2024年4月18日 (木)

黄砂

「太陽が黄色く見える」という表現は、性的な表現と取られる場合があるので、若い女性は気をつけて下さい。
Kousa1

昨日から、大陸からの黄砂の影響で、全く見通しが利きませんが、これで小雨でも降ると車はドロドロになってしまうのでしょうね。

窓を開けていても良い季候なんですが、締め切っています。
Kousa2_20240418140001

小林製薬の紅麹サプリ問題も少し静かになりましたが、健康になろうとして高い金を出して、その健康を損なってしまうと言うのですから、本末転倒も良いところです。私はケチだから、絶対にそんなもの買いませんし、信じていません。何でも、効能ってのがあればその逆の、悪い効果だって出てくるのが当たり前。ましてや今回の毒素ってのは、本来の紅麹以外のものが混入した恐れがあるというではありませんか。

悲しいのは亡くなった方だって、そのままサプリなんて飲まなければ少しでも長生きできたはずなのに、サプリを飲んだお陰で亡くなってしまったということです。

結局、人間の知恵ってのはこの程度の事で、何か事があってみないと、危険性・リスクは推測できないって事です。特に医薬品やサプリメントなんてね。

所で我が家の今年のクチコ製造は終了、何とか黄砂が襲来する前日までに干し上がりました。しかし、上手く「バチ」型に成形できないな~。
Kousa3_20240418140001

ところでクチコって酒の肴以外、食べ方ってあるのでしょうか?生のものと比べれば、癖はなくなりますが、明らかに珍味の部類ですよね。

| | | コメント (0)

2024年3月18日 (月)

四股踏んじゃった

今朝も張り切って徘徊に出かけようとしたのですが、寝ていても強風で窓が鳴っているため、お休みです。

手紙も書かなければと思いながら、億劫になってきているのはやはり歳だからだと最近つくづく思いますね。

ところで昨日の菜の花のように見えた黄色い花ですが、あれはセイヨウカラシナという、外来植物だと思われます。昨日の写真のように爆発的に、発芽してきますね。きれいだと喜んでいるようですが、河川の堤防はあっという間に埋め尽くされてしまいます。
Karasina

この辺は種子が少なかったので、成長が良いようです。

最近、早朝に出掛けると、途中の公園や広い場所で『四股』を踏むようにしています。

四股はご存知のように、お相撲さんの準備運動としてあまりにも有名ですが、相撲以外の武道でも取り入れられていることがあります。私も高校生の頃、剣道をやっていたので良く四股を踏んでいました。試合前などに左右の脚を交互に上げながら四股を踏むと、体重がズンと下半身に落ちてきて、実に安定感が良く動きがスムーズになるのです。

歳を取ってからの四股ですから、もちろん脚が高く上がりはしませんがふらついて倒れるようなこともありませんので、結構気に入っています。もちろん正式に習ったわけではありませんが、何度かやっているうちにコツのようなものを覚え、一番自分にとって安定する足の上げ方になってくるものです。全てのスポーツに効果があるとは思えませんが、年寄りの徘徊には結構効果があると思います。

| | | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

お葬式

昨日(17日)はお葬式に行ってきましてね、いつも鰻BBQにご招待頂く、鰻屋さんのお父さんが亡くなったのです。実は旧一色町のお葬式は非常に派手でお金が掛かるお葬式でしてね、普通のお年寄りが亡くなっても生花が数十も献花され、どこの議員さんが亡くなったのか?と思うような葬儀が多かったのです。それが、コロナ騒ぎで西尾市の方から、大勢集まっての葬儀は自粛して欲しいとの要請があるようになって、少しずつ静かになったとは聞いていました。

葬儀の前、喪主にお悔やみの連絡を入れたところ、家族葬で行うから、香典・献花は遠慮するというお話しがあった・・・が故人とは長い年月知り合いでもあるし、お別れに行くことにしました。

式場に入ると、そちらのご家族はみんなよく知っていますので、お悔やみを述べ、故人と対面させて頂きました。85歳だと言います、私が初めて会ったときは50歳前だったことになります、月日の経つのは早いものですが、あまりお顔や姿が変わっていなかったことが救いでした。

20人~30人くらいの静かで実に良いお葬式でした。本来鰻屋さんという商売なら、取引先が駆けつけて、実に賑やかなお葬式なるのですが、私語も全くない厳かで清廉なお葬式で感心してしまいました。

人間死んでいくときは一人です、葬儀に大勢の人間に囲まれていたって、死んだ人間には何も認識されない、言い方は悪いかもしれませんが、参列者や花の数を競うのは、残った人間の見栄だけです。

今回、ご遺族がこのような簡素なご葬儀にするには勇気も要ったと思います。故人は7人兄姉だったと言いますし、その中で初めて亡くなった方だそうです。喪主のおじさんやおばさんが、多いですからね、何かと言われたかもしれません。
Stricta1_20240120101701

合掌。

| | | コメント (0)

2023年11月15日 (水)

やはり出ましたね

News1_20231115111301

ずっと危惧されていたことですが、こういった事件はこれから常に起こってくるでしょうし、確信犯でも世の中の傾向と、警察の逃げの体質・面倒くさいと言う意識から、大した罪にはならず無罪放免されてしまうのではないでしょうか。

これがエスカレートすれば、幼児などの悪質な犯罪が助長されることは間違いありません。

だいたい裁判官などのいわゆる選民意識が高い連中の考える事は分かりません、どこかネジが何本か足らないのではないでしょうか、もしくは自分には関係がない、自分にはそのようなことに関わることはないと思い込んでいるのでしょうか?
News2_20231115111701

まあ昔から、エリートの皆様に対する庶民の戯れ言が全てを物語っていますけどね。

『先生と言われるほどの馬鹿でなし』

| |

2023年10月15日 (日)

ウォーキング

ウォーキングってのは本当に不思議で、少し前に無理をしてはいけない、12,000歩をコンスタントに連日歩くのは、体調不良のリスクがあると言いましたが、歩き始めると人間の性が出てきてしまうようで、どうしても無理をしてしまいますね。8月頃は、8,000歩でいいんだ、と思っているのですがいつの間にか10,000歩を越え、12,000歩になってしまう。

連日12,000歩を歩き始めて、数日経過したら足裏に違和感があり、何か異物が入っているのか?靴下の繊維がほぐれたのか?
Mame2

シャワーを浴びた後、足裏を見てみると、何と大きな「まめ」が出来ているではありませんか。新しい靴ではなく、ここ何年か使用している靴なのに不思議です。

しかも、足裏の「まめ」は半世紀ぶり・・・そう高校生の頃、剣道をやっていた頃以来です。あの頃はかなり荒療治をしましたが、今回は自然に治るのを待つだけです。

| |

2023年10月 6日 (金)

コロナとインフルエンザ

現在愛知県ではコロナとインフルエンザが大流行だと言われています。

我が家では8月後半に婆様がコロナに感染し、私にも直ぐに感染るかと危惧しました、一応小さな住居でも隔離をし、あまり顔を合わせることはしませんでした、本人はかかりつけの医者に行くと言いますが、私が送るわけにも行かず、熱も微熱だったこともあり、一人自動車で出かけました。歩いて5分ほどの所ですけどね。

自動車内で待機しながらの診察らしかったのですが、コロナと診断されたようです。そして高血圧などの薬を常時服用していないという条件の下に処方された薬が非常に効果があったようで、症状自体・・・味覚異常や、呼吸器の異常、高熱等は一切なく、実に軽く収まりました。

婆様はなんと6回目のワクチン接種をしたばかりでしたから、軽く済んだのはそれもあったのかもしれません。

そして昨日、二女の下の子供かぷちんが微熱があるから、半日預かって欲しいと依頼され見ることになりました。

熱は37~37.2度ですから確かに微熱、しかしあまり食欲もなく倦怠感があるのか、ずっと機嫌が良くありませんし、不安がります。この子昨年の今頃ディズニーシーのホテルでコロナを発病して、ディズニーシーを棒に振った子です。

途中、何回か熱も測りましたが問題ありませんでした。昼食も一口二口うどんを食べただけ。

午後、母親が帰ってきて、熱を測ったら40度あると言います。膝も痛いと言い出しましたから、インフルエンザの関節痛、筋肉痛間違いありません。病院を予約してあったので、診察に行った母親から「インフルエンザでした」と連絡がありました。

では我々爺婆にも感染ってるか?まだ今年のワクチン接種はしていませんからね、私はインフルエンザに特異的に弱いので、ワクチンだけは欠かさず打っていました。もし、感染っていれば実に30年ぶりくらいです。

一番心配なのは今感染している、かぷちんとその姉のみちたんです。大人はタミフルやリレンザがありますが、子供はどうなんでしょうか?

一応丸一日経ちましたが、爺婆に症状は見られません。まだ潜伏期間の内かもしれませんから、油断できません。
Satumaimo

かぷちんが、吐くと言っていたので大好きなサツマイモを焼いてあげました。2時間近くかけてゆっくり焼いたサツマイモです、バターたっぷり。食べられると体力も回復して良いのですが。

 

| | | コメント (1)

2023年9月28日 (木)

ウォーキング

今日発売の週刊新潮に、どれくらいウォーキングすれば健康を保つことが出来るか、と言う記事が出ていました。それによりますと、目標によっても違うんだそうですが、10,000歩、歩かなくても8,000歩で十分だそうです、ただししっかり早歩きがそのうち20分は必要だとか、1,2000歩を越えると足や体の疲れが出てくるので、弊害もあるとか。確かにそれは頷けます。私の友人で佐世保に住むI君は山をトレッキングしながら、佐賀まで行ってしまい「流石に1日20km歩くと疲れる」と言っていますが、これはもう超人の類いで真似をしてはいけません。

私の場合はあまり健康のために歩くという意識はありません、何が一番の目的かと言えば「野次馬」ですね。自然観察を含めた、町の観察が一番の目的で、変わったことがあれば記録して、この場でぼやくと言うことが一番のストレス発散です。
Park1_20230928104201

先日のセントラルパークの変な建造物は出来上がったようで、柵は取り払ってありましたが、私の行く時間には何もイベントのようなものは行われていません。ただ煌々と電気で照らしているだけです。ポスターや看板が掲げてありましたが、実験中とも書いてあります。結局、飲み食いのイベントが行われることは確かですね。
Park3_20230928105001

この灯りに怯えたのか、ここを宿にしている二人のホームレスの方は居ませんでしたね~。
Park4_20230928105101

やはりあの方々も、世間に遠慮しながら生きているのでしょうから、環境変化には弱いのかもしれません。
Park5

刈谷駅周辺をグルッと回り、再び通りかかったら何と自転車の方はいつものように多目的トイレを使用中でしたから、どこか小さな公園で夜を明かしたんでしょうか。とてもきれい好きな方だと思います。
Parl2

しかし、限界集落など一つも抱えていない、そして税収はたっぷりあって、裕福な自治体なんでしょうね。

| |

2023年9月13日 (水)

村木砦

今朝は雷予報を確認してから、歩を西に向けました。

すぐに隣町、東浦町です。

村木神社の西側に村木砦跡がありますので、その辺から方向を元に戻す予定で再び歩き始めました。
Muraki1

村木砦は戦国時代の今川方の砦跡です、今は家康をやっていますが、そのかなり以前、まだ今川義元が生きている頃に、織田信長と今川勢がここで戦ったそうです。まだ暗いのにスマホのカメラは優秀です。
Muraki2

今は八剱神社として祀られています。今川勢ではなくヤブ蚊の襲来が激しいので直ぐに退散です。
Aretiuri

無理矢理に川沿いに出て、堤防を歩くとアレチウリの群生です。於大公園付近の川でも群生していましたから不思議ではありませんね、以前は信州の里山でもかなり蔓延っているのを発見したことがあります。
Kuwamodoki2

しばらく歩くと、これはブタクサかな?例の花粉症で悪名高き植物か?しかしちょっと、葉が違うような気がします。
Kuwamodoki3

家に帰ってから調べてみると、これはクワモドキ・・・別名 オオブタクサだそうです。大きな葉はクズですから違います。
Kuwamodoki1

こちらが葉っぱ。確かにクワの葉に似ていますが、この植物ブタクサと同じキク科ですからね、ちょっといい加減な名前の付け方じゃないですか。

クワモドキもやはりブタクサと同じく花粉症の原因植物だそうです。花も咲いていましたが、私は特に症状は出ませんでした。

| |

2023年4月21日 (金)

poison and toxin

大阪へ行ってきました。
Hinotori

その昔、三重県に住んでいる頃は大阪は単なる通過点で、近鉄特急で難波まで行き、そこから空港までのバスに乗ったものでした。その頃は、難波駅から出るバスがなく、その頃はまだあった大阪球場近くまで歩かなければ行けませんでした。ところが何度行ってもその道が覚えられなくて、迷ってしまったことを覚えています。ですから、大阪と言っても子供の頃の修学旅行と、万博しか覚えていません。

近鉄特急は最近話題になった『ひのとり』シートも快適ですし、乗りやすい車両です。昔から、近鉄はJR・・・国鉄と比べればサービスも良かったし、従業員も穏やかでしたね。

さて、先日まで東京の国立博物館で開かれていた『毒』展。
Poison1

3月から大阪市立自然史博物館で開かれていました。ポスターには「毒 poison」ですが、展示物は「poison&toxin」です。別に犯罪には興味ありませんが、「毒」という言葉に弱く、こういった話には非常に興味があります。特に自然の、動物、植物、鉱物などの毒は面白いものが沢山あります。
Poison2

身近の生物では蛇やスズメバチ、イラガの幼虫など、実にリアルで大きいモニュメントが飾ってありました。私も水産人なので、魚介類の色々なものに差されてきましたが、フグなどのtoxinにはまだ当たったことがありません。水産関係では80%以上は知っている話でしたし、私が知っていて展示していない話もありました。
Poison3

これはイラガですが、昔マクロで写真を撮ったことがあるのでとてもリアルさが素晴らしいモニュメントでした。

科学的なものや公害、農薬では知らないことが多かったです。面白いと言っては不謹慎ですが、バルカン腎症についてはとても興味深かったですね、何の先入観もなく小麦を刈り取って食べていたこの地方の方が、腎臓障害を引き起こしていたなんて、想像も付かなかったと思います。
Poison4
ことに、近年ジャコウアゲハの観察でウマノスズクサを見ていますので、余計に印象に残ったのかもしれません。

| |

2023年2月10日 (金)

花が咲きました(風邪3)

風邪でダウンしている間にtricolorの花が咲きました。
Tricolor1

ちょっと三色にはほど遠いのですが、花序の赤は出ています。先端が黄色く色づいてくれると思うのですが、まだこれからでしょうか?
Tricolor2

赤と黄色と紫でトリコロール。恐らくこの株は花が咲き終わると成長はなく、子株が出来てくるのかもしれませんが、見守り続けなくてはいけません。

体調は、今朝から微熱もなくなり36度台を維持しています。足のだるさもなくなってきました。鼻の奥に鼻水が溜まったような気配があるので思いっきり鼻をかんでみると、かなり濃く血液混じりの・・・もしかしたら脳味噌なの?ってものが出てきますが、それも収まってきました。

カテゴリーの「心と体」を見てみると、ここ数年間にこういった風邪をよく引いていますね。ここ数年のものは結構孫達から貰ったものが多かったですが、やはり出勤しながら車の中で休養していることが多く、我ながらよくこんなことをやっていたとあきれています。

今回のものも記録して検索できるように、表題に工夫をしておかなければいけませんね。

| |

より以前の記事一覧