« 節分 | トップページ | クロガネモチ »

2021年2月 5日 (金)

カラスウリ

何回もご披露したカラスウリですが、先日、西尾市の山でも発見して採取してきました。実はこのカラスウリ、まだ中身がしっかりしていましてね、部屋の中に持ち込むと温度が高いのでカビが生えてきてしまいます。今回のものは、外に出しておいて乾燥したら種だけ取り出そうと思ったのですが、表面が少し怪しくなってきたので種を取り出すことにしました。
Karasu1
半分に割ってみますと、やはり中はねっとりと成熟状態、パッションフルーツを思い出して思わず口に入れたくなります。毒はないと思いますが美味しいとは思えませんね。

よく洗って、ティッシュペーパーで表面を拭うと、とてもきれいなつやが出てきます。
Karasu2_20210204092601
形が面白く、打ち出の小槌のように見えるため財布に入れておくとお金が貯まるという縁起物になっているとか。私も入れておきましょうかね。この黒いつやは乾燥すれば消えてしまうと思いますが、それにしてもきれいです。手元のシャーレに入れてありますが、チョコレートの粒のようです。

さて目的はカラスウリの花を手軽に観賞するためですから、ネットでカラスウリの栽培を検索すると秋に種をまくと書かれているサイトがありましたので、昨年秋に採取してきた東浦のものはもうポットに種を植えてあります。
Karasu3
もちろんまだ発芽していませんが、こちらの三河産カラスウリも種を植えてみたいと思います。

|

« 節分 | トップページ | クロガネモチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分 | トップページ | クロガネモチ »