2024年7月21日 (日)

だし

夏に恒例ですが、朝市の八百屋さんで新生姜を買いましたので、「だし」を作ってみました。
Yasai_20240721173201

ナスとトマトもいただきましたが、トマトは材料としては使いません。ナスは使います。

材料はキュウリ・ナス・新ショウガ・ミョウガ・大葉・胡麻・塩昆布を細かく切って、調味液に漬け込みます。野菜なら何を入れても良いのですが、前述のトマトは水分が多すぎて、合わないでしょうね。セロリなんかも良いかもしれません。

調味液は、醤油・味醂・日本酒・白だし・つゆの素を適当に混ぜ、沸騰させアルコールを飛ばしました。
Dashi

後は混ぜて保存するだけですが、いつ使っても良いです。そうそう、アクセントにタカノツメを切って入れてあります。

冷や奴に、そうめん、冷やしうどんに、ご飯に載せても美味しいです。

昼預かっていた、みちたんが冷やしうどんにかけて食べてくれましたが、何度もお代わりして嬉しかったですね。

もう一軒の孫、ゆずはご飯にかけて食べてくれたようです。暑い夏に、塩分の補給にはちょうど良いと思います。

あまり長時間は保ちません、発酵して酸っぱくなってしまうからですが、腐敗ではないので食べても構いません。また無酸素状態にしてはいけません。ショウガが入っているので、無酸素状態にするとボツリヌスが繁殖してしまいます。

 

| | | コメント (0)

2024年6月 2日 (日)

古希+1

マツコ・デラックスさんが広島でアナゴの刺身を食べ「たんぱくかと思ったらめっちゃ味濃い」とコメントしたらしいですね。

ウナギやアナゴは血液中に有毒なイクチオトキシン(今はイクチオヘモトキシンと言うらしいのでそちらにします)という毒素が含まれているので、生食は止めた方が良いです。ウナギの調理人がウナギを開いているときに、血液が飛んで目に入ると強烈な痛みがあり、直ぐに眼科医に駆けつけるそうですし、ウナギ養殖業者も、粘膜が目に入っただけで痛みと後に充血が激しくなるそうです。

デラックスさんは味が濃いと仰っていますが、それは恐らく勘違いでポン酢の味だったと思われます。

ウナギでも焼きが甘いと美味しくありません、しっかり焼くことがウナギ料理では肝要なのです。ですから、ウナギの調理は「焼き一生」という言葉で締められるのです。
Anagogohan

そのアナゴをご飯にしてみました。脂はほとんどのっていませんでしたが、だしはしっかり出ます。

昨日は私の誕生日でしてね、表題にあるように古希+1歳です。

長女一家が来るというので、頑張りました。なにしろ、婆様が居ないものですから、ある程度私が作らねばなりません。もちろん長女一家が焼き鳥を買ってきてくれるので、少しで良いのですがね・・・・・
Yakitori

アジは孫達が大好きなお刺身。トマトのサラダも喜んでくれました。デザートのサーティワンのアイスクリームがあるので、孫達はご飯を食べずにおにぎりにして持ち帰りました。もちろん、海苔の佃煮もたっぷりお土産にしました。この海苔の佃煮は、昆布と、アジの骨、オニオコゼの頭と骨で作られています。

そうそう、旅行用のTシャツをいただきました。

| | | コメント (0)

2024年5月20日 (月)

運動会

土曜日はゆず姉妹の運動会の日でした。

ここの小学校はライブ配信をしてくれるので、我が家に居ながら孫達の活躍が見られます。と言っても、色々手違いがあったりして、見られない場合が多いですけどね、ですから両親のスマホ動画が逐一送られてきて、歓声を上げていました。

まず三年生の妹ののちんの徒競走、この子はそそっかしいのですが、足が早いのでは定評があります。スタートしてから、すぐにトップに立ち、コーナーは余裕でキープ、最後は流していましたね。

姉のゆずはこれまた余裕のトップでゴール、両手を挙げてのゴールでした。

圧巻は、ののちんのリレーです。9番目の走者で、前に3人走っている4位でバトンを受け取り、全て抜き去って1位で次の走者にバトンタッチしました。残念ながら次の走者が抜かれてしまい、優勝は出来ませんでしたが、孫の走りっぷりにビックリ。
Aji1_20240520112101

ゆずとののちんの大好きなお刺身を作って、祝勝会をしました。
Aji2_20240520112201

子供の分はこちら。これ4人分ですがあっという間に食べてしまいました。アジは石川県産、色々協力しなきゃね。

| | | コメント (0)

2024年5月10日 (金)

おやつ

毎週二女の所の孫二人を習字の送り迎えしていますが、おやつに焼き芋を持って行くことはお伝えしました。児童クラブのおやつの時間はまだだからです。私が小さな頃も記憶がありますが、小学生の頃って異常にお腹が減るんですよね。ですから、この二人(みち&かぷ)は大喜びで食べてくれます。もちろん、その後の夕食も負けない食欲で食べてしまいます。

ですから、長女の所の孫二人(ゆず&この)は私が作るおやつを食べていないんです。

そこで、先週焼き芋を朝から焼いて、持って行ってあげました。
Sweetpoteto_20240510160801

芋はスーパーマーケットで買った茨城産の紅はるか小3本、表面を洗ってペーパータオルで包み、更にアルミフォイルで全体を包みます。昔ながらのオーブントースターで10時くらいから15分ずつ焼きます。15分しかタイマーがないからです。出力は300ワット。

タイマーが切れたら又焼き、を繰り返し、触ってみて少し柔らかくなったら、休憩。昼から又焼きます。別に意味は無いのですが、最後の仕事は熱々の方が上手く出来るからです。

焼き上がった芋を、手早く皮を剥き(熱い方が剥きやすい)容器に並べ、数ミリ角に切ったバターを載せていきます。

その後、これは初めての試みですが、パウダーシュガーをふりかけて出来上がり。パウダーシュガーは甘さの補給ではなく、単なる化粧ですね。砂糖を使わなくても十分に甘く出来上がっていると思います。私、味見をしないものですから良く分かりません。

| | | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

ポン酢

ミツカンミュージアムの中に自分だけのオリジナルポン酢の瓶を作るコーナーがありまして、やってきました。

200円でポン酢を購入し、プリクラのような写真を撮る場所で写真を撮る、なおこの写真は一回だけやり直しが出来ます。
Ajiopon

シールになっているので、瓶に貼ればオリジナルポン酢の出来上がり。我が家は孫達4人のポン酢です。

なおこのミツカンミュージアムはネットで予約が可能で、定員以外は入ることが出来ません、ですから混雑がなくてとても良い場所です。

時間はミニコースと全館コースがあり、所要時間は約2時間。大人300円子供100円の入館料が必要です。館内も外もとても爽やかな時間を過ごしてきました。

| | | コメント (0)

ミツカンミュージアム

半田市にある『ミツカンミュージアム』へ、誘われて行ってきました。もちろん初めてです。
Mitsukan1

半田市は知多半島の中東部にある市です。何度か来たことはありますが、今回のような観光できたのは初めて。運河沿いにある、ミツカンの工場とミュージアムはなかなか風情がある場所ですね。お馴染みのミツカンのマークが目印です。
Mitsukan2

ミツカンミュージアムはミツカン酢の江戸時代からの歴史と、ここの酢の製造方法を学ぶことが出来る施設で、とても大きくきれいな博物館です。大きな建物はミツカンの本社なんでしょうか?
Mitsukan4

高学年の孫達は興味のある場所では、しっかり聞いていたり質問もしてきますが、一番小さなカプチンはみんなで出掛けることが楽しいのです。

寿司はもちろん本物ではありません。

帰りは近くの回転寿司で夕食でした。

 

| | | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

マグロの子供

先日のこと、孫のゆずちゃんの誕生日会を開くというので、何が食べたいか聞いてみたところ「お刺身が食べたい」とのリクエストをいただきました。とは言え、いつものスーパーマーケットに行ってみなければ、どんな魚があるかさっぱり分かりませんので、開店と同時に行ってみました。

マアジやミズダコなど刺身になる魚はありましたが、一番面倒でない「長崎産 本メジ」ってやつにしました。大きさは全長で優に50cmを越えています。ちなみにメジとはクロマグロの幼魚のことです。ヨコワとも言いますが、これ長崎から北上して大きくなれば大間のマグロですからね。

ちょっともったいないですね、1尾3,000円でしたが、10人で食べるんですから安いものです。
Yokowa1_20240223170201

例によってドレスにしてもらいましたが、これは中落ちを自分で確保しようとする狙いでした。
Yokowa2_20240223170301

目論見は見事に成功しました、上手に中落ちを梳き取ることが出来ました。ここまでやれば、もう捨てても良いですね。
Yokowa3

身にもそこそこ脂がのっていましてね、美味しそうでした。

赤身の刺身は、鰹と同様タマネギが合いますので、新玉ねぎでケンを造り敷いたところ、大人は喜んでタマネギも食べてくれましたね。

Yokowa6

実は持って行ったのは、魚の四分の三。ボイルのホッキ貝がありましたので、盛り合わせにしましたが、大皿二つ出来ました。
Yokowa4

四分の一は翌日再び老夫婦の刺身定食となりました。また中落ちは漬けにして美味しくいただきました。
Yokowa5

| | | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

プリクラ

昨日は楽しい新年会でした、孫達が大きくなってしまったので、狭い我が家が益々狭くなってきてしまいました。
001_20240103154401

このようなお正月をあと何回迎えることが出来るんでしょうね。孫達もカニやローストビーフを沢山食べ、締めに三色ご飯でしたが、このご飯に載せたものだけが本マグロの漬けだったので好評でしたね。
002_20240103154901

最後には私の兄のところへテレビ電話をして、お爺さんの忍者とみんなで話をして、初笑いでした。
005_20240103155101

なにしろ、4百うん歳という設定らしく、白髪と白ヒゲを常に準備しているということがは流石に私の兄だと感心しました。
003_20240103155401

四人の孫のうち三人はそのまま泊まり、泊まらなかった一人の孫が朝食前に合流して、そのまま我が家で遊び、午前中にアピタに買い物。そして、女の子の大好きなプリクラで30分以上時間を潰しましたが、あれで500円なら安いものです。
004_20240103155601

みんなで金を割り勘にして、ワイワイガヤガヤと実に面白いですが、時間が掛かります。出来上がったプリクラも、公平に分けて(公平にはならないようですが)シール帳に貼るんでしょうね、実に面白い。

で、まだ4人共が我が家に居て遊んでいます。

| | | コメント (0)

2023年12月25日 (月)

鯖の干物

静岡に居た孫のゆずが保育園の頃、サヨリやニギスをカリカリに干して、送ったことがあります。母親はそれをしっかり焼いて、おやつ代わりに与えていたものです。
Saba1_20231225075601

それを思い出して、安く出ていた長崎産の鯖でカリカリ干物を作ってみました。ドレスの鯖を三枚におろし、醤油・味醂・酒の垂れにしばらく浸けておいてから、とりあえず干します。

切りやすくなったら、薄くそぎ切りにして更に干します。いつものスーパーマーケットで買った鯖なので、鮮度が今一。切るにも身崩れがしてテクニックが要ります。これでは締め鯖は到底無理ですね。

鯖の場合はおろしている最中に鮮度が判明してしまいますからね~。肋骨の部分も削ぎ落とさなくても、骨がバラバラ抜けてきてしまいます。

今の天候ですから直ぐに乾くし、傷む心配も要りませんね。
Saba2_20231225085101

食の好みってのは不思議ですね、長女の家の孫2人は魚が大好きで、こういった干物も積極的に食べてくれます。二女の所はあまり喜びませんね。これはやはり長女が魚好きで、二女は魚より生の貝やホヤが好きだったんですよね。

| |

2023年10月26日 (木)

規格外鰻2

フライも試してみました。当初天ぷらが良いかと思いましたが、ちょっと洋風にしてみたらどうなるかです。
Eel2_20231026155401

孫達の家の分もフライにして届けました。やはり揚げたてで熱いくらいの方が皮が柔らかくふわふわで美味しいようです。またソースよりも醤油と溶き芥子を使用した方が良いのは、和風色があるからでしょうか?
Eel_20231026155601

一部を白焼きにしてから、煮穴子の要領で煮てから巻き寿司にしてみましたが、これは絶品です。冷めても全く固くならずにふわふわの状態です。

卵焼きとキュウリを一緒に巻きましたが、これも良かったです。キュウリの代わりに大葉も良いかもしれませんし、刻んだ細ネギも良さそうです。孫のゆずちゃんが、「すい、上手に巻けました」とお褒めの動画を送ってくれました。

皆様もぜひ挑戦してみてください・・・・そんな材料はないか!

| |

より以前の記事一覧