2019年11月17日 (日)

大樹寺

岡崎にある大樹寺へ行ってきました。

岡崎は近くなのですが、通るだけでほとんど知らない町です。徳川家康が産まれたところですから、いろいろ有名なところがあるのは知っていましたが、初めて訪れるようなものです。

まず名鉄で岡崎公園まで行き、公園の中を散策。
001_20191117113101
復元された天守閣が有り、中は資料館になっているようですが、今回は省略。何しろここから大樹寺まで歩かなくては行けません。方向音痴の私としてはまともにたどり着くか心配なのです。

堀や石垣は残っているところもありますが、建物は残らなかったようですね。
002_20191117113701

公園を出て北方面へ出発、川沿いに遊歩道があるので途中までは迷わず歩くことが出来そうです。

大きな間違いもなく大樹寺に到着。
003_20191117113901
徳川将軍家の菩提寺としてあまりにも有名な大樹寺です。寺領も大きかったと言いますから、当時はこの辺一帯がお寺だったと推測されます。事実この道路の南側が大樹寺小学校ですが、総門というのは大樹寺小学校の中に有り、一般人は入ることが出来ません。今見えているのは山門です。
005
 お参りしてから、有料の宝物を拝観、家康像やふすま絵など貴重なものがありますが、このお寺で一番有名なものは歴代の徳川将軍の生存していた頃の等身大の位牌があること。これらは撮影禁止ですから、もちろん写してきませんでした。

面白いのは初代家康さんから14代家茂さんまでで、慶喜さんのものはありません。お寺側も探したそうですが、慶喜さんは神道でお葬式をしたため位牌がないのだそうです。・・・という徳川宗家からの連絡があったそうです。
004_20191117143901
多宝塔は家康さんの祖父の松平清康さんが建立したものだそうです、清康さんも家康さんのお父さん広忠さんも早くに亡くなっているんですよね。家来に村正の刀で殺されたとか、村正妖刀説の始まりとも言えるようです。

実は大樹寺の山門から、総門を見ると一直線に岡崎城の天守閣を望むことが出来ます。すなわち本堂伽藍から城を望むことが出来るよう作られたと言います。ただし、家光さんの時代ですから、その頃の城の主は変わっていたはずですが。
006
直線で3kmと言いますが、そんなにないんじゃないかな?
007

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

冷えてきました

朝晩冷えてきました、日中は日が当たれば暖かいですけどね、明日の朝はまた一段と冷え込むとか・・・・インフルエンザの予防接種しなきゃね~。前にも言いましたが、私はインフルエンザというものに特異的に弱くて、罹ると死の淵を彷徨うことになります。それで二十年以上前から、予防接種をするようになりそれ以降一度も罹っていません、世間では予防接種は効果がないとか、アロマや漢方で予防するという人がいますが、そんなことは非科学的、インフルエンザは感染症なんだから、精神論でなんとかは出来ません。

さて、この時期の私のウォーキングですが草むらを歩くため、ゴアテックスのウォーキングシューズは必需品です、普通の靴では中までびっしょりになってしまいます。
Tuyu3
先日ラジオで、「山で美味いはオケラにトトキ、里で美味いは瓜ナスカボチャ」と言っていましたが、このトトキとはツリガネニンジンのことだそうです。
Tuyu4
さてこの野菊はヨメナなのかノコンギクなのか?はたまた全く違うものか?まだ咲いているでしょうから、確認してきます。

 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

ひっつき虫

秋になると植物も枯れてきて、種子がひっつき虫となるやっかいな季節でうかつに草の中を歩くことが出来ません。近年、帰化植物の中にもこういったひっつき虫の植物が多く、アレチヌスビトハギは個体数が多いので大変です。

しかし、先日はこういった植物をよけて歩いていたつもりですが、この状態に。
Hittuki1
これは全く知識がなかったので迂闊だったんですが、私が良くウォーキングで見かけて写真も撮っている『チジミザサ』の種子です。よくあるひっつき虫がフックで繊維に付着するのに対して、粘液で付着するとか・・・・・
Hittuki2 
この写真は夏に撮ったものなので,まだ実が付いていませんが葉の縮み具合は良く出ています。

 

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

ヨモギの花

ヨモギの花ってじっと見たことがありますか、私も花が咲いているのは知っていますがじっと眺めたことがありません。

Yomogi
実はこの花がヨモギの花だと思うんです。黄色く見えるのはおしべでしょうか?それが実によく目立つので思わず写真を撮ってしまいました。葉は明らかにヨモギの葉ですが、ヨモギにも種類があるようなので、はっきりと同定することは出来ません。

せっかくですからトリミングして拡大してみましょう。
Yomogi2

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

カキツバタ

今日午前中暇だったので、昨日話したカキツバタの群生地に行ってきました。実は10年以上前に花が咲く時期に訪れたことがあります。
001_20191021171201

結構広い場所ですが、一面に咲くわけではないでしょうね。2枚目の写真の葉先が黄色くなったものがカキツバタでしょうか?
002

この環境ですから、マムシは多いでしょう。
004

来年のゴールデンウィーク明けに孫を連れて行ってみましょうかね~。
003

残念ながら対岸の林の部分は立ち入り禁止になっています。この林は自然林ですから、ここも解放すれば良いと思います。(もちろん無視して一周してきました)刈谷市の市長は箱物は大好きですが、こういった自然に関することには金をかけないですね。あまり市長にとってのメリットがないんでしょうね。刈谷市なんて、自然と言えるところはここしかないんですがね~。 残念ながら対岸の林の部分は立ち入り禁止になっています。この林は自然林ですから、ここも解放すれば良いと思います。(もちろん無視して一周してきました)刈谷市の市長は箱物は大好きですが、こういった自然に関することには金をかけないですね。あまり市長にとってのメリットがないんでしょうね。刈谷市なんて、自然と言えるところはここしかないんですがね~。

ここは駐車場というものがほとんどありません。近くにある洲原公園の駐車場に車を停め、歩いてきて下さいとのことです。しかし、その駐車場が開くのは午前7時からなんですよね、5月と言えばもう夜明けも早いのですから、もう少し早く空けて欲しいものです。現在のウォーキングでも早朝は難しいです。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

洲原公園

きょうは行き先を変えて刈谷市の北部にある公園に行ってきました。近くにカキツバタの自生地があるところですが、カキツバタの花の時期ではないので、公園内の池を一周してきました。
Suhara1
この池はおそらくため池として作られた人工の池だと思われます。周囲が浅くなって湿原のようになっているところもありますね。

池の周囲はおそらく人間の手によっていろいろな木が植えられた林になっていますが、長い年月の間に淘汰され、実生でその土地に合った植物が増えていったものと思われます。

池にはオオバンやカイツブリの子供が泳いでいて、鴨もまだ少ないながら渡ってきていました。
Suhara2
少しずつ明るくなってくると、ウォーキングの方々やランニングの方々が増えてきました。

季節季節に行ってみようかと思いますが、実は我が家からは車で30分くらいかかるのです。刈谷市ってのは小さい市ですが南北に長いのですよ。ここはかなり北で、豊田市、みよし市に近いところです。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

危険な季節

台風19号で各地に被害が出ているようで、お見舞い申し上げます。

先日お世話になった長野市の三才地区も、千曲川の決壊で浸水があったようです。地図を見てみると確かに千曲川が近いですね、早く復旧して欲しいものです。

この時期、森や林などを歩くときはスズメバチに気をつけなくてはいけません。このように木に留まっているときはお食事ですから、よほど驚かさなければ側を通っただけでは問題ないでしょうが(距離にもよりますが)巣の近くではかなり危険なようです。
Suzumebachi1
また黒いものに攻撃するようですから、黒い洋服や帽子などは危険なようです。
Suzumebachi2
歩いているときは視覚はもちろん、聴覚も研ぎ澄ませないといけないでしょうね。歳をとって聞こえにくくなっているのは、危険です。スズメバチは顎で「カチッカチッ」という警告音を出すと言われたことがありますので気をつけましょう。

まあこの時期は孫を連れて行くのは止めておきましょう。

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

ツリフネソウ

信州の旅館でも起きるのは早めなので、朝風呂に入ることが可能かどうか調べてからウォーキングに行ってきました。
Flower4_20190921155001
旅館の裏山のようなところがありましたので、少し登ってきました。
Flower2_20190921155201
土手にミゾソバに混じって、ツリフネソウが咲いていました。ツリフネソウは、以前戸隠で見かけて以来です。大町の公園で、ツリフネソウが毒草だと初めて知りました。
Flower3
ホウセンカの仲間だと言いますが、確かにそのような形ですね。そう言えば、ホウセンカって茎を傷つけると嫌なにおいがしますものね。
Flower1_20190921155601
こちらはミゾソバ。これはこの辺でも見かけますね。

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

朝露

早朝は朝露の季節になってきました。いつものフィールドは靴が隠れるほどの草が生えていますので、ゴアテックスの靴でないとすぐに中までぐっしょり濡れてしまいます。
Asa1 
日が短くなったもので、まだ夜明け前です。

Asa2
葛の葉も露で濡れています。
Asa3
きょうは葛の葉の上に、殻の大きさが1~2cmのカタツムリが非常に多く食事をしていましたね。日中は暑くなると思っているのでしょうか。

そう言えば今日は先週ののこぎりクワガタを発見した場所に、カブトムシが沢山居ました。コクワガタの雄がいましたので、それだけ拉致してきました。

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

オオニシキソウの小さい花

オオニシキソウは私がいつも歩く東浦町の田園地帯の田んぼの周囲に沢山見られる外来植物です。乾いた畑や庭で地を這うようなコニシキソウと違って、かなりグイグイと背を持ち上げます。一色町の、海岸の側溝の中から伸びてきたものがあったので、よく見ると小さな花が咲いていて、それがなかなかきれいです。
F1
トリミングしてアップにしてみるとこうなります。
F2
オオイヌノフグリのような実が付いていますね、白い花弁が4枚、大きさが違うのが面白いです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧