2019年3月18日 (月)

平成最後の・・・

 平成最後の鍋は・・・・

 ヒガンフグが出ていましたので、鍋にしたいから頭付きで毒の部分だけ捨てて欲しいとお願いしたら、このようになっていました。
Higan1  頭付きなのは良いのですが、これはなんでしょう。
Higan2  どうやら肝(肝臓)の一部のようです。左側にあるのは皮のようです。肝はもちろん有毒でしょうが、おそらく調理人の目が悪かったのでしょうね、少し残ってしまったようです。しかし、皮はトラフグなどの一部のフグは食用になりますが、ヒガンフグはどうなんでしょうね?ということで調べてみると、殆どのサイトで有毒となっています。
 もう一度、水道水を流しながら良く洗い、銀の爪を使いながら内臓のかけらなどを、つまんで捨てておきました。
Higan3  1尾を鍋に、もう1尾を刺身にしていただきました。はたして平成最後の鍋になるか?

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

鯛の季節

 鯛の季節になってきました、昨日も活きた鯛が大安売りでしたので買ってきました。

Madai1  きれいな色の真鯛でした。二人では食べきれないので、ゆずとののちんの姉妹を呼ぶことにしました。この二人はっしみが大好きで、きっと喜んでくれると思ったからです。
Madai2  刺身は三種作ったのですが、普通の刺身しか食べてくれません。皮を焼いたものも、昆布の粉末で和えたものも、見た目で食べませんね。その代わり、普通の刺身はほとんど食べてしまいました。ちょっと足りないくらいです。
 アラは潮汁にして貰いましたが、これはダシが良く出て本当に美味しかったです。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

シャシャンボ

 先日のカンアオイの時の徘徊時にもう一つの発見があったっと書きましたが、これがそれです。

Syasyannbo1  一本の木に名札が付けられていました。シャシャンボ ツツジ科 常緑広葉樹 と書いてあります。そうそう、私のブログではその昔良く出てきた植物です。その時の写真がありますのでアップしてみましょう。
Syasyanbo4  紫色のブルーベリーのような実を付けます。もちろん食べられますし、ブルーベリーのように美味しい。しかし、この場所は他の広葉樹が密生しているので、上へ上へと伸び、実がなっても私の口には入らず、鳥たちが喜ぶことでしょう。
Syasyannbo  そうそう、鳥といえば昨年この近くでオオタカを発見しましたが、この日はキツツキの仲間の『コゲラ』を発見しました。木の周りを飛びながら、幹に止まり餌を探していました。写真は撮れませんでしたがね。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

三河湾産アサリ

 今や貴重品となった三河湾産のアサリをいただきました。佐久島のアサリです。

Asari1  味噌汁のダシにでもと言ってくださったのですが、充分酒蒸しでいただくことができます。
Asari2  身もしっかり入っていますし、久し振りのアサリです。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

鰻屋さん

 一色さかな広場の中の、一色うなぎ漁協直営の店が閉店になるということなので、最後に行ってきました。正確に言うと、丼などを食べることが出来なくなるだけで、加工物は6月まで売るそうです。丼は今月19日で終わりです。

Eel1  この日、当ブログのその昔の常連さん『越後屋』さんから遊びに来るとメールが入ったので、最後の鰻丼を食べることにしました。越後屋さんは、愛知県では有名な医学系大学の先生です。
 このお店の店長は私昔からよく知っている男で、何をやらせてもきれいな仕事をするやつです。鰻丼でも、素材を厳選しますし丁寧な仕上げです。
Eel2  一色うなぎの直営店はなくなってしまうかというと、そうではなくさかな広場のすぐお隣に現在大きなお店を建築中です。6月にオープンだとか。
Eel3  これで一色では大きな鰻問屋さんが経営している鰻屋さんが2軒、漁協が経営するとこが一軒参加することになりそうです。

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

平成最後の

『平成最後の・・・・』というフレーズが大流行ですが、これも現在の天皇陛下が生前退位されると言うから言える言葉で、昭和天皇のように、自粛、自粛と、重病でいつお亡くなりになるか分からないような状態ならとても言える言葉ではありませんでした。

 暖かい日が続いていましたが、今朝は季節風が吹いて少し寒く感じていて、現在も日陰にいれば寒いくらいです。
 というわけで、今朝は久し振りにシロサバフグを買ってきました。やはり鍋のシーズンを外れたから、出てきたのでしょうか?
Fugu  果たして『平成最後の鍋』になるのでしょうか?はたまた、アンコウが安く出てきてその間に寒い日が来るのでしょうか?

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

アカシタビラメ

 アカシタビラメが大安売りで、魚兼さんの店先は魚の色で真っ赤になっています。魚兼さんで沢山売っているということは、大浜で売られているのでしょうか?

Akasita1  この魚以前言いましたように、頭部に可食部が沢山あるので、頭を切りながら皮を剥くのはもったいないのです。私は鱗をきれいに落とし、その際は市販のサラダドレッシングの蓋がとても便利だと思います。
Akasita2  後はキッチンバサミで切り開き、鰓と内臓を引っ張り出してしまえば出来上がりです。下拵えはこれだけならとても楽ですね、皮を剥くのはなかなかきれいには剥けず、尻尾の方が残ってしまいます。

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

このわた

 一年に一回は購入して食べていたのですが、今年は何故か縁がありませんでした。

Konowata  そのこのわたをいただきましてね、ありがたいことです。なんでも佐久島ではご老人がこのわたの選別作業を担当しているのだそうですが、寄る年波で作業をする方が少なくなってきたとか。こんなところでも伝統産業の衰退が見られるのですね~。
 しまった、そう言えばまだ今年はナマコも食べてなかったんだった。

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

キビレカワハギ

 キビレカワハギは味が良いので新鮮なものが出ていると必ず買うことにしています。

Kibire1  ウマヅラハギより南方種なんでしょうか、ウマヅラが北海道以南と書いてあるのに、キビレは小笠原、琉球列島と記してあります。温暖化で北へ進出してきたのでしょうか、そう言えば同じく南方種のソウシハギはまだ見たことがありません。
そんな訳で、まとまって出ていることはなく、1匹だけ単独で売られています。この日は深谷さんで1匹500円、美味しい魚だから高いとは思いません。
Kibire2  これで半分ですね。

| | コメント (0)

2019年2月26日 (火)

ニギス

 ニギスは美味しい魚ですが、小さいのと肋骨が多いので小さな子供には食べにくいですね。

Nigisu1  まあ内臓はあまり気になりませんので、胸鰭の所から頭を落とし、腹鰭のみを根元から抜いておきますと、非常に食べやすくなります。
 我が家でも小さな孫が、非常にきれいに食べてくれます。
Nigisu2  唐揚げにすると、背骨と肋骨が一体化して取れてくるので上手に食べてくれます。
Nigisu4  鍋にしても、塩煮にしてもフワフワで美味しいですよ。
Nigisu3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧