2019年9月 3日 (火)

マルバツユクサ

以前紹介したマルバツユクサが分布を広げてきました。
Maruba1
花だけ見ていると在来のツユクサとあまり違いはありません。葉がツユクサのように細長くなく、丸みを帯びていますし、波打っています。
Maruba2
以前、東南アジア原産の外来植物と書きましたが、在来のマルバツユクサもあるそうです。wikiでは外来植物とは書いてありません。私が見ているマルバツユクサがどちらかは分かりません。

花が似ていると書きましたが、二つの花が上下に並ぶのもツユクサに似ていますね。

| | コメント (0)

2019年8月27日 (火)

スズメウリ

スズメウリの写真を撮ってきました。
Uri1

雀売りではなく雀瓜です。

やはりこの花も明るくなるとしぼんでしまうのか、あまりコンディションの良い花が見られません。しかも下を向いているものが多く、カラスウリのようなきれいなレース状の花にはなりませんね。
Uri4

しかも白い花は露出補正をしなければ、光ってしまって美味く表現できませんね。

Uri2
これが在来のスズメウリなら良いのですが、以前のサクラウツギの例もありますし、もしかしたらオキナワスズメウリというものを移植されているかもしれません。
Uri3
オキナワスズメウリは成熟すると実が赤くなるので、栽培用に売られているんだそうです。在来のスズメウリは実が赤くならずに白くなるとか、又観察に通わなければいけません。

| | コメント (1)

2019年8月19日 (月)

スズメウリ

この歳になっても知らないことが多すぎます。

昨日、いつものフィールドを歩いていたらカラスウリの花が沢山しぼんでいて、キカラスウリと違って撮影は難しいと思いながら、反対側を見ると小型のカラスウリの葉が見えました。
Suzume2
カラスウリのしぼんだ花は見えませんが、小さな白い花のようなものが沢山付いています。レース状のカラスウリの花と明らかに違いますね。
Suzume1
 花の下には小さな瓜が付いているものもあり、あきらかにウリ科だということが分かります。「小さなウリ科植物」で調べるとすぐに分かりました。これは『スズメウリ』だそうです。なるほど、大きいものがカラスなら小さいものはスズメですか。大小をカラスとスズメに分けるのは、マメ科のカラスノエンドウ、スズメノエンドウってのもありますね。60年以上生きてきて初めて知りました、え?単に忘れただけじゃないかって?確かにそうかもしれませんね。

小さなカメラで撮ったので、来週もう一度撮影に行ってきます。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

昨日の徘徊

昨日もいつものコースを1時間強徘徊してきました。
途中の農道は藪の中で完全な日陰なので
Warabi3
ミツバが沢山生えています。柔らかそうなものを見繕って・・・・採取。

そして、何故か季節外れのワラビも3本だけ見つけました。
Warabi2_20190624135001
晩酌の肴の出来上がり。
Warabi1
本当に自分でも感心してしまいますワ。卑しさに。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

旅行があったので、こちらでは久しぶりの早朝徘徊です。

いつもなら、すぐに写真を撮ってしまうので休憩時間が多いのですが、今朝は何故か食指が動くような対象がなかったので、順調に歩きすぎてしまいました。こんな時に限って飲み物を持ってくることを忘れています、どこかに自動販売機があるかと歩きましたが、田舎のたんぼ道。そんなものはありません。
Sanpo1
ふと気がつくと、歩道の脇にイチゴらしき実が沢山なっています。ヘビイチゴではないので、俗に言う野いちごでしょう。ナワシロイチゴではないかと思いますが・・・・・

口に入れてみると、とても酸っぱい。しかし、のどの渇きを癒やすには充分です。指で触れてポロッと採れるものが良く熟して甘いです。

またしばらく歩くと、西北の空が一天にわかにかき曇り・・・状態です。調子に乗って遠くに来たので、直線で帰ってもくるままで30分くらいはかかるでしょう。
Sanpo2
ぽつぽつと雨も降り出しましたが、寒くはないので慌てる必要はありません。
Dsc_4248
こんな天気ですから、雨が止んだところでは虹も出ています。

何とか車まで大振りにはならずに、到着することが出来ました。

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

マンネングサの仲間

わずかな隙間と少量の土があれば、どこでも増えてしまうマンネングサの仲間。
Mannengusa2_1
種類も沢山あるようで在来のものから、外来のものまで、しかし良く似ているので素人では見分けが付きません。植物ってのは生育場所や栄養状態で、形態が変化するものが多いので、葉が丸いだの短いだのでは決定できないと思います。
Mannengusa3

葉は確かに丸く短い、コゴメマンネングサかタイトゴメかと思っているのだが。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

サクラウツギ

この花、きれいだと思いませんか?

Sakura1
私がいつも徘徊している散歩コースのプチ里山で、紫色のきれいな蕾を見つけたものですから、楽しみにしていたら、こんなにきれいな花を咲かせてくれました。

Sakura2

ところが手元の図鑑を見ても、ネットで検索しても全く名前が分かりません。

そこで『この木なんの木』のサイト、質問掲示板で伺ったところ『サクラウツギ』ではないかとのお返事がありました。

ネットで調べてみると、確かにサクラウツギに間違いないようです。しかしこの植物は種間交雑で育成された園芸品だとあります。自然環境で交雑されたものではないと思いますので、人間がこの環境に持ち込んだものなのでしょうか?種が出来ればそれでも増えていくものなのでしょうか?

疑問は尽きません、しばらく観察して、種が付くようでしたら採ってこようかと思っています。

ここは知多半島の付け根、つまり尾張地区です。この一角以外では見ることが出来ませんし、西三河地方の里山でも一度も見ていません。

この歳になっても新しい発見があるものです。

おまけ。
Sakura3

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

アカスジカメムシ

Kamemusi2
アカスジカメムシの写真を撮ってきました。相変わらず交尾しています。

アカスジカメムシはセリ科の植物に依存していると書きましたが、そう言えば昔mセリカというトヨタの車がありましたね。

またハマウドは、シシウド属の植物だそうですが、やはりその昔日活の俳優さんでシシウド錠という方がいましたね。

いやいや、単なる親父ギャグです。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

ハマウド

海岸のハマウドを観察しに来ました。斜面の草むらに多いので、あまり近づけないのが難点。
Hamaudo1_1
ハマウドは毒があると噂されますが、毒はなくしかし食べても美味しくはないそうです。実はセリ科のこのハマウド、きれいな虫が集まってくることは以前から知っていました。今回2匹だけ発見しましたが、多いときは無数に群がっています。
Hamaudo2_1
アカスジカメムシと言うんだそうです。非常に派手なきれいなカメムシで、セリ科の植物専門に集まるとか。今回は近くに居なかったので、アップで写真が撮れませんでしたが、この次は良い被写体を探してきます。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

キツネ

先日、いつものフィールドで徘徊していたら偶然ですが、「キツネ」と名前が付く植物を2種発見しました。キツネのボタンKitunenobotan1
これはお馴染みのキツネのボタン、田んぼの畦など湿った場所に生えています。実の部分が金平糖に用に見えますが、有毒植物なのであまり触らない方が良いでしょうね、キンポウゲ科の植物は有毒のものが多いです。
Kitunenobotan2
この実の部分の先端が、沿っているのが特徴だとか、花びらはキンポウゲ科らしく光沢があってきれいです。

キツネのボタンが田んぼの脇なら、これはどちらかと言えば畑の脇や、道路脇に生えてくる
Kituneazami
キツネアザミ、アザミの花に似ていますがアザミの仲間ではないそうです。これには毒はないと思います。

両方とも、子供の頃からよく見かける植物ですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧