2019年6月24日 (月)

昨日の徘徊

昨日もいつものコースを1時間強徘徊してきました。
途中の農道は藪の中で完全な日陰なので
Warabi3
ミツバが沢山生えています。柔らかそうなものを見繕って・・・・採取。

そして、何故か季節外れのワラビも3本だけ見つけました。
Warabi2_20190624135001
晩酌の肴の出来上がり。
Warabi1
本当に自分でも感心してしまいますワ。卑しさに。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

旅行があったので、こちらでは久しぶりの早朝徘徊です。

いつもなら、すぐに写真を撮ってしまうので休憩時間が多いのですが、今朝は何故か食指が動くような対象がなかったので、順調に歩きすぎてしまいました。こんな時に限って飲み物を持ってくることを忘れています、どこかに自動販売機があるかと歩きましたが、田舎のたんぼ道。そんなものはありません。
Sanpo1
ふと気がつくと、歩道の脇にイチゴらしき実が沢山なっています。ヘビイチゴではないので、俗に言う野いちごでしょう。ナワシロイチゴではないかと思いますが・・・・・

口に入れてみると、とても酸っぱい。しかし、のどの渇きを癒やすには充分です。指で触れてポロッと採れるものが良く熟して甘いです。

またしばらく歩くと、西北の空が一天にわかにかき曇り・・・状態です。調子に乗って遠くに来たので、直線で帰ってもくるままで30分くらいはかかるでしょう。
Sanpo2
ぽつぽつと雨も降り出しましたが、寒くはないので慌てる必要はありません。
Dsc_4248
こんな天気ですから、雨が止んだところでは虹も出ています。

何とか車まで大振りにはならずに、到着することが出来ました。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

サクラウツギ

この花、きれいだと思いませんか?

Sakura1
私がいつも徘徊している散歩コースのプチ里山で、紫色のきれいな蕾を見つけたものですから、楽しみにしていたら、こんなにきれいな花を咲かせてくれました。

Sakura2

ところが手元の図鑑を見ても、ネットで検索しても全く名前が分かりません。

そこで『この木なんの木』のサイト、質問掲示板で伺ったところ『サクラウツギ』ではないかとのお返事がありました。

ネットで調べてみると、確かにサクラウツギに間違いないようです。しかしこの植物は種間交雑で育成された園芸品だとあります。自然環境で交雑されたものではないと思いますので、人間がこの環境に持ち込んだものなのでしょうか?種が出来ればそれでも増えていくものなのでしょうか?

疑問は尽きません、しばらく観察して、種が付くようでしたら採ってこようかと思っています。

ここは知多半島の付け根、つまり尾張地区です。この一角以外では見ることが出来ませんし、西三河地方の里山でも一度も見ていません。

この歳になっても新しい発見があるものです。

おまけ。
Sakura3

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

轢死体

徘徊していると、朝早いためか色々な死骸を見つけます。蛇の死骸が多いのですが、この辺はマムシが多いところなので、殆どがそれですね。
Hebi1
これは模様が良く分かりませんが、何でしょうか?死骸を食べに来たのか虫も一緒に轢かれています。
Hebi2
これはバカにスレンダーな蛇です。ヒバカリかもしれませんね。

もちろんいくら物好きでも持ち帰ったりはしません。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

ノハカタカラクサ

昨日、いつもとは違う藪の中を歩いていたら、竹林の縁にノハカタカラクサが沢山咲いていました。
Nohakata1 
ご丁寧に竹藪には『立ち入り禁止』の札が。タケノコ泥棒がいるんでしょうかね~?この辺なんか、タケノコなんぞ、みんなでぶつけ合いをするくらいで、先ず茹でてあく抜きをしたものでなければ、人様に差し上げるなんてできませんね。
Nohakata2
どこかで見た光景だと思ったら、吉良町だったか、幸田町だったかで全く同じ、竹藪の縁に群生するノハカタカラクサを見たことがあります。ツユクサの仲間だそうで、南アメリカが原産だとか・・・時々葉に斑が入っているものも見かけます。

野博多唐草と言うんだから、「野」ではない「博多唐草」があるのかと探してみたら、あるんですねぇ。葉にきれいな斑が入っているそうですが、どこがどう違うんだろうか?

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

わらび

ご存知のように、転んでもただでは起きない私。徘徊したら、何かお土産を持ってこなければいけません。

ワラビの季節ではありますが、少し時が経ちすぎているようでしたが、葉が開いてないものを少しずつ選んで十数本、年寄りの晩酌の肴にはこれだけあれば充分です。
Warabi2

少し前までは重曹を常備していたのですが、現在は切らしているので薬局で買ってきて貰いました。今は少しずつ分包になっているので便利ですね。重曹を根元に付けて、熱湯に入れ一晩おいてから醤油をかけて、鰹節をのせただけ。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

エゴノキ

暇になったので、日曜日の早朝は例のごとく、隣町の山の中を徘徊しています。季節は進んでいるので、たった一週間でも季節の移ろいがとても面白く、ある意味感動しています。

昨日嬉しかったことは、この地区で初めての植物を発見したこと。
Egonoki1
上を向いて歩いてる訳ではないので、下に落ちた花を発見して、初めてああここには、このような木があったんだなと感動することが多いです。この植物は私が大好きな『エゴノキ』ですね。以前このブログでもお知らせした、幸田町の山の中、林道の両側に大きなエゴノキが生えていて、花の時期はエゴノキの花のトンネルのようになります。この花は全ての花が、垂下してぶら下がっているので、下から眺めるととてもきれいです。
Egonoki2
公園などで見かけることはありますが、自然な状態で発見することはとても嬉しいものです。しばらく足を止めて、仰ぎながら撮影に夢中でしたよ。
Egonoki3
華やかさはないのですが、私の中では桜以上に美しい花だと思っています。

この日はまた違う花を発見しましたが、それはまた今度紹介します。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

ノイバラ

今、この近くの草むらで良く咲いているのが『野バラ』いえいえ、正式に言えば『ノイバラ』なんだそうです。
Noibara
野バラ、ってのは野にあるバラの総称って事で良いと思います、ノイバラってのはあくまでもこの植物の、標準和名です。

海岸に良く生える葉にツヤがある野バラは『テリハノイバラ』だそうで、花の時期が普通のノイバラより遅いようです。
Noibara2
観察に行ってきましたが、まだ一つも咲いていません。ノイバラが房状に花を付けるのに対し、テリハノイバラはそれほど多くの花を一箇所に付けませんね。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

ツルニチニチソウ

以前から、この農道の竹藪側に蔓性の植物が繁茂していて、おそらくツルニチニチソウだと思っていたのですが
Nitinitisou1
花が咲き始めて、やはりそうだったと思いました。
Nitinitisou2
それにしても、20メートル以上見事に繁茂したものです。もちろん、外来の帰化植物でヨーロッパ原産だそうです。
Nitinitisou3
とてもきれいな花ですが、キョウチクトウ科ということで一応有毒だとされています。ただ、毒性はそれほど強くはなく、あまり気にかける必要はないとか・・・キョウチクトウはかなり強烈な毒があるようですからね、警戒されたのでしょう。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

キツネ

先日、いつものフィールドで徘徊していたら偶然ですが、「キツネ」と名前が付く植物を2種発見しました。キツネのボタンKitunenobotan1
これはお馴染みのキツネのボタン、田んぼの畦など湿った場所に生えています。実の部分が金平糖に用に見えますが、有毒植物なのであまり触らない方が良いでしょうね、キンポウゲ科の植物は有毒のものが多いです。
Kitunenobotan2
この実の部分の先端が、沿っているのが特徴だとか、花びらはキンポウゲ科らしく光沢があってきれいです。

キツネのボタンが田んぼの脇なら、これはどちらかと言えば畑の脇や、道路脇に生えてくる
Kituneazami
キツネアザミ、アザミの花に似ていますがアザミの仲間ではないそうです。これには毒はないと思います。

両方とも、子供の頃からよく見かける植物ですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧