2020年7月14日 (火)

アオツヅラフジの花

一つ覚えると三つ忘れる歳になってきました。駐車場の後ろのフェンスにつる性の植物が巻き付いていて、
002_20200713172801
これ何だったかな~と疑問に思ったのですが、すぐに名前が出てきません。ただ、いつも見ている植物で、初めてでないことだけは分かります。
001_20200713173001
房状の白い花のつぼみが見えますが、これに関してはあまり明瞭な記憶がありません。
一応スマフォで写真を撮って、家に帰ってから検索です。夏 つる性 雑草 で調べれば一発で分かります・・・と言う程かんたんではありませんでしたが。

調べているうちに、何となく思い出してこのブログで検索してみたら、ありました。『アオツヅラフジ』2018年の9月にこの植物の実をアップしています。

この植物の花を真剣に観察したことがありませんでしたので、カメラを持ってでかけました。
003_20200713173701
決して目立つ花ではありません。しかもこの時のブログには「帰ってから調べてみると『アオツヅラフジ』と言うらしい。漢字で書けば『青葛藤』でしょうか?初めてなのは、実がならないと目に付きにくい植物だと言うことでしょうね。この次に実がなっていない時見ても、何も気が付かないでしょう。」と今日の、頭のぼけを予想していました。
004_20200713173901
有毒だって事だけは忘れていませんでしたよ。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

観察

昨日は梅雨の中休み、早朝の徘徊で10,000歩ほど歩いたのですが、孫と遊びたくて連絡し、昼前に於大公園に遊びに行くことになりました。
Park1_20200706101901

池にカイツブリが居ることを先日確認したので、カイツブリの親子とオニバスの観察です。しかし、ゆずは上手に双眼鏡が使えないこともあり、あまり興味がないようです。一方、我々に興味津々だったのが池の亀さん。もちろん、ミシシッピアカミミガメです。
Park2_20200706102201
これ、誰か餌付けしてますね。人間の影に餌が貰えると集まってくるわけですからね。まあ私個人としては、自分で駆除するほどの気持ちはありませんが、餌を与えるって事も絶対にしません。

在来の生物が減少することは許せませんが、最近、一色町ではウシガエルが極端に少なくなっています。これは奴らが食っているからだと推測しています。

しかし、もう孫たちの動きにはついて行けませんね。

Park3_20200706102601
この子なんてずっと走り回っています、よく考えるとそんな時代が数十年前にありましたね。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

牛蒡の花

路傍の花ではなく、牛蒡の花です。
Gobou2_20200626095401
牛蒡はキク科の植物なので、花はアザミの花に良く似ています。世界中では東アジアの一部で食べられているようですが、圧倒的に日本が多いようですね。おそらく、畑にあって脇を通っても気がつかない方が多いのではないでしょうか。

ですから、先の大戦では不幸なことが多くあったようですね。日本での欧米の捕虜に牛蒡を与えたところ、木の根を食わせたと戦後、戦犯として裁かれた方が多いと聞きます。全く不幸な話です。

大根などの他の野菜では「薹が立つ」と言って花芽が出て花が咲くと、筋が多くて硬くなり食べられなくなってしまいますが、この花の咲いた牛蒡はどうなのか調べてみると、やはり薹が立った牛蒡は食べられないんだそうです。しかし、種を取るため牛蒡として収穫しないで、花を咲かせている可能性はあります。
Gobou1

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

ウメモドキ

Umemodoki1
隣町に樹木の観察に行ってきたら、今まで見たことがない花を見つけたので写真を撮ってきました。

小さな花で、全て下向きに咲いていますが、とてもきれいな花ですね。ヒサカキやハマヒサカキの花の雰囲気です。
Umemodoki2
風情のある上品な花なのに、あまりアピールしていないのはもったいないですね。

初めてなので見当が付かず、これは例のサイト『このきなんのき』の質問掲示板に投稿してみることにしました。すると流石ですね、すぐに答えが出てきました。『ウメモドキ』というモチノキ科の樹木だそうです。葉や花が梅に似ているからそういう名前が付けられたようです。結構庭木として植えられているお宅もあるとか、何でも秋になると雌株には赤くきれいな実がなるんだそうです。

ではこれがこの地区で自然に生えたものなのか、誰かが植えたものなのか・・・・それは分かりませんが、この地区では例のサクラウツギも交配種で種は出来ないようですし、先日紹介したバイカウツギもこの日種を確認したら、全て落ちていましたので、ほとんどが人為的に植樹されたものではないでしょうか。ここは自然環境学習の森と謳っていますので、あまりこの地区にない園芸種を植えるのはどうかと思うのですが。

まあ今はこの町の住人ではありませんし、素人の戯言なので大きな声では絶対に言いませんが・・・・・

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

ナワシロイチゴの実

今朝は隣町との境の、川沿いを徘徊してきました。アカテガニがざわざわ出迎えてくれます。

以前花が咲いていたのは知っていましたが、ナワシロイチゴの実がきれいに熟していました。
Ichigo1
いわゆるキイチゴの仲間ですから、食べられます。昨年は隣町で見つけて食べたと思います。

wikiによりますと、生食には向かずジャムにすると美味しいと書いてありましたが、充分生で食べられます。ただ味がやや薄いかな。
Ichigo2
きょうはまとめて採集することはありません、アリが多すぎて家まで持って帰る自信がありませんでした。

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

ミツバ

Mituba1
昨日の早朝、隣町を歩きながらミツバの収穫をしてきました。ここは畑に行く軽トラは通りますが、犬の散歩には向かないところなので、道路脇も犬の排泄物の心配は要らないでしょう。

緑の浅い若い葉だけを選別して摘みます。轍の間の真ん中に生えている物は、栄養が足りないので小さくて吸い物にはちょうど良いでしょう。
Mituba2
大きいものはそのまま茹でておひたしにしますが、とても風味があって美味しいですね。
Mituba3
今日の昼食インスタントラーメンにトッピング、淡竹を細く切ってメンマ代わりに。実山椒を挽いて振りかけるとひと味違うインスタントラーメンです。

| | コメント (1)

2020年6月 1日 (月)

ウォーキング

今日も休みなので、朝から近所を歩いてきました。亀城公園横のグラウンドで一休みすると、ベンチには元阪神タイガースの赤星さんが寄贈したベンチがありました。赤星さん、大府高校出身ですが実家はこの直ぐ近くだそうです。
Walk1
ここで一休み、白い水筒は昨日プレゼントされたものです。1時間ほどの散歩にちょうど良いサイズです。本はだいたいいつも入っていますね。ちょっと一休みしたときに読むことがあります。今回は葉室麟さんの「川あかり」彼の作品は時代劇特有の殺陣の素晴らしさから、推理、ロマンス、人間性といういろいろな要素があり、素晴らしいです。今回のものはユーモアも添えてあります。
Walk2
家に近くなったので、久しぶりに『椎の木屋敷』跡に寄りました。家から5分くらいの所です。ここでも本を広げたのですが、ヤブ蚊が襲来して、慌てて退散しました。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

オオフサモ

これは東浦町の私が良く歩く場所の、住宅の前の側溝ですが、以前からここにきれいな草が生えて居ることは知っていました。まるで金魚藻のような姿できれいですが、水中にあるわけではありません。
Oohusamo2

冬の間は見えませんが、暖かくなって少しずつ伸びてきました。今年になって、ある図鑑を見ていたら正体が判明しました。オオフサモというブラジル原産の水草だというのです、しかもかなりやっかいな有害生物だそうです。
Oohusamo1
種では増えませんが、茎の切れ端などで簡単に増え、定着してしまうそうです。ここも、冬の間は地上部は枯れていますが、根が残っているということでしょうね。不思議なことに、まだこの側溝が続く所では見られず、ここ数メートルだけです。これは下手に駆除しようとして、抜いたり切ったりしなかったからかもしれません。除草剤は効果ないそうです。特定外来生物に指定されていますので、移動したり、持ち帰って栽培することは禁止されています。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

卯の花

卯の花(うつぎ)は東浦町の花に制定されているようです。
Sakura2_20200524165401
ただ、野山で多くの卯の花を見かけるわけではありません。なんでも、町が各戸に苗木を配ったとかで、それが咲いているか公園で多くを見かけるかですね。私が良く行く、里山風の公園でも少し前のバイカウツギ、現在のサクラウツギが見られます。サクラウツギは交配種と言うことで、あきらかに種では増えないようですし、種が付かないことも確認しました。
Sakura1_20200524165701
きょうはサクラウツギがこの場所で、10カ所近く生えているのを確認しましたが、これも人為的なものではないかと推測します。
Sakura3_20200524165901
これは比較的大きなサクラウツギの株です。奥に見える白い花は、ウツギではなくイボタノキです。

昨年、この地区ではバイカウツギは一本だけだと書きましたが、それは間違いでやはり10本前後はあるようです。開花時期がサクラウツギよりだいぶ早く、あっという間に盛りが過ぎてしまうので、発見出来なかっただけでした。

バイカウツギは、種子で増えるのかは不明ですが花が終わった部分を見ると、種のようなものが確認出来ません。
Utugi1
まだ分かりませんがね、しばらく通って確認したいと思います。

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

ニガナ

今朝は朝からくしゃみが止まりません。PM2.5が飛来しているのでしょうね。
News_20200518064301
しかし、中国からは良いものが来ませんね~武漢ウィルス、PM2.5、古くは毒餃子ってのもありましたが、最近一番恐ろしいのは犯罪者です。まだ詐欺くらいの犯罪なら、金の話で済みますが強盗殺人も平気ですから、戸締まりだけはしっかりしましょうね。特に、出かけるときではなく、家に居るときは殺されちゃいますから危険です。

さて、昨日カキツバタを観賞してきましたが、
Nigana1
池の周辺部には黄色い小さな花が咲いています。

これはニガナですね、葉や茎を切ると白い汁が出てきて、それが苦いことから苦が菜だそうです。そう言えば、キク科の植物はそういったものが多いですね。タンポポも苦いですから。
Nigana2
まとまって咲いているところがありました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧