2019年6月15日 (土)

伊勢志摩旅行3

旅行の夕食は毎度恒例の浜島町『ヨット』

毎回言っていますが、ここは私が独身時代からお世話になっているところです。なんと今年で開業50年だそうです、ご夫婦共にお元気で安心しました。
Yotto1
ヨットと言えばカツオのたたき、このお皿は創業当時から使っていると思います。そうそう、私もここへ来るようになってから40年以上です。
Yotto2
孫たちはヒラマサの塩焼きと、もずくが気に入ったようでほとんど食べてしまいました。カニはタイワンガザミの雄ですね、ご主人がサービスで出してくれたものです。
Yotto3
刺身の盛り合わせは、ゆずがイカの刺身を気に入ったようです、アワビの刺身は食べなかったですね、チビさんたちは。
Yotto4
我が家の〆は貝チャーハンですね。

カツオは他ではもう食べられませんね。かつお茶漬けも食べれば良かった。

またみんなで遊びに来たいね。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

伊勢志摩旅行2

宿泊は合歓の郷。

3時にはホテルに入り、ゆっくりしましたが孫たちは嬉しいので少しもじっとしていません。
風呂も大浴場があるので行ったようですが、まだ3時なので貸し切り状態。大騒ぎだったようです。
残念ながら、女風呂には入れないので様子をうかがうことは出来ませんでしたが。

Nemunosato

合歓の郷は4年前にも、下の娘一家と泊まったことがあります。

我々の年代では『ヤマハのポプコン』で有名ですよね。
https://www.yamaha-mf.or.jp/history/e-history/popcon/
中島みゆきさんなどそうそうたる顔ぶれが揃っています。一発屋で終わった方や、一発屋にさえなれなかった方もいます。
その後会場は掛川の同じヤマハリクレーション『つま恋』に変わりました。

今の合歓の郷はヤマハリクレーションが手を引き、三井不動産の経営に変わりました。

あの頃のヤマハのトップ、K上G一氏の完全なる道楽と言われたヤマハリクレーションですが、それでは破綻もするでしょうね。天皇とも浜松のアミン大統領とも言われた人です。

場所は現在の志摩市浜島町の大崎半島のほとんどですから、実に広い。マリーナもあり、海から陸まで色々な遊び方を有料でしかも高価に教えてくれたところです。

何しろ、道楽ですから果樹から肉まで全て自前で育てようとしたらしく、今でも敷地内には往事の面影の果樹があちこちに残っています。鹿も飼っていて、それが逃げ出して事件になったこともありましたね。

夕食は浜島町の『ヨット』を予約してあります。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

伊勢志摩旅行1

土日に全員集合で伊勢志摩旅行に行ってきました。

土曜日の雨が心配でしたが雨はなく、雨を予想して水族館へ行くことにしていましたので、問題はありませんでした。

ただ鳥羽にするか、伊勢シーパラダイスにするか迷ったのですが、水族館はやや貧弱ですが、海獣との触れ合いがある伊勢シーパラダイスにしました。ここは昔、二見シーパラダイスと呼ばれた夫婦岩のあるところです。二見町と近鉄の確執があったため、近鉄が迂回してしまいすっかり寂れてしまったところです。夫婦岩ですから、新婚旅行のカップルも多かったことでしょう。

4年前にみちたん一家とここへ来ましたが、ゆず一家とは初めて。
Seiuti セイウチが出てくるまでは、おちびさんたち余裕でしたが、巨体が出てきた床を打ち鳴らしたり拍手をしたり、うなり声を上げるとすっかりびびってしまいました。唯一、ゆずだけは大丈夫でしたが、顔はしっかり固まっていました。最後は何とかセイウチにタッチできたようです。

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

大晦日

 大晦日です、大つごもりとも言いますね。ここ二三日、早朝のさかな村に向かう車で仕事に出かける私の到着が遅くなってしまいました。毎年思うのですが、この辺で採れる魚やエビカニならいざ知らず、送りのカニやタコ、かまぼこや珍味を何故わざわざ遠くまで、しかも早朝に買いに来なければいけないのでしょうか、まあそう言ってしまえば身も蓋もありません。やはり年末恒例の行事のようなものなんでしょうね「参加した感が欲しい」頑張って買い出しすることも含めてお正月なんでしょう。

12312  しかし、8時前になるとお客さんは少なくなってしまっています。魚屋さん、年末のかき入れ時でしたが、今年の売り上げはどうなんでしょうね?
12313  最近、トラックの外食屋さんが沢山来ていて、駐車場を狭くしています。これも漁協の儲けでしょうか。
12311  私は貧乏なので高級なものが買えず、何か落ちていないか徘徊していたら、深谷さんにこのようなものが置いてありました。どうやらタチウオの骨のようです。100円の値札が付いていましたので買ってきました。お正月に焼いて囓ることにします。仕事だけど。

| | コメント (2)

2018年12月25日 (火)

結婚式

 クリスマスイブの昨日、弟の長男つまり私にとっては甥の結婚式へ行ってきました。場所は「烏帽子岩が遠くに見える~」という茅ヶ崎の海岸沿いにある結婚式場です。

 実は結婚式場に入るまでにとんでもないハプニングがあったのですが、また落ち着いたらお話しさせていただきます。
 実は今回結婚した二人は、医者同士でしてね。研修医の頃知り合って、愛を育んだというような説明がありました。今は勤める病院が別々なので別居結婚だそうですが、来春には同居だとか、確かに色々大変でしょうが、頑張って欲しいものです。
Chigasaki  この写真も、遠くに烏帽子岩が見えるんですがね。

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

一色市場

 東名のあおり運転死傷事故の判決が出ましたね~懲役18年?軽い軽い、恐らく10年くらいで出てきちゃいますよ、まあ出てくるのは仕方ないにしても、その後すぐに免許が取れないようにして欲しいですね。確かに点数は累積されるようですが、これを徹底的にやって、一生免許が取れないようにしてしまわなければいけません。

 さて、寒くなった市場ですが・・・魚も本当に寒い・・・寒い・・・しかも高い。
Ichiba1  この程度のタコが4,000円?もう笑うしかないですね。それでも、ホウボウには冷たいところですから、買ってきました、決して安くはありませんが、鍋の材料が他にないのです。
Ichiba2  薄く切ってしゃぶしゃぶにしてみます。

| | コメント (2)

2018年12月11日 (火)

便利な世の中になったもので、新幹線の予約がネットで出来るようになっている、まあこの時代当たり前のようなことだろうが、予約して購入、そのまま乗ることは出来ないようで、一度最寄りの駅でチケットを発行して貰わなければいけない。当日でも間に合うのか不安だったので(当日は早朝で慌ただしいこともある)土曜日に刈谷駅まで、ふらふら徘徊しながら行ってきた。

Biroudo1  刈谷駅近くの大型店舗の生け垣の中に、ビロードモウズイカの薹がどーんと一本だけ立っていた。この花の花期は確か夏頃だと思ったが、もう冬になりかけのこの時季では初めて見た。
Biroudo2  この花の名前をネットで調べると「ビロードモウズイカ 気持ちが悪い」というフレーズで出てくる、確かに初めて見る人は不気味な姿に見えることは間違いない。私も初めて見たのは刈谷駅構内でのロゼットだが、それでも充分異様な姿であった。
 ヨーロッパが原産で、日本には明治初期に花卉として導入したものが、逸出したようだ。

| | コメント (0)

2018年11月 2日 (金)

チカメキントキ

 大学生になって、初めて長崎に住んだのですが、当初賄い付きの下宿で朝晩の食事と四畳半の部屋、トイレが共同で風呂は銭湯。で下宿代が一ヶ月12,000円。そこの夕食が魚が多くてね、他の方々は怒っていましたが、その頃から魚が好きな・・・と言うより肉を食べられなかった私は大喜びでした。時々、キントキダイの仲間の尾頭付きが煮魚で出ていましたが、鰺と鰯と鯖、秋刀魚くらいしか食べたことがなかった私は大喜びでした。

 昨日、魚清さんに大きめのチカメキントキが出ていました。値段がお手頃なので買ってきました。
Kintoki2  とにかく鱗は取りにくいですから、挑戦しないように。鱗を付けたまま三枚におろします。あとは普通に皮を引き刺身を作ります。忘れていけないのは、皮を良く干し、皮せんべいにすることです。オーブンで焼くと食感が悪いので、油で揚げた方が良いでしょう。
Kintoki3  薄造りにして紅葉おろしでいただきましたが、柑橘酢がとても良く合います。ぜひやってみて下さい。
 そう言えば、その昔住んだ下宿を一昨年探し当てましたが、今はアパートになっているようでした。もちろん訪問はしませんでしたが。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

逆走台風

 普通の台風とは全く逆走する台風に日本列島はてんやわんや、刈谷市でも恒例の万燈祭りが土日に行われる予定だったのですが、土曜日は中止になったようです。それでも、日曜日は台風一過、しかし、時々にわか雨が降るので関係者はやきもき。

Mando1  竹ひごに和紙を貼り、絵の具で色づけしているので、雨には弱いんですよ。数十キロの万燈は各町内の自信作です。
Mando2  長女一家は婚家のご招待で、食事に行っているので二女一家と見物に出かけました。所が孫達は、大きな太鼓の音とかけ声に「おわい」「おわい」とびびりまくっています。かき氷を食べさせ、みちたん目当てのLEDソードライト(?)を買ってきました。当初、5歳のゆずちゃん、4歳のみちたん、3歳のこのちんの三本を買ってきたのですが、このおちびさんがえらく気に入りましてね。
Mando3  嬉しそうに扱うんですよ、翌日になって自分のものがないと分かると悲しがるので、家に帰ってから女房に訳を話すと、なんと一本買いに行くと言うのです。
 距離にすれば数百メートルですから、普通の人には遠くありませんが、何しろうちの女房はゾウアザラシのような巨体です、無事行き着くことが出来るのか、祭りで大勢の人が出ているのに、被害者を出さずに帰ってくることが出来るのか、一同心配しましたが、何とか圧死者も出さずに帰ってくることが出来ました。
 かぷちん(みんみんから名前が変化しました)もご機嫌です。まあすぐに壊れてしまうんですがね、一年に一度は仕方ないですね。値段ですか?一本700円です。

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

九重味醂

 碧南にある三河味醂の会社が直売店とレストランを新装したと聞いたので行ってきました。

味醂や調味料だけでなく、芋けんぴや今流行の甘酒も売っています。
Kokonoe2  レストランはともかく、ソフトクリームをと思ったのですが、アルコール分が入っているというので、子どもたちには無理。
 結局色々買ってきて、高浜市のうどん屋さんで昼食を取り帰ってきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧