« ココログ | トップページ | ホームレス考 »

2020年12月 3日 (木)

鰺ご飯(準備編)

鮎ご飯は小さな孫のため、塩焼きにして米と一緒に炊き、その後鮎だけを取りだして骨をきれいに取り除きました。内臓はすでに取り出してあるので、それについては気にする必要はありません。過保護とお思いでしょうが、魚嫌いになってほしくないので、小さいときは仕方ありません。ただ、一番大きいゆずや、その妹ののちんは塩焼きや、煮魚をきれいに骨を出して食べますから、まず魚が美味しい食べ物だと十分認識するのが大切だと考えています。

まあそれを踏まえて、丸のままの鰺の旨味を残さずご飯に入れ、しかも骨を残さないやり方を考えました。まず、鰺を三枚に下ろして、腹骨や小骨を全て取り除きます。頭とカマは半分に切っておきます。

それらを軽く塩水に浸け干します。
Aji1_20201203101801
アラと骨はじっくり干しますが、身は半日ほど干して軽く水分を飛ばします。
Aji2_20201203102001

身は二尾分(4枚)ずつ冷凍して保管しておきます。
Aji3_20201203102101

アラと骨は焦がさないようにオーブンで焼き、もう一度干しておきます。
Aji4_20201203102301
これも三等分して(つまり三回やろうという魂胆)冷凍しておきます。

これで準備終了、あとは本番日にアラと昆布でだしを取り、そのだしでご飯を炊きます。焼いた鰺をもちろん乗せてからですが。

炊き上がったら、しっかりかき混ぜ鰺をご飯に絡めて、できあがりですが、この報告はまた後日ですね。

|

« ココログ | トップページ | ホームレス考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ココログ | トップページ | ホームレス考 »