« 新仔鰻出荷 | トップページ | ネジバナの季節 »

2024年6月13日 (木)

シャッターチャンス

この時期、徘徊中には必ずアカメガシワの葉を観察しています。

運が良いと、葉の縁・・・葉脈の先端にアリが一匹ずつ停まっています。恐らく、先端から蜜が出ているものと思われます。葉柄のついた部分から蜜が出ているのはよく知られていて、朝早い時間には必ず二匹位のアリが蜜を舐めています。

この一つ一つの蜜腺にきれいにアリが留まっている姿を写真に撮りたいと、毎年あちこちのアカメガシワの葉を覗くのですが、ちょうど良い状態のアリさん達がいません、もしくはきれいに並んでいないのです。
003_20240613174901

この日は一色の今は使っていない鰻ハウスの縁に生えていたアカメガシワでアリさんが集まっていました。これはもう少し上の方にも来て欲しいですね。
001_20240613175001

これはもう少しでしょうか、アカメガシワのコンディションもあるでしょうし、時間もあるでしょうが実に難しいです。
002_20240613174901

一度大きいカメラを持って、真面目に探さなければいけませんね。

アカメガシワはどこでも生えている木ですから、皆さんも真面目に観察してみて下さい。葉柄の付く付近には必ず居ますから、お孫さんと一緒に観察すると喜ぶと思いますよ。

| |

« 新仔鰻出荷 | トップページ | ネジバナの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新仔鰻出荷 | トップページ | ネジバナの季節 »