« タケノコのシーズン | トップページ | 早朝徘徊 »

2024年4月14日 (日)

続・タケノコの季節

と言っていたら、あちこちからタケノコの話が出てきて、婆様が職場でいただくわ、兄が掛川から送ってくるわで、我が家はタケノコづくし。

昨日は今週2回目のボランティアに出掛けましたが、それに合わせるように「タケノコ要りますか~?」との連絡が入りました。この方は三ヶ根山の近くにタケノコ山を持っていて、シーズンには山のようにタケノコを下さいます。

「少しで良いからね」と連絡をしておいたら、大きタケノコが5本入っていました。もちろん米糠も忘れずに入っています、この辺がこの地区のタケノコを他人にあげるときのマナーです。農協などの精米所で「ご自由にどうぞ」と置かれている米糠は、争奪が激しくあっという間になくなってしまうからです。

そして昨日は、さかな村へも寄って何か仕入れていこうかとも思ったのですが、途中の国道がさかな村へ行く車で混み始めてしまったので、あきらめてタケノコだけになりました。

帰宅してから、適度な大きさに切りそろえて、アク抜きをしました。
Takenoko_20240414102801

もう一通り食べているんですが、また色々作って貰おうかと思っています。

二女の家にも上げたら、青椒肉絲を作ったようです。

| |

« タケノコのシーズン | トップページ | 早朝徘徊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タケノコのシーズン | トップページ | 早朝徘徊 »