2020年7月13日 (月)

エコバッグ

7月1日からコンビニなどの小売店で、袋が有料となったので以前から持っていたエコバッグを持ち歩いています。私は別に、何の考えもないのですが購入したものが少ないときは、レジ袋は断っていますし、箸なども気がつけば「要りません」と断っていました。時として、断る暇のないときは帰ってから入っていることに気がつくこともありました。
Reji1
このエコバッグ、良いことがありましてね。ポケットから取り出すと、コンビニのお姉ちゃんが「可愛い」と言ってくれること。まあ只それだけですけどね。
Reji2
昼ご飯はやはり冷麺でした、昨日、イオンの中の店で買ってきたものです。パクチーたっぷりのせました。我が家の奥様はこのような癖のあるものは食べられません。おそらく我が家では私だけじゃないかな~。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

野菜

魚が思うように手に入りませんので、野菜の方向に向かいつつあります。

昨日は、イオンの小さな店に、地元の野菜が出ているので見てきました。以前ラディッシュを買った店です。今回はパクチーと、ミニセロリがあったので買ってきました。セロリは茎の部分を適度に切って、浅漬けの素に漬けておきました。
Serori1
アクセントにタカノツメの冷凍物を切って入れましたが、これは正解ですね。1本を三つに切って入れておきました。
Pakuchi1
パクチーは今朝のサラダと、味噌汁に散らしてみました。パクチーの嫌いな方では無理でしょうが、私は大好きですからもっと買えば良かった。昼食が冷麺だろうから、やはりたっぷりまぶしていただきましょう。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

クレソンの続き

大きなマグロの脳天が3個で500円にしてくれるというので買ってきました。魚兼さんですね。

そのうちの一個を解体して、ニンニクと一緒にオリーブオイルで炒め、塩胡椒しておいたクレソンをのせました。
Kureson3_20200711101501

マグロは小さく切って塩胡椒、イタリアンハーブにまぶしておいてから、焼きました。コラーゲンたっぷりなので、フワフワでとても柔らかい。もちろん臭みも癖もありません。クレソンは適度にしんなりしていますし、マグロに負けていません。二人では食べきれませんね。

骨に付いた身は、ナイフなどで削り落としてマグロのフレークです。
Tuna1_20200711101901
醤油と酒、味醂だけで味付けです。温かいご飯にのせていただくと最高です。

この二つの料理、マグロが170円位、あと168円のクレソンです。

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

クレソン

最近ではLGBTとか言って、性の多様性とか性の少数者を尊重するとかで大騒ぎです、ちょっとでも差別したりすれば炎上、炎上、又炎上で、ネット世界では生きていけなくなります。ですから、小さな子でも男らしくとか女らしく何て言葉は厳禁、赤が女の子の色で、青が男の子の色なんて事もうかつにつぶやけません。

しかしね~この子、昨日二人でお店を冷やかしていたら「かーぷ(自分のこと)お姉ちゃんになったら、このお洋服着る」と言い出しました。やはりね~女の子なんですよ。
Kuresonn2
もう一人の孫は、私がかってやった、すみっこぐらしのぬいぐるみを肌身離さないと言いますし、先日の散歩でもリュックに入れて担いでいましたしね。確かに体が女で心が男の人を差別してはいけないって事は分かります、しかし、それが正常ってのはね~「そういう、考え方、生き方もある」と言うことでよろしいんじゃないでしょうか、この小さな子どもたちにそれが正しいと刷り込んでもね~。そう言えば、国会議員がずいぶん叩かれていましたが、あれも長い論文の一部を切り取っただけですしね、しかし昔からテレビなんかでは逆セクハラをよく見ましたよ。

そこの近くの八百屋さんでクレソンが安かったので買ってきました、早速サラダにしましたが、この三倍くらいあります。
Kuresonn1
あと2~3回楽しめそうです。

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

ガリ

この時期になると毎年作っているのが自家製のガリ、ショウガの甘酢漬けですね。回転寿司などではほとんど中国製なので、完全に国産だと思っています。朝市の八百屋さんにこの時期出てくるこのショウガ。
Syouga1
高知産のショウガと書いてあるので、一応信用しましょう。良く洗って、汚れを取り形の良くなるように割っておきます。

それをスライサーで薄く切り、軽くしをを振ってよく混ぜ30分ほどおきます。
Syouga2
その後、良く絞ってからミツカンのかんたん酢に漬けるだけ。

酢に入れると、さっとピンクの色が増します。
Syouga3

別に寿司を作るわけではないんですがね、あると箸休めになります。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

小イカ

本当に水揚げが少なくなったものです。
Ika1_20200705090201
こんな小イカがこれだけで800円、少し前までは高くても500円でしたからね、先日は1,200円という値段が付いていたところもあり、呆れてしまいました。まあ、ものが減れば値段が上がるという経済の原則から言えば、当たり前かもしれませんがね~。これじゃ昔ながらの、一色の問屋ファンは離れていきますね、まあ寿命もなくなりますから、新しいファンが出来るのでしょうけど・・・・・

私も暇になってきたので、別の場所を探したり、野菜に切り替えなければいけないと思っているくらいです。
Ika2_20200705091401
しかし、小イカの刺身は確かに美味しい、スルメイカのようにアニサキスの心配もないでしょうしね。もう何年もスルメイカの刺身は食べていないくらいです。

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

パン

昨今、「美味しい食パン」なるものが大流行らしく、時々いただくこともあります。しかしこれって食パンとしては美味しい、ということで本来甘くない食パンをバターや蜂蜜などを沢山入れて、カロリーを高くしてあるって事なんでしょ。確かに、食べると甘くて美味しい。おかずが要らないというのも頷けます。ただ、食パンってのは元々お菓子じゃなく食事パンですよね。試しに、サラダやスープ、洋風のおかずと一緒に甘いパンを食べて美味しいですか?
Pan1
写真は近所に出来た、食パンの店です。美味しいですよ、別に文句はありません。ただね、飽きるんですよ。実際長続きするんでしょうか?
Pan2
これは同じ市内にある、非常に固いパン。噛めば噛むほど味があります。どのようなおかずにも合いますね、薄く切ってサンドイッチも美味しいでしょう。孫たちにはこのようなパンを食べさせたいですね。

きょうは女房が仕事なので、私が夕食担当、マグロと野菜のオリーブオイル煮込み、サラダが夕食です。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

鰻飯

この辺では、生の鰻から蒲焼きにするのに一度完全に白焼きにしてから、鍋にたれを入れて煮立てて白焼きを煮る方法を採る場合があります。蒲焼きじゃなくて、蒲煮じゃんと言われれば正しくそうですが、何度もたれを付けて焼くと焦がしてしまうので、ある意味合理的かもしれません。

今回は先日の美味しい二歳を、その方法で蒲煮にして、炊きあがった釜に入れ、しばらく蒸らします。その後、良くかき混ぜ、使用したたれも少し入れながら、ご飯の白い部分をなくしてしまいます。
Eel_20200701180601
 ご飯にたれと鰻の脂がコーティングされ、チャーハンのようにパラパラのご飯になります。それにお好みで、ひつまぶしのようにネギやもみ海苔、ワサビを使いながらいただきます。

たれを鍋に入れるときは、焦げ付かないように最初に酒をある程度入れて薄くしておいた方が良いでしょう。また頭をしっかり焼いて、たれの中でダシを取るとそれだけで美味しいたれが出来上がります。これから、鰻のシーズンですからぜひやってみて下さい。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

メンマ風

例のタケノコのメンマ風と言いましょうか、きんぴら風と言いましょうか。要するに細切りして、ごま油で炒め醤油、味醂で味付けたものですが、そのままでは細切りしても生っぽかったので、もう少しメンマ風を出そうと調理する前に干してみました。
Madake1
ところが細く切りすぎたのか、干しすぎたのか、思っていたよりも乾燥度合いが強すぎました。
Madake2
これは何度も挑戦するより、干さずにそのままが良さそうです。干すならごく短時間が良いかも。

 

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

鰻の季節

やっと暑くなってきましたが、この地区ではまだ朝晩は過ごしやすく、前線の位置に感謝です。

鰻屋さんにとっては、暑くて我慢が出来ないくらいの方が、鰻が良く消費されるので熱望していることでしょう、猛暑を。

一色に出来た、問屋さんや組合直営の丼屋さんも連日大賑わいです。

新仔も少しずつ池上げされてきたようですね。先日紹介した養殖業者さんは 8割方は売ってしまったようで、土用丑にまで置いておけるのか心配しています。この辺は親戚や、お世話になった方々に鰻を配る風習がありましてね、現在のように鰻が高価になってしまうと、その鰻が馬鹿にならない金額になってしまいます。
Eel_20200627113101
その新仔鰻ではありませんが、ある養殖業者が「鰻食べる?」と声をかけてくれました。実はこの鰻は昨年3月にシラス池入れされたものです。

通常新仔鰻は柔らかく、二歳鰻は固いというのが定説ですが、ここの鰻は実に柔らかい二歳です。ある意味ブランド鰻ですね。

残念ながら、池主が体を壊してしまって今年はシラスを入れることが出来ませんでした。ということは、来年はこの鰻はありません。

早く体を治して、復活していただきたいものです。

鰻は塩焼きです、実に味があって美味しかった。付け合わせのガリはこの時期恒例の自家製ガリです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧