2024年4月11日 (木)

今年の桜も終了

鐘ヶ淵の隠宅に住む老剣客、秋山小兵衛を刀屋の嶋屋孫助が訪ねる。

時候の挨拶の後、酒が用意され小兵衛が

「わしも、あと幾度、桜花(はな)を見ることが出来るかなあ」と言うと

嶋屋

「大先生は、おいくつになられました?」

小兵衛

「六十をこえたことは、たしかじゃよ」

そして、私はその時の小兵衛の歳をはるかに超えてしまい、本当にあと何回桜が見られるのだろうかと、考えながら朝の徘徊の出掛けていった。
Kijoukouen1

火曜日の嵐のような雨風で、桜はもうとっくにお終い。亀城公園の池に落ちた桜の花びらが、花筏になっているかと覗いてみたが、下に落ちた花びらは木にある時よりも更に寿命が短いので、あっという間に変質、変色してしまっている。

ところで、桜は蕾から開花そして葉桜まで楽しませてくれる。いや晩秋の紅葉も実に美しい。そして花が散った後の、蘂の赤さも又きれいなものだ。今朝は、そんな桜を楽しんできた。
Kijoukouen2_20240411174601

散り際もなかなか風情があって良いではないか。
Kijoukouen3_20240411175201

物語では、小兵衛は長生きし、後添えのお春の方が先に亡くなってしまった。と作者の池波正太郎さんは、折に触れて書いていたが、残念ながらそこまでの小兵衛達の物語はない、池波さんが亡くなってしまったからだ。実に残念、もっともっと長生きされて、小兵衛も梅安も鬼平もその活躍を描いて欲しかったのに・・・・・

| | | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

rhodoleia

昨日孫の家に行ったところ、お向かいのお宅に見たことがない木が植えられていて、きれいな花を咲かせていました。
Rhodoreia1

非常に失礼な話ですが、無断で写真を撮ってきたのがこれです。真っ赤な花が房状に付き、下向きに垂下したように咲いています。黒い蘂のようなものが印象的です。
Rhodoreia2

帰って調べてみると、Rhodleiaロドレイア属の木ではないかと思われます。東南アジアから中国南部にかけて分布する常緑樹だとのことですが、寒い日本の露地植えでも大丈夫なんですね。

一つお利口になった一日ですが、明日には忘れているお年頃です。

| | | コメント (0)

アケビの花

この歳になっても新たな発見が色々ありまして、昨年からやっと咲いてくれた我が家の鉢植え、アケビですが、実はアケビの花にほのかな芳香があることを発見しました。これはフィールドでは距離と、花の数で気がつかずにこれまで生きてきたということでしょうね。

またこれは想像ですが、アケビには雄花と雌花があるのではないか?と言うことも最近気がつきました。
Akebi1_20240407104201

花が咲き始めると、数個固まった花房の中に一個だけ、大きな花が見られます。この花は他の花より大きいだけではなく、色もやや紫が濃い色をしていて、明らかに蘂が違っています。花の中央にバナナのような蘂らしきものが7~8本あり先端が光っていますが、これは雌しべの柱頭なのでしょうか?そしてこれがアケビの実一つ一つになるのでしょうか?
Akebi2_20240407105101

昨年は、最後まで実が残ることはありませんでしたから、確認は出来ませんでした。
Akebi3_20240407105201

一方の雄花らしきものも、中央にバナナ状の房が数個ありますが、どことなく花粉が存在する雄しべのように感じます。もちろん先端も違います。
Akebi4

今までこの鉢植えのアケビ(実生ですが)に花を咲かせるのが目標でしたが、今年はぜひ完熟したアケビを見てみたいものです。

 

| | | コメント (0)

2024年4月 3日 (水)

ナワシログミ

今朝は思ったより早く雨が降り出しました。
Akebi_20240403155901

傘をさしながら、海岸の防波堤にアケビの蔓を採集に行ってきましたが、少し遅かったようですね。伸びた蔓には全てアブラムシがびっしり付着していました。この暖かさでは仕方ありませんね、アブラムシも必死ですから。しかし、こんなところにアケビが生えているということは驚きですね、高い木がないから伝わって上に伸びることも出来ず、堤防の上で生け垣状態になってしまっています。
Gumi1

公園を歩いているとグミの実を見つけました『ナワシログミ』だと思われます。この木は自然に生えてきたものではなく、公園に植えられたのではないかと思いますが、ナワシログミの苗木なんてあるのでしょうか?

子供の頃はグミがなっていると嬉しくなりましたが、今の子供達は見向きもしないでしょう。
Gumi2

思わず採って口に入れた見たところ、意外に甘いのにビックリ、どうも私の印象ではこの程度の赤さなら渋いかと思ったのです。ただし、種の大きさには驚きました、ほぼ種で表面にわずか果肉が付いている状態です。

カカオ豆のような形をしています(写真でしか見たことはありませんが)。おそらく鳥たちが見つけて食べてしまうでしょうが、この種をあちこちに散布することになるんでしょうね。

| | | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

明るくなってきました。

今朝は結構雨が降っていたんですね。道路ばかりでなく、桜にも雨粒が残っていました。
April1

私が徘徊に出かけるときは完全に止んでいましたので、とりあえず東に向かい、隣町に入りました。川沿いに北上すると、アケビの花が満開です。我が家のアケビの花ももちろん咲き始め、良い香りを漂わせています。
April2

アケビの新芽の採取時期なのですが、袋を持っていないので今朝は止めておきます。遅くなるとアブラムシが付いてきますけどね。
April6

ここは養鰻場です。非常に生育が良い養鰻場で有名だそうですが、このように上を高圧の電線が通っていて、その電磁波の影響で鰻の成育が良いのでは?と言われたこともあったようです。そして、この養鰻場の経営者が、一ヶ月前ほどに突然死してしまったそうです。

そうなると、電磁波の影響が取り沙汰されそうですが、どうもそのような話はなかったそうです。

電磁波の影響で、脳腫瘍になるとかアルツハイマーになるとか20年以上前に騒がれました。高圧の送電線はもちろん、電子レンジやテレビ、はたまた携帯電話も危険視されていました・・・が・・・今そんなことを言う人はいません、若者は電車の中で長時間ゲームをやっていますし、電子レンジの前で一日中「チン!」を聞いているアルバイトの方も居ます。もう、そろそろ結論が出ていることでしょう・・・・・
April4

さてさて、明るくなってくると色々な面白い発見もあります。ピンクの花木が見えますが、これは桜ではなく桃の花のようです。しかし、なぜこんな川沿いに桃の木があるのか?動物や鳥が桃の実を丸呑みにして、種がここで排泄物と共に落ちていったのか、誰かこの近くで桃を食べて、種を捨てていったのか?しかし、桃の種って大きいですからね~飲み込むかな~~。
April3

このような場所ですから、鳥や動物は通るでしょうが、人間はあまり通らないでしょうね~。実に不思議なことですが結論は出ないでしょうね。まあそれでいいんですがね。

| | | コメント (0)

2024年3月28日 (木)

お花見

今朝は雨も風もなかったので、少し徘徊をしてきました。

亀城公園の桜が気になっていたので、お花見に行ってきました。

もうあちこちにお店の準備が万端ですが、さすがに早朝ですし花見客も私以外は犬の散歩の方がチラホラですので、どこも開いていません。
Sakura3_20240328135601

昨年より店が増えたように感じますが、コロナが収まったからでしょうか。この体育館以外でも、お城の上の方にも店がありますから、可愛そうにここを縄張りにしていたホームレスの方が今朝はどこにも居ません。
Sakura4

そう言えば、セントラルパークはどうなったんでしょうね・・・・あそこのホームレスの方達も、ねぐらを変えてしまっています。
Sakura1_20240328140001

桜はまだまだですが、気の早い木はかなり咲いているものもあります。明日からまた雨が多くなるようですが、この雨では散るようなことはないでしょう。
Sakura2_20240328140101

また満開、もしくは散り時になったらお花見に行ってきます・・・・・早朝ですが。

 

| | | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

今年もアケビ開花

朝からあまり良くないニュースが飛び込んできましたね。

しかし、ギャンブル依存症はいけませんね、家族全員が不幸になります。あれは完全に病気ですからね、しっかり治さなければいけません。私もパチンコや競艇などやったことはありますが、依存症になるほどではなく小遣い程度で遊んでいましたから、良かったです。

今年もアケビの花が無事開花しました。
001akebi_20240321110801

冬は葉が少ないので水不足がなく管理はしやすいのですが、これからは葉が多くなるので蒸散が激しくなり、水不足がないようにしっかり観察しなければいけません。

なんんとなく花が小さいように感じましたので、水肥を与えましたがもう遅いかな。
002akebi_20240321111201

| | | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

蕗味噌

いやはや、いつも大谷さんは日本中を驚かせてくれますね。

実におめでたいことです。やはり人間ってのは家族が居てなんぼですからね。しかし、お相手が「日本人の普通の女性」だと言われましたので、その点を安心した方が、日本中には沢山おられたと思います。いろんな意味で・・・・・

さて、フキノトウは早速、我が家の春の味「蕗味噌」を作りました。それぞれのご家庭で作り方は様々だと思いますが、我が家では萼と一緒に細かく刻んでから、たっぷりのゴマ油で炒め、そこに砂糖を投入、その後味醂を入れてしばらく炒め、味噌を入れながらかき混ぜます。適度に水分が飛んで固くなったら出来上がりですが、かなりゆるめに仕上げてあります。
003fuki

春の味、強烈な苦みが明日の朝、体内の毒素を排出してくれると信じています。天ぷらも食べたいのですが、今年はフキノトウの出が少ないので我慢しましょう。
001akebi_20240301175801

ベランダのアケビも芽が出始めて、春の準備完了です。昨年から花を見せてくれますので、今年も楽しみです。もう葉が開き始めていますが、花芽も一緒に膨らんでいます。
002akebi_20240301175901

実がなることを期待していますが、こればっかりは鉢植えですからね。でも大切にしてるんですよ、台風の時は大鉢を抱えて部屋の中に入れますしね、二三日留守をする時は、受け皿を大きな発泡スチロールにして行ったりね。

| | | コメント (0)

2023年12月29日 (金)

思わぬ喜び

年に一回はこんなことがあるととても嬉しいものです。

孫2人を習い事に送り、終わるまでは時間があるので、その辺を老人徘徊してみることにしました。ここは私のブログではよく登場する、於大の方の生まれ故郷の町。農業と、この辺ではありがちなTOYOTA関連の工場、そして名古屋のベッドタウンです。
002turuumemodoki

少し歩くと、真っ赤になった樹木があります。これは以前私が追跡した、ツルウメモドキだと近寄ってみました。田園地帯の葉が落ちているため、何の木かは判別できませんが、見事な実の付き方ではありませんか。私の手が届く場所ではありません。しかし
001sanekazura

その木の下に別の実がなっています。これは直ぐに分かりましたが、こんな所にあるものかと感心してしまいました。
004sanekazura

そうサネカズラの実です。珍しい植物ではありませんが、私はこの辺では初めて見ました。田園地帯の用水路沿い、とても不思議な形と魅惑的な色の実です。円形の実に瘤のようなものがいくつか付いているようでとても面白い形です。カメラを持っていなかったので、写真は翌日訪れた時のものです。
005sanekazura

和菓子にこんなのあるじゃないですか、小豆が表面に付いている、なんて言ったかな~・・・・そうそう「かのこ」。色は全く違いますけどね。

特に珍しい植物ではないようですが、私もそんなにあちこちで見かけるものではありませんから、とても嬉しかったですね。

この植物の開花時期は8月だそうですから、来年生きていたら花の観察もしなければいけません。万葉集にも歌われていると言いますから、由緒正しい古来から知られている植物なんですね。

まだまだ生きていれば、色々なものに出会うことが出来ますね。

ちなみに蔓性の木製植物です。

| |

2023年11月 8日 (水)

ちっちゃな生態系

町を散歩していると面白いものに出会う、と私はここで書いています。

ちょっとは市内の小さな生態系も考えながら行動した方が良いと思うのですが・・・・・後のことはどうでも良いようですね。
Akasia3

関わるお役所が、何も考えていないし縦割りなので、こういった公園に平気でニセアカシアなんぞを植えてしまう、確かに手っ取り早く成長しますから緑化という面では優れているんでしょうが、それでお終い。
Akasia2

木の下は、ニセアカシアの若木がいっぱい。おそらく公園だから定期的に下草を刈るときに、一緒に刈られてしまうんでしょうが、残ってそのまま成長するものもあると思われます。
Akasia1

以前申し上げたようにニセアカシアもセイタカアワダチソウと同じく、アレロパシーを有するために他の植物の繁殖を阻害してしまいます。お近くの方は碧南水族館の横、産業道路をご覧になってください。ニセアカシア以外の植物は生えていないという場所があります。

他にも少し前にお伝えした、シマトネリコ、これも簡単に大きくなって日陰になるため、住居の庭や、あろうことか街路樹や公園に植えられ、爆発的に増えていますし、アオギリ・ニワウルシ・ナンキンハゼなども要注意樹木でしょうね~。

少しは在来の植物を大事にして貰いたいと思いますね。

| |

より以前の記事一覧