2020年4月 1日 (水)

マイワシ

Iwasi1
昨日、魚兼さんにマイワシが出ていました。大きさは中くらいでしょうか、30尾くらいで300円ですから、破格の安さです。これだけあると食べきれませんから、娘たちにお裾分けです。

頭と内臓を取って、手開きして渡せばあとはフライでも天ぷらでも。我が家も含めて三軒ともイワシの蒲焼きを作ったようです。

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

メカブの佃煮


食べるシーンと言えば、このブログでは必ずこの子が出てきます。

 

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

乾燥めかぶ2

乾燥めかぶは熱湯で戻さなくても、たっぷりの水に浸けておけば簡単に戻ることが判明。今回はそれを佃煮にしてみます。戻してから、小さく切るのはヌルヌルで難しいことが判明しました。乾燥しているときに、ハサミで適度な大きさに切っておけば、それが良いでしょう。まな板や器具がヌルヌルになりませんからね。
Mekabu4

醤油、酒、味醂で味付けて煮込みます。例によって孫たちが食べるので、塩分控えめです。
Mekabu5
先ほど、ののちんに食べさせたところ、気に入ってくれたようです。今夜の夕食で食べてくれると思います。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

乾燥めかぶ

いわゆる三重県で言うところの、めひびですね。めひびは細く切ってありますが・・・

その乾燥めかぶが売られていましてね、
Mekabu1_20200325153001
これだけで200円ですから、生のめかぶよりだいぶ安い。ただ、生の時は売れ残るようなコンディションですね。

沸騰させた鍋にしばらく入れてから、湯を良く切りまな板の上で細かく叩きます。
Mekabu2_20200325153301
しっかり粘りが出てきます。

オリーブオイルを入れてさらに混ぜ、ポン酢醤油で味付けします。
Mekabu3
卵の黄身をのせて出来上がり。よく混ぜて、温かいご飯に沢山かけていただきます。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

シジミの季節

本来なら今頃の時期はアサリの季節と言うべきなんですが、三河湾でアサリが獲れなくなって何年になるんでしょうね。アサリが獲れていた時は、潮干狩りであちこちから家族連れが沢山集まってきて、狭い海岸の道路も混雑したものです。
Sijimi
というわけで、アサリも高価になったのでシジミを買ってきました。さかな村ではスーパーマーケットのように砂出しをきちんとしているとは限りませんので、必ず家に帰って砂出しをしましょう。何回かやった方が良いですね、我が家では孫たちが身を食べますので特に念入りに砂出しをします。

今回大きいものだけを選んで、醤油漬けを作ってもらいました。

蜆の味噌汁は長女の家の孫たちが気に入り、何度かおかわりをしてくれました。

季節的に身がたっぷり詰まっているかと思ったのですが、それほどでもありませんでした。それでも、味噌汁は良いダシが出ていました。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

なまこ

今年はまだなまこを食べていないと言いましたら、大きな赤なまこが出ていましたので最初で最後と買ってきました。二つで1,000円ですから、安いとは言えません。
Namako2_20200321155201
早朝の仕事を終え、下ごしらえをして酢醤油に漬け込みました。赤なまこは固いので出来るだけ薄く切りました。長崎ですと、酢は橙酢を使うんですがね。

今回のなまこは、二つとも内臓が入っていました。
Namako3
愛知県、特に三河湾はこのわたが有名ですし、文化がありますので「一の腸」「二の腸」と分けていますね。どの部位が一で、どの部位が二なのか何回聞いても分かりません。黄色く見える麺のようなものが生殖巣なんでしょうか、なら「このこ」ですね。この部分を塩漬けして保存してみました。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

海鼠腸

シーズンに一回は食べなくてはいけないのですが、今年はまだナマコを食べていません。同じくナマコの内臓「海鼠腸」も正月明けの安くなってから、一度はいただきたいものです。例年、深谷さんに良いものが出てくるのですが、今年はやっときょう見つけました。
Konowata_20200319131301
一つ1,500円だというので、一つは友人に送るように二つ買ってきました。

佐久島の海鼠腸は日本三大珍味の一つで、その昔は将軍に献上されたとか、独特の磯の香りが苦手な方もいらっしゃいますが、私は好きですね~。温かいご飯にまぶして、焼き海苔で包んでいただくとこれは絶品です。

ナマコも最後ですから買ってきたいですね、しかし暖かくなるとナマコのコンディションが悪く、傷んでいるものを掴まされるのが怖くてね。ビニール袋の入っているので、良く見えないんですよ。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

シラスウナギ豊漁

今年はいつになくシラスウナギが豊漁なんだそうです。養殖業者の池入れ価格も、五分の一から六分の一まで下がったようですね。高く入れた方々が大損かと言うと、そうでもなく昨年のしらすが不漁でたくさん入っていないため、土用丑までに売ることが出来れば、高値で売ることが出来るでしょう。
Eel3_20200313094801
逆に昨年のウナギを土用丑近辺まで持ち越すと「二歳」と言うことで買ってくれなくなる恐れがありますから、今、昨年のウナギを持っている方は五月までに何とか片付けてしまわなければいけません。

そんなわけで、鰻屋さんから電話がありいただくことになりました。
Eel2_20200313095101
これはもう特大サイズですね、3Pというやつです。生のウナギで三尾で1kgあるということです。
さっそく、白焼きでいただきましたが外はパリッと中はフワフワで、本当に美味しい。
Eel1_20200313095301
一人前半分で上等です。今夜は蒲焼きでいただきましょう。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

ニギス

先日facebookを見ていたら、以前ここへ良く来ていただいた「越後屋さん」が大府の元気の里でニギスを買ってきて、塩焼きにしたら美味しかったと書いてありました。

その翌日、偶然さかな村でも新鮮で大きなニギスが出ていたので買ってきました。越後屋さんには「塩煮」も美味しいですよ。とコメントしたのですが、塩煮や丸で鍋に入れるには、内臓を出す必要はありませんが
Nigisu1_20200312080501
腹鰭だけを取っておくと食べやすいです。
Nigisu2_20200312080601
銀の爪で根元まで引っ張り、むしってしまいます。
Nigisu3_20200312080801
また新しいと鱗が気になる場合がありますので、水洗いしながら指や爪でこすって取ってしまいましょう。

今回は鍋と塩煮でいただきましたが、煮すぎるとバラバラになりやすいですから、火が通ったらすぐいただきます。今は産卵期なのか卵や精巣が発達していますので美味しいです。

日曜日に元気の里へ行ってきましたが、この半分くらいで500円でしたから、倍くらいの値段ですね。テナント料が高いのでしょう。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

サトウガイ2

サトウガイの学名はScapharca satowi DUNKERだそうです。属名にサトウが出てきます。明治時代、東京に居たイギリスの外交官アーネスト佐藤さんのことだそうです。その方の名前が二枚貝に付いた経緯までは書いてありませんね、手元の図鑑にも載っていません。
Satougai_20200311072001
調理して、まな板に打ち付けると、せり上がるように硬直します。新鮮な証ですが残酷と言えば残酷です。

味は素晴らしいですね、色が写真ではきれいですが実際には赤貝より薄く感じました。

二枚貝の旬ですからね、美味しいはずです。

4つしかないのが残念、女房が帰る前だったので全部食べてしまおうかと思ったのですが、半分ずつしました。食い物の恨みは恐ろしいですからね~。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧