2021年2月14日 (日)

デコポン

紀州白浜の友人から不知火という柑橘類が送られてきましてね、調べてみるとこれは『デコポン』なんだそうです。登録商標の関係で、デコポンと言って売るにはいろいろ制約があるのだとネット上に書いてあります。
Decopon1
さっそくみんなに分けていただこうと思いましたが、送り主が4~5日置いてから食べた方が美味しいと連絡があったので、日曜日くらいにいただこうと思っています。

この子はとてもお気に入りのようで、クッションを被ったデコポンをペット代わりにして遊んでいました。
Decopon2
そう言えば、先日も使い込んで細くなった白菜が可愛いと抱いていましたが、今回も上着の中に入れて可愛がっていました。

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

節分

今年の節分は2月2日だとかなり前からラジオで言っていましたので、当然コンビニやスーパーも宣伝がやかましかったですね。
Hutomaki5

節分に太巻きを食べるなんて風習は私の生まれた静岡では全く聞いたことがありませんでしたし、学生時代を過ごした九州でも聞いたことがありません。ですからどうでも良い風習で、買って来てまで食べるつもりはありませんが、家で作るとなるとそれはそれで協力しましょう。
Hutomaki1
マグロは暮れに正月よとして買ったものがありましたので、前日から解凍して細長く切り分け、づけにしておきました。
長女のところでは自分たちで巻くと言いましたので、この刺身と余った部分で作ったフレークを届けました。
Hutomaki2
まあ楽しんで作る事が有意義なことですから、一つの行事として定着していくのでしょうかね~。
Hutomaki3
マグロだけではなく卵や野菜などたっぷり入っていますから、一本食べればお腹いっぱいになるはずです。
Hutomaki4
こうやって食べれば、嫌いなものも隠れていますから全部食べてしまうでしょう。

しかし、肝心の豆まきは鬼が怖くて小さいながらに参ったようです。

 

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

孫と一緒に自然観察

昼から孫と一緒に東浦町に自然観察に行ってきました。

面白いのは半年以上前に教えたことをちゃんと覚えていることですね、オオバンという鳥も覚えていますし、ヒメオドリコソウもタンポポの判別方法も覚えていました。一度にいろいろ覚えなくても、一日に一つ覚えてくれれば良いと思っています。日当たりの良いところでは既に花丈の短いタンポポが花開いていましたが、全てセイヨウタンポポでした。こんなことも覚えてくれれば良いと思います。

ほとんどが枯れ野ですが、中に赤いカラスウリの実が目立ちます。
Higasi4
穴が空いていたので、採ってみると鳥が食べたのか空っぽ、種も全く残っていませんから食べられたのでしょうね。
Higasi3
 消化せずに糞と一緒に出てくるのでしょうか?
Higasi2
今日の目的、カンアオイの観察です。

『チタカンアオイ』というらしいですが、どうも大量に栽培されているようで、この周辺に沢山移植されています。通路に沿って見せようと考えたのかもしれませんが、もっと広範囲に違った場所にも移植した方が良いのでは???

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

暇なので

当然時間は余っていますから、年賀状の進行も早い。

もう引退ですから、少しずつ少なくするのが普通です。ただ、終活、終活と何でもかんでも止めてしまうのは逆効果だと思いませんか、年を取ってそれでなくても世間との接点が希薄になっていくのですから、ボケ防止のために繋がりは残しておくべきだと思いますね。このコロナ禍、直接会うのがだめならメール、ライン、手紙、これらで頭を働かせればボケもゆっくりになるでしょう。
Gajou
年賀状は私たち老夫婦の分と何故かお客さんの分、これは一軒何年も私がやっています。もちろん無償ですよ、しかも年賀状も私が買ってきて、印刷して持って行きはがき代をいただくという不思議な図式。ですから、住所録も我が家のパソコンに入っている始末です。

我が家の分の私的な物は孫に登場してもらっています、まだ小さいので文句も言われずに作っていますが、今に拒否されるんでしょうね。

 

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

一色さかな村

昨日は久し振りに一色さかな村へ行ってきました。単に寝ぼけただけだろうって?確かにそう言われても仕方ありません。

魅力のある魚はありませんでしたが、魚兼さんに小鯵が出ていたので、刺身用に買ってきました。最近、アジが我が家の流行ですね。
Fish1_20201118171801
30尾以上で300円でしたから、えらく安いのですがよく見るとこれはマアジではなくマルアジですね。安い訳です。

他に魚兼さんお得意のマグロの頭を指名して買ってきました、あまり大きくないので4戸個で400円と安かったです。解凍して、大きな身を取り出してから、骨を鍋で良く煮て、骨に付いた細かい身を取ります、それを醤油、味醂、酒、砂糖でフレークを作ろうとしたのですが、結局
Fish2_20201118172301
思ったより少なかったので、先に取り出した大きな身をフレークに追加しました。
Fish3_20201118172401
これ、孫が好きなんですよ。

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

紅葉

小張日和の一日、香嵐渓までは遠いので、近くの公園『ミササガパーク』へモミジバフウの紅葉狩りに行ってきました。

この公園はカナダのミササガ市と姉妹都市提携をした記念に作られたと聞きます。結構広い公園で、モミジバフウが沢山植えられていて、この時期とてもきれいに色づいてくれます。私は朝のウォーキングで一足早く楽しんでいましたので、みんなに知らせたところ昨日の日曜日、行ってみることにしたという訳です。
001_20201116162901
在来の紅葉より、金一に色づきますし、枯れて茶色くなる部分もありませんから、この方が平地ではきれいですね。あとナンキンハゼも同じような理由できれいです。
002_20201116163101
孫たちは、紅葉よりもみんな集まることが楽しいようで、落ち葉を拾ったり遊具で遊んだり、汗ばむような小張日和を十分に楽しみました。
003_20201116163301

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

エビ餃子

きょうは、懐かしいInternet Explorerで記事を書いてみました。上手くアップできるでしょうか。

 

冷凍庫にエビのむき身があるので、エビ餃子を作ってみようと思いつき他の材料を仕入れてきました。
Ebi1_20200904084101
これはクルマエビのブカ、エビだけで作るのではありません、豚のミンチを入れるとこくが出て美味しくなります。エビも半分を細かくして半分はぶつ切りにして、他の材料と混ぜ冷蔵庫に寝かせます。この辺の餃子を作る一連の作業は私は知りませんので、女房に任せました。
Ebi2_20200904084401
皮に包むのは、二人の孫を呼んでやらせました。何事も経験ですし、家でもやっているようです。

食べるのは、みんなの分まで出来ましたので、お裾分けです。
Ebi3
反省点としては、野菜と比べて動物質のエビと肉が多かったので、焼いたときに餃子が締まりすぎてしまったこと。もう少し野菜を多くしてふんわりと仕上げなければいけませんでした。
Ebi4
ただし中華風のスープで煮た餃子はとても美味しかったです。ダシは魚介類、昆布、干し椎茸で取ってみました。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

イカの刺身

以前は刺身用のイカが良く出てきました。小さな小イカ(ジンドウイカでしょうか)アカイカと呼ばれるケンサキイカ、ちょっと大型になるヤリイカ、イカの王様とも言えるアオリイカなど。しかし、最近はこのような刺身用のイカはほとんど出てきませんね。コウイカやカミナリイカなどは刺身用と言うより天ぷら用ですね。

例の碧南の魚屋さんに行ったら、アカイカ=ケンサキイカが沢山出ていましたので、刺身用に買ってきました。
Ika1_20200808162301
8ハイで1,000円ですから、それほど高くありません。柔らかくて美味しい刺身が出来上がります。

半分の4ハイを刺身にしました。ゲソは美味く処理して、これも刺身に。
Ika2_20200808161801
身の方は糸造りにして、大葉とショウガの新物を細かくし、混ぜてから薬味としていただきました。久しぶりだから美味しかったですね~。

残りの4ハイはいただき物の桃を取りに来た、ののちんにあげました。この子、イカの刺身も好きですからね~。

 

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

西尾万灯山

実際には登頂成功していないのですが、ブログを見ていたら二度ここに来ていたことが分かりました。

http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_fe38.html

これは2008年5月ですから、もう12年前です。

http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-b705.html

もう一回は翌年9月ですね。

振り返ってみると、やはりこの頃とは道が変わってしまっていますね。いきものふれあいの里から一度下に降りてしまって、もう一度登に入ったのが今回のコース。たいした距離ではありませんが、これではちょっときつい。帰りもありますからね。

次回は長円寺の方から上がってみましょうか。
Mandoyama
最近この子との写真が多い、我が道を行くののちん、爺ちゃんもうヘトヘトじゃん。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

西尾市いきものふれあいの里

昨日の午前中、家に帰ってシャワーを浴び朝食を食べていたら、孫のゆずから電話があり、西尾市の山まで出かけることになりました。当初、平原の滝まで行ってからそのまま西尾茶臼山に登るつもりでしたが、急遽変更。西尾市いきものふれあいの里まで行き万灯山に行くことになりました。4才のののちんがハードなところへいけないと危惧したわけです。

ところがどっこい、実はこのののちんが一番タフ。
Nisio1
一人で走って先に行き、又戻って一緒に行くという考えられないタフさを見せつけたのです。ただ濡れた山道は滑りやすく危険なので、はらはらしましたがね。
Nisio2

姉のゆずはマイペースですが、カエルやバッタばかり追いかけていました。ただ、私が昔、万灯山に行ったときと道が変わってしまって、かなり遠回りになっているようなので、帰りの体力も心配して、最後の山登りはやめて途中で引き返しました。

最後の山は見晴らしは良いのですが、結構急な道ですからね。

途中、水分の補給と梅干しで塩分補給は忘れませんでした。
Nisio3
酸っぱいねぇ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧