« 手紙 | トップページ | 山口産マアジ »

2022年5月28日 (土)

カツオの続き

先日の半身800円で買ってきたカツオですが、結局醤油に浸けたものは翌日、手こね寿司になりましたし、血合い部分は煮付けにしました。

さらに醤油漬けのものが残りましたので、かつお茶漬けにしていただきましたが、これも美味しかったです。
Katuotyaduke

茶漬けと言っても、お茶ではなく昆布でダシを取ったものです。本当は三つ葉を採ってくれば良かったのですが、悪天候であきらめましたので、ネギだけですが、ついでに塩昆布ものせてあります。ワサビを少量溶かしていただきました。

鰹の薬味ってのは、地方や個人で好みが分かれるところですが、たいていはショウガですよね。ワサビを使う方もいますし、ニンニクを好む方もいます。昔の知り合いは大根おろしをたっぷり使っていました。

池波正太郎さんの時代劇、藤枝の梅安さんでしたか、溶き辛子で食べていたような表現がありましたが、この辛子というのはおでんなどに使う和辛子なんでしょうか?一度やってみたいのですが、食べる前に思いつかないので、忘れてしまいますね。

鯛茶漬けも美味いけど、鰹茶漬けも美味い!

| |

« 手紙 | トップページ | 山口産マアジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手紙 | トップページ | 山口産マアジ »