« ピンノ | トップページ | きくらげ卵 »

2021年2月 2日 (火)

ハシビロガモ

吉良の海岸を散歩していたら、砂浜にハシビロガモの小さな群れが居ました。
Hasibiro1
あまり海では見たことがなく今は使われていない鰻の路地池で時々見かけます。

雄がきれいなので、遠くからでも気がつきますね。沖の泳いでいるカモはスズガモだと思います。これは海で比較的大きな群れを作ります。

ハシビロガモは大きなくちばしが特徴で、雌も羽の色がやや地味ですがくちばしは大きいですから気がつきます。先日孫と行った東浦町の池でもカモが居たので写真を撮ってきて、パソコンで確認したところハシビロガモの雌でした。
Hasibiro2
近寄ったわけではありませんが、カメラを構えると沖の方へ泳ぎ出します。比較的警戒心の強いカモです。

写真が小さいので、トリミングしてお見せしましょう。
Hasibiro3

このカモは水面のプランクトンを大きなくちばしで漉し取って食べるのだそうです。そう言えば、昔鴨撃ちの漁師がカモを撃って持ち帰るときに、ミジンコのようなものが口からさらさらと流れ落ちたと言っていましたから、ハシビロガモを獲ったのかもしれません。

|

« ピンノ | トップページ | きくらげ卵 »

コメント

漁師ではなく猟師ですね。

投稿: からっぽ親父 | 2021年2月 4日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンノ | トップページ | きくらげ卵 »