2021年2月 4日 (木)

節分

今年の節分は2月2日だとかなり前からラジオで言っていましたので、当然コンビニやスーパーも宣伝がやかましかったですね。
Hutomaki5

節分に太巻きを食べるなんて風習は私の生まれた静岡では全く聞いたことがありませんでしたし、学生時代を過ごした九州でも聞いたことがありません。ですからどうでも良い風習で、買って来てまで食べるつもりはありませんが、家で作るとなるとそれはそれで協力しましょう。
Hutomaki1
マグロは暮れに正月よとして買ったものがありましたので、前日から解凍して細長く切り分け、づけにしておきました。
長女のところでは自分たちで巻くと言いましたので、この刺身と余った部分で作ったフレークを届けました。
Hutomaki2
まあ楽しんで作る事が有意義なことですから、一つの行事として定着していくのでしょうかね~。
Hutomaki3
マグロだけではなく卵や野菜などたっぷり入っていますから、一本食べればお腹いっぱいになるはずです。
Hutomaki4
こうやって食べれば、嫌いなものも隠れていますから全部食べてしまうでしょう。

しかし、肝心の豆まきは鬼が怖くて小さいながらに参ったようです。

 

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

鬼滅の刃

もう社会現象になっていますから、皆様ご存知でしょうが『鬼滅の刃』が大ヒットして、あちこちを賑わわしているようです。

我が家でも、特に一人が鬼滅の刃が大好きでキャラクターのまねをしたり、名前を連呼したりでビックリですね。
Kimetu1
これは竈門禰豆子の真似をして、竹(のつもり)を咥えているところ。この頃はまだ三歳なのに、登場人物はほとんど覚えていましたね、小さい子供ですから漢字としてではなく、耳で聞いた音として覚えていくのですね、ですからフルネームで覚えます。時として間違いはありますが、「柱」だからね、という声も聞こえます。最強の剣士何人かが柱と呼ばれているという意味です。

時として、好きなキャラクターが変わるのも面白く、つい先日までは誕生日のケーキは禰豆子が良い、と言っていましたので
Kimetu4
禰豆子のケーキを作ってもらったようです。ケーキ屋さんも大変ですね、このようなリクエストに応えていかなければいけないのですから。
Kimetu3
ほぼ一瞬で消えて行くもので、個人的なものなので著作権に触れるかどうかは知りませんが、今年は要望が多かったのではないでしょうか、尚それなりの料金は取られるようです。

昨日は絵を描いていましてね
Kimetu2
チコちゃんかと思ったら、『カナヲだよ』とのことです。しつこく聞くと叱られるので調べてみると『栗花落カナヲ』という女剣士だとか、

https://dic.pixiv.net/a/%E6%A0%97%E8%8A%B1%E8%90%BD%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B2

読み方は『つゆりかなを』だそうです。顔や姿は似ていませんが、手本なしの空で描くにしては髪飾りや剣、胸元のマントを留める飾りなど特徴は捉えています。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

暇なので

当然時間は余っていますから、年賀状の進行も早い。

もう引退ですから、少しずつ少なくするのが普通です。ただ、終活、終活と何でもかんでも止めてしまうのは逆効果だと思いませんか、年を取ってそれでなくても世間との接点が希薄になっていくのですから、ボケ防止のために繋がりは残しておくべきだと思いますね。このコロナ禍、直接会うのがだめならメール、ライン、手紙、これらで頭を働かせればボケもゆっくりになるでしょう。
Gajou
年賀状は私たち老夫婦の分と何故かお客さんの分、これは一軒何年も私がやっています。もちろん無償ですよ、しかも年賀状も私が買ってきて、印刷して持って行きはがき代をいただくという不思議な図式。ですから、住所録も我が家のパソコンに入っている始末です。

我が家の分の私的な物は孫に登場してもらっています、まだ小さいので文句も言われずに作っていますが、今に拒否されるんでしょうね。

 

| | コメント (0)

2020年11月16日 (月)

紅葉

小張日和の一日、香嵐渓までは遠いので、近くの公園『ミササガパーク』へモミジバフウの紅葉狩りに行ってきました。

この公園はカナダのミササガ市と姉妹都市提携をした記念に作られたと聞きます。結構広い公園で、モミジバフウが沢山植えられていて、この時期とてもきれいに色づいてくれます。私は朝のウォーキングで一足早く楽しんでいましたので、みんなに知らせたところ昨日の日曜日、行ってみることにしたという訳です。
001_20201116162901
在来の紅葉より、金一に色づきますし、枯れて茶色くなる部分もありませんから、この方が平地ではきれいですね。あとナンキンハゼも同じような理由できれいです。
002_20201116163101
孫たちは、紅葉よりもみんな集まることが楽しいようで、落ち葉を拾ったり遊具で遊んだり、汗ばむような小張日和を十分に楽しみました。
003_20201116163301

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

台風10号

九州全域にしてみれば最悪なコースを進行していきましたね。友人知人が九州に多いので心配していました。

二女が孫二人を連れた非難に来ましてね。いえ、自宅が危険なわけではないのです。単に母親がサボりたかっただけでしょう。

老人二人はそんな理由でも大歓迎です。今朝は二人を保育園まで送って行きました。年長のみちたんも妹のカプチンの教室まで送ったら、別れる時に3人に交代でハグをしましてね。なんだか不思議な気分。

聞くところによると、いつも母親が送ってくると月曜日には泣いてぐずるんだそうです。今朝はちょっとカッコつけたのかも。今から迎えにも行ってきます。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

エビ餃子

きょうは、懐かしいInternet Explorerで記事を書いてみました。上手くアップできるでしょうか。

 

冷凍庫にエビのむき身があるので、エビ餃子を作ってみようと思いつき他の材料を仕入れてきました。
Ebi1_20200904084101
これはクルマエビのブカ、エビだけで作るのではありません、豚のミンチを入れるとこくが出て美味しくなります。エビも半分を細かくして半分はぶつ切りにして、他の材料と混ぜ冷蔵庫に寝かせます。この辺の餃子を作る一連の作業は私は知りませんので、女房に任せました。
Ebi2_20200904084401
皮に包むのは、二人の孫を呼んでやらせました。何事も経験ですし、家でもやっているようです。

食べるのは、みんなの分まで出来ましたので、お裾分けです。
Ebi3
反省点としては、野菜と比べて動物質のエビと肉が多かったので、焼いたときに餃子が締まりすぎてしまったこと。もう少し野菜を多くしてふんわりと仕上げなければいけませんでした。
Ebi4
ただし中華風のスープで煮た餃子はとても美味しかったです。ダシは魚介類、昆布、干し椎茸で取ってみました。

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

山の日

月曜日の山の日に、孫を連れて山へ行ってきました。山と言っても、例の隣町ですから高いところでも標高20メートルあるかないかではないかな?
Yama1_20200813095201

途中、植物観察しながら、歩くのですが何しろ暑い。こまめな水分補給は欠かせません。

いつもの木にカブトムシを発見したのですが、おチビたちが一緒だとすぐに見せるわけにはいきません。まず、私が木の上から下まで、裏側もしっかり観察してスズメバチが居ないことを確認。
Yama2_20200813095901
カブトムシは雌雄5匹くらい居ましたが、クワガタは居ませんでした。
Yama3
こういった場所でよく見かける「サトキマダラヒカゲ」でしょうか?漢字で書けば「里黄斑日陰」でしょうね。西尾のいきものふれあいの里には「コムラサキ」がいたんですがね、ここには居ません。

カマキリが飛び乗ってきたり、短い時間でしたがとても面白かったです。
Yama4

 

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

小魚

火曜日、小さなキスと小さなメイタガレイが出ていたので買ってきました。
Fish1_20200626092101
メイタガレイはこれくらいの大きさが唐揚げには美味しい、ただ資源保護のためには網目制限などをする必要があるでしょうね。
Fish2_20200626092401
ただこれくらいのメイタガレイも、この小さなキスも性殖巣は発達して成熟していましたから、小魚は小魚でしたたかなのかもしれません。

メイタガレイは頭を落とし、内臓をきれいにしてから唐揚げですね。

小さなキスは刺身にすれば小骨が気にならなくて良いのですが、今回は全て開いて天ぷら用にしました。これくらい小さいと、腹骨も鰭も油でからっと揚げれば気になりません。
Tenpura2
魚と言えばののちんの出番です、今回はかぷちんも気に入ってくれたかな?キスの天ぷら食べてるね。
Tenpura1
実は一色の漁業は近海底引きがメインです、ですから大きさは別にすればこういった底魚を探して調理するのがここの醍醐味です。マグロやカツオ、冷凍物はむしろ名古屋で買った方が安くて新鮮と言えるでしょうね。

今回キスだけで34尾、三軒10人の夕食を飾りましたが、まだあります。
Fish3_20200626093601
これは今回のキスの骨、塩水にさっと浸け干し上げたものでオーブンでかりっと焼けば、おチビたちのカルシウム補給になります。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

今年の万燈祭りは中止だそうです。

コロナ騒ぎの中、日本中あちこちの祭礼が中止になっていますが、この地区の夏の祭り万燈祭りも中止だそうです。

祭りそのものだけでなく、制作にも命をかけている方も居ますので、残念でしょうね~命をかけるは大げさか?

我が家でも、中止宣言が出ないけどやる気なのかなあ~と話題になっていたところです。

残念なのは我が家の孫たちです。
Carp
毎年、このピカピカ光るやつ・・・何ていうんでしょうね~買うのを楽しみにしていたんですから。しかし、香具師の方々も大変です。日本中ですから、本当におまんまの食い上げですよね、ふーてんの寅さんもご存命なら、仕事を止めて葛飾で団子屋さんにならなきゃいけなかった。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

おやつ

メヒカリの干物は孫たちのおやつとして喜んでくれたようです。
Himono1
魚のおやつは一番上のこの孫、ゆずには時々作って送っていたものです。さより、ニギスを三枚におろして、軽く塩水に浸けてから良く干してカチカチにします。その後焼くと、カルシウムたっぷり顎にも良いおやつになります。
Himono2
魚はイワシなどの浮き魚では脂が強すぎて、油焼けしてもいけませんので上記の魚が良いですね。
Himono3
時期的にも暑いと腐りやすいか、塩分を強くしないといけないので、今の時期まででしょうね。

今回の小さなメヒカリは250尾近くで400円ですから、値段の点でも合格です。ただし数が多いので面倒ですよ、でも孫が喜んでくれますからまた作ります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧