2017年7月13日 (木)

漁船

 先日テレビドラマのDVDを見ていたら、ある漁港に捜査に行くことになり、車から降りたところが静岡県の漁港という設定でした。ところがそこは神奈川県の漁港であることが判ってしまいます。それは何かというと漁船の登録版ごをを見れば一目瞭然。

Fune1  漁船には都道府県の識別をするため、番号の前にアルファベット二文字が付けられています。それは都道府県を漢字で書いた時の一文字目と二文字目の頭のローマ字です。愛知県なら「Ai-Chi」で「AC」静岡県なら「Shizu-Oka」で「SO」神奈川県なら「Ka-Na-gawa」で「KN」です。
Fune2  偶然隣の県から来た、と言うことも考えられないことはありませんが、港に縦に係留されているのはその場所が母港だということ。都道府県を示すアルファベットの後が「3」でしたから、5トン未満の小さな船で、あまり他県まで足を伸ばすことはないと思ったからです。
 皆様も漁港などテレビで出てきた時に、ここはどこかな?と判断する材料になりますから、覚えておいて損はありません。
 ただ例外があるようで山形は「YG」ではなく「YM」これは山口が「YG」だからのようです。また徳島は「TS」ではなく「TO」なんだそうです。これは重複している所がありませんから、理由が分かりません。

| | コメント (4)

2017年6月 2日 (金)

誕生日

 昨日は私のうんじゅううん回目の誕生日でした。

 ゆずちゃんとこのちゃんがお祝いの歌を歌ってくれました。

 明日は逢えるね。

| | コメント (2)

2017年5月 8日 (月)

途切れ途切れの遊歩道

私の住む刈谷市って所は面白いところでしてね、箱物ばかり沢山作って、いわゆる税金の無駄遣いの多いということは、以前から申し上げているとおりです。

Kariya1  これは近隣の街とつながる遊歩道だそうですが、道路と交差してしまうため途切れ途切れに存在する、遊歩道とはとても言えない代物です。それでも連続で歩く人がいて、ここは危険だと判断したのでしょうか、鉄の柵で通行できなくしてしまっています。
Kariya2  こんな事なら金をかけて、遊歩道など作らなくても、通常の道路を広く作っておけば良いのではないでしょうか。結局工事業者や造園業の連中が儲かっただけです。
 以前言ったうねりにうねった歩道や、雨が降ると水たまりになる歩道、川沿いの土手には数十種類の樹木が植えられています、これは造園業者の在庫一斉を行ったに過ぎません。
もっと酷いのは公園の駐車場が、近隣の住宅が個人の駐車場としている節があること。
本当にこのような市には地方税を払う気がなくなってしまいますね。今までやったことはなかったですが、ふるさと納税をすることにしましょう。

| | コメント (2)

2017年4月28日 (金)

春の味

日曜日に掛川へ行ったのは退院して一時介護施設に入った母が、呼吸困難になって病院へ運ばれたと聞いたからです。心臓弁膜症だと言いますから、新鮮な血液を循環できなくなってきて、血中酸素量が減っているのか鼻には酸素チューブが、指先には血中酸素を測る機械が付いていました。

Kakegawa3  本人は至って元気、ちょうど昼食が運ばれてくると、早速食べ始め見事に完食していました。ただ五月が来れば95歳ですから、あちこちガタが来ているのは確かで、ある日突然川を渡ってしまうのかもしれません。思えば母は、10年ほど前から3度くらい死んでいても不思議ではない人で、その都度閻魔大王に嫌われて、こちらに帰ってきました。しかし、もう長くはないでしょうね。少しずつその時が来る覚悟をしています。
Kakegawa2  遠州森町の新東名のインターを降りて5分ほど走ると、野菜ものを中心とした産直市場があったので寄ってみました。私は酒の肴が目的ですから、このエシャロットを買ってきました。生味噌を付けて囓ると、ぴりっとした辛さがたまりません。
Kakegawa1  ワラビも売っていたので買ってきました。おひたしにしたり、兄にもらった筍と一緒にご飯にしたり。春の味を楽しみました。

| | コメント (2)

2017年4月26日 (水)

帰化

 今年もまたアツミゲシがきれいな花を咲かせています。やはりアヘンアルカロイドを含んでいるからか、ナガミヒナゲシと比べると妖艶な美しさがありますね。花が咲き終わった果実に傷を付け液を収穫してアヘンに精製するんだそうですが、アツミゲシの果実が2cm以下なのに対して。本物の麻薬を作るケシの果実は鶏卵ほどあると言いますから、見事なものですね。

Kesi1  栽培はもちろん禁止されていますが、警察や保健所に通報しても迷惑なばかりで、こうやって放置されています。ただ大発生すれば、以前のような火炎放射器は使わないものの、駆除に駆けつけることは間違いありません。
Kesi2  自然の造形美ですね。
 同じく完全に日本に定着してしまったセアカゴケグモ、保健所に通報しても来てくれる訳ではなく駆除も自腹で行うんだそうで、このようなポスターを貼るのが関の山。このクモの危険性を煽った割りには、被害ってものが全く聞こえてきませんね。
Kumo  やはりこの蜘蛛の生息場所が、空中に巣を張っているのではなく、側溝などの見えない場所に隠れているから、見つからないんでしょうね。
 このポスターは新東名の森サービスエリアです、スタッフにお知らせすれば殺虫剤を持ってくるんでしょうね。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

カーネーション

 海岸近くの畑の中を徘徊していたら、畑の中に大量のカーネーションが捨てられていました。

Carnation2  ここ西尾市一色町は昔からカーネーションの栽培が盛んなところで、あちこちの温室が見られ、母の日には沢山の花が出荷されていると言います。その母の日も残り一ヶ月を切っているはずで、これから育てても大丈夫なんでしょうか?それとも予定より早く咲きすぎてしまった?
Carnation1  謎は残るばかりですが、良く考えると一色の畑では、いろいろ面白いものが置いてあったり、残ったりしていますね。冬瓜の山や、収穫せずに残ったピーマンが一斉に赤くなったものなど・・・

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

筍のシーズン

 今年は筍の顔出しが遅いと言っていたら、1週間前に実家の兄から筍を送ってもらい、初物をいただきました。すると土曜日にこちらのお客様から、大きな筍を2本いただきました。日曜日に母に会いに掛川に行き、実家に立ち寄ると、兄が息子と娘婿に筍掘りの講習会をやるんだと張り切っていたので着いていきました。

Takenoko2  雨後の竹の子とは良く言ったもので、沢山の筍が顔を出しています。これくらい伸びたものは食用には出来ないので、生えた場所を見てから、竹として残すか早めに切ってしまうかするそうです。
 確かに筍掘りってのは、ある程度のこつは必要ですが、慣れてしまえばあとは体力勝負、若い連中には適いません。私は・・・ここに生えている、あそこに生えている、と口だけで参加しました。
Takenoko1  これがこの日のジャンボサイズ、地上に出て伸びたものではなく地中で大きくなったものなので、充分柔らかいと言います。どれくらい大きいかと言えば、11ヶ月の兄の孫と比べてみれば良く分かります。
Takenoko3  ところで筍と言えばあく抜きに必要な小糠ですが、これはこちらでは自動精米所でただでいただけます。ところがこの時期、筍があまりにも多く配られるため、その小糠がなくなってしまうのです。我が家ではなんとスーパーマーケットで買ってきた次第です。

| | コメント (3)

2017年4月10日 (月)

ブログ

 ブログが12年目に入ろうとしています、昨年の今頃は闘病生活をしながら頑張っておられる、北割さんに謝辞を申し上げました。北割さんのおかげで、これまで続けられたのは間違いありません。本当に早くお元気になっていただきたいと思います。

 ただ備忘録として始めたこのブログ、リンクし合う仲間を全く作らなかったため、お客さんも少なく、今では二人の娘が時々見てくれている程度です。ということで、非常に無責任に継続していますから、ある日突然「や~めた」ということになるかもしれません。
Aji1 何故か小ぶりのアジがあちこちで出ていて、送りの荷物ではないと思うんですが、巻き網の船でも入ったんでしょうか。美味しそうなので買ってきました。私が思うのに、これくらいのアジが美味しいですね。何にしても良いですからね。
Aji3 半分を薬味と和えて「たたき」に。
Aji2 半分はアジフライ用に開きました、小骨は全て抜いてありますよ。

| | コメント (6)

2017年4月 5日 (水)

花見

 花見に行ってきました、一昨日ですけどね。

Sakura2  一色では比較的早く咲く、役場近くの水路沿いです。まだまだでしたね、
Sakura1  1~2分咲きといったところでしょうか?ここの桜の木は全く手入れをされていないので、比較的早く壊滅してしまうと思います。
Sakura3  この木はちょっと沢山咲いていましたから、その部分だけアップにしてみました。

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

命日

きょう4月4日は、毎年言っていますが。40ウン年前長崎の野母崎で、同級生が潜水中に亡くなった日です。

海岸で手を合わせてきました。
 昨年、思いがけず大学時代の同窓会があり、もちろんこの話も出てきましたし、この歳ですから他にも亡くなった方が何人かいて、宴会前に黙祷が捧げられました。私自身もいつ死んでもおかしくない歳になっています。
Kaigan1  結婚して子供も出来、いつの間にか孫4人に囲まれて、幸せな人生だったことは間違いありません。そろそろ、最期のことを少しずつ準備して、伝えていかなければいけなくなりました。
Kaigan2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧