2020年12月 4日 (金)

ホームレス考

刈谷市にも、ご多分に漏れずホームレスの方々がいらっしゃいます。

秋になって自然観察があまり出来なくなってくると、どうしても人間観察や社会観察の方に目が向いてしまいます。このホームレスの方は、私が知っている限りでは市役所近くのセントラルパーク(大仰な名前がついていますが、正式な名前のようです)に二人、健康センターの入り口に一人、亀城公園に一人もしくは二人、ある川の橋の下に一人確認しています。

言っておきますが、私はこのホームレスの方々を差別したり、嘲笑するつもりは全くありません。むしろ自由で誰に遠慮もいらない世界はうらやましいくらいで、時々彼らを眺めながら、自分ならどのようなところに住処を構えるか想像してしまいます。それは子供の頃、山や草原に隠れ家を作って漫画やおもちゃを持ち込んで遊んだその発想です。

しかし、秋も深まって寒くなってくると彼らの生活は大変でしょうね、昔のように火を焚いて暖を取ることは、住民の目が光っていますのでまず出来ません。同じように、トイレもあちこちで垂れ流ししていればすぐに通報されてしまうでしょう。

従って、彼らも田舎より町場の方が何かと都合が良いのです。しかし、昔は定宿だった駅は今は全く無理ですね、良く早朝に刈谷駅構内を歩くのですが、一人も見かけません。

前述のセントラルパークには、東屋が二つあり
Home2
それにそれぞれホームレスの方が縄張りを持っていて暮らしているようです。水もトイレも近くにありますので、普通の生活には不自由ありません?このトイレと、水ってのが田舎住まいではなく町場住まいの一番重要なアイテムでしょうね。こちらの東屋は今回お留守でしたが、以前、自転車を置いたまま居なかったことがあり、気にしていたらどこからかふらふらと帰ってきて、その手にはスポーツ新聞とコンビニコーヒーがありましたから、やはり町場暮らしでないとホームレス生活は成り立ちません。

彼らにしてみれば私のようなウォーキングを見れば、無駄にカロリーを消費している馬鹿者だと思うでしょうね。しかし、昨日もう一人の東屋の住人は朝の洗濯を終え、自転車にタオルを干した後、フラフラと公園内を歩き出しましたからビックリしました。想像ですが、寒かったのではないでしょうか。

そしてほとんどの方が、朝は早いですね夜明け前に起きています。寒くて寝られないのかもしれませんが・・・・・東屋というのは屋根はありますが壁はありませんからね、これから北風が強くなると大変です。しかし、一番の驚きはこの方々ほとんどが喫煙者です。朝起きて、起き抜けの一服をやり始めます。つまり立派な納税者だという事になります。しかし、現金収入の源は全く分かりませんし、少し前のコロナ給付金は貰えたのか?謎は深まるばかりです。

 

 

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

噴飯もの

時々ネットに出てくる、噴飯ものの話ですが、社民党(旧社会党)が絶滅危惧種だと言われて久しいですが、どうも最近それが現実味を帯びてきているようですね。これ、フェイクではないと思いますよ、あの方ならこう思っていてこう発言して当然だと思います。

久し振りにネットで見つけたから、保存しとかなきゃね。

福島みずほ「ですから、日本はスイスのような平和中立国を目指すべきなんです。」
田原「スイスは国民皆兵制で、一般家庭に自動小銃が有る国だよ。」
福島「いえ、例えばスウェーデンみたいな中立国もあるわけですし…」
田原「スウェーデンはナチに協力して中立を守った国だし、今では武器輸出大国だよ。」
福島「えーと、ベルギーのように歴史的に中立を貫いた国もあるんです。」
田原「ベルギーみたいに何度も外国軍に蹂躙されてもいい?」
福島「え~?でも~、侵略するより侵略される方がイイですし~…」
田原 「有事立法というのは、どこかがもし攻めて来たらどうするのか、
   どう対応するのかという法案ですよ。
社民党はこんな物いらないって言う訳?」
福島 「戦争の為の法律は要らないと思います。」
田原 「そうじゃない、どこかが攻めて来た時のために…」
福島 「いや戦争の為の法律ですよ。」
田原 「ちょっと待って、じゃぁもしどこかが攻めて来たら、殺されりゃぁ良いっていう話し? 降伏する?」
福島 「うーん…、戦争が起きないように努力する事が、政治の責任じゃないですか~」
田原 「いやだから、日本が戦争する気は全く無いでしょ、今でもない!」
福島 「ただですねぇ有事法制はそんな単純な法律ではない訳ですよ。
   米軍の活動を円滑にしたり、国民保護法制という名でいろんな人の権利を制限する…」
田原 「ちょっと待ってよ、
   敵が攻めて来た時にね、国民の人権自由とかでどこ動いて行っても良いですよ。
   とはならないし、そりゃ規制もしますよ、当然。」
解説者 「福島さんじゃあね、万が一攻められた時に、
   社民党は国民をどうやって守るのかという具体的な案が無いじゃないですか? どうするんですか?」
福島 「うーん、ただ…例えば…非核構想をやるとかですね…」
田原 「ちょっと待って! つまり敵が攻めて来るなんて事は有りえない!
   こんな夢みたいな事を自民党は言って、どんどん日本を軍国主義化してると、こういう事?」
福島 「…そうですね、私は北朝鮮などを仮想敵国にしながら、
   どんどんどんどん軍事国家の道を歩んでいると思います。」
田原 「北朝鮮と仲良くするんだって…」
福島 「そうです。そういう努力が必要だと思います。」
田原 「っとなると社民党いらなくなっちゃうよ」
福島 「ぃやそんな事は無いですよ、だって憲法9条を改憲したいと言うのが今強く出ていて」
解説者 「あの福島さんね、僕は社民党に頑張ってもらいたいと思う。でもとてもついていけない…」
福島 「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども人権はある訳ですし、
   犯人には傷一つ付けてはいけない。
   たとえ凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」
田原 「そんな事して、警察官が殺されたら?」
福島 「それは警察官の職務ですし~」
   (「ええっ~」と言う驚きの声が怒濤のように スタジオ中に響き渡る) 
   その声にまずいと思ったか福島が続ける。
福島 「それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する必要は無いと思うんですよ、
   逃がしても良い訳ですし~」
田原 「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」
福島 「それはそれで別の問題ですし~」
   この人、日本や日本人を守るっていう発想が全くないんだなあ

何回読んでも面白い。

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

朝から・・・

一通り魚村を冷やかしたのですが、あまり私の欲しいものがなかったので、ある魚屋さんが売っていた筆柿を買うことにしました。
Kaki
小さい袋が100円、大きいものが200円でした。細かい金がなかったので、こんなに要らないけど200円のものを買いました。「細かい金がなくて悪いね」と1,000円札を渡すと、「なんだよ、細かい金がないのかよー」と不満そうで奥へ釣りを取りに行くときに「両替賃100円だなー」と言っています。別に両替じゃないけど、ちゃんと商品を買っているんだけど。

ここで本当に100円取ったら買うのをやめようかと思ったんですが、けんかになってもいけないのでそのまま買ってきましたが、捨て台詞が「今度は200円持ってきてねー」だって。もちろんありがとうの一言もなし。心配するな、もう二度とおまえのところで何か買わないから。それどこ

 

 

ろか、前も通らない。「かねえん」さん。

 

 

200円のものを1,000円札で買って何が悪いんだろうか、10,000円札を出したんなら、困ることもあるだろうけど、それでも商売だからね。私も時として、細かい金を持たず500円の支払いに恐縮しながら10,000円札を出すことがあるが、どこも「いいよいいよ」と愛想よく受け取ってくれる。

もう売らなきゃいいのに。

ツイッターなら「拡散希望」と出すところだが・・・・・

 

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

彼岸花

パソコンは着々とカスタマイズが進み、あとはメールの移行です。昔なら、いの一番でやらなければいけなかったことですが、今はほかの通信手段が発達しているので、ついつい後回しになってしまいますね。
001_20200927101801
休みの日は早朝、2時間くらい歩いていますが歩数計のカウントは一万歩前後、何か興味のあるものがあると立ち止まって撮影タイムに入るからです。数年前なら一分間に117歩が私の適正歩数でしたが、さすがに歳を取ったということでしょう。

今朝は北方面に歩き、貝塚のある神社近くで彼岸花の観察。もうすでに終わっているところもありますが、ここは今が見ごろで萎れているものはありません。

まだ暗いので、私のカメラの感度は常に800になっています。性能が良いので、もっと上がりますがおそらく解像度は悪くなる一方でしょうね。
003_20200927102601
蕊にピントが合うように、しますがオートフォーカスでは蕊を認知しませんので、ここはマニュアルで合わせます。
002_20200927102801
この辺、また新しい道が田んぼのど真ん中にできるようで、散歩もままならなくなるようです。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

知事リコール

大村さんという知事は益々どこかおかしい所へ走り出しましたね。ガチガチの自民党で衆議院議員だったのですが、労組の強い地盤で限界を感じたんでしょうね。河村名古屋市長の人気(変な)に便乗して上手に県知事までなってしまった。

しかし、今回の愛知トリエンナーレの一連の動きはいけなかったです。天皇陛下の肖像を燃やして足で踏みにじる、これは天皇陛下でなくても人間としてダメでしょう。戦争で亡くなった日本兵士に対して間抜けな日本人と表現する。昭和天皇にしても、亡くなった日本人兵士にしても、その子供、孫は健在ですからね。

あなたは街の雑沓に知らない人の写真が落ちていて、平気で踏みにじる事ができますか?

ですから、私は大村知事リコール大賛成。会員にもなりましたし、受任者にもなっています。ただ残念なのは市町村を跨いでの署名活動ができない事。私は現住所の周りの方しかお願いできません。他にも色々、制約があってそれが逆に代表者の意気込みを感じます。

私の友人の意見ですが、大村さんは政治家として生き延びるために思い切り左に舵を切って、そちらの支持で乗り切ろうとするだろう、と言ってました。

ここでだらしがないのが自民党ですね。最初の知事選で敵対したのだから、ずっと対立候補を出すべきでした。

大村さんと共産党の一騎打ちじゃ投票に行く気にもなりません。カレー味の×××がいいか、×××味のカレーがいいかの選択。

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

転籍届

きょうは市役所に転籍届を出してきました。そう、今まで私たちの本籍は私の実家にあったのです。戸籍謄本を取得するには面倒でしたね、しかし親が生きていたので何となくそのままになっていたのです。まあ親も何とも思わなかっただろうし、とっくに変わっていたと思っていたでしょう。
Kariya
女性は結婚の時の届けをするときに一度変わりますが、私は全くの初めてです。市役所は外人さんが沢山居ましたが、何の届けをしているんでしょうね。また今日は11月22日(良い夫婦の日)なので婚姻届を出すカップルが多く、混み合うかもしれないという張り紙が出ていました。

ついでに戸籍謄本や住民票が欲しいわけではないので、届け出をして30分ほど経ち「手続きが終わった」旨を報告され帰ってきました。

休みが多いので、いろいろ仕事が出来ますね。水曜日は一人の孫を家で子守して、その後昼寝させ、起きたら姉を保育園まで迎えに行き、夕食を食べさせるという、もう大活躍でしたよ。・・・・と本人が思っているだけでしょうが。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

夕焼け

朝晩、次第に寒くなってきました。日が沈む時間が早いので、今までは家で夕焼けを見ることは少なかったのですが、休日が多くなったのできれいな夕焼け雲を見ることが出来るようになりました。
Yuuyake1
これは昨日の夕焼けです。しばらくこのような写真を撮っていないので、タイミングが難しいですね、太陽が完全に沈んでしまって、雲が残っているときがきれいに写るような気がします。

きょうは雲が少ないから駄目かもしれません。
Yuuyake2
きょうは二女が仕事で孫を置いていったので、午前中は姉のみちを近所の公園に連れて行き、午後は妹のかぷちんを寝かせて、今やっと起きたところです。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

引退3

このブログをご覧になった方から『引退記念』という意味で記念品の帽子をいただきました。帽子が欲しかったので大喜びです。実は以前、同じ方からこの帽子と少し色違いのものをいただきましたが、そそっかしいのでなくしてしまったんです。
Cap1
今度は紛失してはいけないので、かぶっていないときはバッグに固定しておくことにしました。
Cap2

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

引退2

ここ数年、ネットなどで親しくしていた友人に不幸が続き、亡くならないまでも大病を患った方も多かったです。まあ私自身が歳なんだから、順番だと言えば確かにそうなんですが、今年の正月には仲の良かった、魚兼さんのお坊ちゃままで逝ってしまいました。この若者は毎朝、さかな村で声をかけてくれて、珍しい魚や甲殻類があると必ず保存して「これなんですか?」と聞いてくれました、私もそれが楽しみでしたし私がさかな村へ行けなくなったら、海洋関係の図鑑や本は全部あげようと思っていました。しかし、正月に三重県に釣りに行って、防波堤から落ちてなくなったと聞き非常なショックに陥りました。

数年前は、ここへよく遊びに来てくれた元琉球大学の山口先生も、突然の心臓発作でお亡くなりになり、くりさんも逝去。北割さんは病魔に襲われましたが、お元気にリハビリ中です。

ですから、私自身あまり親しい方を作ってはいけないのではと、あまり積極的に仲間を作ることは止めていました。本来なら、仕事を引退した後に、仲良く遊んでくれる方々を作っておくべきなのでしょうが、どうしても遠慮しがちで、一人で何とか遊ぶ方法を考えたいと思っています。

| | コメント (4)

2019年10月 1日 (火)

引退

9月末日、つまり昨日をもって小さな会社を整理して、現在の所属に仕事は終了します。というハガキをお客様に出した所、数人の方がお別れに来て下さいました。中には仕事をとうに終え、隠居生活をしておられる方もいらっしゃって、昔の話に花を咲かせました。

私が当地に来たのが庄和62年の8月ですから、一応三つの元号を過ごしたことになります。年数にすれば30年ちょっとですから、それほど多い訳ではありませんが、休日も少なく朝早くから暗くなるまでと、実質の時間は長かったので実際の年数以上のものを感じますね。
Eel1_20191001131301
写真は引退とは全く関係ありませんが、この日いただいた白焼き鰻、かなり大きいものも入っていてとても肉厚です。
これを塩をふってもう一度焼き上げたものがこれ、今年はさんまが食べられないから鰻の塩焼きをいただいています。
Eel2_20191001131601
で、今後どうするかと言えば・・・・・今日も仕事場に来て、同じように動いています。

実は取引先がもう少し働いてくれないかというので、「顧問」という形で週三日働くことになりました。ですから、このブログも続きます。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧