2015年12月30日 (水)

電気ブラン

酒屋へ行ったら『電気ブラン』が売られていたので買ってきました。

Dsc_0069 これは明治時代に神谷バーの創業者である神谷伝兵衛さんが作ったという、ブランデーベースのカクテルだそうです。ブランデーやワイン、ジン、ベルモット、キュラソーなどをカクテルしたものですが、製法は秘密だとか、アルコール分は40%ありそのまま冷やして飲むか、氷を入れて飲むんだそうです。
私も初めてですが、以前から電気ブランの名前と神谷伝兵衛さんのお名前は知っていました。この神谷さん、ここ旧一色町松木島という所のご出身なのです。ただの酒屋の親父ではなく、実業家と言った方が良いのかもしれません。経営が傾いた三河鉄道の社長となり、自らの莫大な資金を投入して経営再建させ、故郷松木島に出来た駅は「神谷駅」と名付けられたとか、その後「松木島駅」となりましたが、名鉄三河線となっていた鉄道は、平成16年に廃止されていますから、駅はありません。
電気ブラン、現在は合同酒精が販売していますので、酒屋で見かけたら買ってみて下さい。税込みで1,000円前後だと思います。

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

ととけん2級・・・合格

しかし、北朝鮮の拉致問題ですが、「再調査」ってのは不思議なことですね。

拉致された方々が北朝鮮に連れて行かれて、北朝鮮の普通の社会に放り出されたわけではなく、当然、一定の所で半ば監禁生活をして自由のない状態で暮らしているはずです。

結婚をしたって、部屋の中には盗聴装置があるでしょうし、トイレの回数だって把握されているかもしれません。

それが今更再調査?30分で結果が出ることを大袈裟に言って、何を狙っているのでしょうか?また日本政府も常識的に分かっているでしょうし、日本国民も馬鹿じゃありませんよ。

さて、「ととけん」こと「日本さかな検定」ですが、昨日めでたく合格通知が来ました。

じゃじゃじゃ~ん。
Totoken1自信がなかった訳ではありませんが、受けてみて思ったより難しいなと思ったことも確かです。特に、地方の特産物などはかなりマニアックなものが出ていました。試験が終った後でアンケートがあったので「設問の難度に差がある」と書いたほどです。

さて今回の点数ですが
Totoken2100問中88問正解、1,260人中55位だそうです。

実力かって言うと、消去法で消したり、一つのフレーズの言葉から連想したりで、まぐれ的な部分が多かったと思いますね。1級ではこうはいかないでしょう。

そうそう、その1級ですが来年どうしようかなって悩みがまた出てきちゃいましたね。もう勉強したって、頭には残りませんしね。1ヶ月くらい前になったら考えましょうかね。




| | コメント (2)

2012年4月12日 (木)

ジン

甘夏を沢山いただいたので・・・・・しかし、ちょっと酸っぱ夏です。

そこで、最近凝っているジンを買ってきました。
Jin ボンベイ・サファイヤなんとアルコール度数は47%あります。先日飲んだタンカレーは47.3%。決してアルコール度数が高いものが良いという訳ではありませんが、何となく高いものを見かけると挑戦したくなってみませんか?

酒の安売りの店で、色々な銘柄が並んでいて、比較的安いので飲み比べてみると、実にそれぞれ個性的で面白いです。学生の頃は、安いという理由だけで飲んでいて、独特な松ヤニ臭さは苦手でしたが、今ではそれが懐かしく、若い頃は決してやらなかった、オンザロックで飲む事もあります。

でも、美味しいのは氷を入れたグラスに、ジンと柑橘果汁を半々で入れて飲む方法。それくらいの割り方では、ジンの個性を消してしまう事はありません。ただ、アルコール分が高いのに、飲み過ぎてしまうので注意が必要です。

例によって、酒の講釈は言いませんが、私、アイラモルトのウィスキーでもそうでしたし、芋焼酎でもそうですが、あっさりして誰でも飲めるってのはあまり好きじゃないので、強烈に個性的なヤツが飲みたいです。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

喫煙者の皆様m(_ _)m

タバコの価格が10月1日から値上げになるそうですね。それも過去にない上昇率だとか。

私の周りでも、禁煙を計画している根性なしがチラホラ居ます。
Tabako 私が知っている方は、電子タバコなるものを買ってきて、それにより口寂しさを解消して禁煙しようとしている方が、約2名いらっしゃいます。

Mさんは、コンビニで中国製の安い電子タバコを買ってきたのですが、一日目で故障してしまい、サポートに電話したら、すぐに新品を送ってきて大満足でしたが、その新しいものも2回目の充電が出来ずに、再びサポートへ電話。今2回目の補償品を待っているところです。

Kさんは、やはり電子タバコを購入したのですが「高いものを買ってきた」から止められると思っているようで、私が「こんなものでは止められない、節煙になる程度で、その後のリバウンドで、さらに本数が増える」と言ったところ、激怒し「止められたら、何かくれるか」とおっしゃった。そんな問題じゃないだろうに・・・・・・

さらに、「絶対止められるよ、前に一回止めたことがあるモン」と、すごい発言。このKさん、決してマーク・トウェインを知っているような方ではありません。偶然出た言葉だが、マーク・トウェインがジョークで言っているのに対し、まったくのマジ発言、これには大拍手を送りたいと思います。

先日もテレビでやってたけど、喫煙者の皆様『買い置き』はお済みですか。私の知っている範囲では、100カートン購入したという方がありますが、これで約10万円の得。これが1000カートンなら、100万円も得をしてしまうので、今からでも遅くありません。コンビニ、タバコ屋へ走って下さい、もちろんお金を持って。

世は禁煙ブームで、町中、公共の乗り物、ホテル、はたまた最近では市役所まで、全部禁煙になってしまっています。しかし、喫煙者の皆様は極めて優良な納税者です。決して恥じることなく、喫煙を続けて欲しいと思います(人の迷惑にならないように)。政府が認めているものです、納税と共にJTの職員やその家族は俺が養っているんだという気概を持って欲しいものですね。

吸う自由はあります(吐く自由はないけど)。

今まで、何年、何十年に渡り親しんできたタバコを、こんなくだらない理由で止めてはいけません。気合いだ!気合いだ!気合いだ!根性だ!今回、300円のタバコが410円になるのは確かに30%強の値上がりで痛いでしょうが、次に100円上がるときは25%の値上がりと、値上がり率が下がります、この調子で900円くらいになったときに、100円上がれば約10%の値上がりに過ぎません。吸い続けていれば、こんなにお得な特典にありつけるのです。

恥ずかしながら、私は10年ほど前に禁煙してしまい、お国に対してもJTに対しても、真に申し訳ないことをしてしまいました。自責の念でいっぱいです。

| | コメント (2)

2010年8月30日 (月)

鳥の観察

24時間テレビっていうんですか、私ゃへそ曲がりだから、あんな番組大嫌いです。同じような理由で、アグネス・チャンも大嫌いなんですがね。

それにしても、仙石さんの事務所費問題。本人は問題ないって言ってますが、あのような立場の方が疑われることをやるべきじゃないでしょうね~。その辺が庶民との感覚がずれているって訳で、そういったずれた人に政治が出来ますか?ってことです。

政治家になった皆さん、なぜか事務所費や秘書の給与でお金を隠したがりますね。誰かそういった経費についてのコンサルタントがいるんじゃないですか?政治家専門で・・・・・
Kaigan1 海岸の防波堤を走っていたら、1台の4WDカーが停まっていました・・・右側に。ここ一色は干潮になると、干潟が広がりシギやチドリなどの渡り鳥が立ち寄る、バードウォッチングが有名なところです。

でも、この防波堤は漁師さんの仕事に、町民の生活に非常に便利な道路になっているので、実際のところこのような右側停車はあきらかにマナー違反です。まあ、この海岸を走る方々には多少慣れっこになっていることは確かですが、以前ずっと右側通行で、海岸の鳥を探してノロノロ走っている車の後ろに付いてしまったときは、さすがにちょっと切れましたね。
Kaigan2

さて今回のこの車、近寄ってみるとリヤウインドに何やら張り紙が『鳥観察中 よろしくお願いします』とのこと。ははは、なかなか考えましたね。ちょっとしたことですが、やるとやらないでは大違いです。

前述のように、一色には多くの鳥を観察する方々がみえますが、なぜかごく一部の方に、鳥観察が高尚な趣味で、そのためには地元の人間に迷惑をかけても構わない、という方がいるのは悲しいことです。

このような交通マナーだけでなく、畑に入って苗を踏んだり、ゴミを撒き散らしたりするのをよく見ます。今回の方の張り紙は、とても良かったと思いますよ。

| | コメント (4)

2008年3月26日 (水)

絵手紙

Hagaki 自分ではがきに絵を描いて友人などに出すという【絵手紙】というものが流行っているのだという。パソコンのメールや、携帯電話などの時代の最先端を行く通信に逆らおうというのが明白ではあるが、気持ちはよ~~~く分かる。

ではやってみるかというと、どんなに頑張っても綺麗で人様に喜んでいただける絵は描けそうにもない。

それでは、季節季節の写真でも、と考えたわけだが、当然写真に自信があるというわけではなく、いまのデジタルカメラならフィルムは要らないから、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式でジャンジャン写真を撮って、次から次へと削除して、残った写真の中から「まあいいか」と安易に妥協した写真をはがきに印刷して、知り合いに送っているのである。迷惑も顧みず・・・・・

だからこのはがきには「これはからっぽ親父『三河湾徘徊記』がボケ防止のため勝手に書いているはがきですから、お返事は要りません」と書いてある。だから、もしこれをご覧の方に私からはがきが届いても、お返事をいただく必要はありませんので念のため。

もし、上記の文が入っていなかったらボケが始まっていると思ってください。

| | コメント (4)

2007年10月29日 (月)

美濃焼き

Minoyaki1 『美濃焼き伝統工芸品祭』という催しが土岐市であったので行ってきた。

今まで美濃焼きの陶器市は何度も出かけたが、工業団地のようなところでテントがたくさん出ているものしか行ったことがなかった。

今回は美濃焼伝統産業会館近隣の陶房が公開されるもので、林の中で作品を並べてあるのも風情があって良い。

Minoyaki2 前日の台風の通過でも、やっていたようで、外の展示品には水がたまっていたり、枯れ葉が落ちていたりで、これまたのんびりしていてよろしい。

こういった焼き物も不思議なもので、展示してあるときに気に入っても家に持ってきてから気に入って使うかというとそうでもない。何をどのように載せたら、料理の素材と器が一番映えるかを考えて購入しなければならないのだが、まだまだ修行が足りない。

今回は刺身用の皿が二つ三つ欲しかったのでそれを目的に選んだのだが、なかなか気に入ったものが、いや気に入った値段のものがなかった。Minoyaki3

織部は焼き物に興味を持ち始めた頃はあまり好きではなかったのだが、何故か今はとても好きな焼き物の一つで、今回も皿二つと、湯飲みとも飯椀ともいえるものを一つ買ってきた。「た」と書いてある皿は200円だったが、案外こういったものが気に入ってちょくちょく使うようになるから不思議である。Minoyaki4

| | コメント (4)

2007年5月 9日 (水)

タカノツメ

Takanotsume 3年ぶりでプランターにタカノツメを植えてみた。もちろん、近くにあるホームセンターで苗を買ってきたものである。実は一昨年、コメ○という別のホームセンターでタカノツメを買って植えたのだが、できてきた実が全然辛くなかった。そうそう、青臭いばかりで少しもピリッとしたところがなかったのだ。そこで、さっそくコメ○へ現物を持って文句を言いに行ったら、「調べてみます」と言ったきり返事がない。仕方がないので、再び出かけていったら「日当たりの悪いところに置くと辛くならない」と言われてしまった。確かに昼からは建物の陰になってしまうし、それほど大きな態度も取れないなぁ~ということですごすごと引き返したのである、が、が、今考えるとそれはおかしい。そんな馬鹿なことがあってたまるか。

というわけで、今回は別の苗で挑戦。辛いものができてもコメ○に文句を言いには行かないけどね。

Dscn0635 以前は、このタカノツメの青いものを刻んで、米麹、醤油と合わせて半年ほど寝かしたものを調味料として作っていた。静岡県清水町の鰻屋さんに教えてもらったもので、東北の方に「一升漬け」というものがあるんだそうだ。麺類の薬味や、冷や奴、鍋物に少量使うととても美味しい。ネットの友人に知らせたところ、あちこちで欲しいという声があったので送ったところ、炒め物やサラダに使ったという返事が返ってきた。

今回は、とてもその気力がないので、乾燥して保存用にしようかと思っている。白身の刺身に紅葉おろし、というのがとっても好きだから。

| | コメント (2)

2007年4月15日 (日)

幸兵衛窯

Koubegama 昨年の11月に多治見の【幸兵衛窯】へ行った話をしたが、まだかなり寒い頃にその幸兵衛窯から蔵出し市の案内はがきが来ていたので午前中に行ってきた。

幸兵衛窯といえば、岐阜県多治見市市之倉にある名門の窯元であることは誰もが認めるところである。現当主は7代目加藤幸兵衛さんであり、その父は人間国宝であった加藤卓男さんである。本館二階には加藤卓男さんの復元されたラスターKoubegama2 彩や青釉、三彩などが無防備に飾ってある。よく焼き物は分からない、という声を聞くがこの作品群を観れば誰もがそのすばらしさに納得して感動できると思う。

他にも古陶磁資料館や工芸館があり美濃焼のルーツなどを資料とともに教えてくれたり、現当主の作品展示も観られる。

さて、きょうは蔵出し市ということで、早朝6時に西三河の我が家を出発。我が家から岐阜県や長野県へ行くには全く便利になったものだ、豊田南インターから高速道路に乗り、東海環状自動車道であっという間に瀬戸品野インターへ。瀬戸と市の倉は全くの背中合わせの場所で所要時間一時間弱のドライブであった。

蔵出し市は9時からだが、会場が狭いため混雑時には入場を制限されてしまうので、7時から入場整理券を配るのである。早かったので4番目と5番目をゲット。
時間があるので、ゆっくりと加藤卓男さんの作品を鑑賞できた(きょうは入場無料、通常は300円)

Koubegama3 買い物はどれも素晴らしいため、目移りがしてしまい小品を数点購入するにとどまった。写真右は織部の一輪挿し、左は三彩風のミルクピッチャーだがこれも小さい野の花を挿しても面白い。実は我が家はほとんどコーヒーを飲まないので、ミルクピッチャーの必要はないのだが、春らしい色につい誘われて、手が伸びてしまった。

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

トキワシノブ

Shinobu 昨年末、お客さん周りをしていたらTさんという方から「ほい、お正月用。今はこんなものも作ってるんだね」と言って頂いたものが、写真。 真冬の緑の少ないときにマンションやアパートなどの小さい玄関に置くにはなかなか面白いと喜んで頂いて帰った。

その時は、吊りシノブにするシノブの根を水苔で巻いてガーゼでくるんだものであろうと思っていた。

我が家の女性軍は、植木や花などの鉢物を蹴り倒すことはあっても、けっして水なんぞを与える人たちではないので、私が仕事から帰って水苔部分が乾いていると、水を与えていた。しかし、最近その愛情のためかいやに生長が良くなって、葉を茂らすし、銀白色の毛が生えている根らしきものもにょきにょき空中に伸びてきた。

そこで、初めて「これはシノブなんだろうか?」と思いネットで調べてみると、【トキワシノブ】というのが正解らしい。中国南部原産で、日本産と比べて常緑であり、常磐(ときわ)とは常緑の意味というようなことが書いてある。ここにそっくりな写真がある。
http://www.rakuten.co.jp/hanadate/772664/772686/

今から水苔と炭を使って、もう少し大きくなっても大丈夫なように繁殖場所を広げてやろう。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧