2018年7月 8日 (日)

隣町徘徊

 朝起きて雨だと思っていたら、曇りの天候だったので隣町まで散歩に行ってきました。

Higasiura1  このように自然林が残っているところが自然公園となっているようです。
Higasiura3  広葉樹が繁茂していて、なかなか面白いところです。その昔は、この東浦町はこんな所ばかりだったと思います。
Higasiura6
名古屋に近いので、ベッドタウンとして開発され一時は土地の値上がりがとても大きかったと聞きました。私もこの近くに住んでいましたが、とても購入することは出来ませんでしたね。
 以前、在来のオオバコが少なくなったと言いましたが、このような日当たりが少なくて、他の背丈の高い草を刈ってしまったところは、オオバコが一番の優占種です。
Higasiura4  こういった所にお約束のため池もいくつかあります。
Higasiura2  こういったため池も、長い年月で葦やガマが繁茂して、湿地になっていくんでしょうね。
Higasiura5  Ⅰ時間半ほど遊ばせて貰いましたが、家に帰ってシャワーを浴びると雨が強く降ってきました。テレビを見ると日本中あちこちで、被害が拡大していますね。何カ所か仕事や観光で行ったことがあるので、申し訳ないけど懐かしくなってしまいます。
 お見舞い申し上げるとともに、一生懸命働いて納税しようと思います。後は政治家がまともに使ってくれることを祈っています。

| | コメント (5)

2018年7月 7日 (土)

日本中大荒れ

 天気が悪くて船が出られない、なんて言っていてはいけない事態になっていますね。日本中大雨で被害が拡大しているようです。この辺はあまり大雨もないのですが、九州から東海地方、信州まで危険な状態らしいです。皆様、危ないところへは出かけないように、呉々も安全な場所でお過ごし下さい。

Avocado1  魚はなくても何か食べなければいけませんので、アボカドを買ってきました。トマトも買ってきたので、アボカドとトマトのサラダです。
Avocado2  トマトは湯むきして、塩と黒こしょう、オリーブオイルでできあがり。

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

スナメリ漂着

 スナメリの死体が海岸に漂着しているという電話があったので見学に行ってきました。

Sunameri2 沖には佐久島が見えます。スナメリの漂着はそれほど珍しいことではなく、私も何件か目撃しています。このブログでも報告したと思います。
 スナメリなどの海棲ほ乳類は死骸であっても、個人の所有は禁止されているとか、必ず専門家に連絡しなければいけませんが、この辺の担当は南知多ビーチランド。発見者はもう連絡してあるとのことでした。
Sunameri1  まだ比較的新しく、それほどの損傷はありません。全長1メートル強といったところでしょうか、雌のようですね。
 三河湾にどれくらいの数のスナメリが棲息しているかというと、2007年の論文では3,700頭ほどが棲息して、地域的には多い方だと言います。海に出ると良く会いますし、海岸からも見たことがあります。好奇心旺盛ですから、寄ってくるんでしょうか。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

繊毛虫

友達の養鰻業者が、「池で淡水クラゲが湧いている」と連絡かがあったので、行ってきました。池の中には数ミリの球形のものが、無数に浮遊しています。すぐに、これはクラゲではないな。と分かりました。 これは、ラッパムシと言われる繊毛虫のなかまが、植物の種子など浮遊しているものに放射状に付着したもので、繊毛を使いながら浮遊し捕食している様子が顕微鏡下で見られます。

Rappamusi

| | コメント (6)

2018年3月17日 (土)

三寒四温

 三寒四温と言いますが、本当に温かかったり寒かったりを繰り返します。孫のみんみんも熱を出して苦しそうでした。

Hakobe2  雑草と言われる野草は今が花盛り。このハコベは、在来のミドリハコベか帰化植物のコハコベか素人の私では判別できません。
Odoriko  ヨーロッパ原産のヒメオドリコソウは1893年に東京で見いだされたそうです。

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

台風が近いので

 台風が心配ですね、どこに被害があってもいけないのですが、特に台風が西側を通る地区は風雨が強まるので要注意です。今の予報では、九州上陸後、中国地方を通って鳥取県から兵庫県の日本海へ抜けるコースのようです。

 上陸後もあまり勢力が落ちない予報ですから、気をつけなければいけません。この地区もやや離れているように見えますが、西側を通ることになりますので、気をつけましょうね。日曜日の夕方から、月曜日の朝が最接近かな?
Aji6 台風が来るので、という訳ではありませんが、保存食用に小アジを買ってきました。全長10cm位ですから、南蛮漬けには一番適したサイズではないでしょうか。小さすぎると骨は柔らかくなりますが、魚の味がしなくなりますからね。
 「南蛮漬けが好きだな~」とおっしゃる方がいると思いますが、南蛮漬けは殆ど丸ごと魚を食べられる、非常に合理的な調理方法だと思います。カルシウムを必要としている、妊娠期、授乳期の方や我々年寄りにも積極的に食べるようにしましょう。授乳期の娘には「薬だと思って毎日食べなければいけません」と言ってあります。

| | コメント (2)

2017年8月 2日 (水)

毛虫

 北海道で中国の若い女性が行方不明、ってニュースをやってましたね。どうも事件性はなく、勝手に一人でふらふら徘徊しているようですが、北海道ですからね~ヒグマに食べられないか心配しちゃいます。そういえば10年以上前のことでしょうか、娘の高校時代の同級生がやはり行方不明になってしまいましてね、私の家にも遊びに来たことがある、とてもきれいな子で、娘も随分心配していました。それが何日か経って、某所で無事発見されまして、もちろん無傷だったと思いますが、我々も安心したものです。その時も事件性はなく、徘徊して行方不明になっちゃった・・・らしいです。まあ何事も自己責任で。

日曜日に例によって隣町を徘徊していたら、桑の木にクモの巣がかかったように見えます。
Kemusi1  好奇心旺盛な私としては、足を止めて観察するしかありません。Kemusi2  それは、ななななんと、毛虫の集団だったんです。どうやら糸を出して、木から落ちないようにしていたんでしょうね~。鳥などからも身を守ることが出来るのかもしれません。
 ではアップで・・・・・・
Kemusi4

| | コメント (6)

2017年5月16日 (火)

赤いダニ

Dani1 海岸でウォーキングしていて、ふとベンチに座ろうとしたら1mmほどの赤いダニが無数に歩いていました。

Dani2  とにかく無数にで、もちろん足下のコンクリートにも無数に。
Dani3  昔からダニってのはあまり印象の良くない生物で、人間世界でもお行儀の悪い人を「社会のダニ」と認定されてしまうこともあります。最近ではマダニに噛まれることで感染症に罹り、死に至ることもあるとニュースで報道されています。
 また家屋内にいるダニによるアレルギーやぜんそくなども恐れられていますね。
 ですから、正体が分からないと言ってもダニはダニですから、あまり近寄らないようにして、家に帰ってからネットで調べてみました。するとすぐに出てきましたね。『タカラダニ』一年のうちこの初夏に時季だけに大量発生する小型のダニだそうです。噛んだり感染症を引き起こしたりする直接的被害はないようです。食べ物は花粉だそうです。
 あまり気持ちの良いものではありませんので、同席したくありませんね。

| | コメント (2)

2017年5月10日 (水)

虫こぶ

 散歩していたら、公園のケヤキの葉っぱに虫こぶが沢山出来ていました。

Keyaki1  これは虫癭(ちゅうえい)とも言われる小さな虫が作る瘤です。エノキやイスノキ、栗の木でも見られるので、注意して観察していると面白いです。驚いたことに、この虫癭の図鑑が出ているようですが、物好きな私でも買っていません。
Keyaki2  虫こぶを割ってみると、綿のようなものと黄色い虫が入っています。この虫はケヤキフシアブラムシと呼ばれるそうですが、ケヤキヒトスジワタムシと記しているところもあります。標準和名はどちらでしょうか・・・それとも別種なのでしょうか?ご存知の方がおられたら教えて下さい。

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

帰化

 今年もまたアツミゲシがきれいな花を咲かせています。やはりアヘンアルカロイドを含んでいるからか、ナガミヒナゲシと比べると妖艶な美しさがありますね。花が咲き終わった果実に傷を付け液を収穫してアヘンに精製するんだそうですが、アツミゲシの果実が2cm以下なのに対して。本物の麻薬を作るケシの果実は鶏卵ほどあると言いますから、見事なものですね。

Kesi1  栽培はもちろん禁止されていますが、警察や保健所に通報しても迷惑なばかりで、こうやって放置されています。ただ大発生すれば、以前のような火炎放射器は使わないものの、駆除に駆けつけることは間違いありません。
Kesi2  自然の造形美ですね。
 同じく完全に日本に定着してしまったセアカゴケグモ、保健所に通報しても来てくれる訳ではなく駆除も自腹で行うんだそうで、このようなポスターを貼るのが関の山。このクモの危険性を煽った割りには、被害ってものが全く聞こえてきませんね。
Kumo  やはりこの蜘蛛の生息場所が、空中に巣を張っているのではなく、側溝などの見えない場所に隠れているから、見つからないんでしょうね。
 このポスターは新東名の森サービスエリアです、スタッフにお知らせすれば殺虫剤を持ってくるんでしょうね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧