2018年7月11日 (水)

ギョウギシバ

 外来植物ではありませんが、誰もが目に付き知っているのですが、名前は知らない植物の代表ではないでしょうか。

Gyougisiba  『ギョウギシバ』と言います。wikiによりますと、茎に対して左右行儀良く葉が並ぶことから行儀芝となった。」もしくは弘法大師の名を取ったコウボウムギに似ることから別の高僧『行基』の名を付けたという説もあるそうです。しかし、コウボウムギに似ているかと言えば・・・・ちょっと疑問です。
 他にもよく見かけるが名前をしらにという植物にスズメノカタビラなどがありますが、今はあまり見かけないのでご自分で調べて下さい。「ああ、見たことある」と必ず思うはずです。

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

ヤブガラシ

 ヤブガラシ・・・・感じで書くと藪辛子・・・いやいや、嘘嘘。

Yabu1 正しくは「藪枯らし」でしょうね。非常に成長力のある蔓性の植物で、なんとブドウ科だと言います。学名はCayratia japonicaですから外来種ではないのでしょうね。藪でも枯らしちゃうってほどの勢いで付けられた名前でしょうか。
Yabu2  よく見るととてもきれいな花でしてね、確かにブドウのようにも見えます。オレンジ色とピンクの花がまばらに咲きます。全て咲くことはありません。
Yabu3  じっくり見ていると、蜜が豊富なのか蜂やアブが集まってきます。
Yabu4  結構ミツバチには有り難がられているのではないでしょうか。
Yabu5  山本周五郎さんの短編に「やぶからし」という物語があります。この表紙の葉っぱはヤブガラシではありませんね。

| | コメント (2)

2018年6月27日 (水)

ネジバナ

 ネジバナの季節ですね、草丈の大きいところでは生えることが出来ないので、公園の芝生の中に多く見られます。最も身近な、ランの仲間だと言っても良いと思います。

Mijizuri1  同じようにらせん状に花が付いていますが、よく見ると個性があってらせんの度合いが激しいものから、ほとんどねじれていないものなどもあります。
Mojizuri2  なんでも右回り左回り、が存在するともあります。たまに白花もありますが、非常に少ないですね。小さくてもしっかり蘭の花の形をしています。

| | コメント (2)

2018年5月16日 (水)

実にややこしい

 刈谷を歩いていたら、街路樹の根元にキキョウソウが咲いていました。

001  一本の茎からいくつかの花を咲かせます。北アメリカ原産で、最近町中でもよく見かける花です。小さいですが、きれいな花ですね。これと良く似ている花がこれです。ヒナキキョウソウ。
002  茎の最頂部だけに花が付いていますが、下にも閉鎖花として存在するそうです。これも北アメリカ原産で、1931年に横浜で帰化が報告されたとか、花だけ見ていると間違いそうです。
003  もっとややこしいのが、このヒナギキョウ。これは一応在来の植物だそうです。周囲は外来植物だらけですが、よく頑張っています。ヒナキキョウソウとヒナギキョウは100mも離れていないところに生えていました。

| | コメント (2)

2018年4月30日 (月)

ヤグルマギク

 NHKの早朝のラジオ番組で、誕生日の花と花言葉ってのが毎日あります。

 先日は『ヤグルマギク』の番らしく、「ヤグルマギクもしくはヤグルマソウと言います」と言っていましたが、ちょっと違和感があったので調べてみました。
Yagurumagiku  実は厳密に言えば、ヤグルマギクとヤグルマソウは違うんだそうです。これは標準和名ですから、仕方ありません。通名とか、地方名とは違いますからね。
 ヤグルマソウってのは、ユキノシタ科の植物があるんだそうです。実は私も見たことがありません、一度見てみたいですね。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

オオバコ2

 今朝は仕事の予定でしたが、昼からで良いことになり、散歩に行ってきました。

Oobako1  日中かなり暑くなると言う予報ですが、朝は露が降りて気持ちが良いです。田んぼの中を歩いていると、鳧のけたたましいスクランブ発進が頻繁に起きます。まだそれほどヒステリックになっていないので、雛がかえっているのではなく、卵を温めている時期だと思います。
 あぜ道で、在来のオオバコを探しましたがありませんでした。ツボミオオバコはあちこちで見ます。外来植物が多すぎて、オオバコの生える余地がないのではないかと思います。ほら、オオバコはロゼットのように葉を広げて生育しますよね。ツボミオオバコは、葉を広げずに、蕾のように花穂を巻いているように見えます。
Oobako3  そこで近くのサッカーグラウンドに行ってみました。すぐには探し当てられなかったのですが、ありましたありました。
Oobako2  芝生の中に数株のオオバコです。

| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

紅葉

 大谷さん、凄いですね~大活躍です。天は二物も三物も与えるんですね、不公平じゃないか!世の大谷女性ファンの殆どは「邪悪な女子アナの毒牙にかかりませんように」でしょうね。

Taitogome1  海岸沿いの空き地の一角、地面が真っ赤です。よく見ると、紅葉した植物のようです。
Taitogome2  調べてみると、マンネングサの仲間タイトゴメではないかと思われます。ただ種類が多いので、はっきりしたことは言えません。
Taitogome3  初夏には花を咲かせると言いますので、続報をお楽しみに。

| | コメント (0)

2018年3月31日 (土)

ツルナ

 けっこう世界中で食用にされるという、ツルナの若芽を海岸で摘んできました。

Turuna1  多肉質な葉で、表面に白く塩が吹いたようになっています。生でも食べられそうな、柔らかい感じですが、シュウ酸を含むため必ず熱湯で茹でた方が良いでしょう。
Turuna2  ちょっと、鰹節が多いですが、おひたしです。この地方には、この程度しか野草というものがありませんね。山がうらやましいです。

| | コメント (2)

2018年3月28日 (水)

トキワハゼ

 畑や道ばたで良く見かける花、

Tokiwahaze  サギゴケ(ムラサキサギゴケ)かと思っていたら、トキワハゼのようですね。匍匐枝を出さないことと、花が小さいことで区別できるそうです。
 これは良く見かけますが、外来植物ではないようです。

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

 春になって暖かくなると、プリウスの燃費が格段に上がってきます。私は6~7割ゲージが減ると給油していますが、1回の給油で100kmは違ってきますね。

Ooinunofuguri2  サルボウガイの佃煮は上手に出来ました。柔らかくてとても美味しいです。
Chinme

| | コメント (0)

より以前の記事一覧