2018年6月14日 (木)

お決まり

是枝監督、文科相の祝意を辞退 「公権力とは距離保つ」

https://www.asahi.com/articles/ASL68677QL68UCVL025.html

これね、かっこいいですよね。・・・・・しかし、既に文化庁から助成金を貰っちゃっているんですよね・・・2,000万円も。公権力から・・・・・
国家権力に背を向け、祝意だけでも否定しているのに、金は貰うんだとあちこちで炎上しています。まあこういった方は日本に沢山居ます、このスタイルが文化人、芸術家だと勘違いしている。
 貰わないなら全部貰わなければ良いんですよ、だいたいフランスの映画賞を貰ったと言ってフランスには尻尾を振りに行きましたが、反体制派が一番嫌う、原発大国ですよ・・・しかも核兵器保持国だし、その昔は南太平洋で核実験をしていた国です。しかも、武器の輸出にかけては世界でも有数の国です。
 辞退するなら、フランスの賞を辞退して、いやいや手を挙げなければ良かった。手を挙げないでも、くれるって言うなら「核兵器、原発、武器輸出をしている国からはいただきません」と言えば世界中で大喝采が起きたかもしれません。

| | コメント (2)

2018年5月24日 (木)

澄ちゃんも

 なんとなんと、星由里子さんもお亡くなりになっていたんですね。星由里子さんと言えば、私の年代の男子はかなりお馴染みではないでしょうか。当時映画は二本立てで、星由里子さんが出ていた若大将シリーズと怪獣映画がカップリングで放映されていたため、我々は必ず星由里子さんの「澄ちゃん」を見ていたのです。

 以前この話はしたかもしれませんが、若大将こと加山さん・・・一度お目にかかったことがあります。
 40年近く前、私が二枚貝の種苗生産をしている、英虞湾の奥の奥へある日大きな船が現れましてね、船首に『光進丸』と書いてある。もう有名でしたからね、すぐに分かりましたよ。大きな船で、モーターボートまで積んでありました。
 知り合いの真珠屋さんの話では「友だちの赤福の社長が、別荘地を買ったから海側から見に来た」んだそうです。
 光進丸なのかモーターボートなのか忘れましたが、うちの大家さんの真珠筏のアンカーロープを切りましてね、苦情を言いに行くというので付いていきました。若大将さんは船にいましてね、まあ文句を言ったんですよ。すると、「こんな狭いところに筏が沢山ありすぎる」と逆ギレしましてね、ロープの切れた部分にはペンキも付着していたので、海上保安庁に通報すれば白黒はっきりすると思ったのですが、肝心の大家さんがあきれて帰ってしまったのでそのままになってしまいました。
 今回火事のあった光進丸はこの時のものではないと思いますが、事故後若大将さんはしおらしいことを行っていましたが、現場での海洋汚染には一歳触れませんでしたね。
 それまで映画のことも有り結構好きだったんですが、一気に嫌いになりましたね。もちろん星由里子さんは好きでしたよ。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

オリエント急行殺人事件

『オリエント急行殺人事件』をDVDで観ました。

 結末はネタバレになるので言いませんが、西洋人でも日本のような仇討ちの感覚を受け入れられるようですね。ジョン・ウィックシリーズを始め、洋画でも色々な復讐劇の映画があります。ですから、死刑廃止論なんてきれい事だと思いますよ。

 新潟県の女児殺人事件、容疑者が調べられているようですが、この事件、被害者の女の子は2度殺されたようなものです。殺人が一人なら、死刑にはなりにくいようですが、是非死刑にして貰いたいですね。

| | コメント (2)

2018年3月24日 (土)

プリキュア

 小さな女の子が、アンパンマンを卒業するとプリキュアに進んでいくようですね。

Eiga3 従姉妹がそろったので、プリキュアを見に行ったようです。みちは時々我が家で録画したものを観て踊っています。
Eiga1  私たちが子供の頃、ゴジラシリーズを見に行ったようなものですね。
Eiga2  もう最高の日ですね。

| | コメント (3)

2018年2月 4日 (日)

果し合い

スカパーで放映された『果し合い』を観ました。私の好きな藤沢周平さんの短編が元になっています。下級武士家のやっかいものである部屋住みの大叔父と、家でただ一人その大叔父に優しい娘美也の物語、仲代さんの年老いても美也を思う気持ちがとても素敵でしたね、人生の最後にあのような大役をになって、例え切腹を仰せつかっても幸せだったと思います。

しかし、感動に水刺すような無粋なことを言いますが、このような時代劇では時代考証ってものがありますから、当然生物考証ってのもあってしかるべきです。
Hatasiai この白い花はヒメジョオンかハルジオン、ヒメジョオンは1865年に観賞用として渡ってきたようですが、各地で帰化が確認されたのは明治年間だと言います。ハルジオンは1920年頃帰化したと考えられています。左手前にある紫色の花はヤナギハナガサと思われます。これも第二次世界大戦後に帰化したもののようですね。
まあこんな事はどうでも良いんじゃないかと思われる方が殆どだと思いますが、時代劇ですからね、それにこの場面は明らかに意識して花の群生を映していますよね。
ネットで調べると結構、そういった指摘はありますよ。私が以前このブログで指摘した、『武士の一分』のメリケンカルカヤ。
まあ今回の作品、仲代さんが野菊だという白と黄色の菊はあきらかに栽培種でしたから、あまり意識していないことは確かです。

| | コメント (1)

2017年10月29日 (日)

『ブレードランナー2049』

 3時間近くの上映時間なので迷いましたが、『ブレードランナー2049』を観てきました。前作から35年が経過しているわけですから、デッカード役のハリソン・フォードさんもお年を召されました。

今回の物語は、かなり突飛な話になっていましてね、まあそれがSFだと言われれば仕方ありませんが、面白くて3時間があっという間に過ぎたと言えます。
一作目を観てから映画館へ行った方が良いかもしれません。

| | コメント (3)

2017年10月21日 (土)

『アトミック・ブロンド』

シャーリーズ・セロンの『アトミック・ブロンド』を観てきました。

 シャーリーズ・セロンさんを初めて見たのは『サイダーハウス・ルール』という映画で「きれいなねーちゃんだな~」と思っていたら、あれよあれよといううちにキャリアを重ね、アカデミー賞主演女優賞まで取ってしまいました。とにかくどんな役でもこなせますが、悪役をやらせると魅力的ですね。

 今回は派手なアクションで、ジャック・リーチャーやジョン・ウィックのようなシリーズものになるかと思ったのですが、舞台が東西冷戦での頃なので、シリーズ化は分かりませんね。
 映画はね・・・とにかくシャーリーズ・セロンさんが格好いい。それに尽きます。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

『マスカレード・ナイト』

 東野圭吾さんのマスカレードシリーズの第三弾『マスカレード・ナイト』が出ました。私このシリーズは結構好きなんですよね。舞台はホテルでしてね、事件が起こる可能性があるため、刑事がホテルマンに扮して捜査する、そして本物の優秀なホテルウーマンが指導するって話です・・・一作目の『マスカレード・ホテル』。二作目は一作目の前の時代ですが、今回のナイトは一作目の数年後という設定になっています。新しい個性的なホテルマンが登場で、面白くなりそうです。

Masquerade  ところで『マスカレード・ホテル』が映画化されるとか、いやもう作品は出来上がっているようですね。非常に残念なことに、主演の刑事役はあの人気アイドルグループ元SNAPのキムタコさんだというのです。
 私ね~この方の映画を見たことがあるんですよ、『宇宙戦艦ヤマト』と藤沢周平さんの『武士の一分』・・・もうね~どちらも見事にキムタコさんでした。全く変わらない・・・あれは何なんでしょうね~アドリブのように口先で毒づくようなつぶやき、時代劇でもやるんですよ。彼本人のファンならともかく、作品を見に行こうと思って行った人間にはビックリですよ。きっとまたやると思いますよ・・・絶対に見に行かないけど。
注)「観る」はあえて「見る」にしました。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

『ブレードランナー2049』

30年の沈黙を破って、『ブレードランナー』の続編が上映されます。

前作でリドリー・スコットはハッピーエンドが気に入らなかったとか、そこで10年後に編集した作品は、デッカードとレイチェルがエレベーターに乗り込む場面で終わっています。その前に折り紙が落ちていて、不吉な予感を保ったまま・・・・・

デッカードもレプリカントではないかと噂が立っていましたが、今回の作品で年老いたハリソン・フォードがデッカードを演じているから、レプリカントではないのかな?

リドリー・スコットは制作総指揮、監督は『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーブ。ライアン・ゴズリングも最近よく出ています。

それにしても30年の長きにわたって、続編を作らなかったのなら、普通は1作目からリメイクをしてしまうと思うのですが、何か年老いたハリソン・フォードに特別な役割があるのでしょうか?

| | コメント (2)

2017年9月16日 (土)

『エイリアン コヴェナント』

雨の中・・・歩いて行けるところで上映していましたので見てきました。

プロメテウスの時のスーパーおねばさんがどうなったかも、今回の映画で分かります。
今回、途中で結末だけは分かってしまいますね。

以前のシガニー・ウィーバーのシリーズの、前の時代を三部作で作っていてその二作目です。当然三作目に繋がるので、結論は出ていませんが、次の三作目でもエイリアンを絶滅出来ないことは確かです。旧エイリアンで生き残っているのですからね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧