2024年4月15日 (月)

早朝徘徊

先日のブリのカマは実に美味しかったですね。ほぼ3軒で刺身を食べて、まだ余るのですから安上がりです。
Burikama

ブリ糸状虫が居なかったのも良かったですね。

季節が進んで、早朝徘徊も日が昇るのが早くなってしまいました。太陽に当たると、ドラキュラのように灰になってしまうので、上がる前に帰ってこなければなりません。昨日は、かなり危険で日が当たってきた額から煙が出ていましたので、今朝は30分早めて出発しました。
Morning1_20240415135501

名鉄駅近くのライザップが閉まっているとお伝えしましたが、行ってみるとまだ閉まっていますね。何か保険会社と揉めているのでしょうか?結局休業補償なんかも請求されるのでしょうね・・・・近くに出来たからと、喜んで会員になった方は当てが外れてしまいましたね。一番近いところでもJR刈谷駅北口辺りですから、歩いて行くには遠すぎます。私の徘徊コースですけどね、会員の方もそこまで歩く元気があるなら、ライザップを解約して毎日歩いた方がずっと安上がりです。
Morning2_20240415140101

一ヶ月税込みで3,000円が安いような宣伝ですから、私のようなリタイア組にとても無理です。

さて例のセントラルパーク・・・サイモン&ガーファンクルのコンサートではありません。
Morning3_20240415140301

変な木造建築物、まだありました。その後何回か来てみましたが、なんのイベントの予告もなく、今朝はいよいよホームレスの方が一人、座っていました。まあ社会実験だそうですから、それも良し。

いつも言っているように、刈谷市ってのは金があるんだよね~~~。

| | | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

今年の桜も終了

鐘ヶ淵の隠宅に住む老剣客、秋山小兵衛を刀屋の嶋屋孫助が訪ねる。

時候の挨拶の後、酒が用意され小兵衛が

「わしも、あと幾度、桜花(はな)を見ることが出来るかなあ」と言うと

嶋屋

「大先生は、おいくつになられました?」

小兵衛

「六十をこえたことは、たしかじゃよ」

そして、私はその時の小兵衛の歳をはるかに超えてしまい、本当にあと何回桜が見られるのだろうかと、考えながら朝の徘徊の出掛けていった。
Kijoukouen1

火曜日の嵐のような雨風で、桜はもうとっくにお終い。亀城公園の池に落ちた桜の花びらが、花筏になっているかと覗いてみたが、下に落ちた花びらは木にある時よりも更に寿命が短いので、あっという間に変質、変色してしまっている。

ところで、桜は蕾から開花そして葉桜まで楽しませてくれる。いや晩秋の紅葉も実に美しい。そして花が散った後の、蘂の赤さも又きれいなものだ。今朝は、そんな桜を楽しんできた。
Kijoukouen2_20240411174601

散り際もなかなか風情があって良いではないか。
Kijoukouen3_20240411175201

物語では、小兵衛は長生きし、後添えのお春の方が先に亡くなってしまった。と作者の池波正太郎さんは、折に触れて書いていたが、残念ながらそこまでの小兵衛達の物語はない、池波さんが亡くなってしまったからだ。実に残念、もっともっと長生きされて、小兵衛も梅安も鬼平もその活躍を描いて欲しかったのに・・・・・

| | | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

お花見

昨日の夜、孫から電話が入り今日のお花見に誘われましたので、午前中出掛けてきました。

天候は暑いくらいですので薄着で出掛けましたが、我が家から700歩位で目的地の亀城公園に着きます。

まだ桜は2~3分咲きのものが多かったのですが、花見客は多かったですね。私のように子供連れの方が多かったです。
Hanami2

孫達の目的はもちろん桜ではなく『団子』と言っても、本物の団子ではなく屋台が出している。たこ焼き・オムそば・ポテト・かき氷など、最近食欲旺盛なので食べること食べること。

我々が子供の頃と違って今の屋台の料理は衛生的ですし、味もまあまあ。ただし、ゴミが山のように出ますので、ゴミ箱が直ぐに山のようになってしまいます。なんだか近年の廃プラスチック問題に逆行しているようで首をかしげてしまいますね。

12時前まで公園で遊び、昼は家に帰って来ましたが、公園での立ち食いが今日のお昼ご飯でした。
Hanami1

もちろん孫達もお腹がいっぱいのようでした。

| | | コメント (0)

2024年3月28日 (木)

お花見

今朝は雨も風もなかったので、少し徘徊をしてきました。

亀城公園の桜が気になっていたので、お花見に行ってきました。

もうあちこちにお店の準備が万端ですが、さすがに早朝ですし花見客も私以外は犬の散歩の方がチラホラですので、どこも開いていません。
Sakura3_20240328135601

昨年より店が増えたように感じますが、コロナが収まったからでしょうか。この体育館以外でも、お城の上の方にも店がありますから、可愛そうにここを縄張りにしていたホームレスの方が今朝はどこにも居ません。
Sakura4

そう言えば、セントラルパークはどうなったんでしょうね・・・・あそこのホームレスの方達も、ねぐらを変えてしまっています。
Sakura1_20240328140001

桜はまだまだですが、気の早い木はかなり咲いているものもあります。明日からまた雨が多くなるようですが、この雨では散るようなことはないでしょう。
Sakura2_20240328140101

また満開、もしくは散り時になったらお花見に行ってきます・・・・・早朝ですが。

 

| | | コメント (0)

2024年3月13日 (水)

ニシン

一昨日、孫二人を車に乗せ走っていると、姉のみちたんが「きょう3月11日は、東日本大震災の13年目なんだよ。」と言い出しました。

私は「そうだよ、だからすいすい(私のこと)は2時46分に一人で黙祷したんだ」と答えると「私もしたよ、みんなで。でも2時46分ではみんなが揃わないから、朝やったんだ」と言います。私は「それは偉かったね、気持ちが大切だからいつやっても良いんだよ。先生達が偉いんだね」と言っておきました。

12~13年前、私の孫はまだ誰も生まれてはいないんですが、先生のご指導の下にこういった災害で亡くなった死者の魂を悼む習慣を付けていくことは素晴らしいことだと思います。

先週、いつものスーパーマーケットへ買い出しに行き、鮮魚売り場を見ていたら北海道産のニシンがでていましたので、買ってこようと思いましたがなんと1尾600円とめちゃ高い。しかも、店員さんは生ではダメだと言いますから「いいよ、酢にするから」と言ったら、それもダメだと言います。じゃあ食べようがありませんから、買いかけたのですが、キャンセルして長崎産のマアジを買ってきました。大きなマアジが1尾600円。
Aji1_20240313160301

生や酢で食べられないニシンよりも余ほど上等です。そう言えば昨年の今頃も大型のマアジを買い、とても美味しかったことを思い出しました。

ドレスにしてもらい、例のごとく先に皮を剥き、三枚におろしてから小骨を全て抜きます。
Aji2_20240313160601

薄造りにしてから、大葉とネギの薬味をたっぷり載せ、たたき風にしてからショウガ醤油でいただきました。たたきでも良かったんですけどね。

ニシンと言えば、昨年厚岸からニシンを取り寄せたことがあり、刺身と酢の物、実に美味しかったことを思い出しました。今年も取り寄せようとしましたが、ニシンだけの発送はないようでしたので諦めました。

| | | コメント (0)

2024年2月29日 (木)

逃げる二月

昔から言われているようにあっという間に二月が終わろうとしています。もっとも歳を取ったから時間が経つのが早く感じることもあるのでしょうね。

季節の移ろいと共に、三寒四温と言いましょうか、天候が不安定と言いましょうか、朝の雨や強風で徘徊にも出られず、今朝は久しぶりの老人徘徊でした。
Today1_20240229171301

昼から姉という予報でしたので、朝焼けの天候でしたが、歩いている間は雨もなく、先日来気になっていたフキノトウの観察に行ってきました。
Today3

ここは公園の斜面で、日当たりは悪いわ、栄養はないわですから少し遅れ気味でしたが、少量のフキノトウは採集できました。なんだか年々少なくなっていくような気がします。
Today2_20240229171601

花が咲きそうなものは一つしか見えませんでしたから、本当に減ってしまったのかもしれません。まさか他に採りに来ている方がいらっしゃるとは思えませんしね。

| | | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

中華そば

ボランティアに出掛けた、昔のお客さんの息子さんが「朝市にラーメン屋が出来た」と教えてくれました。

ここの漁港を少し説明しておかなければいけないのですが、昔から漁港の競り場がありそこで、魚屋さんが小売りもしていたんですが、その近くに「一色さかな広場」がオープンしたのが20年以上前だったでしょうか?大型の店舗で中に魚屋さんや海老せんべい屋さん、乾物屋さんなどのテナントが沢山入った集合施設でした。ちょうど日本全国で流行った頃ですね、ここは日中営業です。

その隣にアーケードのような屋根が被った長屋のような10軒ほどの店舗があるのが「朝市」、ここは土日・休日には早朝から午前中近くまで、開いているでしょうか?

そして、一色漁協の横にある「さかな村」は、ご存知市場で競った鮮魚を、一般人の私たちにも売ってくれる、魚屋さんの集合施設です。

この三つの販売施設の「朝市」の一角にラーメン屋さんが出来たというのです。元は何のお店だったか忘れてしまっています。この辺は、平日は殆ど開いていないから私には用がないからです。
Tyuukasoba1

行ってみると、確かに幟と看板が出ています。ラーメンではなく中華そばでした。朝からあまり食べない私ですが、この中華そばという言葉に誘われて、入ってしまいました。良く最近見かける「○○系」と言われる、ラーメンではないのが気に入ったからです。

「いつからやってるの」と聞いたら「今年からです。」と笑顔で答えてくれたので、醤油味の中華そばを注文してみました。
Tyuukasoba2

私は中華そば・ラーメンに明るい方ではないので、講釈が言えませんが脂ギタギタの最近のラーメンとは違い、あっさりとした味と魚介系のダシがしっかり出ていてとても美味しい。

お店でこのような中華そば・ラーメンを食べたのは何年ぶりでしょうか、あっさりしているとは言いましたが、もちろん私が子供の頃食べたものと比べればはるかにこってりしたものだとは思います。

ごちそうさん。次に来たときには塩ラーメンもいただいてみるよ。と言って店を後にしました。

昼前、前述のさかな広場でミカンを買おうかと、寄ったところ、お店が閉まっていました。新しく開店する店もあれば、終止符を打つ店もあり、悲喜交々ですね~。

| | | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

昨日は火曜日でしたから、ボランティア活動に出掛けました。

家を出る4時少し過ぎは、風もなく暖かな天候でしたが、ぼんやりと霧が出始めていましたので、一色に着く頃には霧で前が見えないのではないかと心配でした。

案の定、海岸に近づくに従って霧が濃くなり、センターラインも見えにくくなってきました。こんな時に車のライトをハイビームにすると、霧に反射してかえって見にくいので、スピードを落としてゆっくり運転しました。
Fog3

霧は8時過ぎてもあまり収まることはなく、三河湾も知多半島も佐久島も全く見えません。
Fog2

太陽が出てきても、全くまぶしくはありません。こんな日は日中暖かい春の日だと思われますが、本当に汗が出るような日でした。
Fog1

 

| | | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

先生と言われるほどの・・・

私の親や祖父母の世代では、小学校中学校の先生と言われる方々は、非常に尊敬される立場で、ある意味「先生」を通り越して「先生様」と呼ばれることもありました。

我々の年代になってくると、ちょっと変わってきて、暴力的なおかしな先生がいるとかやけに女子生徒を触る先生がいる、とかの噂は出ていましたが新聞沙汰になったり、警察に捕まることはなかったと思います(やることはやっていたのでしょうが、もみ消し方が上手と言いましょうか姑息だったと言いましょうか)
News1_20240217144901

時代は変わり、今や年に何回教育界の不祥事が新聞を賑わわすのでしょうか。

こんかいのニュース。これ早い話が、校長センセの椅子を賄賂で何とかしてよって話ですよね。出していたのが教員団体・・・つまりガッコのセンセの集まりで、もらっていたのが市の教育委員会、泣く子も黙る教育委員会・・・こんな言葉があるのかどうかは知りませんが、かなりの権力だと思いますね。

河村市長も憤慨していましたが、我々何十年も生きてきた背中に苔が生えた爺さんは、ただ一言「やっぱりね」です。

10年以上だとか20年以上だとか言われていますが、急に始まることはありませんから、ずっとだと思いますよ。愛知県内の他の市町村を調べたら、そのような事実はかったとも言われていますが、そんなこと信用できるわけがありません。
News2_20240217145901

可愛そうなのは、今学校長やっている先生や、その昔やっていた方も、わいろで校長の椅子を買ったのかよ!と疑われてしまうことです。

前述のように、校長の椅子ってのはおそらくなかなかなれるものではないでしょう。一族の中でも誉れの高いことでしょうし、地域では名士として通っていることでしょう。

中には本当にご立派な先生、校長先生もいらっしゃると思います、なんだかそういった方々の足を引っ張ってしまいましたね。

| | | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

朝は冷たい

出掛けたのが5時少し過ぎ、案外暖かでした。

少し前はスマートウォッチの設定を9,500歩で、お知らせのバイブが鳴るようにしていましたが、もう年寄りなので適度なところで帰ることにしています。どこが適度かと言えば、その日の好奇心が満たされればそれで良し。
Sakaigawa1

今朝の一つ目の好奇心は、明日が雨だというので朝焼けはどうか?ということです。ここは境川、逢妻川、そして大府市から流れる石ヶ瀬川の合流地点です。この先は衣浦湾に流れ、三河湾へと注ぎます。

朝焼けは特にきれいではなく、通常の夜明けでしょうね。しかし、家を出るときは暖かいと感じていましたが、流石に夜明け前は手袋をしていても、指先が冷たく感じます。田んぼのあぜ道を通れば確かに、うっすらと霜が降りています。
Sakaigawa2

川に居るカモたちも、もうすぐ北へ帰る時期ですね。

さてもう一つの好奇心は、亀城公園のフキノトウです。

いつものホームレスの方に、出会うことが出来ましたがフキノトウはまだでしたね。備忘録である、このブログを確認すれば良いだけの話なんですがね~・・・・・

セントラルパークのホームレスの方二名は、変なイベントがあったためかどこかへ行ってしまいましたが、亀城公園の方は健在でした。寒い冬をよくぞ乗り越えたものだと感心してしまいます。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧