2020年9月24日 (木)

シマアジ?

パソコンは少しずつ使えるようになってきました。dropboxも使えるようになったので、スマフォの画像もパソコンに簡単に移すことができます。

少し前の9月15日、魚清さんにこの魚(シマアジでしょうか?)とメイチダイが出ていて、どちらも1,000円だったのでこちらを買ってきました。
Simaaji1
シマアジってのは養殖魚以外では屋久島に行ったときに、これくらいのサイズのものを釣って、塩焼きで食べたことがあります。高級魚ですよね。
ちょっとアップで撮ってみました。
Simaaji2
調理はそんなに難しくありません。アブコと同じです。ここは当然、刺身ですね。
Simaaji3
薬味をまぶして、生わさびでいただいてみました。とてもおいしい魚です、食感も良いですね。この手の仲間は刺身で食べると、やや硬く感じるものがありますがこれは問題ありません、イトヒキアジは硬いですね。
Simaaji4
ショウガでもいただきましたが、これも美味しいです。ただ、この魚が、ここへ出てくることは稀でしょうね、こういったものが時々あることが、漁港の市場を訪ねる醍醐味と言えます。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

セミの羽根

最近ボケているので、カゴカキダイの話題をブログで出したとばかり思っていましたが、出してなかったですね、出したのはfacebookでした。まあ言い訳をすれば、パソコンの調子が悪く、今一気が抜けているのかもしれません。

刺身を造った残りの腹骨を剥いて、干してあったものを孫二人に食べさせました。カゴカキダイは骨が結構硬いので、食べられるかと思ったんですが美味しい美味しいと食べてくれました。案の定脂がたっぷりのっていました。
Kagokakidai
子供というものは発想が豊かなので、この薄く剥いた腹の部分がセミの羽根のように見えたんでしょうね、大笑いで食べてくれました。

また、近々カゴカキダイの写真をアップします。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

わさび飯

昨日は長女一家にわさびをご馳走しました、と言っても孫たちにはまだ無理です。しかし、日本の誇る伝統香辛料のわさびの美味しさは理解できる人間に育って欲しいです。本物を少しずつ慣れて貰って、好きになって欲しいものです。

しかし、肉とカツオを用意してカツオの血合いをなめろう風に叩いておいたら、小学生のゆずが「これご飯に合うね」と言って、温かいご飯に載せてかき混ぜて食べていましたから、将来有望です。
Wasabi

しかし、やはり一番はわさび飯です。これはご飯と言うより、立派な酒の肴です。

また、通販で買いましょう。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

生わさび

五郎さんのテレビを観ていたら、わさび丼をやっていまして、これが実に美味しそう。生わさびってのはそれほど辛くないってことを、私よく知っていましてね、しかし香りが抜群。この香りは伊豆のわさびでなければいけません。恐らく信州の方は否定すると思いますが、ある理由から私は伊豆のものをお勧めします。

そこで伊豆のものを通販で買いました。
Wasabi1
試しですから、そんなに高いものは変えません、しかし孫たちは別として、全ての家族は共有しなければいけないので3本買いました。ただし、我が家でしか美味しいものは食べられませんよ。
Wasabi2_20200913152801
とにかく、ありとあらゆるものに使えます。牛肉を焼いたり、刺身を買ってきたり、蕎麦も茹でました、安物ですがね。

ケンサキイカを、かなり細く切って熱いご飯に載せ、わさびもたっぷり載せます。そこへ醤油を垂らして、かき混ぜて食べるとこれがもう最高。カゴカキダイの刺身にも使いました。
Wasabi3
もちろん、鰻も最高です。蒲焼きを短冊に切って、摺り下ろした長芋を、ネギを振りかけてわさびを載せます。かきまぜて、酒の肴にもよし、ご飯にかけても良し。

| | コメント (2)

2020年9月11日 (金)

小さなミルガイ

九月三日、殆ど魚がなかったのですが深谷さんの店先にいたら、まーちゃんが小さなミルガイを持って出てきました。放流サイズなんですがね~。買ってしまいましたよ、3個で400円ですから格安です。
Miru1
ミルガイはミルクイとも呼ばれるそうですが、私は一色に来るまではナミガイがミルガイだと思っていたほどで、殆どの方がこの本物のミルガイは知らないと思います。(もっとも今は偽物のナミガイも高いですよ。)大きければ、1個が1,000円を超えるのも珍しくありません。恐らくこの三河湾では、沢山採れたことでしょう・・・・・その昔は。

一応下拵えの知識がなければ、食べることが出来ません。水管や外套膜の皮を剥かなければいけません。

筋肉質の部分は刺身でいただきます。
Miru2
各部位を並べてみました。実に美味しいですね、私も久し振りにいただきました、二女が貝の刺身が大好きなのを思い出しましたが、二女一家に分けるにはちょっと少なすぎました。

内臓部分は、アルミホイルでバター焼きに。仕上げに黒胡椒をゴリゴリです。
Miru3

これも美味しいですよ~。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

エビ餃子

きょうは、懐かしいInternet Explorerで記事を書いてみました。上手くアップできるでしょうか。

 

冷凍庫にエビのむき身があるので、エビ餃子を作ってみようと思いつき他の材料を仕入れてきました。
Ebi1_20200904084101
これはクルマエビのブカ、エビだけで作るのではありません、豚のミンチを入れるとこくが出て美味しくなります。エビも半分を細かくして半分はぶつ切りにして、他の材料と混ぜ冷蔵庫に寝かせます。この辺の餃子を作る一連の作業は私は知りませんので、女房に任せました。
Ebi2_20200904084401
皮に包むのは、二人の孫を呼んでやらせました。何事も経験ですし、家でもやっているようです。

食べるのは、みんなの分まで出来ましたので、お裾分けです。
Ebi3
反省点としては、野菜と比べて動物質のエビと肉が多かったので、焼いたときに餃子が締まりすぎてしまったこと。もう少し野菜を多くしてふんわりと仕上げなければいけませんでした。
Ebi4
ただし中華風のスープで煮た餃子はとても美味しかったです。ダシは魚介類、昆布、干し椎茸で取ってみました。

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

タコ

釣れましたね~タコが?いえいえ・・・・・

碧南の魚屋さんに寄って、タコを買ってきました。
Tako0
かなり大きくて2ハイで2,500円でした。タコは可食部が多いので決して高くはありません、この2ハイで三軒分の夕食でも余るくらいです。ぬめりを取って、茹でるとこうなります。
Tako1_20200830174501
2ハイですから、三軒では分けにくいので我が家は2ハイから足を三本ずついただきまして、残りを娘一家にそれぞれ渡しました。

我が家はキムチと混ぜたタコキムチ、市販のキムチに和えただけですが、細ネギを加えてあります。食べる30分前には作っておきたい。
Tako2_20200830174801
もう一つはタコの、イタリアンハーブ、マカダミアオイル焼きです。
Tako3_20200830175001
タコにしっかりハーブを振って、フライパンの上でマカダミアオイルを使い焼くだけ。市販のイタリアンハーブには塩が入っていますので、塩気はこれで上々。いや焼くだけではなかったです、焼く前に片栗粉をまぶします。フライパンの上にフラットに並べて、こんがりかりっと焼くことが大切です。また忘れてました、ニンニクもオイルで炒め、香りを移しておきましょう。
Tako4
皿の上にレタスを敷いておき、その上に熱々のタコと残りのオイルをかけます。

これが一番美味しいような気がしますね、娘たちは唐揚げやサラダ、パスタにしたようです。皆、タコを楽しんでくれたようで良かったです。

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

ハタハタ

パソコンの調子はいまいちです、とにかく重い。Cドライブの容量はまだ25%程残っているので問題ないでしょうし、ウィルスソフトも入っています。念のためウィルス検査もしてみました。ただ、もしウィルスなら入ってからの検査はあてにならないですよね。

さて、魚不足は相変わらずですので、また魚広場へ行って干物を買ってきました。ホッケが1枚580円、2枚買って、ハタハタが6尾で380円、二つ買って1,700円にしてくれました。安いのか高いのかさっぱり分かりません。ただ両種とも美味しい魚ですからね、さっそくハタハタを焼いてみました。
Hatahata 
頭も食べられるほどこんがり焼いたのですが、ハタハタの耳石は噛むとチョークのように粉々になるので、口の中で非常に感触が悪い。キスの耳石は固くて感触が悪いのですが、ちょっと違っています。

ただ、ハタハタは脂が良くのってとても美味しい魚です。頭も、耳石の一をよく考えながら食べれば大丈夫です。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

またラーメン

昨日は市内を北に向かって歩き、田んぼの中の野菜無人販売を覗いてみました。
Ramen1
 天候のせいなのか、まだ朝早いのか、ほとんど野菜は並んでいませんでした。それでも、オクラと生のキクラゲが出ていました。

一つずつ買ってきました。
Ramen2
オクラは生長しすぎのようにも思えます。生のキクラゲは初めてですので、どのように食べたら良いか分かりません。

昼は一人だったので、先日のパクチーもあるし、ここはキクラゲもオクラも使ったインスタントラーメンにしてみることにしました。

オクラはやはり大きくなりすぎていたので、茹でてから種を絞り出し細かく切ってかき混ぜて粘りを出してから、ラーメンにのせました。キクラゲも軽く湯通ししてから、のせてあります。
Ramen3
特別美味しいものではありませんが、何となく得した気分。

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

小アジの続き

例のごとく、小アジの骨は恒例の干物になりました。
Aji5
天気は良いのですが温度が高いので心配です、しかしエアコンの吹き出し口に置けばあっという間に乾いてしまいますね。
Aji4
 アジの骨は果たして干物に向くかどうか不明でしたが、小さいので何とかなるでしょう。孫たちのカルシウム補給にはピッタリです。

さて11尾のアジ、南蛮漬けの行方はと言いますと、これです。
Aji6
いつも全てを南蛮漬けにして貰っているので、女房には重労働ですが、11尾だけなので機嫌が良かったです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧