« アルゼンチンアカエビ | トップページ | ツクツクボウシ »

2023年8月15日 (火)

台風7号

台風7号は今朝5時前に紀伊半島に上陸したようです。この地区は思ったより西にそれたので、今のところ大きな風も強い雨もありません。
Morning1

それどころか、4時前は全く雨が降っていなかったので徘徊老人は出かける支度をして、4時少しずぎに恐る恐る出かけてしまいました。小雨が体に当たるのが気持ちが良いくらいです。しかし、10分も歩かないうちに風雨が強くなりびっしょりになってきて、徘徊断念。家に帰ることになりました。

一昨日の徘徊では、また面白いものを発見しました。
Taranoki1

刈谷豊田総合病院まで歩き、さて帰ろうかと小学校の横を通ったところ、見覚えがある木がフェンスの横に植えられていました。右上に見える建物が刈谷豊田総合病院です。私も検査で何度かお世話になった総合病院です。
Taranoki3

この木は何かと言いますと、『タラノキ』ですね。そうそう、山菜の王様と言われるあのタラノキです。何故このような小学校にタラノキが植えられているのでしょうか?しかもフェンスの外ですからね、意味が分かりません。もちろん外とは言え、小学校の敷地内ですから春になって新芽を採ることは出来ません。近年、タラの芽が美味しいこともありあちこちの畑で、品種改良されたタラノキが植えられているのを確認しています。誰かがタラの芽を食べるために意図的に植樹したものなんでしょうか?
Taranoki2

前述のように、品種改良されたタラノキなら特有の密生する棘はないか、明らかに少ないのですが、ここのタラノキは野生の株に間違いありません。この棘があるために「トリトマラズ」とか「ヘビノボラズ」と言われているのですから。

タラノキってのはフロンティア樹木でしてね、山を開墾したり崩したりした山肌に最初に生えくる樹木の一つです。しかし、周りに大きな植物が増えて日陰になると、勢いがなくなってしまいますね、あまり大木にはなりませんからね。

| |

« アルゼンチンアカエビ | トップページ | ツクツクボウシ »

コメント

ネットで調べてみると、棘が少ない野生種が「メダラ」と呼ばれて栽培主となって普及していると書かれています。栽培管理には棘はない方が都合が良いですからね。

ただ品種改良も続けられているようですね。

投稿: からっぽ親父 | 2023年8月15日 (火) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルゼンチンアカエビ | トップページ | ツクツクボウシ »