2019年8月21日 (水)

活きカンパチの刺身

昨日はケンサキイカが沢山出ていたので買おうかとあちこち冷やかしていたら、深谷さんの活魚水槽に小さなカンパチが活かされていたので、締めて貰って買ってきました。イカもカンパチも値段は変わりません。
Kanpachi1_20190821132501
昨日はたまたま、二女の子どもたち二人を保育園まで迎えに行く日だったので、二人の夕食のおかずにちょうど良いとも考えました。
Kanpachi2_20190821132701
予想通り二人ともカンパチの刺身が気に入ったようで、次々と要求してきます。と言ってもちょっと醤油を付けるだけですけどね。二人でほぼこの皿の刺身を食べてしまいました。少し小さく切ってはあります。

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

カイワリ

カイワリはもちろん鯵の仲間ですから美味しい魚です。ただ、刺身は身が固くて食感が良くありませんね、塩焼きかムニエルが美味しいと思います。私が初めて食べたのは、学生時代上五島に行ったときに、偶然会った大学の先輩のお宅でご馳走になりました。美味しい魚だと思いましたね。
Kaiwari1
孫たちが食べるように買ってきましてね、焼いて貰ったら一番上のゆずが上手に身を取ってくれたんだそうです。ただ、その後、一番小さいこの子に骨が刺さったと大騒ぎになったそうです。
Kaiwari2

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

アジの刺身

先日アジが安かったので買ってきました。
Aji2

私は刺身で食べるなら、これくらいの大きさのアジが好きです。老夫婦二人ですので、6尾だけ刺身にして4尾は塩焼きかムニエル用に残しました。すると夕食に、この姉妹と母親が来まして、食べていくというのです。
Aji1
もちろん大歓迎ですが、下のおちびさんが刺身が美味しいからと、次々にねだるのです。いくら何でも小さな子にはあまり食べさせてもいけないと思い、残りの数きれをわさび醤油に漬け込んでしまったところ、姉のみちたんが怒り出しましてね、「もっと食べたかった」「野菜を食べてから食べるつもりだった」と泣き出したので、例の残り4尾を思い出して1尾だけ刺身にしてあげました。小さいように見えますが、結構な量ですからね、しかしぺろりと食べて機嫌が直りました。

こういうときは新鮮なお魚と、腕があれば便利ですね。

これが6尾分のアジのお刺身。
Aji3

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

イカそうめん

とんでもなく明るいキャラクターが登場したものですね、やはり人間笑っていた方が魅力的です。渋野日向子さんメジャー大会優勝おめでとうございます。これから人気が出るでしょうね、おかしなバラエティ番組に出て価値を下げないようにしていただきたいものです。
Ika1_20190806181201
ケンサキイカが出ていたので買ってきました。薬味が沢山あったので、イカそうめんにしてみました。いつもなら、イカそうめんならぬ、イカきしめんになってしまうのですが、今回は上手に細く切ることが出来ました。
Ika2_20190806181401
とても美味しかったです。

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

ネズミゴチの刺身

今回は大きなネズミゴチが出ていましたので、刺身にするように買ってきました。
Kochi1
これくらい大きいと刺身にするのは楽ですね、頭と内臓の部分を出来るだけ大きく切り取ってしまわないと、小骨が残ります。今回、三枚におろすのに名古屋式の鰻包丁を使って見たところ、結構上手に出来ました。

頭と内臓を取る→塩でぬめりを落とす→三枚におろす→皮を引く

と実に簡単に出来上がります、内臓も腹を切らないのであまり飛び散ることがありません。この魚は腹が臭いので、なるべくこの方法が良いようですね。
Kochi2
一つ一つは剥いたエビのような形になります。白身の美味しい魚です、天ぷらも美味しいですから次にやってみます。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

アブコの刺身

全長30cm程のアブコが活かしてありましたので、値段を聞いてみると1尾200円とのこと、大きめのやつから2尾選んで締めて貰いました。
Abuko1
小さいとは言えブリの子供ですから、味は良いはずです。脂はのっていませんがね~。いつも言っているように、カツオやブリ、アジなどは脂がのっていてものっていなくても美味しい魚だと思いますね。ただし、刺身に限りますが。
三枚におろして、腹骨を取ってから、小骨をきれいに抜き取って、薄造りにします。
Abuko2_20190726132801
これが大きい方の魚1尾分です。実はこの刺身、3番目の孫のののちんが大好きなので、電話して取りに来て貰いました。案の定よく食べたそうですよ。

我が家は紅葉おろしが亡かったので、かんずりと酢醤油でいただきました。活かしの魚なので身がしっかりしていてとても美味しかったです。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

またタコ

相変わらずタコが沢山出ていますが、コンディションの悪い物が多くもったいないような気がしますね。活きているものは、倍くらいの値段がしますが、コンディションの悪い物は安く売られています。
Oct1
タコぶつばかり食べていると飽きが来ますので、今回はカルパッチョ風。野菜とタコの上に熱したオリーブオイルをぶっかけてみました。
Oct2
これがなかなか美味い。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

イタヤガイ

今年はイタヤガイが多く発生しているのか、あちこちで売られています。
Pecten1
深谷さんに、これだけで200円で売られていました。30個くらいあるでしょうか。砂地に生息しているので、砂が多く入っている場合があります。深谷さんのところは海水で活かしてくれているので、少しは砂が少なくなっているような気がします。
Pecten2
全部剥いてもこれだけしかありません。イタヤガイ科というのはホタテ貝が有名ですが、私が個人的に一番おいしいと思うのは、ヒオウギガイですね。このイタヤガイは、水っぽくてあまり食べごたえはありません。今回はトマトとオリーブオイル炒めにしようと思っています。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

タコ2

タコの下処理をしたら、お客さんから電話があり「晩酌の肴を持っていくから」とのこと、喜んで待っていたら
Tako3
一色名物、タコの姿焼きを持ってきてくれた。これはそのまま食べても美味しいけど、オーブンでちょっと焼くと、表面がカリッとしてこれまた美味しい、ビールの魚に合うかもしれない。
Tako2_20190710131501
タコはきれいに茹で上がったので、娘たちに連絡して取りに来るように言った、そして我が家は一番小さなタコを、ハサミで切りながらいただいたのである。

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

タコ

しばらくタコが市場に出ていなかったのですが、半夏生が終わった最近、やたらとタコが多く出ています。例によって小さなものまで獲ってきてしまうので、これも時間の問題でしょうね。

値段はバラバラでしてね、高いものから物の悪いものまで。そんな中、このタコはきれいですし、水の中で活かしてあったので吸盤もゴミが少ないでしょう。
Tako_20190709132701 

きれいにして、孫たちに食べさせようと連絡しておきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧