2018年11月 7日 (水)

再び巻き貝の集団

 以前海岸で巻き貝の集団があって、その下には魚の死骸があるのではと探ってみたが、何もなかった、しかも巻き貝ではなく巻き貝の殻を借りたヤドカリだった、とお伝えしましたが、今回も巻き貝の集団を発見してしまいました。

Shell1  前よりも巻き貝が小さい、いや短いような気がします。
Shell2  近寄ってみると、今回は下に何かあるように思えますね。右には尾鰭のようなものも見えます。今回は予想通り、魚の死骸を食べているのでしょうか?ちょっと失礼して、貝をどけてみます。
Shell3 おーーーっやはり魚が出てきました。しかし・・・???これって鮒じゃないの?
Shell4  私の乏しい知識を絞り出しても、どう考えてもこれは鮒・・・フナだ。しかも生きている・・・
 ここは三河湾で通常、淡水魚のフナは棲息していないはず、近辺ゼロメートル地帯なので、陸上の水をかい出すポンプがあちこちにあることは確か、その排水の水と一緒に海に出されてしまったのか?そこで海水で弱った鮒に肉食の巻き貝が集ってきた、というのが正解なのか?

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ウミニナ

 海岸を散歩していたら、妙に巻き貝が集中している箇所を発見。

Uminina1  ウミニナ、ホソウミニナの仲間でしょうか?100個以上居ます。何か下に食べ物があって、集まっているのでしょうか?見ているだけでは判別できないので、中央部の貝をどけてみます。
Uminina2  特に何もないようです。魚の死骸などでは何らかの痕跡は残りますから、クラゲのようなものがあったのか?はたまた、フェロモンのようなものが出ていて、集まってきたのか?
 しかし、もっと驚いたのはこの巻き貝、ウミニナではなく全てヤドカリが入っていたのです。元ウミニナって訳ですね。
 帰ってから調べてみると、ウミニナはデトリタスなどを食べているようです。ヤドカリなら生物の死骸を食べていても不思議はないですね。しかも、ウミニナは食用になるとかで、売っている地方もあるとか。今度一度挑戦してみなければいけません。

| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

大豆畑

 今年もまた大豆畑にフェロモントラップが。

Soy1  私ね~ハニートラップなるものに憧れているんですが、一度もその様なチャンスが回ってこない。ではフェロモントラップは?と言われると、いやいや実体がないのにわなにかかって殺されるんじゃ合わないよね~責めて思いが遂げられて、殺されるなら仕方ないけど。カマキリみたいに。
Soy2  容器の中には、沢山蛾が入っていますから、私みたいなやつが多いんでしょうね~。

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

キノコ

 秋になると必ずニュースでキノコの食中毒事故が報じられますね。先日も、三重県でニセクロハツという毒キノコを食べた方が、入院後お亡くなりになったとか・・・お気の毒ですが、素人のキノコ判別は難しいと思いますよ。

Kinoko1  近くの公園にも、キノコが沢山生えてきました。木はヤマモモ、関連性があるのかは不明です。
Kinoko2  同じキノコだと思いますが、こちらの木は樫の木、
Kinoko3  私は食い意地が張っていますが、キノコだけは自分で採取して食べようとは思いません。手元に小さな図鑑がありますが、おそらくそれだけでキノコの判別が出来るとは思えません。キノコは大好きで、秋に山の方へ出かけて、道の駅にキノコが売っていれば、必ず買ってきます。それは、長年、キノコ採りをしてきたプロの方が判別したものだと信じているからです。ただ、時々、間違って毒キノコを売ってしまったという話を聞くこともありますね。

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

うんち

 さかな広場の海岸の足洗い場に、うんちが落ちていました。

Unchi1  幅が10cmほどのコンクリートの上です。
Unchi2 鳥の糞とは違う、ほ乳類の糞だと思います。近くに野良猫がいますので、その糞かと思いましたが、黒い植物の種子が沢山見えます。
Unchi3  この種子も何の物か分かりません。アケビにしては小さいし、近くに動物が喜んで食べるような実があるとは思えません。
 自然界の報道写真家でお馴染みの宮崎学さんは、熊などの糞から種子を持ち帰って、発芽させ熊が何を食べているかの調査をされていますが、わたしもやらなければいけないかなぁ?その前に、この糞の落とし主を探さなければ・・・・・

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

台風21号

 午前中、少し仕事に出かけ、風雨が酷くなる前に家に帰ってきました。このような時は仕事になりませんので、事故がある前に家に帰った方が良いです。

 昼過ぎから少しずつ風が強くなりましたが、雨はそれほどではなく、風が収まってからの方が沢山降ったようですね。関西では風の被害が大きかったようで、テレビでも盛んに放送していました。
 我が家は10階にあるので、雨の被害はありませんが強風で建物が揺らされ、か弱い我が家の女房は悲鳴を上げていました。
 翌日、西尾市一色へ行って被害を聞いてみると、あちこちで夕方から停電があったようです。面白いことに隣は停電だが、我が家は大丈夫というところがあり、敗戦の複雑さがうかがわれました。長いところでは翌朝、2時くらいまで停電していたところがあったそうで、養鰻業の盛んな一色町では自家発電で乗り切ったようですが、寝ることが出来なかったようです。
 今朝はまた北海道で大きな地震があったようで、被害が出ています。お見舞い申し上げます。真冬でなくてまだ良かったかもしれませんが、亡くなった方はいつ被害があってもいけませんよね。

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

マムシ

お馴染み隣町の東浦町徘徊。田園地帯を歩いていると、マムシの死骸発見。

歩いていると、小さなカエルが多いのでマムシも多いんでしょうね。

Higasiura1


畦道の草むらに片足を突っ込みながら写真を撮っているので、かなり危険なことをしているんだな、とちょっと反省。


その田んぼに多いヒレタゴボウは外来植物です。

Higasiura2  途中カラスウリの仲間を発見、通常のカラスウリなら6時前にはかなりしぼんでしまっているはずですが、これは比較的コンディションが良いです。

Higasiura3  しかしキカラスウリは花びらがこんなに細く分かれてはいませんし、葉っぱも厚いのでカラスウリに決定。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

逆走台風

 普通の台風とは全く逆走する台風に日本列島はてんやわんや、刈谷市でも恒例の万燈祭りが土日に行われる予定だったのですが、土曜日は中止になったようです。それでも、日曜日は台風一過、しかし、時々にわか雨が降るので関係者はやきもき。

Mando1  竹ひごに和紙を貼り、絵の具で色づけしているので、雨には弱いんですよ。数十キロの万燈は各町内の自信作です。
Mando2  長女一家は婚家のご招待で、食事に行っているので二女一家と見物に出かけました。所が孫達は、大きな太鼓の音とかけ声に「おわい」「おわい」とびびりまくっています。かき氷を食べさせ、みちたん目当てのLEDソードライト(?)を買ってきました。当初、5歳のゆずちゃん、4歳のみちたん、3歳のこのちんの三本を買ってきたのですが、このおちびさんがえらく気に入りましてね。
Mando3  嬉しそうに扱うんですよ、翌日になって自分のものがないと分かると悲しがるので、家に帰ってから女房に訳を話すと、なんと一本買いに行くと言うのです。
 距離にすれば数百メートルですから、普通の人には遠くありませんが、何しろうちの女房はゾウアザラシのような巨体です、無事行き着くことが出来るのか、祭りで大勢の人が出ているのに、被害者を出さずに帰ってくることが出来るのか、一同心配しましたが、何とか圧死者も出さずに帰ってくることが出来ました。
 かぷちん(みんみんから名前が変化しました)もご機嫌です。まあすぐに壊れてしまうんですがね、一年に一度は仕方ないですね。値段ですか?一本700円です。

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

亀さんも大変

 最近、日曜日の朝は東浦町の林の中を歩いています。

 目的地近くまで車で行き、それから歩くのです。これはウォーキング終了してからすぐに車のエアコンを最大にしてクールダウンできるからです。
林の中を歩いてきたら、広い道に出た。
そこにイシガメらしい亀さんが歩道の縁石で通行止めになっていたので、ちょっと考えた。亀さんは恐らく産卵行動で、この道の右側の林=湿地も有り。から上がってきたと考えられる。だから、車に轢かれないように右の林に入れてあげるのは亀さんの意思に反するのではないか。
Kame1  

かと言って、道路の反対側まで運ぶのも過保護のようだし・・・

...
Kame2  こういったときは、自然の摂理、何もしないこと。この亀さんの運に任せましょう。

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

隣町徘徊

 朝起きて雨だと思っていたら、曇りの天候だったので隣町まで散歩に行ってきました。

Higasiura1  このように自然林が残っているところが自然公園となっているようです。
Higasiura3  広葉樹が繁茂していて、なかなか面白いところです。その昔は、この東浦町はこんな所ばかりだったと思います。
Higasiura6
名古屋に近いので、ベッドタウンとして開発され一時は土地の値上がりがとても大きかったと聞きました。私もこの近くに住んでいましたが、とても購入することは出来ませんでしたね。
 以前、在来のオオバコが少なくなったと言いましたが、このような日当たりが少なくて、他の背丈の高い草を刈ってしまったところは、オオバコが一番の優占種です。
Higasiura4  こういった所にお約束のため池もいくつかあります。
Higasiura2  こういったため池も、長い年月で葦やガマが繁茂して、湿地になっていくんでしょうね。
Higasiura5  Ⅰ時間半ほど遊ばせて貰いましたが、家に帰ってシャワーを浴びると雨が強く降ってきました。テレビを見ると日本中あちこちで、被害が拡大していますね。何カ所か仕事や観光で行ったことがあるので、申し訳ないけど懐かしくなってしまいます。
 お見舞い申し上げるとともに、一生懸命働いて納税しようと思います。後は政治家がまともに使ってくれることを祈っています。

| | コメント (5)

より以前の記事一覧