2024年4月17日 (水)

石ガツオ

青天の霹靂と言ったら真に失礼かと思いますが、中日ドラゴンズが単独首位まっしぐらです。これでも開幕当初、片目も開かなかったときには「昨年と変わらない」との批判があったようですが、秋まで150試合に近い試合数なのに数試合の勝ち負けで批判してはいけません。と我が家の婆さんを叱っておきました。「今から全部勝ったらどうするんだ、記録的な勝率になるぞ!」と言ったんですが、本当にそれに近くなってしまいました。これで中日新聞の大好きな根尾さんが、ローテーション投手にでもなったら、梅雨明け頃には優勝が決まるのではないかと、密かに思っています・・・・・(大笑)以前言ったように、プロ野球チームなんてドラフトもあるし、トレードもある。12チームの戦力ってのはそんなに差があるものではありません。強いて言えば、やはり指導者の力量でしょうかね~。昔からよく言われた、ジャイアンツが金で有力な選手をかき集めてしまうってのも、今では通用しませんよね。ジャイアンツにそれほどの魅力があるという時代は終わりましたしね。筒香さんだって、ジャイアンツに決定なんてデマが流されましたが、ちゃんと古巣に戻るようですしね。

そうそう、メジャーリーグに行った選手は、殆どの方が古巣に戻りますよね。メジャーにいく際によほどトラブルがなければ、お世話になった所ですからね。帰って来ます。あのダルビッシュさんも日本ハムに帰りたいと言っていますしね。この地区には、メジャー帰りでライバルチームに行かれた選手がいますが、力が衰えてからその古巣に戻り、今ではこの地区で解説やってます。ドラゴンズファンはどう思っているのか不思議でなりません。
Katuo1_20240417113001

さて待望の鰹を買ってきました。宮崎産で1尾1,200円ですから、とても安い。大きさがやはり小さいので、ゴリではないかと心配しましたが買ってきました。
Katuo2_20240417113301

見た目はそんなに悪くはなさそうです、たたきにしてみましたがちょっと首をひねるような食感と金気です。実はゴリガツオは、カツオの血合いの血液臭さ=鉄分の匂いを非常に多く感じることがあります。血合いを削ぎ落としてもダメです。たたきは薬味がたっぷりですし周囲を焼いてありますから、次は刺身です。

やはり酷くはありませんが、ゴリの食感ですね。切っていて分かります。
Katuo3_20240417114001

また、刺身の断面がカツオ特有の小豆色ではなく、白っぽく見えるのも特徴です。こういった刺身は漬けにして翌日食べることがありますが、食感は変わりませんね。まあ安かったし、このドレスの姿でも、アラが沢山取れましたから、アラ煮にしていただいたので良しとしましょう。

アラ煮は日本酒と塩、オリーブオイルで煮てみました。スライスしたニンニクとショウガも入れたらとても美味しかったです。もちろんブラックペッパーは欠かせません。

ただし、カツオのアラ煮は小さな子供には食べさせることは出来ませんね、骨が多いし硬くて細かい。一人で三日かかっていただきました。

| | | コメント (0)

2024年3月16日 (土)

小イカ

大谷さんの奥様、実に清楚できれいな方のように見受けられましたね。出自がはっきりしたのですから、色々な方も仰っているように、もうこれ以上の詮索は止めておきましょうや、マスゴミの皆さん。それにしてもこれから、奥様の友達や恩師を名乗ってコメントする方が一気に増えるのでしょうね。

一番面白かったのは、ネットのあちこちに「女子アナでなくて良かった」「タレントでなくて良かった」という声が溢れていたことです。(爆笑)

火曜日は久しぶりに小イカも買ってきましたが、これが実に小さい小小イカと言っても良いくらいの大きさで、小さなものは全長が手の親指ほどしかありませんでした。
Ika1_20240316162901

イカってのも種の同定が難しく苦手なんですが、ジンドウイカなんでしょうか?皮が剥けて汚く見えますが、鮮度は悪くありません。逆に皮が剥きやすくて楽な利点もあります。これだけで100パイ近くあるのではないでしょうか。

さすがにこれだけ小さいと、鰭と脚を生かすことは出来ませんので、廃棄しました。

昔からこの小イカは好きなんですが、時としてあまり美味しくない種類も水揚げされていることがあります。今はそれが見ただけで分かるので買わないようにしています。

このイカは柔らかくて甘い美味しいイカでしたが、仕上げでは何回もよく洗わないと砂がある場合もありますので要注意。
Ika2_20240316163501

砂が入るのは漁法が底曳きだからだと思います。

| | | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

ワカメもお終い

大谷さんの奥様が披露されましたね、顔見せに対してヒステリックに否定したわけではなく、ごく自然に遠征に帯同される奥様が写されている実に清々しい顔出しではありませんか、もうマスゴミもこれ以上追いかけ回すのは止めてあげたらどうでしょうね。

火曜日、深谷さんに小イカを買いに行ったら、ワカメが安くでていましたので買ってきました。もう季節的に終わりなので、結構大きいものがまとめて売られていました。毎回そうですが、孫達の家の分も購入。ワカメはミネラルや食物繊維が豊富なので、孫達には必須ですしとても喜んでくれるので爺さんも張り切って買ってきます。

ワカメは葉の部分と茎の部分、そしてメカブの部分に分かれ、それぞれの調理は時々このブログで披露して無駄のないようにしています。
Wakame1_20240315101201

根元に近い茎は固いので長時間煮込んで佃煮にするのがベストですが、葉先に近い部分はとても柔らかく、普通に味噌汁に入れたり、酢の物にしても良いのですが、この独特の食感から漬物にしてみることを思いつきました。三軒分の根に近い部分の茎だけを30センチほど切り取り、それを短冊状に切ります。この根から離れた部分は扁平なので、とても包丁が入れやすいです。
Wakame2_20240315101501

これを熱湯に入れます。色が鮮やかな緑色に変わり、春の色となります。二分ほど茹でてから冷水に取り、良く水分を切った後、市販の浅漬けの素に漬け込んでおきます。
Wakame3_20240315101601

タカノツメを忘れずに入れておきましょう。

見事、思惑通りの食感と味になりました。箸休めにピッタリ。

話は変わりますが、ワカメにも似たような種類でヒロメってのがあるのをご存知ですか?ワカメより水温が高い場所を好むようです。

形態はメカブが見られないこと、葉の切れ込みが殆どなく、全体に丸く見えることです(海中にあるときは根で岩に留まっているので、葉は水中に立っているように見えますから、形がはっきり見えます)。

私は三重県に居る頃、南島町の海で見たんですよね。

| | | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

蕗味噌

いやはや、いつも大谷さんは日本中を驚かせてくれますね。

実におめでたいことです。やはり人間ってのは家族が居てなんぼですからね。しかし、お相手が「日本人の普通の女性」だと言われましたので、その点を安心した方が、日本中には沢山おられたと思います。いろんな意味で・・・・・

さて、フキノトウは早速、我が家の春の味「蕗味噌」を作りました。それぞれのご家庭で作り方は様々だと思いますが、我が家では萼と一緒に細かく刻んでから、たっぷりのゴマ油で炒め、そこに砂糖を投入、その後味醂を入れてしばらく炒め、味噌を入れながらかき混ぜます。適度に水分が飛んで固くなったら出来上がりですが、かなりゆるめに仕上げてあります。
003fuki

春の味、強烈な苦みが明日の朝、体内の毒素を排出してくれると信じています。天ぷらも食べたいのですが、今年はフキノトウの出が少ないので我慢しましょう。
001akebi_20240301175801

ベランダのアケビも芽が出始めて、春の準備完了です。昨年から花を見せてくれますので、今年も楽しみです。もう葉が開き始めていますが、花芽も一緒に膨らんでいます。
002akebi_20240301175901

実がなることを期待していますが、こればっかりは鉢植えですからね。でも大切にしてるんですよ、台風の時は大鉢を抱えて部屋の中に入れますしね、二三日留守をする時は、受け皿を大きな発泡スチロールにして行ったりね。

| | | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

ドラファンはどM

プロ野球もオープン戦が始まったようです。
Baseball1_20240225101101

しかし、相変わらず中日新聞はダメですね。確かにまだオープン戦だから、本番に向かって欠点を修正していくのが目的でしょう。勝ち負けにこだわる必要は全くありませんが、新聞の見出しは、まるで勝ったかのよう。9回のたった1イニングだけ投げた投手が、無失点だったと褒めそやす大きな見出し、試合結果は10対0で完封負けだというのに。中日新聞としては、なんとか今年のドラゴンズの欠点を追求してアドバイスするような記事にしなければいけません。それが地元の新聞社の「愛」だと思うのですが、どうもダメですね。
Baseball2_20240225101601

翌日の新聞、中日新聞や地元テレビが大好きな根尾さんが4回1失点だったと、やはりもう鬼の首を取ったような大騒ぎ。ところが試合結果は、3対0で完封負け。しかも、根尾さんは負け投手・・・オープン戦二試合で1点も取っていないと言うことです。

奇しくも、江本さんのyoutubeで元中日のコーチをやったこともある、伊東勤さんが、長年私が主張していることと、全く同じ発言をしておられます。

https://youtu.be/FAJed61cJYI?si=z0zKC3IdDP8p1tDO

これは中日ドラゴンズファンは必見ですよ。名前は言わないまでもOBの方の一人を、元凶と仰っていますが、これも私と同じ意見です。

こんな事ばっかりやっているから、他地区から来た名古屋の放送局のアナウンサーも、はっきりした物言いが出来ずに、阪神ファンであっても、「ずっとドラゴンズファンです」と言わざるを得ません、でこの地区から離れれば大っぴらに阪神ファンを公言してますよね。

愛知県に来たら、誰もがドラゴンズファンで、そうでない方は宗旨替えしなければいけないという風潮が、情けない。

ファンの皆さん、今年はどうなるのでしょうね。この新聞の書き方は、まさしく監督を切るつもりはない!という意思表示です。

ファンの皆様に最後に一言。

「ドMは私生活だけにしておけ!」

| | | コメント (1)

2024年1月22日 (月)

大谷さんグローブ

孫達の小学校にも大谷さんのグローブが届いたようです。
Ootani_20240122113401

小三の孫、みちたんは学校で使っているタブレットで写真を撮ってきたようです。

どうやって使うのか聞いてみましたが、良く分からないようです。

まさかもうメルカリに出ているようなことはないよね。

| | | コメント (2)

2023年11月25日 (土)

大相撲

私が中学生の頃だったと思いますが、学校の先生から「静岡県の人間は温暖な地域に育っているから、根性がない。だから大相撲の関取が育たない」と言われていました。確かに冬は空っ風が吹きはしますが、雪の降ることは滅多になく。実は九州より暖かいのではないかと思えるくらいでした。実際に大相撲の関取が皆無だったわけではないと思いますが、結びの一番を飾るような華やかな関取は、明治だとか江戸時代以前に遡らなければ居なかったのかもしれません。

ところがどうでしょう、何年か前に翠富士という小兵力士が活躍をし始めた、と思ったら作場所から今場所に掛けては、熱海富士関が優勝争いをするような時代になってきました。
Oozumou

こんなことは静岡県出身者にはちょっと信じられませんね、熱海富士さんはあの北の富士さんが、何年か前から注目力士だと誉めていましたから、気にはしていましたが、実に堂々とした正統派の力士と言えるのではないでしょうか。

もちろん翠富士さんも小兵の技能派ですから、見ていて楽しいです。しかもこの2人同じ部屋ですから、お互い援護射撃しながら頑張ってほしいものです。今日は熱海富士×霧島の実質優勝戦です、熱海富士さんには大関総なめで優勝して欲しいですね。

そうそう、忘れてはいけません。今場所の幕下優勝は聖富士(さとるふじ)さんです、この方も焼津出身、しかも2人と同じ伊勢ヶ濱部屋、まだ19歳ですから今後が実に楽しみです。まで髷が結えません、熱海富士さんが出を待つ時に後ろで控えながら、汗を拭いたり、マッサージする姿がよく見えます。

今場所も今日と明日の二日、今年の有終の美を飾ってほしいものです。

| |

2023年10月 2日 (月)

お約束・2

今回のアジア大会でも、試合結果が気に入らないとごねて会場に座り込んだり、審判を恫喝したりするのは、半島の2カ国だけです。

これは明らかに、自国民へのパフォーマンスに過ぎません。

試合に負けた言い訳を、審判のせいにしているのです、しかしね~北は知りませんが、最近では南では、それがみっともないと批難されていることも知らなければいけません、確かに北の場合は切実ですからね、負けただけで収容所に送られたり、罰せられたりで大変なようですから、同情もします。

しかし、水を強奪した選手は、してやったりと思ったかもしれませんが、日本の水を飲んだともっと酷い罰が与えられたかもしれません。

いずれにしても、お国柄・国民性ってものがあるんだということが、良く理解できますね。

| |

お約束

もう国際大会では、お約束の行為ですね。

しかし、日本の水を欲しいなんて、おかしな話です。「処理水だよ」って言ってやれば良かったのにね。

| |

2023年9月28日 (木)

ウォーキング

今日発売の週刊新潮に、どれくらいウォーキングすれば健康を保つことが出来るか、と言う記事が出ていました。それによりますと、目標によっても違うんだそうですが、10,000歩、歩かなくても8,000歩で十分だそうです、ただししっかり早歩きがそのうち20分は必要だとか、1,2000歩を越えると足や体の疲れが出てくるので、弊害もあるとか。確かにそれは頷けます。私の友人で佐世保に住むI君は山をトレッキングしながら、佐賀まで行ってしまい「流石に1日20km歩くと疲れる」と言っていますが、これはもう超人の類いで真似をしてはいけません。

私の場合はあまり健康のために歩くという意識はありません、何が一番の目的かと言えば「野次馬」ですね。自然観察を含めた、町の観察が一番の目的で、変わったことがあれば記録して、この場でぼやくと言うことが一番のストレス発散です。
Park1_20230928104201

先日のセントラルパークの変な建造物は出来上がったようで、柵は取り払ってありましたが、私の行く時間には何もイベントのようなものは行われていません。ただ煌々と電気で照らしているだけです。ポスターや看板が掲げてありましたが、実験中とも書いてあります。結局、飲み食いのイベントが行われることは確かですね。
Park3_20230928105001

この灯りに怯えたのか、ここを宿にしている二人のホームレスの方は居ませんでしたね~。
Park4_20230928105101

やはりあの方々も、世間に遠慮しながら生きているのでしょうから、環境変化には弱いのかもしれません。
Park5

刈谷駅周辺をグルッと回り、再び通りかかったら何と自転車の方はいつものように多目的トイレを使用中でしたから、どこか小さな公園で夜を明かしたんでしょうか。とてもきれい好きな方だと思います。
Parl2

しかし、限界集落など一つも抱えていない、そして税収はたっぷりあって、裕福な自治体なんでしょうね。

| |

より以前の記事一覧