2020年2月10日 (月)

ワカメのきんぴら

先日はワカメの茎の佃煮と味噌漬けを作りましたが、今回はワカメの茎のきんぴらを作ってみました。

ワカメの茎を細く切って、茹でます。しっかり水を切ってフライパンでごま油を使って炒めます。味付けは市販のすき焼きのたれを使っただけ。
Wakame_20200210175301
ゴマを振れば良かったかな?酒の肴に、ご飯の友に、お弁当に入れてもとても美味しいはずです。

| | コメント (2)

2020年2月 6日 (木)

相変わらず

魚がありませんね~・・・きょうは寒波だから仕方ありませんが、天気が良くても少ないし・・・高い。

先日なんて、送りの塩鯖を買ってきちゃいました。なんとノル鯖で中型が1尾400円。野菜たっぷりの鍋にした所、それが美味しくて孫のゆずが何度もお代わりしていました。そしてまた昨日はさかな広場で1尾580円のほっけの干物を2枚買ってきました。なんと2枚で1,000円にまけてくれました。
Akasitabirame1
火曜日、魚兼さんにあったアカシタビラメ、小さいですが食べられないサイズではないので買ってきました。夕方、孫のののちんが欲しいというのであげることにしました。相変わらずこの子は魚が大好き。
Akasitabirame2
早速ムニエルにして貰ったようです、鰭は外してなかったので母親に外して貰ったようですが、その他はきれいに食べたそうです。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

カワビシャ?

以前、テングダイと言ってミスター西浦さんに「カワビシャでは?」と教えていただいたものと同じだと思います。
Kawabisya1
ちょっとコンディションが悪く古そうに見えますが、新しいです。以前は4月だったのですが、味は最上と書いてあります。今回のものもおろしていて、脂が良くのっているのが分かります。もう初めから刺身で食べるつもりでおろしましたね、アラは最近流行の干してダシにします。
Kawabisya2
肝と縁側を添えました。肝は熱を通してあります。

食感も良いし、上品な脂がのっているし、やはり上等な白身の刺身です。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

毒フグ

フグに毒があるのは当たり前なんですが・・・・・

昨日、まーちゃんが「珍しいフグが揚がってきた」と見せてくれました。
Fugu_20200131102001

姿形はサバフグに似ています。調べてみると確かにサバフグ属 Lagocephalus のようです。サバフグ属にはシロサバフグのように無毒のものもありますが、このセンニンフグは全身に毒があるとか、もちろん筋肉にも毒があるようです。

もちろんこんなものは売れませんから、まーちゃん得意なフグ提灯を作るようです。次に行ったら皮をはいでありました。

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

わかめの茎

やはり愛知県でも中国の方のコロナウィルス患者が出ましたね、しかも予想通り中国人。少しくらいの気分の悪さで、熱をごまかして日本に入国、日本で発症すれば日本の高度医療が受けられ、しかも医療費は払わないでしょう。今は来ることが出来ませんが、病気の出始めなら確信犯的に日本に入ることが出来たはずです。それにしても後手後手に回っていた日本政府の対応も、武漢までチャーター機を出し、日本人を連れ帰るそうですが、それくらいやらなきゃね。野党もバカなことばかり国会で追及せずに、こんな事始めから言えば支持率は上がったと思うよ。

ワカメの季節になりました。何度かパック入りのワカメを買ってきましたが、次第に安くなってきました。この次はもっと成長して、雌株や茎だなぁと思っていたら、早くも茎が出ていたので買ってきました。小さく切って佃煮にしましたが、味付けは薄味にしなければいけません。孫たちに食べさせるからです。もちろん鷹の爪も入れられません。ただ、味噌漬けを作ってみたかったので、やってみましたが、これは味が濃くなりました。味噌を味醂で伸ばしキッチンペーパーを使い挟んで一晩漬け込んだだけ。とても美味しいです。
Wakame

ただ、ワカメの茎料理は切るのに手間がかかります。

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

鯖の干物

孫が4人居ますが、食べ物の好みはそれぞれです。

魚は恐らくこの子が一番好きですから、良くこのようにモデルになってくれます。
Saba2_20200122162001
先日一緒にうどんを食べたときに、箸の使い方が下手だと笑われましたのでしつけ箸を出してきたようですね。
Saba1_20200122162101
鯖の干物と納豆ご飯を食べています。実は鯖は骨が全くありません、過保護の私が全て抜いてあるからです。と言って、普段は骨付きの干物を食べさせているようですから、あまり心配はしていませんがね。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

マサバ

Saba1_20200117162701
例の碧南の魚屋さんに寄ったところ、見るからにきれいなマサバが2尾750円で売られていました。やや丸みが足りないと思いましたが、今の時期なら大きな外れはないでしょう。調理に迷ったのですが、1尾の半身をしめ鯖に残り半分を軽く塩をして、翌日の鯖鍋に。
Saba2_20200117163001
しめ鯖はこれで半分、残りは翌日に回せば酢も良く回っているはずです。

1尾は骨をきれいに抜いて、孫たちのおかずに干物にしました。

また頭や骨などのアラは、良く干してから焼いて鍋のダシにします。きょうは女房が仕事で遅くなるので、私が作っています。なにしろ仕事をリタイアしたので、我が家の稼ぎ頭は女房ですからね、ゴマをすっておかなければいけません。

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

マアジ

碧南の魚屋さんに大きなマアジが安く出ていたので買ってきました。
Aji1_20200114132901
なんと3尾で500円、しかも刺身用と書いてありますが、刺身にする勇気はありません。またどこの産地か聞く勇気もありません・・・・・それほど馴染みでもありませんし、ちょっと怖い雰囲気がある魚屋さんですから。

三枚におろしてアジフライにしようかと思ったのですが、結局3尾とも開いて干物にしてみました。
Aji2_20200114133201

干物にして3時間ほどのものを焼いてみましたが脂がのって美味しかったです。

最近時々、日中この魚屋さんを覗いてみますが面白いものが出ていることがあります。

 

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

ドッキリ写真

Ankimo
年末、ある魚屋さんにフグの解体したものが売られていました。シロサバフグだと言うことです、ですから安くて300円。でもこの写真、肝が写っていると思いませんか?実はこの肝はお隣で売っていた、あん肝です。つまり我が家で合体したやらせ写真です。この時のあん肝はフグと一緒に鍋にしちゃいました。

しかし、何の説明もなしに写真を見せられれば驚くでしょうね。

場合によっては、新聞テレビが飛んで来ちゃいます。

紛らわしいことはしない方が良いですね。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

ミミイカの刺身

先日テレビを見ていたら、ミミイカの刺身なるものが出てきてビックリしました。

ミミイカは私のブログでは良く出てくる、ミッキーマウスのようなイカの仲間・・・ダンゴイカの仲間だと言いますが、確かに団子のようなイカです。

昨日、一色の初市だったんですがあまりたいしたものはなく、帰ろうかと思ったら生きているミミイカが出ていたので、思わず刺身にしてみようかと買ってしまいました。
Mimiika1
通常ここで出ているミミイカはあまりコンディションが良くなく、泥にまみれていたり砂が入っていたりでとても刺身にしようと思うものはありませんが、今回のものはとてもきれいで氷の上で生きていました。

内臓を取ってから内側をきれいにして、皮をくるりと剥くのですがあまりきれいに剥くことが出来ません。銀の爪を使い、キッチンペパーで拭いながらきれいにしていきます。耳が付いていた方が可愛いので耳を付けたままにしてあります。
Mimiika2
さて味の評価ですが、身がかなり固いですね。ジンドウイカのような柔らかさはありません。しかし、味は良いです。

又やってみるかと言えば、話の種、もうやることはないでしょうね。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧