2016年10月 7日 (金)

そしてポケモンgo

 養鰻業者の敷地内にポケモンが出るそうで、無断でポケモン狩りの連中が出入りするんだそうです。とうとうその連中と池主がトラブルになり、池主が暴力を振るわれ、携帯電話も壊されたんだそうです、全く馬鹿な話で一文にもならない、たかだかゲームで犯罪を犯して、とんでもない勘違いをしているんでしょうね。

 養鰻業者はだいたい1億円前後の鰻を飼育していますから、非常に神経質になっていまして、毒物を入れられないか、電気を止められないか、病気を持ち込まれないか、気が休まる時がありません。しかも、それで殴ってしまったというならともかく、殴られてしまったというなら、お気の毒と言うしかありませんね。
 近くのさかな広場は、私も魚を買いに行くところですが、週末の夜ともなると500人ほどの車と人間で賑わっていて、歩く人達はまるでゾンビのようだと言います。しかもその様子を見学に行くゲームをやらない人もいて、夜は屋台のお店でも出せば繁盛するんじゃないでしょうか。
Car  これはポケモンgoが配信されて少ししてから、さかな広場の中で見かけたもの。車のバンパーがガードレールに置き忘れています。これもおそらく、ポケモン関係でしょうね。
 つい先日の早朝も、パトカーが来ていたのでなんだろうと思ったら、魚関係のトラックと、SUVが事故をやってまして、これもそうだな~と思いましたが、トラックがお気の毒ですわ。

| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

ポケモンgo・3

 高橋尚子さんがパチンコ依存症ではないか?という記事が出ていますね、連続で11時間とか、もう依存症以外の何者でもありません、早い話がビョーキですから、一刻も早く足を洗った方がいいですよ、タバコや酒と違って禁断症状はありませんから、意志が強ければ1~2ヶ月で治ります、ねえオリンピック優勝のしかも国民栄誉賞を貰った英雄じゃないですか。

http://news.livedoor.com/article/detail/11836397/
Pijotto  さて、ひきこもり『ポケモンgo』ですが、何と我が家の建物の両端にポケストップが2か所ありまして、家の中をうろうろして電波状態が良ければ、アイテムをゲットできるのです。しかも、ポケストップは5分もすればリセットされるので、何度でも出来ることになります・・・実際には面倒なのでやりませんが。
 
 相変わらず家の外にはポケモンが遊んでいるようなので、タップすると家の中に入ってきます。これはベランダでアイテムをゲットしようとしていたら、遊びに来た鳥さんです。
 Qちゃんもパチンコよりはポケモンgoの方がましだと思いますよ。

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

ポケモンgo・・・2

 知り合いが『ポケモンgo』をインストールしたのですが、人に見られると恥ずかしいと、人のいない場所でばかりやっているんだそうですが、やはり人のいないところにはポケモンもいない、とこぼしていました。

 確かに私の仕事場では、周囲に全くポケモンの気配はなく、かすかに近くにいるポケモンが表示されるのですが、探しに行けばWi-Fiが切れることになり、捕らえることは不可能です。
 しかし我が家では建物の周りに結構ポケモンが棲息していて、有効範囲内のポケモンをタップすると部屋の中に入ってくるので、捕まえることが出来るのです。
Pokemongo2  我が家は集合住宅の10階にありますので、ポケモンを認識するのに高さは関係ないって事ですね。
 
 これは「ナゾノクサ」と呼ばれるポケモンで、家の中で捕まえたものです。こうやって数匹捕まえましたが、写真を見ると本棚に置かれたぬいぐるみのようですね。

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

ドラゴン・クエスト25周年記念

ドラゴン・クエストが発売されて25周年になるのを記念して、Wiiでドラゴン・クエスト1・2・3の復刻版を発売するというので、予約して購入しました。
Draque2 25年前のドラゴン・クエストは家庭用ゲーム機の走り、スーパー・ファミコン用のRPGゲームで、スーパー・マリオなど動きを要求されるゲームは苦手な私でも、こつこつポイントを重ねてレベルアップするゲームなら、なんとかプレイできるのでやってみました。

しかし、これがなかなか面白い、最初はスライムさえ手こずっていた主人公=私がいつの間にか、高価な武器防具を身につけ、呪文で体力を復活させて、手強いモンスターと互角に戦うことができます。

ただ、その頃は当たり前だったのでしょうが、レベルアップしたデーターを次回に持ち越すためのセーブは、王様から復活の呪文という、無意味なひらがな20文字を与えられ、次回プレイするときにそれを間違いなく打ち込めば、セーブしたところから始められるが、間違うと、せっかくレベルアップした時間が無駄になってしまうということを、何度かやりました。

今回のゲームには、そのスリルを味わう事ができる、当時そのもののゲームと、自動的に記録してくれるバージョンのものがありますが、当時のものは恐いので、新バージョンのものをやっています。

ゲームを始めると分かるのですが、こんなに単純なゲームだったのかと驚かされます。武器や防具、道具の種類も少ないし、呪文の数も10個しかない、ストーリーも単調です。

これは、その後ドラゴン・クエストが新しくなる度に、いろいろな多用なゲーム性が加わって、しかもストーリーがオプションで色々選べたりする、複雑さに私自身が慣れすぎてしまったのでしょう。こうなってくると、私自身の記憶だけでは対処できなくなり、攻略本などが必要になってきてしまうのです。まさしく、強い刺激に慣れすぎた現代人、といったところでしょうか。

ドラゴン・クエスト、もの悲しい単調な音楽がとても懐かしかった、小さな子供がいるのに夢中になってゲームをしていた私、今も変らないけど・・・・・その間、テレビを見ることができない女房も不満だったでしょうね~。
Draque 今回、おまけで「小さなメダル」が巾着袋付きで付いていました。小さなメダルは、ゲーム上、落ちていたり、貰ったりで、集めると色々なアイテムに交換できる、というもので、別にゲームの行方を左右するものではありませんが、アイテムには結構便利なものが多く、ゲームに幅を持たせていましたね。調べてみると、ドラゴン・クエスト3から小さなメダルが登場したようです。

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

ゲーム

Ds1 最近、我が家では家庭団らんを無視して、ゲームに夢中な方々がいるので、私も流行の任天堂DSLLなるものを購入してみました。

税込みで、2万円ちょうど。

何を隠そう、私本当はゲームが大好きで、ドラゴンクエストはシリーズ最初のファミコンの頃からやっていました。子供たちが小さい頃からで、最初の頃のドラゴンクエストは、セーブするときに復活の呪文を聞いて、書き留めなければいけなかったのですが、それを間違えてしまうと、その日の活躍が無効になってしまうという悲しいゲームでした。その後、協会へ行くとセーブしてくれるという便利な機能が出来ましたが、お子様などが何気なしにリセットボタンを押してしまうと、やはりおじゃんになってしまうということがありましたね。

さて、ゲーム機本体を買ったものの、ソフトがないので遊べないなぁ~と思っていたら、からっぽ娘1号がドラゴンクエスト5を2号がスーパーマリオを貸してくれました。スーパーマリオ、苦手なんだよね、ちょっとしか進めません。

ドラクエ5はスーパーファミコンでその昔やりまして、DS用の復刻版ということでしょうが、もうすっかり忘れています。
Ds2 結婚相手を選んだり、倒したモンスターを仲間にして一緒に旅をしたり出来るという趣向が面白かったです。

ゲームの困ったことは、本を読まなくなることですね。

早く切り上げなければ・・・・・

| | コメント (2)