2018年12月13日 (木)

ペット

 この地方ではお馴染みですが、掃除用器具の貸し出しでお馴染み『ダスキン』で自動掃除機のレンタルもやっているようですね。二女のうちもお試しでレンタルを始めたようです。

 あばちんが持っているモップとセットで、2週間1,000円(お試し期間)だそうです。

 二人のペット化してしまっていますね。

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

ハモと骨

 またまたハモが出ていましてね、大きなものが2尾で600円だから1尾300円。みちたんとあばちんが夕方来るというので、半分はハモチリにしようかと思い、骨切りしました。小さな二人が喜んで食べてくれましたので、骨切りも成功していたのではないでしょうか。今回のハモチリのダシは以前ハモを料理した時とっておいた、ハモの骨の焼き干しです。とても良いダシが出ますので、野菜も美味しく、おちびさんが沢山食べてくれました。

Hamo1  残りのハモは、軽く塩水に浸け、表面が固くなるまで干し、薄くスライスしてカリカリになるまで干します。これをオーブントースターでキツネ色になるまで焼けば、子供のおやつハモチップの出来上がり。
Hamo2  今回はサヨリの刺身のオマケ、骨せんべいも焼いてみました。
Hamo3  二人ともこれが大好き、サヨリの骨せんべいがまたまた気に入ったようです。
Hamo4  どうでしょうね、我が家にしかないおやつです。

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

あばちん

みんなから「かーぷ」とか「かぷちん」と呼ばれているこの子は、自分のことは「あばちん」と呼んでいます。

かぷちんと呼ばれているので間違って覚えているのか、母親は「わたしが」と言っているんだとか、諸説ありますが保育園でもそう言っているそうですから、自分のことだと認識していることは確かです。

 一番小さい子ですから、みんなのオモチャになっていることも確かで、この動画は叔母にお化粧のまねごとをして貰ったところです。しかし、いたずらでやったのではなく、自分からやってくれと言ってきたそうですから、小さくても女の子ですね。お化粧した後に、目をパチパチっとさせて、大きく目を開くってのはなかなか演技賞ものです。その後指で両眉を撫でつけるだけで同じ仕草をするそうです。

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

ハモチップ

毎度お馴染みになりましたが、ハモを三枚におろして軽く塩水に浸け、良く干します。

Hamo5  と言っても天気が良ければ丸一日くらいで結構です。そして刺身包丁でひたすら薄く切っていきます。通常の骨切りは皮を残しますが、今回は皮も切ってしまいます。
Hamo4 切ったらバットに均一に広げ、また干します。一度干してから切るのは、適度に固くなっているのでより薄く切ることが出来るのと、切った切片が再び付着して引っ付いてしまわないようにです。
 そして小分けにして、冷凍しておけば孫たちにオーブントースターで焼いて、おやつにすることが出来ます。先日の、アナゴの干物の続きです。
 私の孫は、魚のおやつが大好きです。

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

孫の日

 昨日全員で動物園に行こうと約束していたので、電車に乗って出かけました。東山動物園に着くと、「きょうは名古屋祭りで、それに協賛して入場料は無料です」というアナウンスと、張り紙。大人は総勢6人ですから、3,000円浮きました。

Higashiyama2  
 プロカメラマンによる記念写真撮影なんていうイベントがあり、撮って貰いましたが、なんと10月の第3日曜日は『孫の日』なんだそうです。知らなかった?そうそう、初めて知りました。調べてみると、1999年に百貨店協会が制定したとか、いやはや商魂たくましい。
そのせいか、園内は爺さん婆さんと孫らしい一家が沢山来園していました。
 もちろん人気のゴリラ、シャバーニの前は大勢の人だかりでしたが、孫たちは小さいので前に行って見ることが出来ました。
Higashiyama1  なにしろ、広い動物園ですからゴリラを見たり、ぞうさんを見たり、移動だけでも疲れてしまいます。小さい孫たちはなおさらで、機嫌が悪くなってきます。
Higashiyama3  ついついアイスクリームでごまかしながら、なにしろ孫の日ですからね。
Higashiyama4  この子は初めてのアイスクリーム、卵が入っていません。
 早めに帰って昼寝をさせ、夕方6時に集合し、夕食でしたが孫の日を堪能しました。

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

愛について2

 この子は今、覚えなければいけないことが沢山ありすぎて、混乱していることは確かです。

 食欲は相変わらずです。でも動くことも動きますので、顔はすっきりしてきました。もうキングスライムとは言わせません。

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

孫たち

 孫のゆず一家が父親の転勤で、沼津から愛知県に越してきたので、4人の孫たちはよく遊ぶことが出来るようになりました。

 一番小さなカプチン(ミンミン)も上に女の子が三人もいるので、色々覚えるのが早いですね。

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

すみっコぐらし

 今、我が家の孫達は「すみっコぐらし」に大はまり。

 隅っこが好きというのは日本人の好む傾向だそうで、その様なコンセプトでキャラクターが作られているようです。我が家の孫達は、このキャラクターの手に乗るくらい小さなぬいぐるみが好きなようで、そのぬいぐるみの家やベッド布団も欲しがって、ままごとをしています。
Sumicco1  一つが数百円なので気軽に買うことが出来ますが、数が多いので集めようとすると大変です。しかも、どこにでも売っている物ではなく、我が家からは車で30分ほどかかる大高イオンにしかありません。これを買うために、二日連続で大高イオンに行ってしまいました。
Sumicco2  それでも孫達の喜ぶ顔を見ていると、「また買いに来ようね」とついつい口に出てしまいます。

| | コメント (2)

2018年8月20日 (月)

オオオニバス

 テレビで安城市にあるテーマパーク『デンパーク』の中にオオオニバスが有り、小さな子供をその葉に載せてくれるというイベントをやっていると言っていました。野次馬精神の旺盛な我が家の娘達は早速行ったようです。

Onibasu1  安定性がないためか、一応敷物が敷いてあるようですが、一番重いゆずでも乗ることが出来ます。
Onibasu2  次はみちですがこれは楽勝。
Onibasu3  このちんは余裕ですね。
Onibasu4  あばちんは大泣きです。
私が子供の頃は良く本などで『オニオオバス』という植物が紹介されていましたが、それが実際に日本で栽培されるとは夢のようです。正しくはオオオニバスはアマゾン川のもので、デンパークのものは公式サイトでは『パラグアイオニバス』とされています。これも正しくは『パラグアイオオオニバス』だと思います。オオオニバスとオニバスでは属が違うようで、オオオニバスはこの2種しかないそうです。つまりオオオニバスとパラグアイオオオニバスには交雑が可能で、交雑種が栽培されている例もあるそうです。
 そしてオニバスは日本でも分布しているそうです。しかし近年、環境が悪くなり減ってきているようですが、偶然私の徘徊縄張りの東浦町の公園で栽培されていたので写真を撮ってきました。
Onibasu5 日本のオニバスはとても子供が乗れるようなものではありませんね。

| | コメント (2)

2018年7月31日 (火)

 素晴らしいプレゼントが届きました。

Momo1  とにかくゴージャスで、誰もが魅了されてしまう。桃・・・昔、水蜜桃とも言われましたね。
Momo2  おちびさんも興味津々です。翌日初めて食べたところ、果汁たっぷりで口の中に美味さが充満。おちびさんたちも食べているかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧