« 隣町の花壇・その後 | トップページ | facebook »

2024年5月16日 (木)

外国人嫌いではなく、怖いんです。

『ポツンと一軒家』という番組が面白いので、毎週録画して見ている。

その放映を見ているわけではないようだが、最近田舎の一軒家に強盗が相次いでいるとネットニュースで知った。

これも最近、アメリカの売電大統領が「日本は外国人嫌い」との発言があったと大きく報道された。正確には、移民を積極的に受け入れているからアメリカは経済的に発展して、受け入れ例ない日本を始め中国・ロシア・インドは受け入れを拒んでいるから経済的に失速している。と言う趣旨らしい。

待て待て、日本人は外国人を嫌っているわけではない、怖れているのである。上記の田舎の強盗事件(4県に渡ると推測される)で逮捕されたのは、ベトナム人の二人。新聞の三面記事や、地方版には毎週のように、外国人の窃盗や傷害事件が掲載されている。

アメリカって国は正当防衛の概念が発達しているので、家を間違えて訪れただけでも銃で撃ち殺されて、無罪って事がよく報道される。銃にしたって、かなり規制が緩い。

ところがどうだろうか、日本では銃そのものが一般家庭では所持できない、いや普通の人間は見たことも触ったこともないだろう。銃でないにしろ、外国人が家に押し入り、暴力を振るった際に家にあった包丁で、賊を殺してしまったら、間違いなく過剰防衛となってしまうことだろう。よしんば、判決で正当防衛が認められても、そこまでの裁判という長い道のり、若い人なら仕事もなくなってしまうし、老人なら疲れ果てて、過労死もあり得る。

だいたい最近の事件を見てみれば分かるけど、埼玉県のクルド人問題でも、大手の新聞やテレビは何も報道しない、下手をすれば行政だって、恐ろしくて手を出せない状態。

日本人はね・・・怖いんですよ・・・

売電さん、アメリカの歴史って分かって言っているのでしょうか?あんた達そのものが、移民者であり侵略者なんですよ。どれだけ多くの先住民を虐殺してきた結果が今のアメリカ合衆国ではないでしょうか。何十万人、何百万人の虐殺。そんな残虐な人種と同じように並べないで欲しいもんだね。

| |

« 隣町の花壇・その後 | トップページ | facebook »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣町の花壇・その後 | トップページ | facebook »