ世間では秋から冬の紅葉がもてはやされていますが、紅葉だけが季節の移ろいではなく、もみじだけが紅葉ではありません。
Ume2
このようなイタドリも寒くなってくるときれいに色づいてきますね。小さな孫たちにもこのような事を教えて、風流を楽しんでもらいたいのですが、会う機会も少しずつ少なくなってきますから難しいです。

| | コメント (1)

2020年12月13日 (日)

ハマグリ

桑名の国産ハマグリをたくさんいただきましてね、個数にすれば50個近くあったんでしょうか。
Shell1
二人だけだから沢山食べられませんし、冷凍すれば固くなってしまいますので、みんなに招集をかけ食べてもらうことにしました。

酒蒸ししてから、バターと醤油を入れた、塩バター焼きですね。

Shell2
とにかく出汁がよく出ていますが、小さな子供は一人を除いてあまり喜びませんでした。ちょっと固いこともありますが、この濃厚な味に慣れていないんでしょうね。

翌日はパスタになりましたが、これは美味い。おそらくお店の味に勝るでしょうね。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

暇なので

当然時間は余っていますから、年賀状の進行も早い。

もう引退ですから、少しずつ少なくするのが普通です。ただ、終活、終活と何でもかんでも止めてしまうのは逆効果だと思いませんか、年を取ってそれでなくても世間との接点が希薄になっていくのですから、ボケ防止のために繋がりは残しておくべきだと思いますね。このコロナ禍、直接会うのがだめならメール、ライン、手紙、これらで頭を働かせればボケもゆっくりになるでしょう。
Gajou
年賀状は私たち老夫婦の分と何故かお客さんの分、これは一軒何年も私がやっています。もちろん無償ですよ、しかも年賀状も私が買ってきて、印刷して持って行きはがき代をいただくという不思議な図式。ですから、住所録も我が家のパソコンに入っている始末です。

我が家の分の私的な物は孫に登場してもらっています、まだ小さいので文句も言われずに作っていますが、今に拒否されるんでしょうね。

 

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

隠退生活

三ヶ月ほど週一回しか仕事に行かずに、隠退生活をしています。さぞかし、暇を持て余しているとお思いでしょうが、いろいろやることがありましてね、なんとか退屈せずに過ごしています。一番は早朝ウォーキングですが、家の片付けや片付けた物を市の清掃センターに持って行ったり、買い物に行ったり、女房の歯医者の送迎なんて仕事も仰せつかっています。しかし、一番の仕事は料理ですね、買い物に行って野菜を切ったりする下ごしらえから、味付けまでやっていると時間はすぐ経ってしまいます。主婦の皆様には敬意を表したいと思っています。

我が家の女房は隣町の、児童に関する施設にパートで行っています。つまり今我が家では稼ぎ頭ですから『ヒモ』のような私は何かと貢献しなければいけません。女房が仕事に行くときは「頑張って稼いできてね」と送り出しています。
Chikin_20201211155601

昨日は鶏鍋です、つくねは軟骨を細かく切って食感を良くしてあります、『やげん』と呼ばれる軟骨はフードプロセッサーではあまり細かく切れないので、包丁で小さく切っていきます、まな板の上で叩いて細かくしようとすると、台所のあちこちに飛び散って、後片付けが大変になりますから、手で持ちながら細かく切ります。ネギのみじん切りと、ショウガを少々、塩こしょうで味付けして出来上がり。

鶏肉は骨付きのぶつ切りがあれば良いのですが、この地区ではないので骨なしのもも肉です。これはイタリアンハーブと少量の塩で1時間ぐらい前にしっかりまぶして、グリルで焼いてから鍋にします。特に理由はないのですが、この方が美味しいと思ったからです。

このだし汁は翌日の昼、ラーメンの汁にすると抜群に美味しいですよ。

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

アクセス地域ランキング

1位:山形県
2位:宮崎県
3位:三重県
4位:愛媛県
5位:愛知県
6位:岐阜県
7位:長野県
8位:兵庫県
9位:広島県
10位:北海道

だそうです。ちょっと信じられませんね。

これが、一日なのか一週間なのか一ヶ月なのかは不明です。山形県、一度も行ったことがありませんが私の憧れの地です。藤沢周平さんの世界ですよね。コロナがなかったら、きっと今年くらいに行って美味しいものを食べながら、歩き回っているでしょう。

宮崎県、三重県は一度は住んだところです。あちこち観光しましたし、美味しいものも知っています。愛媛県は仕事でも観光でも行ったことがあります。ここも美味しいものもありますし、焼き物もありますね。

愛知県、岐阜県、長野県は以前からアクセスしてくれる方が多い地域ですし、私もよく知っています。

地域ランキング面白いから時々見ているんですよ、皆さん、コメントもお願いします。

| | コメント (2)

私にとっては年に何度かの、鰻バーベキューでした。

以前から言っているように、焼く物は鰻しかありません、ひたすら鰻を焼いて、各種調味料でいただきお土産にまた焼いた鰻をいただいてくるという鰻好きにとっては堪えられない企画。主催はもちろん、養鰻業者の方です。

参加資格は、なんらかでこの養鰻業者に貢献している人間、ということです。私は何の貢献をしているかというと、まあ特にないのですが強いていえば話し相手になっている。ということでしょうか。

食べ放題といっても、歳が歳ですしそんなには食べられません。特大サイズ(3P)一匹分くらいでしょうか。今回はもちろん塩焼き、ニンニク味噌、タレ、・・・ご飯はおにぎりしかありませんから、これも焼いてタレをつけた鰻といただきました。
Eel_20201209171601
家に帰ってから、晩酌の肴はもちろん塩焼きです。女房はタレをまぶした蒲焼きで、鰻ご飯を食べていました。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

久しぶり

今朝は久しぶりに一色さかな村へ行ってきました。実はここ2~3ヶ月水曜日に出勤していたので、市場が休みだったのです。あちこちの魚屋さんで、「久しぶりだね~」と言う声を聞きまして、なんとか生きてましたと返して、ぐるっと回ったのですが、申し訳ない、いろいろ高すぎて手が出ません。
Sakana2
 タコが一杯4,000円ってこれ、どんな値段だよ。確かに正月が近いから、正月用に冷凍しておけ!って事かな。しかし、きょうは火曜日だよ、写真はないけど生きた小さなウツボが1,000円?結局何も買わずに帰ってきました。
Sakana1
数日前に例の碧南の怖い魚屋さんにマアジを買いに行ったら、マアジがなくこのメアジをやむなく買ってきました。これ、最近近海で採れるんでしょうかね~?もっと小さなものは食べたことがありますが、割と大きめです。

評価としては、この時期だけかもしれませんが、やめた方が良いですね。

第一に細かい鱗がびっしりと生えていて、調理がしにくい。
第二は脂がほとんどのってないので、物足りません。私、以前アジやカツオは脂がのっていなくても好きだと書きましたが、ちょっと論外ですね。ですから、オリーブオイルを使うカルパッチョにしてみました。残りはやはり油を使うアジフライですが、これでも物足りないと思い、とろけるチーズを挟んで揚げてもらったほどです。

しかし、一色さかな村は残念です。昔の思い出に生きなければいけませんね~。しかし、それでもユーチューバーが活躍して盛り立ててくれることでしょう。(最近全然、youtubeからのお知らせがないので、不明ですが)

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

漬物 続き

浅漬けの素は大量に使用する必要はありません、一緒にみりんを少量加えると減塩にもなりますし、甘くて美味しいです。

何度か上下を返していると野菜から水分が出てくるので、均等に漬け込むことが出来ます。
Daikon4
鷹の爪はかなり辛いので、途中で取り上げてしまう必要があるかもしれません。いずれにしても我が家のおちびさんたちは食べられませんので、心配いりませんが。

そういえば一人だけ昆布を拾い出して食べている子がいたな~・・・・・

| | コメント (0)

漬物

寒くなり冬野菜のシーズンになってきてから、毎日のように大根の漬物を食べています。

漬物と言っても本格的な物ではなく、市販の浅漬けの素を使った物ですが、作り方次第でとても美味しく減塩で出来ます。

欠かせない食材は大根と人参、これは食感が大事ですので、切り方を工夫して下さい。
Daikon1_20201206110501
最初は二つともスライサーで、薄い輪切りにしていましたが最近は人参は千切りにするようにしています。理由は特にないのですが、仕事をやったように見えるから・・・・・大根に葉っぱがついていたら、根元の茎の部分だけ入れますが、これは筋があるから細かくした方が良いかもしれません。他にはお好みの野菜、冷蔵庫で余った野菜を追加すれば良いと思います。キュウリ、セロリ、赤カブなどですが、大きなカブはそれなりの食感だと思って下さい。
Daikon2_20201206111001
昆布は欠かせませんね、特に加工することなくはさみで千切りにすれば良いです。
Daikon3_20201206111201
 三枚目の写真には、スルメも入っています、確かに美味しいですが松前漬けのようにはいかず、水分でふやけてしまいます。今作った物にはキャベツも入れてあります、白菜も美味しいですが茎の部分が良いですね、柔らかい葉の部分は最後にぎゅっと絞らなければいけません。

大体1時間くらい汁に浸けて、その後ざるで汁を切ります。浸けている間は時々、上下を返した方が均等に浸かります。

薬味は入れた方が良いですね、鷹の爪は水分がある間に入れ、七味やすりごまは水分を切ってから入れます。そうそう、ブラックペッパーも挽き入れると良い風味です。

ブロッコリーやカリフラワーも面白そうですね。

| | コメント (2)

2020年12月 5日 (土)

ウチワサボテン

その橋の下を住居としているホームレスさんのすぐ近くの河川敷には、あまりその辺では見かけない帰化植物が繁殖しています。
River1
キバナコスモス、昔から花壇で栽培されているのは見かけますが、帰化植物として広く繁殖しているのは見たことがありません。ここではここ一帯に広く繁殖しています。ただ、コンクリートで覆われているので、その隙間に限られていますが。

そして、そのすぐ近くにこのウチワサボテンも繁殖しています。
River2
ウチワサボテンは南北アメリカの、暖かい地域の植物ですから冬を越すような地域では広く繁殖するのは、北の方の限界だと思われます。
River3
しかし、花が咲いた痕跡もあります。種子で増えるかどうかは分かりませんが、この冬は近くのホームレスさんと同様に観察してみたいと思います。

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

ホームレス考

刈谷市にも、ご多分に漏れずホームレスの方々がいらっしゃいます。

秋になって自然観察があまり出来なくなってくると、どうしても人間観察や社会観察の方に目が向いてしまいます。このホームレスの方は、私が知っている限りでは市役所近くのセントラルパーク(大仰な名前がついていますが、正式な名前のようです)に二人、健康センターの入り口に一人、亀城公園に一人もしくは二人、ある川の橋の下に一人確認しています。

言っておきますが、私はこのホームレスの方々を差別したり、嘲笑するつもりは全くありません。むしろ自由で誰に遠慮もいらない世界はうらやましいくらいで、時々彼らを眺めながら、自分ならどのようなところに住処を構えるか想像してしまいます。それは子供の頃、山や草原に隠れ家を作って漫画やおもちゃを持ち込んで遊んだその発想です。

しかし、秋も深まって寒くなってくると彼らの生活は大変でしょうね、昔のように火を焚いて暖を取ることは、住民の目が光っていますのでまず出来ません。同じように、トイレもあちこちで垂れ流ししていればすぐに通報されてしまうでしょう。

従って、彼らも田舎より町場の方が何かと都合が良いのです。しかし、昔は定宿だった駅は今は全く無理ですね、良く早朝に刈谷駅構内を歩くのですが、一人も見かけません。

前述のセントラルパークには、東屋が二つあり
Home2
それにそれぞれホームレスの方が縄張りを持っていて暮らしているようです。水もトイレも近くにありますので、普通の生活には不自由ありません?このトイレと、水ってのが田舎住まいではなく町場住まいの一番重要なアイテムでしょうね。こちらの東屋は今回お留守でしたが、以前、自転車を置いたまま居なかったことがあり、気にしていたらどこからかふらふらと帰ってきて、その手にはスポーツ新聞とコンビニコーヒーがありましたから、やはり町場暮らしでないとホームレス生活は成り立ちません。

彼らにしてみれば私のようなウォーキングを見れば、無駄にカロリーを消費している馬鹿者だと思うでしょうね。しかし、昨日もう一人の東屋の住人は朝の洗濯を終え、自転車にタオルを干した後、フラフラと公園内を歩き出しましたからビックリしました。想像ですが、寒かったのではないでしょうか。

そしてほとんどの方が、朝は早いですね夜明け前に起きています。寒くて寝られないのかもしれませんが・・・・・東屋というのは屋根はありますが壁はありませんからね、これから北風が強くなると大変です。しかし、一番の驚きはこの方々ほとんどが喫煙者です。朝起きて、起き抜けの一服をやり始めます。つまり立派な納税者だという事になります。しかし、現金収入の源は全く分かりませんし、少し前のコロナ給付金は貰えたのか?謎は深まるばかりです。

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

鰺ご飯(準備編)

鮎ご飯は小さな孫のため、塩焼きにして米と一緒に炊き、その後鮎だけを取りだして骨をきれいに取り除きました。内臓はすでに取り出してあるので、それについては気にする必要はありません。過保護とお思いでしょうが、魚嫌いになってほしくないので、小さいときは仕方ありません。ただ、一番大きいゆずや、その妹ののちんは塩焼きや、煮魚をきれいに骨を出して食べますから、まず魚が美味しい食べ物だと十分認識するのが大切だと考えています。

まあそれを踏まえて、丸のままの鰺の旨味を残さずご飯に入れ、しかも骨を残さないやり方を考えました。まず、鰺を三枚に下ろして、腹骨や小骨を全て取り除きます。頭とカマは半分に切っておきます。

それらを軽く塩水に浸け干します。
Aji1_20201203101801
アラと骨はじっくり干しますが、身は半日ほど干して軽く水分を飛ばします。
Aji2_20201203102001

身は二尾分(4枚)ずつ冷凍して保管しておきます。
Aji3_20201203102101

アラと骨は焦がさないようにオーブンで焼き、もう一度干しておきます。
Aji4_20201203102301
これも三等分して(つまり三回やろうという魂胆)冷凍しておきます。

これで準備終了、あとは本番日にアラと昆布でだしを取り、そのだしでご飯を炊きます。焼いた鰺をもちろん乗せてからですが。

炊き上がったら、しっかりかき混ぜ鰺をご飯に絡めて、できあがりですが、この報告はまた後日ですね。

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

ココログ

私のブログはniftyのココログを使用しています。他のところは知らないので、満足不満足は分かりませんが、容量が大きいのは気に入っています。

さて、先ほど、前の記事を書こうとココログのトップページにアクセスしたら、私のブログが紹介されていました。
Mikawawan
会員のブログを順番に紹介しているのでしょうね、「今日のおすすめは?三河の市場で手に入れたお魚でクッキング、旬の魚や珍しい魚も登場します」と紹介されています。

元々、仲間が居ないブログでしたから相互リンクなどを張らずにやってきました。アクセス数を誇る気持ちはなく、ただの備忘録ですからね。それが長続きのこつだったのかも知れません。

| | コメント (1)

刺身

先日、仕事場に長良川の天然鮎の冷凍物が置いてあるのを思い出したので持ち帰り、鮎飯を作ったらとても美味しくでき、孫たちがお替わりをして食べてくれました。その写真は撮れなかったのですが、良いヒントになりましたので、次は鰺飯を作ってみようと思います。
Fish1_20201202170601
と言うわけで月曜日に碧南の魚屋さんに行ってきました。この鰺は加工用に保存しておくつもりなので、マグロの刺身も買ってきました。
Fish2_20201202170801
以前言ったように、ここのマグロの刺身は冷凍したまま切りますので、ドリップがそのまま刺身の中に残っていて、噛むと水分が出て美味しくありません。そこで買ってきたらすぐに厚手のキッチンペーパーに挟んで、ゆっくり解凍し、水分をペーパーに吸わせると良い、と書きました。一晩ゆっくり解凍すると、これだけのドリップが出てきますので、通常ならこれも腹の中に収まることになります。

しかし、これを箸でさらに並べるためつまむと、さらに水分がじわっと出てきます。食べた食感も、吸わせないよりましですが、まだ今一です。

何か重しを乗せて強制的に水分を押し出してしまわなければいけないのでしょうか。またはこの刺身は諦めて、もう少し違う物を探した方が良いのか・・・・・

鰺についてはまた続きます。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

蕎麦

隣町の大府市にあるげんきの郷はJAの運営する産直所です。かなり大きくて有名なので、市内だけでなく三河地方や名古屋からも買い出しに来ていて、爺婆で賑わっています。我が家も時々買い出しに行くと報告しましたが、時々面白いものがあるのでついつい買ってしまいます。
Soba1_20201201103701
この日は蕎麦があったので衝動買い、蕎麦は好きなものですからついつい手が出てしまいますね~。値段も見ていません。しかし、いざ食べる段になって女房が「これ開田高原産だね」とつぶやいた。

私、開田高原の蕎麦に良い印象がないんですよね、以前このブログでも書きました。2016年の10月3日ですから、4年前です。本当にひどい蕎麦でしたね、いえ開田高原、信州蕎麦が悪いんじゃないんです、ここの蕎麦屋が酷すぎた、店名を書いておくべきでしたかね、開田高原、信州蕎麦の否定をしてしまったようで、これなら店名を書くべきだったかと・・・・・

Soba2_20201201105001
げんきの郷に辛み大根が売っていたので、買ってきて辛み大根蕎麦にしてみました。

辛み大根、やはりこの辺の気候ではあまり辛くなりませんね。多少の風味はありましたが魚の刺身に使うには物足りません。

肝心の蕎麦はどうかって?

いや~実にもちもちした食感の蕎麦でしたよ、え?蕎麦にもちもちって?そんな蕎麦でした。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »