2020年9月 7日 (月)

台風10号

九州全域にしてみれば最悪なコースを進行していきましたね。友人知人が九州に多いので心配していました。

二女が孫二人を連れた非難に来ましてね。いえ、自宅が危険なわけではないのです。単に母親がサボりたかっただけでしょう。

老人二人はそんな理由でも大歓迎です。今朝は二人を保育園まで送って行きました。年長のみちたんも妹のカプチンの教室まで送ったら、別れる時に3人に交代でハグをしましてね。なんだか不思議な気分。

聞くところによると、いつも母親が送ってくると月曜日には泣いてぐずるんだそうです。今朝はちょっとカッコつけたのかも。今から迎えにも行ってきます。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

エビ餃子

きょうは、懐かしいInternet Explorerで記事を書いてみました。上手くアップできるでしょうか。

 

冷凍庫にエビのむき身があるので、エビ餃子を作ってみようと思いつき他の材料を仕入れてきました。
Ebi1_20200904084101
これはクルマエビのブカ、エビだけで作るのではありません、豚のミンチを入れるとこくが出て美味しくなります。エビも半分を細かくして半分はぶつ切りにして、他の材料と混ぜ冷蔵庫に寝かせます。この辺の餃子を作る一連の作業は私は知りませんので、女房に任せました。
Ebi2_20200904084401
皮に包むのは、二人の孫を呼んでやらせました。何事も経験ですし、家でもやっているようです。

食べるのは、みんなの分まで出来ましたので、お裾分けです。
Ebi3
反省点としては、野菜と比べて動物質のエビと肉が多かったので、焼いたときに餃子が締まりすぎてしまったこと。もう少し野菜を多くしてふんわりと仕上げなければいけませんでした。
Ebi4
ただし中華風のスープで煮た餃子はとても美味しかったです。ダシは魚介類、昆布、干し椎茸で取ってみました。

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

リモート会議2

孫のみちたんの家でも母親が友人とリモート会議をやると言ったら、みちたん「私もやりたい。いもうと会議」と言ったとかで、大笑いしましたが、この歳になってのリモート会議、男ならではの悲しさがみんなの口から出てきます。
Michi_20200826175101

それは子育てに父親が参加しなかった、もしくは参加が足らなかったと子どもや奥さんになじられた事がかなりショックのようです。しかしね~あの年代の頃は、一生懸命働いて稼ぐことにみんな精一杯だったんですよね。同級生の二人は外国で活躍していたので、特に色々なことがあったようですし、水産関係の私やもう一人は、休日もなく朝早くから夜遅くまで働いて、家庭を顧みなかった。いえ決して顧みなかったわけではないのですがね、そう思われてしまう。

今の男性は優しいですからね、そのようなことは思われないかもしれませんが、仕事に家庭サービスにくたくただと思いますよ。

代の女性たちや子どもも少し理解してやっていただきたいものです。

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

山の日

月曜日の山の日に、孫を連れて山へ行ってきました。山と言っても、例の隣町ですから高いところでも標高20メートルあるかないかではないかな?
Yama1_20200813095201

途中、植物観察しながら、歩くのですが何しろ暑い。こまめな水分補給は欠かせません。

いつもの木にカブトムシを発見したのですが、おチビたちが一緒だとすぐに見せるわけにはいきません。まず、私が木の上から下まで、裏側もしっかり観察してスズメバチが居ないことを確認。
Yama2_20200813095901
カブトムシは雌雄5匹くらい居ましたが、クワガタは居ませんでした。
Yama3
こういった場所でよく見かける「サトキマダラヒカゲ」でしょうか?漢字で書けば「里黄斑日陰」でしょうね。西尾のいきものふれあいの里には「コムラサキ」がいたんですがね、ここには居ません。

カマキリが飛び乗ってきたり、短い時間でしたがとても面白かったです。
Yama4

 

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

おやつ

メヒカリの干物は孫たちのおやつとして喜んでくれたようです。
Himono1
魚のおやつは一番上のこの孫、ゆずには時々作って送っていたものです。さより、ニギスを三枚におろして、軽く塩水に浸けてから良く干してカチカチにします。その後焼くと、カルシウムたっぷり顎にも良いおやつになります。
Himono2
魚はイワシなどの浮き魚では脂が強すぎて、油焼けしてもいけませんので上記の魚が良いですね。
Himono3
時期的にも暑いと腐りやすいか、塩分を強くしないといけないので、今の時期まででしょうね。

今回の小さなメヒカリは250尾近くで400円ですから、値段の点でも合格です。ただし数が多いので面倒ですよ、でも孫が喜んでくれますからまた作ります。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

コロナ騒動

まだまだ治まりそうにありませんね、二女の子どもたちの行く保育園も、なるべく休んで欲しいようですが、両親が連休でない家庭ですから、我が家で預かることもしなければいけません。とは言え、ずっと狭い我が家に閉じ込めておく訳にもいかず、時々息抜きに公園に連れてきます。
Park
この間まで一人で滑り台に乗れなかった妹のかぷちんが滑ることが出来るようになりました。一方、姉のみちたんは滑り台の手すりを下から登っていきます。力が有り余っているのでしょうか?

帰りに散歩しながら、みちたんが花を摘み「この花なあに?」と聞いてきますので、この子にも教え始めました。

ナガミヒナゲシ
カタバミ
ムラサキカタバミ
オッタチカタバミ
アメリカフウロ
シロバナタンポポ
カラスノエンドウ
アメリカイヌホオズキ・・・・ナス科の植物は有毒なものがあるので、触らないように言っておきます。口に入れるほど幼くはありませんが念のためです。
Park2_20200503081401

全ては覚えていないと思いますが、興味を持ち始めたのは良いことです。

| | コメント (2)

2020年4月20日 (月)

ナナフシ

昨日いつものフィールドで、孫たちと遊んでいたら虫かごを持った親子連れと知り合いました。男の子と女の子の兄妹ですが、年頃は我が家と似たり寄ったり、話しかけて虫かごを見せてもらうと、一つにはカナヘビが2尾ばかり。もう一つには、ナナフシが入っているというのです。俄然興味がわいて、のぞき込むと、小さなおそらく孵化してそれほど経っていないナナフシが数尾入っています。複数一度に捕らえることができたということが、孵化からそれほど日数が経っていないという証拠かもしれません。

そのうちの一尾を、手渡してくれました。
Nanafushi3
小さな孫たちは無頓着ですが、7才と5才の孫は大喜びです。これくらいになると、指でつまんだりすることがナナフシにとって危険で有るということは理解出来るようで、手のひらの上で這わせながら観察していました。
Nanafushi2
まず最初の発見だけで、年寄りには無理だと思ってしまいますね。

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

シジミチョウ

昼食を摂ってから、退屈なのでいつものフィールドへ遊びに行ってきました。小さな所ですが、毎回新しい発見があって楽しいものです。
Michi
少し田んぼで花を撮影していたら、孫たちも合流したので一緒に散策しました。小学生にゆず以外は、まだ植物や鳥の名前を覚えようとする気はありませんので、花を摘んだり小川に流したり、しかし、そんなことでも家の中でじっとしているより健康的ですから、これからも誘って外に出たいと思います。
Shijimicho1
シジミチョウ、ベニシジミだと思いますが、ここで一番多く見られるシジミチョウです。幼虫の食草はスイバ、ギシギシ等だそうですが、確かにここには多く生えています。

またコナラの木も多いので、アカシジミもこれから見ることが出来るかもしれません。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

酒の肴

先日のミドリフサアンコウの干物はとても美味しく出来上がりましたが、丸のままですと焼き上がりを判断するのが難しかったです。
Fish1_20200415163401
 味は上々、変な癖もありませんし、やはり美味しい魚です。肝と頭だけで元を取っていますので、これはおまけのようなものです。

さてこれは何でしょう?ちょっと不気味なもののように思われるかもしれません。
Fish2_20200415163601
これはですね、先日食べたサヨリの腹に入っていた卵巣です。醤油にしばらく漬け込んで、オーブンで焼いてみました。とても美味しい酒の肴が出来ました。

調べてみますと、以前醤油漬けにしたものを生で食べたと書いてあります。
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-95ac.html

この時のカルシウム補給しなければいけないと書いたのは、孫のみちがお腹に居る二女でしょうか?

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

自然観察

昨年、一番上の孫ゆずを連れて私のいつものフィールドへ自然観察に行きましたが、コロナウィルス騒動で退屈しているだろうと、今年も誘ってみました。案の定すぐに乗ってくれましたが、妹のののちんも行きたいというので、二人連れて行ってきました。
Yama1
ウグイスの声を聞きながら、小さな池ではオオバンやカモの仲間を観察し、ツグミやジョウビタキの雄も観察できとてもラッキー。「ちょっとこい、ちょっとこい」というコジュケイの声も聞くことが出来ました。この辺にある花の名前は殆ど分かりますが、春とは言えまだそれほど多くが咲いてはいません。カンアオイももう終わりのようですが、どんな所にあるか見せてきました。タンポポの見分け方、ホトケノザは春の七草とは違うこと、雑木林の木も色々教えなければいけません。ネズミモチの名前に興味を持ったようです。

しばらくするとこの子たちの母親から電話があり、従姉妹のみちとカプチンも連れてくることになりました。

こうなると自然観察ではなく、単なる山遊びになってしまいましたが、まあそれも楽しいんでしょうね。
Yama2
ゆずはさすが小学生、すぐに色々覚えますが小さい子どもたちはまだまだ。野山ですから、一週間違えば違う動植物が見られるはずです。また4月になったら来ようねと約束して我が家で昼食を摂りました。

昨日、百円ショップでゆずのためにフィールドノート用の手帳を買ってきました。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧